2015年04月10日

『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』

バードマン映画好きにはたまらん大傑作だ!
ただ映画を見るのが好きなだけの映画ファンよりも、業界裏事情まで含めた映画に纏わるもの全てを愛する映画好きにこそ、この映画の魅力は花開く。
だからこそ評論家よりも製作者が多く集うアカデミー協会は『6才のボクが、大人になるまで。』よりもこの作品を選んだのか!

『アモーレス・ペロス』の匂いを思い出させるようなOPとワンカットで撮影されたようなカメラワーク。映画が始まってわずか5分で映画好きとして感じる、これは大傑作だという高揚感。

そんな高揚感をまず満たしてくれるのはヒーロー映画が飽和状態のハリウッドへの皮肉。
「バードマン」で映画スターに登り詰めたリーガン・トムソンはまさに『バットマン』で映画スターに登り詰めたマイケル・キートンそのもの。
そんな元ヒーローが役者としての再起を賭けた舞台で降板した俳優の代役を探す。『ハンガー・ゲーム』撮影中のウディ・ハレルソン却下、『X-MEN』シリーズ撮影中のマイケル・ファスベンダー却下、ジェレミー・レナーは『アベンジャーズ』に出演しているヒーロー役だから却下。で結局、『アイアンマン』のロバート・ダウニーJr.に嫉妬しながら『インクレディブル・ハルク』を降板したエドワード・ノートンを選ぶ。『アメイジング・スパイダーマン』のヒロインだったエマ・ストーン演じる娘との関係もギクシャクのままで。

次に舞台の裏で描かれる舞台と映画の確執が映画好きをニヤつかせる。
舞台俳優は映画俳優を役者として見下す。高額なギャラへの憧れから来る嫉妬で。
映画俳優は舞台俳優をギャラで見下す。演技力を磨く環境への憧れから来る嫉妬で。
このお互いに憧れているのに素直になれない関係が皮肉として描かれるのも実に面白いこと。

舞台俳優は映画俳優の書いた脚本には従わず、舞台上でも平気で飲酒する、勃起する、共演女優を襲おうとする、セットを壊す。なのに舞台を降りるとインポになる、気弱になる、男女関係がお盛んになる。でも素人のサムの前では虚勢を張る。

一方で映画俳優は舞台で成功すれば映画に戻れると考える。だから舞台でも映画でも成功したオーソン・ウェルズのようないでたちの写真を舞台の看板にしてあやかる。つまりリーガン・トムソンのヒーローはバードマンではなくオーソン・ウェルズか。

そして評論家の批評もSNSでの評判も気になる役者誰もが持つ自己承認欲求を妄想と現実を織り交ぜながら描く終盤は、吹っ切れた役者の面白さを茶化す様がたまらないこと。
一服するだけが閉扉によりブリーフ一丁でタイムズスクエアを歩くハメに。でもこれがSNSで話題になる。意外とみんなリーガン・トムソンのことを忘れていないことを知る。ヤケになって吹っ切れたら悩んでいたことが軽くなる。

そうなると心の声でもあるバードマンが囁く。お前が本当に望んでいることは何か。それは映画スターとして返り咲くことではないだろう。皆に愛されることだろうと。
そんな浮遊感に酔いしれたリーガン・トムソンが舞台の初日、本物の銃で自分の鼻を撃ち抜くも、それがスーパーリアリズムという演出として高評価されるのは文字通り『ブロードウェイと銃弾』へのお遊びか。思わずチャズ・パルミンテリの銃声が懐かしくなる。

もし乗っていた飛行機が墜落したら新聞の一面を飾るのは旧シリーズで最も評価が高い1作目の自分ではなく、最も評価が低い4作目のジョージ・クルーニーだとボヤいていた男が、マイケル・ジャクソンと同じ日に亡くなったファラ・フォーセットと同じだとボヤいていた男が、役者として再起を果たした今、病室で包帯の仮面を被っている、舞台のセリフ通りの格好になっているというブラックユーモアに笑いながら、クソするクソ野郎・バードマンがリーガン・トムソンの前から消えてくれたラスト。

娘から「誇り」が花言葉のライラックを贈られた男が再び空に舞う。
映画界では「バードマン」、演劇界では「無知がもたらす予期せぬ奇跡」と呼ばれたリーガン・トムソンの心は今、空を舞うヒーローではない「バードマン」というオチは何と気持ちのいいものか。

深夜らじお@の映画館はアントニオ・サンチェスのドラムも心地よかったです。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

 今回私は「ジャパンプレミア試写会」に招かれた。上映前にクリス・ペプラー司会、米倉涼子、小柴風花の舞台挨拶があり、本編上映前からシーンを再現した寸劇やネタバレ的な会話が多く、困ったイベントである。
2. 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(試写会)  [ ・*・ etoile ・*・ ]   2015年04月11日 00:57
'15.03.23 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(試写会)@20世紀FOX試写室 cocoで当選! いつもありがとうございます┏○ペコ スゴイ見たかったので大喜びで行ってきたー ネタバレありです! 結末にも触れています! 「かつてヒーロー映画...
3. 映画:バードマン Birdman 中年の悲哀を全面に出しつつ、噂に違わぬ 超・快?怪作!  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2015年04月11日 01:30
来年のアカデミー賞レースに向け、是非に今回観ておきたかった1本。 日本公開のタイトルは「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」とな? NYに着いた翌朝ー番に早速チェック! はじまった瞬間に気付く。 「何か違うわ、これ 」 タイトルのロゴの出方と...
注・内容、台詞、ラストについて触れています。『バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡)』BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)監督
5. 劇場鑑賞「バードマンあるいは(無知がもた...  [ 日々“是”精進! ]   2015年04月11日 05:57
「バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を鑑賞してきましたアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が、かつてバットマン役で一世を風靡したマイケル・キートン...
映画 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 (公式)を本日公開初日に劇場鑑賞。採点は ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 今でも世界中で大人気のスーパーヒーロー映画『バ
7. バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2015年04月11日 21:01
評価:★★★☆【3,5点】(11) 嘗て、傑作自虐ネタ映画『その男 ヴァン・ダム』があったが
8. バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)  [ 風情☭の不安多事な冒険 Part.5 ]   2015年04月12日 12:58
 アメリカ  コメディ&ドラマ  監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ  出演:マイケル・キートン      ザック・ガリフィナーキス      エドワード・ノートン    ...
9. 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』  [ 時間の無駄と言わないで ]   2015年04月12日 17:39
超長回し風の撮影と編集半端ない。 2時間のほぼ全てが1カット(に見える)って凄いよね。 舞台が変わろうが時間が変わろうがカメラが追い続けるのなんの。 繋いでいる素材自体が ...
10. 【バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 】  [ ジョニー暴れん坊デップの部屋 ]   2015年04月12日 23:27
{{{[]}}} {{{: }}} ● [[embed()]] {{{[]}}} → 『』 {{{[]}}} → 『』 {{{[]}}} → 『』 ● [[embed()]] {{{[]}}} → 『』 {{{[]}}} →
映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」は、オスカー受賞もうな
12. バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)  [ 心のままに映画の風景 ]   2015年04月13日 17:28
ヒーロー映画「バードマン」で一世を風靡したリーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、そのイメージが払拭できず、鳴かず飛ばずの俳優人生を送っていた。 自分が脚色を手掛けた「愛について語るときに我々の語ること」で再起を懸けようと、ブロードウェイの舞台に立
13. バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2015年04月13日 18:48
『バベル』などのアレハンドロ・G・イニャリトゥが監督を務め、落ち目の俳優が現実と幻想のはざまで追い込まれるさまを描いたブラックコメディー。人気の落ちた俳優が、ブロードウェイの舞台で復活しようとする中で、不運と精神的なダメージを重ねていく姿を映す。ヒーロ...
14. バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2015年04月13日 23:19
【BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)】2015/04/10公開 アメリカ PG12 120分監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ出演:マイケル・キートン、ザック・ガリフィナーキス、エドワード・ノートン、アンドレア・ライズブロー、エイミー・ライアン、エマ・スト...
映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を鑑賞しました。
16. 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」みた。  [ たいむのひとりごと ]   2015年04月14日 17:37
第87回アカデミー賞で、作品賞、監督賞ほか4部門を受賞。かつての大スターも今は昔、過去の栄光と呪縛からの脱出を試みた男の再生物語。コメディタッチなシリアスなのか、シリアスタッチなコメディなのか観る人に
17. 翔べ! 〜『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』  [ 真紅のthinkingdays ]   2015年04月15日 20:18
 BIRDMAN OR  (THE UNEXPECTED VIRTUE OF                    IGNORANCE)  かつてアメコミヒーロー映画 『バードマン』 に主演し、一世を風靡したもの の、今は落ちぶれつつある俳優のリーガン(マイケル・キートン)は、再起を
18. バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)  [ Akira's VOICE ]   2015年04月17日 14:12
悪夢も視点を変えればハッピー。  
19. バードマン あるいは(無知がもたらす予知せぬ奇跡)見に行った〜。(;´∀`)  [ ペパーミントの魔術師 ]   2015年04月18日 17:04
いつもはサブタイトルを何かつけるんだけど、タイトル長すぎ〜。(^_^;)・・・ってそれはどうでもいい。 アカデミー賞の授賞式を見ていた時に妙に印象に残ってしまったのは、 司会をやってたひとがこの映画をパロって、ブリーフ一丁で舞台に出てくるのを通路から撮ってた...
20. バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)  [ だらだら無気力ブログ! ]   2015年04月18日 20:24
アカデミー賞受賞してなかったら、多分観に行ってなかっただろうな。
【出演】  マイケル・キートン  エマ・ストーン  エドワード・ノートン  ナオミ・ワッツ 【ストーリー】 かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡した俳優リーガン・トムソンは、落ちぶれた今、自分が脚色を手掛けた舞台「愛について語るときに我々の語ること...
22. 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」  [ 或る日の出来事 ]   2015年04月19日 12:19
ユニークだなあ!
23. バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)  [ ハリウッド映画 LOVE ]   2015年04月19日 16:41
黄色い字幕って、読みづらい。
 グッとくる題名だ。  『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』。原題は"Birdman: Or (The Unexpected Virtue of Ignorance)"。  映画監督に限らない。創作に携わる人は誰もが「予期せぬ奇跡」を目指していよう。それをもたらすのが無知であることに気づ
25. バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)/BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE)  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2015年04月21日 17:22
今年のアカデミー賞作品賞ほか最多4部門で受賞のアレハンドロ・ゴンザレスイニャリトゥ監督作品。 「アモーレス・ペロス」や「21グラム」「バベル」「BIUTIFUL ビューティフル」 全編1カットに見せる手法?という驚異の撮影スタイルで描き出し緊迫感の継続...
26. 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」☆映像に釘付け  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2015年04月23日 14:10
男性版「ブラック・スワン」というべきか。 常に極限に居ることを強いられる人たちにとって、一部の癒しもないヒリヒリした日常から、遂に到達した念願の高みと究極の安らぎの世界。 「ブラック・スワン」はハッピーエンドと感じた私がやや戸惑うラストも、もしかすると役
27. 『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2015年04月28日 07:50
□作品オフィシャルサイト 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」□監督・脚本 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ□キャスト マイケル・キートン、ザック・ガリフィナーキス、エドワード・ノートン、       アンドレア・ライズボロー、エ
28. バードマン  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2015年05月01日 21:27
 『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』を渋谷シネマライズで見ました。 (1)本作(注1)は、本年度のアカデミー賞作品賞を獲得した作品ということで、映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、レイモンド・カーヴァーの詩が掲げられ、そしてタイト...
29. 映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』感想 ザ・ドラム・ムービー  [ 映画を観たからイラスト描いた ]   2015年05月03日 10:27
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』Birdman or The Unexpected Virtue of Ignorance2014年/アメリカ/120分監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ出演:マイケル・キートン/ ...
30. 再起をかけた男  [ 笑う社会人の生活 ]   2015年05月14日 20:12
13日のことですが、映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を鑑賞しました。 かつてヒーロー映画『バードマン』で一世を風靡した俳優リーガン・トムソンは落ちぶれた今、自分が脚色・演出・主演の舞台に再起を懸けていた。 しかし、降板した俳優の代...
31. 「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」  [ ここなつ映画レビュー ]   2015年05月15日 12:52
芝居を観るのは体力がいる。昔からずっと感じていた事である。LIVE感というのか、生身の人間のパッションがそのまま迫ってきて、こちらの魂が吸い取られていくような。真剣勝負だ、相討ちだ、と、喉元に刃を突きつけられているような。だから、日常生活の他の場面で体力を最
32. [映画][☆☆☆☆★]「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」感想  [ 流浪の狂人ブログ〜旅路より〜 ]   2015年05月23日 19:24
 「バベル」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督(兼脚本・製作)、「バットマン」のマイケル・キートン主演。かつてヒーロームービーで一世を風靡したものの、その後は泣かず飛ばずの俳優人生を送ってきた男が、再起をかけてブロードウェイの舞台劇に挑む。 奇
33. バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)  [ 銀幕大帝α ]   2015年09月04日 14:27
BIRDMAN OR (THE UNEXPECTED VIRTUE OF IGNORANCE) 2014年 アメリカ 120分 コメディ/ドラマ PG12 劇場公開(2015/04/10) 監督: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 製作: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 脚本: アレハンドロ・G・イニャリトゥ 出演: マイケ...
34. バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)  [ いやいやえん ]   2015年09月11日 06:55
【概略】 映画シリーズ4作目を断って20年、今も世界中で愛されているスーパーヒーロー“バードマン”。だが、バードマン役でスターになったリーガンは、その後のヒット作に恵まれず、私生活でも結婚に失敗し、失意の日々を送っていた。再起を決意したリーガンは、ブロードウ

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2015年04月11日 06:04
きっと実際のブロードウェイの裏側も、
こんな感じなのでしょうね。
いろいろと笑えるシーンが多かったです。
特に実際の俳優たちの名前が出るシーンは思わずクスッと。

ラストの解釈はいろいろと出来そうなので、
観た方と語りたくなりますね。
2. Posted by にゃむばなな   2015年04月12日 23:04
BROOKさんへ

これは見る人を選ぶ作品ですからね。
あのラストも解釈は分かれるでしょうね〜。
3. Posted by ジョニーA   2015年04月13日 00:53
過去の栄光を引きずる中・老年が主役のお話はズシッと胸に来ますワー
終盤、スクリーン狭しと羽ばたくCGシーンには鳥肌立ちましたジェ!
4. Posted by にゃむばなな   2015年04月13日 23:02
ジョニーAさんへ

マイケル・キートンの次に輝くのは誰になるんでしょうね〜。
ハーレイ・ジョエル・オスメントくんあたりでも?と思いますけど、彼は順調にお太りになられているようで…。しばらく見守る必要があるかも。
5. Posted by FREE TIME   2015年04月13日 23:55
こんばんは。
舞台劇の裏側を描いていたような作品でもありましたが、そのように見せる映像手法も、この映画の魅力だと思います。
それにしても、何でもアリの作品でしたね(^^;)
6. Posted by オリーブリー   2015年04月14日 00:53
観せるも語るも活力ある映画と言うのか、共有感が半端なかったです。
舞台裏劇でもあり風刺劇でもあり、でも普遍的なドラマでもあり、ユーモアまであって嬉しくなる贅沢さ(笑)
エンドの音までも意味ありでしたね〜。
7. Posted by たいむ   2015年04月14日 17:37
キャストから小道具まで、とにかく端々にまでネタとこだわりが盛り込まれていて、意味のない部分がないってほどに感じられました。

言うは安しだけど、ホントにやっちゃうからスゴイし、受け入れられるからもっとすごい。
8. Posted by にゃむばなな   2015年04月14日 23:30
FREE TIMEさんへ

ワンカットに見えるようなあの撮影方法。
それがこの映画の大いなるマジックなんでしょうね。
9. Posted by にゃむばなな   2015年04月14日 23:31
オリーブリーさんへ

ほんと、この映画に込められたものの多さは凄いですよね。
恐らく映画に詳しければ詳しいほど、この映画はもっと楽しめるんでしょうね。
10. Posted by にゃむばなな   2015年04月14日 23:35
たいむさんへ

ほんと、これだけのネタ、全て分かる人がいたら、相当な映画通でしょうね。
個人的にはまだまだ分かっていないネタも数多くありましたが、でも改めて映画好きで良かったと思える作品でもありましたよ。
11. Posted by yukarin   2015年04月17日 12:49
こんにちは。
たぶん私は映画を観るのが好きなファンなのかもしれせんねぇ^^;
舞台裏も興味深いものがありましたが絶賛するまではいきませんでした、、、
12. Posted by きさ   2015年04月19日 07:24
ほぼ全シーンがワンカット(撮影は「ゼロ・グラヴィティ」のエマニュエル・ルベツキ)なのには驚きますね。
話は私には結構難解でした。
主人公の幻想と現実がどちらも描写されますので、どちらが現実が分からなくなります。
お話はちょっと「レスラー」や「ブラックスワン」に似てますね。
映像ももちろんですがほぼ全編ドラムソロの音楽もユニークでした。
13. Posted by にゃむばなな   2015年04月19日 14:22
yukarinさんへ

この作品は映画そのものが好きか、映画鑑賞が好きかで評価が大きく分かれているみたいですね。
まぁその辺りは個人の好みですし…。
14. Posted by にゃむばなな   2015年04月19日 14:31
きささんへ

幻想と現実がワンカットのように描かれてますからね。
でもそれをハッキリと分かるように分けてしまうと、この作品の面白味は半減していたでしょうね。
15. Posted by mig   2015年04月21日 23:27
こんばんは〜
一見悲劇と思えるけど本人も娘も満足のラストなんですよね〜

映画ファンは楽しい実名は舞台裏の詰まった作品でした
好みは分かれますよね。
16. Posted by ノルウェーまだ〜む   2015年04月23日 14:23
にゃむさん☆
舞台俳優と映画俳優の確執、なるほどですねー
日本でもテレビで見なくなったと思ったら、舞台で頑張っているなんてことも多くて、てっきり落ち目になったら舞台俳優と思っていたけれど、そうじゃなくて案外舞台に一度立つと、もう戻ってこれないほど深い魅力があるのですね〜
17. Posted by にゃむばなな   2015年04月25日 23:01
migさんへ

好みの分かれる作品ですね。
まぁ見る人の映画の楽しみ方がそのまま感想にも表れているような感じもする作品でもあると思いますよ。
18. Posted by にゃむばなな   2015年04月25日 23:03
ノルウェーまだ〜むさんへ

舞台には舞台のプライドがあるみたいで、必ずしも映画が上というのはありえないそうですよ。
むしろそう考えているのは業界的には素人レベルだとバカにされるかも?ですね。
19. Posted by kajio   2015年04月26日 13:28
二日酔いのリーガンが空を飛んで以降、わがままでアレだけ存在感があったマイクを空気に近い扱いにする事で、

リーガンのキャラを際立たせていた辺りは、あーいう構成の仕方もあるんだなぁ、と勉強になりました。

20. Posted by にゃむばなな   2015年04月26日 23:02
kajioさんへ

それもまた舞台俳優への描き方の一つなんでしょうね。
恐らく舞台と映画の確執について、もっと詳しい方ならその辺りも凄く意味合いも分かるんでしょうね。
21. Posted by 三日月   2015年04月27日 23:10
にゃむばななさん

こんばんは(≧ω≦)

コネタにニヤニヤ
焦燥感にジリジリ
ワンショットと見紛うリアリズムに、バードマンの囁きから空中決戦までありのこてこてフィクション
映画的美しさのラストetc
「映画の可能性」をみせてくれた楽しい映画でした。
22. Posted by にゃむばなな   2015年04月29日 15:21
三日月さんへ

ほんと、この映画にはあらゆる可能性がありますよね。
内輪ネタしかり、ワンカット風映像もしかり。
この撮影監督の次回作も楽しみです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載