2015年02月28日

『くちびるに歌を』

くちびるに歌をそういう時は「ありがとう」って言うとよ。
アンジェラ・アキさんの名曲「手紙〜拝啓 十五の君へ〜」を題材に中田永一先生が書き上げた2012年度本屋大賞ノミネート作品を映画化したこの映画は、15歳を経験した大人がこれから15歳を経験する若人にオススメしたくなる、素直に心が温かくなる感涙作。
悩める若人よ、この映画を見よ!

「ばからもん」の舞台にもなった長崎県五島列島独特の強さと優しさが見事な調和を奏でる方言。それは15歳の思春期を迎えた若人の心境と同じ、「強がりと不安」「無限の可能性と漠然とした現在」を表現するにはピッタリなもの。

そんな五島のとある中学校の臨時教師として赴任してきた音大卒でピアニストの柏木ユリ先生もかつてはここで15歳を過ごした一人。ピアノで誰かを幸せにする、そんな想いで未来を夢見ていた一人。

だからこそ、恋人を事故で亡くしたのは自分のせいだと思うと余計に目の前にいる15歳の若人の姿が癪に障る。バカみたいに夢を見て、他人の気持ちも過去も知らずにピアノを弾いてと頼み込んでくる視野の狭さがまるでかつての何も知らずに幸せに生きている自分を見ているかのようで。

でもその視野の狭さこそが若人の特権でもあるのも事実。視野が狭いからこそ、不安があっても強がりで怖いもの知らずに突っ走れる。悩める者の背中を押すことも出来る。そして時には鏡となって自分自身に教えてくれる。何も悩んでいるのは自分だけじゃない。他人と比べればそんなに重い悩みでもないだろうと。

唯一宿題である15年後の自分への手紙を提出した自閉症の兄を持つ桑原サトルは「自分は兄を世話するために生まれてきた」と綴る。兄の存在に感謝し、兄の存在を疎ましく思い、それでも今の自分を素直に受け入れている。

合唱部の部長でもある仲村ナズナは亡き母親と自分を2度捨てた父親への淋しさをずっと押し殺している。でもピアノで汽笛の音階と同じドのキーを2度叩く度に自分に言い聞かせている。これは母が教えてくれた「前進、前進」という意味。頑張って前へ進めと。

どの時代であっても15歳の頃の悩みというのは大差がないはず。家族への様々な思いで悩む。自分に代わって殴ってくれた異性への恋心で悩む。期待通りに動いてくれない大人への失望で悩む。漠然とした目標しかない将来について悩む。自分自身の無力さについて悩む。誰にも相談できないことばかりで悩む。

しかし悩んで逃げてもいい。ただどこかで逃げるのをやめて知らなければならない。一度逃げて、それでも立ち止まって戦おうと決めた者の強さがどれほど凄いものであるかということを。

自分のピアノは他人を不幸せにすると言っていたピアニストはベートヴェンの「悲愴」を弾き、逃げることをやめる。
顧問の松山先生が産気づいたことに不安を隠せない少女は幼馴染の少年が提案してくれた電話で歌を届けるという戦いに挑むと決意する。

そんな15歳の若人たちが歌う「手紙〜拝啓 十五の君へ〜」と、これまでのそれぞれの悩みが見事な調和を奏でる時、15歳を経験した誰もが思うのでないでしょうか。この歌詞を改めて聞き直すと誰もが感じるのではないでしょうか。
この歌はアンジェラ・アキさんよりも、今15歳である若人が笑顔で歌う方がその歌詞の意味がダイレクトに伝わってくると。

教会でのかくれんぼとボー・ボーとナズナを支えてきた言葉があんな形で見事に繋がってくるラストでも、この物語は15歳が持つ強さと優しさを自閉症の桑原兄への合唱プレゼントとして表現してくれる。こんな素晴らしいことは大人になったら出来ない、勇気ある同世代に無条件で協力するなんて若人にしか出来ないことだと。

アンジェラ・アキさんの名曲の最期はこう綴られています。「拝啓、この手紙を読んでいるあなたが幸せな事を願います。」と。

今の自分は15歳の頃の自分の期待に応えられているだろうか。
そんな自問自答する機会を与えてくれたこの作品を見終わった時、思わず「ありがとう」という言葉が心に浮かんだ、そんな心温まる映画でした。

深夜らじお@の映画館は新垣結衣さんのピアノ演奏吹き替えなしにはびっくらこいた!でしたが、それよりも仲村ナズナ役の恒松祐里さんの笑顔と桑原サトル役の下田翔大クンの怪演の方が印象的でした。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

「くちびるに歌を」は長崎の五島列島の島を舞台に故郷に戻ってきた音大出身のピアニストがある事情を抱えながら生徒たちに合唱を教えるが当初はバラバラになりながらも次第に1つ ...
2. 劇場鑑賞「くちびるに歌を」  [ 日々“是”精進! ]   2015年02月28日 19:55
「くちびるに歌を」を鑑賞してきましたシンガー・ソングライター、アンジェラ・アキの名曲「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」を題材にしたテレビドキュメントから着想を得た中田永一の...
3. くちびるに歌を/新垣結衣、木村文乃  [ カノンな日々 ]   2015年03月01日 08:47
原作大ファンなので映画化の発表にはキターーーと大喜びでしたが、ガッキーが柏木先生役なの?と疑問に思い、また読み返してみたところ、頭の中でガッキーが演じるのが自然にイメ ...
4. 【くちびるに歌を】ガッキー、今回は絶対音感w  [ ジョニー暴れん坊デップの部屋 ]   2015年03月02日 23:28
{{{[]}}} {{{: }}} ● [[embed()]] {{{[]}}} → 『』 {{{[]}}} → 『』 ● [[embed()]] {{{[]}}} → 『』 ● [[embed()]] {{{
5. くちびるに歌を  [ Break Time ]   2015年03月03日 21:04
今日は、曇りで気温も低く・・・
6. くちびるに歌を  [ 花ごよみ ]   2015年03月04日 07:06
アンジェラ・アキの『手紙 〜拝啓 十五の君へ〜』を 題材にした中田永一の小説 『くちびるに歌を』を映画化。 監督は三木孝浩。 新垣結衣が主演。 木村文乃、桐谷健太等が共演。 かつて天才ピアニストと称された、 柏木ユリ(新垣結衣)が、 東京から故郷・長崎県の...
7. 『くちびるに歌を』をUCT4で観て、安定したいい映画だふじき★★★★  [ ふじき78の死屍累々映画日記 ]   2015年03月04日 10:06
五つ星評価で【五つ星評価で★★★★あの彼には泣かされる】   新垣結衣が先生の癖に「適当にヨロシク」と言い放ってしまう。 ああ、冷たいガッキーもいいなあ。 「おらおら ...
8. くちびるに歌を  [ 象のロケット ]   2015年03月06日 17:23
長崎県・五島列島の中学校に、天才ピアニストだったと噂される柏木ユリが臨時教員としてやってくる。 合唱部の顧問となった柏木は、コンクール出場を目指す部員に、“15年後の自分”へ宛てた手紙を書く課題を出す。 その手紙には、15歳の彼らが抱える、誰にも言えない悩み
9. くちびるに歌を  [ はるみのひとり言 ]   2015年03月07日 15:09
ピアニストだったユリが、臨時教師として戻った故郷の中学校で、合唱部の生徒たちと心通わせていくお話です。アンジェラ・アキの「手紙」が主題歌にぴったりだと思っていたら、アンジェラさんが五島列島の中学校を訪ねるドキュメンタリーを題材に書き下ろされたものだそ...
10. くちびるに歌を  [ にきログ ]   2015年03月08日 20:50
さて、さっそく一ヶ月以上ぶりの記事です 今回は映画感想 映画自体見るのもかなり久しぶりなんですよね 実は合唱部に入っていたのでこの作品は小説が出たときから気になってたんですよね でも今回映画化ということでやはり実際に歌うシーンがあるとよいですね あ
11. くちびるに歌を/今回はガッキーより子役  [ MOVIE BOYS ]   2015年03月09日 02:26
アーティストのアンジェラ・アキの名曲「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」がメインテーマの青春映画。監督はキラキラした青春を描かせたらこの人しかいない、『アオハライド』や『僕等がいた』の三木孝浩だ。主演の先生役を演じたのは『ハナミズキ』や『トワイライト ささらさや
12. 映画「くちびるに歌を」  [ FREE TIME ]   2015年03月09日 06:11
映画「くちびるに歌を」を鑑賞しました。
13. くちびるに歌を ★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2015年03月09日 19:34
シンガー・ソングライター、アンジェラ・アキの名曲「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」を題材にしたテレビドキュメントから着想を得た中田永一の小説を実写化。輝かしい才能を持つピアニストだった臨時教員の女性が、生まれ故郷の中学校の合唱部顧問として生徒たちと心を通わ...
14. くちびるに歌を  [ とりあえず、コメントです ]   2015年03月10日 12:55
中学校の合唱部を舞台にした中田永一著の同名小説を新垣結衣主演で映画化した青春ドラマです。 文庫化された時に原作を読んでとても好きになっていたので、映画の公開を楽しみにしていました。 15歳の子供たちだからこその悩みの深さと合唱の美しさに思わず涙がこぼれるよう
15. 拝啓 十五の君へ〜『くちびるに歌を』  [ 真紅のthinkingdays ]   2015年03月13日 12:57
 東京で美人ピアニストとして活躍していた柏木ユリ(新垣結衣)は、故郷の 長崎・五島列島に帰ってくる。産休を取る同級生の音楽教師・松山ハルコ (木村文乃)の代用教員として、ユリは合唱部の指導を任されるのだが・・・。  アンジェラ・アキの 『手紙 〜拝啓
16. くちびるに歌を  [ はるみのひとり言 ]   2015年03月15日 16:31
ピアニストだったユリが、臨時教師として戻った故郷の中学校で、合唱部の生徒たちと心通わせていくお話です。アンジェラ・アキの「手紙」が主題歌にぴったりだと思っていたら、アンジェラさんが五島列島の中学校を訪ねるドキュメンタリーを題材に書き下ろされたものだそ...
17. くちびるに歌を  [ 単館系 ]   2015年03月24日 22:01
くちびるに歌を MOVIXさいたま 2015/2/28公開 産休を取ることになった親友の音楽教師ハルコ(木村文乃)の 代理として、生まれ故郷の五島列島にある中学の臨時教師となった柏木(新垣結衣)。 天賦の才能を持つピアニストとして活躍したうわさのある美女だが、 その性
18. 『くちびるに歌を』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2015年04月02日 08:08
□作品オフィシャルサイト 「くちびるに歌を」□監督 三木孝浩□脚本 持地佑季子、登米裕□原作 中田永一□キャスト 新垣結衣、木村文乃、桐谷健太、恒松祐里、下田翔大■鑑賞日 3月20日(金)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★
19. くちびるに歌を  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2015年04月10日 21:24
 『くちびるに歌を』を新宿ピカデリーで見てきました。 (1)ここしばらく洋画が続いたのでこの辺りで邦画をということで、上映終了間近ながら映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、フェリーの甲板にあるベンチで横になっている女性の姿。島伝いにフェリーが...
20. くちびるに歌を  [ C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜 ]   2015年04月14日 21:04
くちびるに歌を '15:日本 ◆監督:三木孝浩「アオハライド」「ホットロード」 ◆出演:新垣結衣、木村文乃、桐谷健太、恒松祐里、下田翔大、葵わかな、山口まゆ、柴田杏花、佐藤勇斗、渡辺大知 、室井響、眞島秀和、木村多江、小木茂光、角替和枝、井川比佐志、石田ひ...
21. 「くちびるに歌を」  [ 或る日の出来事 ]   2016年10月12日 09:08
笑わないガッキーも良い。

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2015年02月28日 20:00
ここ最近、心が洗われるような作品が続いており…
今作もそのような印象を受けました♪

アキオの“伏線”がラストに活かされる辺りは、そうくるのか〜!と、心の中で声を上げてしまいましたよ。
2. Posted by かのん   2015年03月01日 17:50
原作ではあくまでも脇役だった柏木先生を新垣結衣さんが演じることで生じる改変に原作ファンとしては不安もありましたが、見事な脚色に感心しちゃいました。それも決して新垣結衣さん頼みでもなく、それぞれの熱演が素晴らしいハーモニーを奏でていくんですよね。最近は昔と違いTVドラマも含めて無名、新人のこの世代が活躍するような作品がめっきり少ないのでとても新鮮に感じられる映画でした。
3. Posted by にゃむばなな   2015年03月01日 23:15
BROOKさんへ

巧いネタふりがあってこそのラストの繋がり。
狭い島だからそんなこともあって当たり前なのに、そう感じさせないところもいいですよね。
4. Posted by にゃむばなな   2015年03月01日 23:19
かのんさんへ

なるほど、原作との違いはそうなっているんですね。
でもこの脚色は見事ですよね。
それと新人さんの活躍ぶり。学生を描く映画はこうでなくっちゃ!
5. Posted by ジョニーA   2015年03月02日 23:27
絶対音感を持つガッキーを見て・・・
「お前、リーガルハイん時は超絶音痴やっ
たくせにー」と、変に感慨深かったです。
中間はないのか中間は・・・w
6. Posted by にゃむばなな   2015年03月02日 23:28
ジョニーAさんへ

「リーガルハイ」は未見なのですが、そうやったんですか。
ほんま、中間はないんかい!ですね♪
7. Posted by ジョニーA   2015年03月03日 03:33
>「リーガルハイ」は未見なのですが〜

それはラッキーでしたねえ。もし、この下記リンクのリーガルハイのワンシーンを知っていたら、(強烈ですから〜)映画で、生徒1人ひとりに音程などのアドバイスをしていくシーンでは、思い出し笑い必至だったでしょうから。。
いやいや、映画自体はとても素敵なものだった
ので、別にどーでもいい話なんですけどネー

ttps://www.youtube.com/watch?v=lWrs8AFkha4
8. Posted by ふじき78   2015年03月04日 09:34
新垣結衣は「フレフレ少女」の前歴を活かして、ピアノはひけないけど全力で応援すると言って合唱中にでっかい応援団旗を振ればいいと思うな。
9. Posted by にゃむばなな   2015年03月04日 22:56
ジョニーAさんへ

「リーガルハイ」の問題のシーンを見ました。
こりゃ強烈すぎますわ。というか、ガッキーが歌い始めた途端、笑いが止まりませんでしたもん。
10. Posted by にゃむばなな   2015年03月04日 22:56
ふじき78さんへ

『フレフレ少女』の悪夢はもうご勘弁です。
あれは生涯封印していただきたいです…。
11. Posted by FREE TIME   2015年03月09日 06:17
合唱を通じて心が1つになる。
わかりやすい展開ではありますが、その間のエピソードもうまく描かれていたので、最後は感動しました。
特に最後の他校の中学生も交えた合唱シーンは最高の演出だったと思います♪
12. Posted by Caine   2015年03月10日 20:28
今回ばかりはガッキーも子供たちの露払い。いい子たちでした。純粋で、嫌らしさがなく、だからこそピュアに悩んでました。観ている我々大人も真剣に向かい合ってしまう、そんな作品だったと思います。
13. Posted by ミスターシネマ   2015年03月10日 21:06
5 こんばんは。
自分のブログにも書きましたが、ガッキーの存在感がいい意味で薄くて、合唱では子供たちがのびのび歌っているところに感動しました。

サトルの兄役の渡辺大知くんは、本当に自閉症じゃないかと思うくらい見事な演技でしたよね。
彼は次のNHKの朝ドラにレギュラー出演するので、楽しみな俳優さんですね!!

ガッキー目当てでしたが、ガッキー抜きでも楽しめる内容だったと思います!!
14. Posted by にゃむばなな   2015年03月10日 22:55
FREE TIMEさんへ

ああいう誰かのための合唱を、学校の垣根を越えてするというのはいいですよね。
大人になると出来ないことも15歳なら出来る。
清々しいラストでしたよ。
15. Posted by にゃむばなな   2015年03月10日 22:58
Caineさんへ

今の邦画の素晴らしさは無名の新人たちが等身大を演じることでしょうね。
それが見事に成功したのがこの作品だと思いましたよ。
ガッキーが広告塔になって映画がヒットするなら、これもまた新たな手法として確立してほしいものです。
16. Posted by にゃむばなな   2015年03月10日 22:59
ミスターシネマさんへ

渡辺大知さんという俳優さんはこれから伸び盛りな方なんですね。
それも納得のあの見事な演技。
本当に自閉症かと思えるほどでしたね。
17. Posted by kajio   2015年03月12日 20:38
『ありがとう』の言葉といい、ガッキーのピアノ演奏といい方言といい笑顔といい。

目玉になりそうな要素をどれもことごとく終盤まで引っ張ったもんだ、と構成力に感心させられました。

18. Posted by にゃむばなな   2015年03月14日 22:53
kajioさんへ

ほんま、いい要素をクライマックスまで引っ張る。
その見事な構成がいい涙を誘ってくれましたよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載