2015年04月18日

『マジック・イン・ムーンライト』

マジック・イン・ムーンライトエマ・ストーンよりもコリン・ファースが可愛らしすぎて困っちゃいます。
最近のウディ・アレン監督作品と比べると、どうも物足りなく感じてしまうのはなぜ?ダイアン・キートンもミア・ファローもスカーレット・ヨハンソンも出演していないから?
いや、違う。答えは恐らく新たなるミューズ:エマ・ストーンよりも魅力的な存在がこの映画にはいるから。それがまさか54歳のおじさまだなんて…。

舞台の上ではウェイ・リン・スーという中国人奇術師、舞台を降りればタップリンジャーという実業家を演じるイギリス人魔術師で皮肉屋のスタンリーが友人の頼みでイカサマを暴きに来たのは、霊界との交信が出来ると大富豪に取り入ったアメリカ人の占い師ソフィ。

霊界との交信なんて出来るはずがない。タネを暴けばいいんだろう。そんなのはプロである私がちょちょいとやればすぐに解決だ…のはずが、タネも仕掛けも分からんと天敵に苦戦する魔術師。
もしかしてこの小娘、本当に霊界と交信が出来るのか。そんなアホな…のはずが、自分の親代わりでもある叔母の過去の恋を当てやがった!ま、まさか、これはホンモノなのか!す、凄いじゃなイカ!と完全にソフィにのめり込む皮肉屋。

特にソフィが叔母の忘れられない恋を当ててしまうくだりでの、スタンリーがソフィの実力を完全に信じ込んでしまう表情や狼狽ぶり。これがスタンリーのキャラが口を開けば皮肉しか出てこないものに加え、堅物顔のコリン・ファースがそんな皮肉屋を演じていることもあって、まぁこの54歳のおじさまが実に可愛らしいこと。

しかもクラシックカーが故障しても直せると豪語しては「部品が2つも余った!」と失敗するわ、雷雨から避難するために天文台へ行けばソフィの隣で一人可愛らしい寝顔で横になるわ、そんなソフィのドレス姿を見ても安易に褒めずにただ「言葉を失った」という最高の褒め言葉を用意してるわ、でもソフィからどんなにアプローチされても全くその想いに応えないわと、これまたどこを取ってもスタンリーの可愛らしいキャラは存在しているので、悲しいことに本来はミューズであるはずのエマ・ストーンの可愛らしさがあまり目立たなくなってしまっているんですよね。

もちろんエマ・ストーンは可愛らしい女優さんですし、ソフィの正体がスタンリーの実力に嫉妬した友人ハワードの友人騙しの片棒を担がされたただの詐欺師まがいだとバレた後の恋に悩む姿もいい演技をされてます。

でもこの映画を見てやっぱり印象に残ってしまうのは、どうしてもエマ・ストーンではなくコリン・ファースなんですよね。皮肉ばっかりで肝心なことには気付いているのかどうかも分からないうえに、皮肉が肝心な時に相手の心に傷をつけたのではないかと悩んでしまうあの「どないしようもない」っぷり。
これが情けない以上に可愛らしく見えてしまうのは、やはりコリン・ファースという名優の実力なんでしょう。

ただそのオスカー俳優の実力今回はミューズの魅力まで霞んでしまうほどだったのは、ウディ・アレン監督も計算外だったのではないでしょうか。

深夜らじお@の映画館は54歳になってもチャーミングなコリン・ファースを見習いたいと思います。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. マジック・イン・ムーンライト  [ 風情☭の不安多事な冒険 Part.5 ]   2015年04月19日 11:52
 アメリカ&イギリス  コメディ&ロマンス  監督:ウディ・アレン  出演:コリン・ファース      エマ・ストーン      マーシャ・ゲイ・ハーデン      ハミ ...
2. 『マジック・イン・ムーンライト』 2015年4月11日 丸ノ内ピカデリー  [ 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) ]   2015年04月19日 23:17
『マジック・イン・ムーンライト』 を鑑賞しました。 この恋のマジックにかからないのはいないよ エマ・ストーンのいろんな服装が見れて幸せだ(笑) 【ストーリー】  魔法や超能力など信じない皮肉屋のイギリス人マジシャン、スタンリー(コリン・ファース)は、ある大
3. マジック・イン・ムーンライト  [ あーうぃ だにぇっと ]   2015年04月20日 08:37
マジック・イン・ムーンライト@一ツ橋ホール
4. マジック・イン・ムーンライト (試写会)  [ 風に吹かれて ]   2015年04月20日 14:53
理論か感情か人生は楽しく生きよう 公式サイト http://magicinmoonlight.jp4月11日公開 監督: ウディ・アレン 頭が固くて皮肉屋のイギリス人男性スタンリー(コリン・ファース)
5. マジック・イン・ムーンライト ★★★.5  [ パピとママ映画のblog ]   2015年04月20日 19:26
1920年代の南フランスを舞台に、不思議な能力を持つ女性占い師と、そのトリックを暴こうとするマジシャンの恋の駆け引きを描いたロマンチックコメディー。『ミッドナイト・イン・パリ』など数々の名作を手掛けてきた名匠ウディ・アレンがメガホンを取り、対照的な男女の恋...
6. マジック・イン・ムーンライト  [ だらだら無気力ブログ! ]   2015年04月20日 22:04
エマ・ストーン、超可愛い。
7. マジック・イン・ムーンライト / Magic in the Moonlight  [ 勝手に映画評 ]   2015年04月20日 22:26
ウディ・アレンのコメディ作品。 う〜ん、ウディ・アレンの作品ですねぇ(笑)。皮肉が効いています。その皮肉を嫌味にならない程度に留めているのがウディ・アレンの腕でしょうか。冷静に考えてみると、対立していた男女が最後には引かれ合うというのは有りがちな設定です...
8. 映画:マジック・イン・ムーンライト Magic in the Moonlight  ウディ・アレン新作は息抜きお気楽ムービー  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2015年04月21日 01:18
機内映画で鑑賞。 「The Maze Runner」「The giver」(そのうちアップ予定)と、今のアメリカっぽくイマイチなSF × 2本にゲンナリ(笑) じゃ次はもっと固めにしようと、タイトルに惹かれ、突入。 すると、タイトルバックが出、音楽が鳴り出すと、やけにウディ・ア...
9. マジック・イン・ムーンライト  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2015年04月21日 06:22
 『マジック・イン・ムーンライト』を渋谷ル・シネマで見ました。 (1)前作『ブルージャスミン』が良かったウディ・アレン監督の最新作というので、映画館に出かけてみました。  本作(注1)の冒頭は、1928年のベルリン。  「Wei Ling Soo」と書かれた看板がかかって...
10. マジック・イン・ムーンライト  [ 象のロケット ]   2015年04月21日 11:05
1928年。 “東洋の魔術師”として人気を博す中国人奇術師ウェイ・リン・スーは、実は白人で英国人のマジシャン、スタンリー・クロフォードだった。 ある日スタンリーは、幼馴染のハワードから、謎の女性占い師のインチキを暴いて欲しいと頼まれる。 素性を偽って南仏コー
注・内容、台詞、ラストに触れています。『マジック・イン・ムーンライト』Magic in the Moonlight監督 : ウディ・アレン出演 : コリン・ファース、エマ・ストーンジャッキー・ウィーヴ
12. 出来の悪いコント〜『マジック・イン・ムーンライト』  [ 真紅のthinkingdays ]   2015年04月23日 18:53
 MAGIC IN THE MOONLIGHT  1928年。ベルリンで奇術師ウェイ・リン・スーに扮し、マジックショーを成功 させていたスタンリー(コリン・ファース)の元に、旧友ハワード(サイモン・マ クバーニー)が訪れる。南仏で人々を虜にしているアメリカ人占い
13. マジック・イン・ムーンライト  [ 心のままに映画の風景 ]   2015年05月03日 00:48
頭が固く皮肉屋のイギリス人スタンリー・クロフォード(コリン・ファース)は、中国人マジシャンのウェイ・リング・ソーとして華麗なイリュージョンで喝采を浴びていた。 ある日、大富豪のカトリッジ母息子(ジャッキー・ウィーバー、ハミッシュ・リンクレイター)が入れ
14. 「マジック・イン・ムーンライト」  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2015年05月06日 21:11
ウディ・アレン監督の新作。1920年代の南フランスを舞台に、展開。魔法を信じないイギリス人マジシャンスタンリー(コリン・ファース)が友人から、人気の占い師のばけの皮をはがし ...
15. 映画・マジック・イン・ムーンライト  [ 読書と映画とガーデニング ]   2015年05月10日 14:16
原題 Magic In The Moon Light2014年 アメリカ、イギリス ウディ・アレン作品では「ミッドナイト・イン・パリ」のような作品が好きです本作もその流れですよね 1928年、この世に魔法や超能力など絶対に存在しないと確信するイギリス人マジシャン・スタンリー...
16. 恋というマジック  [ 笑う社会人の生活 ]   2015年05月15日 18:15
映画「マジック・イン・ムーンライト」を鑑賞しました。 魔法や超能力など信じない人気マジシャン、スタンリーは幼馴染から大富豪をとりこにしている占い師の正体を暴いてほしいと頼まれる ペテンを見抜いてやろうと南フランスの富豪宅を訪ねるが占い師ソフィが発揮する...
17. マジック・イン・ムーンライト  [ とりあえず、コメントです ]   2015年05月17日 10:46
ウディ・アレン監督最新作の1920年代を舞台に描いたラブコメディです。 コリン・ファース&エマ・ストーン主演なんて素敵な組み合わせだなと気になっていました。 南フランスで繰り広げられるキュートでドタバタな展開に、ニコニコしながら楽しめるような作品でした。
18. マジック・イン・ムーンライト  [ こんな映画見ました〜 ]   2015年07月08日 14:50
『マジック・イン・ムーンライト』---MAGIC IN THE MOONLIGHT---2014年(アメリカ/イギリス )監督:ウディ・アレン出演:コリン・ファース、サイモン・マクバーニー 、エマ・ストーン、アイリーン・アトキンス、マーシャ・ゲイ・ハーデン 「ミッドナイト...

この記事へのコメント

1. Posted by YUKKO   2015年05月06日 21:10
ウディ・アレン監督が恋に落ちるってこういうものだよと言っている作品だと思いました。みえみえのトリックに気付かないなんて、スタンリー可愛いです!
2. Posted by にゃむばなな   2015年05月07日 15:25
YUKKOさんへ

コリン・ファースの可愛らしさが恋の魅力を表現しているようでしたね。
本来ならヒロインが可愛らしく見えるはずなのに、ある意味さすがウディ・アレンですよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載