2015年03月08日

『ソロモンの偽証 前篇・事件』

ソロモンの偽証柏木卓也という鏡に映った自分が語り掛ける。この口先だけの偽善者め!
なぜにこの作品を前篇・後篇と分けたのか。4時間を超えてもいいから、出来れば一本の作品として裁判の結末まで見たかった。そう思えるほど濃密な121分でした。
とにかく明日にでもこの続きが見たい。1ヶ月先までこの緊張感は保てないですよ!

バブル崩壊の足音が聞こえ始めた1991年12月25日。一人の生徒の死体が区立城東第三中学校の裏庭で発見される。その第一発見者・藤野涼子は原作とは異なり、どこにでもいるクラス委員長と務める程度の普通の中学生。

本当に柏木卓也は警察や学校の発表通りの自殺なのか。父親が刑事でもある自宅へ送られた告発状に書かれてあった不良グループ・大出俊次たちによる他殺ではないのか。その疑問に大人は誰も答えてくれない。
教師たちは新任の森内先生が自身の元に届いた告発状を破り捨てたといっては隠蔽体質を露呈する。校長は警察に幕引きを依頼する。マスコミは自分が得た情報こそが正しいと偏重報道に勤しむ。親たちは事件の真相よりも子供たちの未来ばかり心配する。そして警察も確証を得られず目立った動きはしない。

一方で2年A組の内情も複雑。犯人扱いの大出俊次はニキビ顔の三宅樹里をイジメている。その三宅樹里は唯一の友人である浅井松子には毒舌ばかり。だからこそ三宅樹里がイジメられている様を傍観しているだけの藤野涼子の気持ちも分かる。
優しすぎる浅井松子を「友達」という言葉で利用する悪人・三宅樹里がイジメられているのはイジメの矛先が自分に向くのが怖いだけでなく「ざまあみろ」という本音もある。だから柏木卓也から言われた「口先だけの偽善者め」という言葉は藤野涼子にとって弱い自分と汚い自分を認識させる言葉。涙を流すのも理解出来る。

ただ藤野涼子を罵った柏木卓也という男もイジメを止めずにその場を去る。まるでそこにいないかのような薄い存在感なのに、良心を映し出す鏡のように藤野涼子の心の内だけを本人に見せて去る。
いったい彼は何者なのか。本当に存在していたのか。浅井松子の事故死にも関係しているかのように、森内先生が郵便受けを荒らした隣人女性に憑りついていたと怯えていたように、まだこの世に存在しているのか。そんな疑問だけを残している。

そして「口先だけの偽善者」と罵られた者たちが主軸となって校内裁判の開催へと話は進む。大いに後押しする教師や保護者がいれば、裁判に怯えているかのように妨害工作に動く教師もいる。同じく柏木卓也に「口先だけの偽善者」と言われた東都大付属中学の神原和彦のように協力してくれる生徒もいれば、クラス一の秀才・井上康夫のように判断に迷う時間を要する生徒もいる。

しかし開廷へ向けての聞き取り調査で見えてくるのは川崎・多摩川河川敷事件と同じような悪しき親が子供を悪しき弱者にする負の連鎖。親の金に守られるも父親からの暴力に怯える究極のヘタレ・大出俊次の自分の弱さから目を背け、他人の人生を踏みにじる行為は、どんな事情があれど、同情の余地など一切ない。
ただそんな大出の弁護人に名乗りを上げた、父親が母親を殴り殺したという過去を持つ神原和彦の真意が全く読めない。柏木卓也への対抗心だけが理由ではないはず。

藤野涼子は告発人・三宅樹里を信じ、真相の究明に検事として挑む。
神原和彦は被告人・大出俊次を信じ、真相の究明に弁護人として挑む。
井上康夫は裁判長として陪審員たちと共に真相の究明に挑む。

教師たちは何を隠蔽しようとしたのか。校長が辞職するほどの真相とは何か。
警察はどんな真実を調べ上げたのか。逆に辿り着けなかった真実とは何か。
偽善者の母親に育てられた三宅樹里は声が出なくなってもマスコミに告発文を送ろうとした真意は何だったのか。ただの復讐以上のものはあったのか。

事件は雪が降る12月24日の深夜、区立城東第三中学校の屋上で起こった。生徒が残っているはずもない時間帯に、犯人や目撃者は本当にそこにいたのか。「被害者」もそこにいたのか。

そんな数々の疑問をまるで大人が触れたくもない真実に被さられたガーゼを一枚一枚剥がすようにゆっくりと丁寧に見せる成島出監督の演出は素晴らしいものの、額から血を流す隣人女性や告発文をワープロで打つ三宅樹里の白目のない黒い瞳をホラー映画のように見せるのは、次はホラー映画も撮りたいというメタファーかとも思えたこの作品。

こんなにもいい緊張感を後篇が公開される4月11日まで持続させるのは到底無理です!

深夜らじお@の映画館は黒木華さんの演技も素晴らしかったですが、それ以上に藤野涼子さんの等身大の演技にも感服致しました。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

宮部みゆきの同名ベストセラーを『八日目の蝉』や『孤高のメス』の成島出監督で映画化した二部作の前編。都内の中学で起きた中学生の不可解な死の真実を、その学校の女生徒を中心とした校内裁判で明らかにしようとする。主演はオーディションで選ばれデビューした藤野涼子。
監督:成島出 原作:宮部みゆき 脚本:真辺克彦 音楽:安川午朗 主題歌:U2「With or Without You」 出演:藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生、前田航基、望月歩、西畑澪花、西村成忠、若林時英 * 佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、小日向文世、
3. 劇場鑑賞「ソロモンの偽証前篇・事件」  [ 日々“是”精進! ]   2015年03月08日 06:51
「ソロモンの偽証前篇・事件」を鑑賞してきました人気作家・宮部みゆきの同名ベストセラー巨編を成島出監督が、前後編の2部作で映画化したミステリー・サスペンス大作。本作はその...
4. 『ソロモンの偽証 前篇・事件』 (2015)  [ 相木悟の映画評 ]   2015年03月08日 10:34
世の不条理に真正面から立ち向かう裁判ドラマ、立志篇! 役者陣と製作陣の直球の熱意に圧倒される、実に観応えのある力作であった。 本作は、ベストセラー作家、宮部みゆきが集大成と位置付け、執筆に9年を費やした単行本三巻にわたる巨編ミステリーの映画化。2部作...
5. ソロモンの偽証 前篇・事件 ★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2015年03月08日 11:24
人気作家・宮部みゆきのベストセラーを実写化した、ミステリー2部作の前編。ある中学校で起きた不可解な生徒死亡事件と、その真相を暴こうする女子生徒が開く学校内裁判の行方を追い掛ける。監督を務めるのは、『孤高のメス』などの成島出。『超高速!参勤交代』などの佐...
6. 映画「ソロモンの偽証 前篇・事件」@松竹試写室  [ 新・辛口映画館 ]   2015年03月08日 12:32
 映画レビューサイトCOCOさんのレビュアーを招いた試写会に参加した。客入りは8〜9割位だ。
「ソロモンの偽証 前篇・事件」は宮部みゆき原作のソロモンの偽証を映画化した作品で前編では事件の概要が描かれ、事件が隠ぺいされかけている中で生徒たちが自ら校内裁判で真実を ...
8. ソロモンの偽証  [ ハリウッド映画 LOVE ]   2015年03月08日 20:55
9. ソロモンの偽証 前篇・事件  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2015年03月08日 22:07
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 高潔な印象の邦題と校内裁判という目新しさに
10. ソロモンの偽証 前篇・事件  [ だらだら無気力ブログ! ]   2015年03月09日 00:18
ここからどうなるの?ってところで突然終わるから否が応にも続きが気になる。
11. 「ソロモンの偽証 前篇・事件」☆傍聴記録 続きを見せて!!  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2015年03月09日 09:41
こ・れ・はっ・続・き・が・き・に・な・るっ!!!! いやー、参った。 2週連続ドラマで続きが1週間先なのが待てないどころの騒ぎじゃないものね。 ああ・・・後編が4月11日なんて・・・・(;´Д`)
12. ソロモンの偽証 前篇・事件  [ 象のロケット ]   2015年03月09日 18:41
終業式に向かう途中、雪の積もった校庭で中学2年の藤野涼子は、クラスメート柏木卓也の死体を発見する。 屋上から転落したと思われる柏木は不登校の状態が続いており、遺書は発見されなかったが警察は早々に自殺であると結論づけた。 ところが涼子のもとに、事件は他殺だと
13. ソロモンの偽証 前篇・事件  [ Akira's VOICE ]   2015年03月12日 11:03
終わりから始まるのです・・・。  
14. 『ソロモンの偽証・前篇・事件』  [ ラムの大通り ]   2015年03月12日 19:49
----『ソロモンの偽証』? これって宮部みゆきの原作だよね。 中学校での生徒の死をめぐるお話とか…。 ニャんか、『告白』とかぶっちゃう。 「そうだね。 ぼくも観る前まではそう思っていたんだけど、 演出の方向性がまったく違う。 『告白』は、松たか子の演技こそ話題に..
15. ソロモンの偽証 前篇・事件  [ Break Time ]   2015年03月13日 22:56
今朝は、この時期らしい気温で・・・
16. ソロモンの偽証 前篇・事件  [ 花ごよみ ]   2015年03月14日 08:39
宮部みゆき原作の小説の映画化。 監督は成島出。 今回は2部作の前編。 中学生達が自分の学校で起きた事件を、 校内裁判を開廷して、 自ら真実を導き出そうとする物語。 原作は読んでいます。 分厚い本3巻のこの作品を 映画化すると知った時は ちょっと驚きました...
17. ソロモンの偽証 前篇・事件  [ はるみのひとり言 ]   2015年03月15日 16:27
転落死した同級生の死のめぐって真実を暴くため生徒たちで裁判を開廷するお話です。 原作は未読だったので、中学生が校内裁判?しかも前編?裁判が描かれるであろう後編に向けて、たぶんダラダラと話が進むのかな〜と思ってたんですがいやいやどんどん引き込まれていきま...
18. 「ソロモンの偽証 前篇事件」  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2015年03月15日 22:20
ソロモンの偽証は2012年に3冊が順番に発表された。第吃堯峪件」第局堯峽莪奸彗茘敬堯嵋…遏廖ΑΑΑκ厚い本を私は順番に買って全部読み終えました。大好きな宮 ...
19. ソロモンの偽証 前篇・事件  [ 単館系 ]   2015年03月15日 23:16
ソロモンの偽証 前篇・事件 ユナイテッド・シネマ浦和 3/7公開 クリスマスの朝、雪に覆われた中学校の校庭で柏木卓也という14歳の生徒が 転落死してしまう。 彼の死によって校内にただならぬ緊張感が漂う中、転落死の現場を目にしたという者から の告発状が放たれた
20. 映画「ソロモンの偽証 前篇・事件」  [ FREE TIME ]   2015年03月16日 00:18
話題の映画「ソロモンの偽証 前篇・事件」を鑑賞しました。
21. ソロモンの偽証 前篇・事件---感想♪  [ ★ Shaberiba  ]   2015年03月18日 00:32
全ては後編で〜!なわけだけど、引きこまれましたわ〜!!
22. ソロモンの偽証(前編・事件)  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2015年03月19日 22:11
 『ソロモンの偽証(前編・事件)』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)宮部みゆき氏の原作の映画化だということで映画館に出向きました。  本作(注1)の冒頭の時点は現在で、大勢の生徒が校庭で運動をしている中学校の校門の前に、女性(尾野真千子)が立ち止まる姿が...
23. ソロモンの偽証 前篇・事件  [ ダイターンクラッシュ!! ]   2015年03月22日 12:43
2015年3月8日(日) 13:00〜 丸の内ピカデリー1 料金:0円(無料鑑賞クーポン) パンフレット:未確認 よく公開延期にならなかった 『ソロモンの偽証 前篇・事件』公式サイト 事件の中身は全然違うのであるが、阿呆な不良とそのクズのような父親、かなりエグイ虐めな
24. ソロモンの偽証 前篇・事件 うっっ!!!!!  [ Said q winning ]   2015年03月22日 17:23
監督:成島出原作:宮部みゆき出演:藤野涼子、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、黒木華、小日向文世、尾野真千子ほか1990年12月25日のクリスマスの朝、城東第三中学校の校庭で2年A組の柏木が屋上から転落死した遺体となって発見される。警察は自殺と断定するが、 様々...
25. ソロモンの偽証 前篇・事件  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2015年03月24日 22:52
2015/03/07公開 日本 121分監督:成島出出演:藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生、前田航基、西畑澪花、若林時英、西村成忠、加藤幹夫、石川新太、望月歩、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美 、黒木華、田畑智子、池谷のぶえ、塚地武雅、田中壮太郎、市川...
26. ソロモンの偽証 前篇・事件  [ とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver ]   2015年03月26日 23:28
2時間の上映時間でしっかりと事件の起きた背景を説明しつつ、生徒だけで裁判を起こす準備段階を描いている。その濃密な描写は、後篇への前奏として見逃せない。何が後篇へのふせんになっているかわからないのだ。
27. 『ソロモンの偽証 前篇・事件』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2015年03月28日 08:21
□作品オフィシャルサイト 「ソロモンの偽証 前篇・事件」□監督 成島 出□脚本 真辺克彦□原作 宮部みゆき□キャスト 藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生       小野真千子、松重 豊、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、小日向文世■鑑賞日
28. ソロモンの偽証 前編・事件  [ タケヤと愉快な仲間達 ]   2015年03月30日 21:32
監督:成島出 出演:藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生、前田航基、西畑澪花、若林時英、西村成忠、加藤幹夫、石川新太、宮野薫、宮武祭、平祐奈、望月歩、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、黒木華、田畑智子、池谷のぶえ、塚地武雅、田中壮太郎、市川...
29. ソロモンの偽証 前篇・事件  [ to Heart ]   2015年04月01日 11:27
上映時間 121分 原作 宮部みゆき 脚本 真辺克彦 監督 成島出 出演 藤野涼子/板垣瑞生/石井杏奈/清水尋也/富田望生/前田航基/望月歩/佐々木蔵之介/夏川結衣/永作博美/黒木華/田畑智子/松重豊/小日向文世/尾野真千子 人気作家・宮部みゆきのベストセラーを実写化した、ミ...
30. ソロモンの偽証 前篇・事件  [ C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜 ]   2015年04月22日 21:34
ソロモンの偽証 前篇・事件 '15:日本 ◆監督:成島出「ふしぎな岬の物語」「八日目の蝉」 ◆出演:藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生、前田航基、望月歩、西村成忠、西畑澪花、若林時英、加藤幹夫、石川新太、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、小日...
映画「ソロモンの偽証 前篇・事件」★★★★面白かった 藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、 清水尋也、富田望生、前田航基、 佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、 黒木華、田畑智子、松重豊、小日向文出演 成島出 監督、 121分、2015年3月7日公開 2015,日本,松竹 (原題/原
32. 裁判までの高まる前篇  [ 笑う社会人の生活 ]   2015年05月09日 19:32
26日のことですが、映画「ソロモンの偽証 前篇・事件」を鑑賞しました。 クリスマスの朝、中学校の校庭で柏木卓也の転落死した遺体が発見される。自殺と発表される中 大出俊次を名指しした殺人の告発状が届けられる 事件は混沌とし様々な疑惑 憶測がある中 遺体の第一発...
33. ソロモンの偽証 前篇・事件  [ いやいやえん ]   2015年08月20日 07:54
【概略】 ある朝、校庭で発見された生徒の死体。警察は自殺と断定するが、後日、大出俊次らによる殺人だと訴える匿名の告発状が届く。学校の対応が後手となる中、藤野涼子は自ら真実を暴こうと立ち上がる。 サスペンス 前日に雪が降ったクリスマスの朝。ウサギの世
34. ソロモンの偽証 前篇・事件  [ 銀幕大帝α ]   2015年08月23日 20:53
2015年 日本 121分 サスペンス/ミステリー 劇場公開(2015/03/07) 監督: 成島出 原作: 宮部みゆき 主題歌: U2『ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー』 出演: 藤野涼子:藤野涼子 板垣瑞生:神原和彦 石井杏奈:三宅樹理 清水尋也:大出俊次 富田望生:浅井...
35. ソロモンの偽証 前篇・事件  [ E'S STREAM ]   2015年10月18日 15:10
学校を覆う苛めの連鎖、それが聖夜の事件を呼ぶ…。学校で伝説となった裁判があった。それは、学校の生徒であり、屋上から転落した被害者、柏木によって起きた疑われしい殺人事件、あるいは自殺事故の、いずれからの正義があるやを問うものであった。被告人は、不良生徒の大
36. ソロモンの偽証 前篇・事件  [ のほほん便り ]   2016年05月22日 14:37
ある雪の日に起こった、不可解な、ひとりの少年の死亡事件、隠蔽しようと躍起になる学校側 ただ、ひたむきに「真実が知りたい」、まっすぐな情熱。思春期エネルギーが胸を打ちます。 被告となる、家庭内暴力にあってる少年を、同じような境遇の生徒が「僕が弁護する」

この記事へのコメント

1. Posted by Caine   2015年03月08日 00:59
ですよね!前後編イッキ見イベントやってるんだから作品はもうできてるんですよ。何で一本にしないかなぁ。商売とか考えちゃダメですよ。こういう作品はイッキにみないと。
子供たちの演技も、周りを固める大人たちの演技も、そしてそれを物語に見事に融合した成島監督の演出も文句なしです!
2. Posted by BROOK   2015年03月08日 06:59
いやはや、121分の上映時間…
どっぷりと作品の世界に浸かることが出来ました♪

かなり良いところで終わっているので、
早く続きが観たいです。

裁判へと繋がっていくワケですが、
予告編を観る限りだと、まだまだ紆余曲折ありそうですね。
楽しみです。
3. Posted by PGM21   2015年03月08日 17:47
何時もお世話になっております。

まあ商売を考えるなというお気持ちはわかります。
ただ4時間作品にすると1日3本しか上映できないんですよね。
全上映会満員なら良いのですがやったら2倍の鑑賞料金にしない限り大赤字で映画会社は大損害でしょうね。
以前沈まぬ太陽の3時間30分以上でも休憩を挟みやりましたが、にゃむばななさまのような映画好きなら問題ありませんが年配の方には非常に厳しい鑑賞になるでしょうね。トイレが今の2倍無いと見逃すなんてクレームもあるでしょうからね・・・
まあ個人的には180分で収まるなら一気にやってほしいとは思います。
4. Posted by えふ   2015年03月08日 20:52
今回はたんなる序章にすぎなく・・・・
とっとと後半の裁判をみせてよ!という感じでしたね。
日本の映画界は世界に比べたら、
映画上映の日程の組み方が遅いし、
見せかたがへたくそですよね。
まさに偽善者ですわ。。。
5. Posted by にゃむばなな   2015年03月08日 23:14
Caineさんへ

ビジネスとして2部作に分けたい気持ちも分かりますし、事件と裁判を分けて描きたいという気持ちも分かります。
でもそれならイッキ見イベントなんてやっちゃダメですよね。
そんなことするなら1本の作品として見せてほしいですもん!
6. Posted by にゃむばなな   2015年03月08日 23:16
BROOKさんへ

実際の裁判映画でもすんなり行くものはありませんからね。
しかもこの物語はこれからが本番。
どんな紆余曲折があるのか、楽しみでなりませんよ。
7. Posted by にゃむばなな   2015年03月08日 23:19
PGM21さんへ

まぁそんなにマジメに上映本数がどうやらとか、興行的にどうやらとかは議論する気はないのですが、みなさんが思うのはそういう不満を最大の賛辞としているところがこの映画の魅力ってことですよね。
ただ個人的にはイッキ見イベントは映画ファン的には羨ましすぎますよ。
8. Posted by にゃむばなな   2015年03月08日 23:21
えふさんへ

これを序章と見るのかどうかも後篇次第なんでしょうね。
だからこそ、余計に後篇の裁判が気になること。
まぁ上映日程の組み方云々というのは、映画が産業としてどれくらいの価値をその国で保持しているかで変わりますからね。
一概に海外とは比べられないですよ。
ただそういう海外の状況を知ると羨ましいの一言ですが。
9. Posted by ノルウェーまだ〜む   2015年03月09日 09:59
にゃむさん☆
本当に続編の待ち遠しさは過去類がないくらいです!
長くてもいいから実に一気見したいです〜〜
きっと後編公開直前に、再度前篇を見てしまう事でしょう。
ちょっとホラーっぽい一瞬も所々にみられて、原作・役者・映画とも本当に見事でした。
10. Posted by にゃむばなな   2015年03月10日 22:56
ノルウェーまだ〜むさんへ

正直なところ、『キル・ビル』よりも続編を早く見たい!と思える面白さでしたね。
イッキ見イベントを全国各地でやってくれていたら参加していたのになぁ〜。
11. Posted by ジョニーA   2015年03月12日 04:49
最後の永作博美さんはホラーでしたw
後編は精神崩壊していきそうだなーー
12. Posted by にゃむばなな   2015年03月14日 22:53
ジョニーAさんへ

どうなるんでしょうね〜。
「その子はまだご飯を食べてません!」なんて言ってくれますかね?
13. Posted by YUKKO   2015年03月15日 22:19
本で全部読み終わっているので、この膨大な量をどうやって映画にするのかと心配でたまりませんでした。見事でした。中学生役の全員のキャラがたっています。私の想像通りの藤野涼子でした。後篇の柏木卓也の悪魔ぶりが楽しみです!
14. Posted by にゃむばなな   2015年03月15日 23:08
YUKKOさんへ

ネタバレ禁止です!
後篇で誰がどうなるかは楽しみにさせてください!
15. Posted by FREE TIME   2015年03月16日 00:35
こんばんは。
ラストの永作博美が怖かったけど、その分、後篇のキーパーソンは彼女なのかもしれないと思いました。
前篇での最大の謎が柏木卓也という人物像。
それも後篇で明らかになるのでしょう。
16. Posted by にゃむばなな   2015年03月19日 11:19
FREE TIMEさんへ

後篇で何をどう明らかにするのか。
それが楽しみになるネタフリが満載でしたよね。
17. Posted by きさ   2015年03月20日 23:45
今日見ました。
原作読んでいるのですが、キャストが本当に見事でした。
主役の藤野涼子はじめ中学生役の子たちがぴったりで。
大人のキャストも良かったです。
後篇も楽しみです。
18. Posted by kajio   2015年03月22日 11:02
藤野さんや神原君に『偽善者』と吐き捨てていたのと、生まれ変わるならば人間とうさぎと…ぐらいしか柏木君の人となりが明らかにされないまま裁判に突入するのが、ミステリーとしてプラスになるのかマイナスになるのか。興味大になってしまいました。

19. Posted by にゃむばなな   2015年03月22日 16:35
きささんへ

本当に等身大の中学生って感じでしたよね。
変に役者していないところが逆にリアルで良かったですね。
20. Posted by にゃむばなな   2015年03月22日 16:56
kajioさんへ

あえて前後篇に分けている意味がわかるのは後篇になるでしょうね。
そのご指摘されている点についても後篇次第ですね。
21. Posted by yukarin   2015年03月24日 22:57
こんばんは、やっと観てきました。
冒頭から引きこまれとても見応えある作品でした。
いいところで続く...イッキに観たいですよね。4時間超えでも大丈夫なのに〜やはり大人の事情なのでしょうかね。
早く後編が観たいです!
22. Posted by にゃむばなな   2015年03月28日 23:18
yukarinさんへ

いろいろ事情はあれど、試写会でイッキ見企画をやったのならって思っちゃいますよね。
とにかく早く続編が見たい!ただそれだけです!
23. Posted by くろねこ   2015年03月30日 00:22
コメントありがとうございました!
久々の鑑賞でしたが、いや〜惹きこまれました。やっぱ映画鑑賞はやめられませんわ〜。藤野さんの涙印象的!柏木くんもミステリアス。
どんな裁判になるのか--どんな真実が浮かび上がるのか。早く見たい!!
ホントイッキ見したかったですね〜。
24. Posted by にゃむばなな   2015年03月31日 09:50
くろねこさんへ

開廷前でこの面白さはたまりませんでしたね。
これからどうなっていくのか。
早く後篇が見たいですよ〜。
25. Posted by    2015年10月18日 15:19
やっぱり、あのラストは中途半端でしたよね。三宅母も十分に怖かったです。

あり得ない、学校の裁判を実現に向けて行くところが秀逸でした。不可能を可能にするのは、奇策ではなく、事実の積み重ねが大切だという事だと思います。

大出とか、不良生徒の描写も良かった。苛めっ子は、どこか別の場所で苛められているものなんですね。生徒は生徒なりに、若さゆえに様々な課題を抱えている。そんな人間描写が迫るものがあった、と思います。
26. Posted by にゃむばなな   2015年10月20日 23:45
隆さんへ

2部作ですから、中途半端というよりは「引っ張るなぁ〜」という感じでしたね。
でも後篇を見て改めて振り返ると、あれはあれでも良かったのかも。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載