2015年06月04日

『あん』

あん陽の当たる社会で生きるために、心を自由にしなさい。
まるでもう会えない母親に言われたような、この淋しさの奥に感謝しきれない想い。こんな感覚をまさか河鹹照監督作品で味わえるとは思いもしませんでした。
本当に死を意識した人にしか出せないあの樹木希林さんの名演技。涙は出ないのに、心にこんなにも余韻が残るなんて…。

こちらに非はないつもりでも、世間の無理解に押し潰されてしまうことがあります。
この言葉を実感したことのある人はたくさんいることでしょう。でもこの言葉に心が潰されそうになった人はいったいどれほどいるでしょうか。

この社会で生きていくには誰もが多少なりとも閉塞感を感じるもの。
徳江は癩予防法と偏見により、千太郎店長は借金と出所という過去により、ワカナは母子家庭という家庭環境により肩身の狭い想いをしてきたことでしょう。
一方で視野を広げると、座学が勉強という環境に縛られた学生、会社という枠から抜け出せない社会人、金銭欲という沼に嵌った社長夫人もまたある意味籠の中のカナリア。自由意志という区分けを取り除けば、所詮はみな同じように心と身体の自由を求めて生きているもの。

だからこそ人生あとわずかと悟ったような徳江の言葉には淋しさと優しさを感じずにはいられないのです。
女子中学生たちに授業をサボって遊んできなさいといった言葉の裏に、千太郎店長に塩どら焼きを提案した言葉の裏にある想い。
療養所へ隔離された私の分まで人生を楽しみなさい。私のことを気にしてあのあんが使えないのなら、新しいあんを作りなさい。何に囚われずに心を自由にして羽ばたきなさい。

そのまるで母親のような優しさに満ちた言葉に私たちは甘えてしまう。
でも子供を産むことを許されなかった悲しみや陽の当たる社会で生きることが叶わなかった悔しさや淋しさが滲み出た言葉に私たちは親孝行のような恩返しをしたいと願ってしまう。

ただそれが金銭的な理由や無理解な人たちの言動で叶わないとなった時、私たちに出来ることは自暴自棄になることなのでしょうか。申し訳ない気持ちで涙を堪えることなのでしょうか。

私たちは誰が植えたものだとか気にして桜を愛でたことがあるでしょうか。
例えどんな方が植えようとも桜は桜。毎年春になると美しく咲き、儚く散っていく桜の過去など誰も気にしないもの。
それは河鹹照監督が美しく映し出す新緑や川のせせらぎと同じ。今あるこの美しさを愛でる素晴らしさを人は誰もが持っている。

人が気にする過去は他人の経歴ではなく、その人と過ごした時間、その人と交わした言葉、その人と成し遂げた事実だけ。
その愛でるべき過去が糧となり、希望に満ちた未来を随時「今この時」に変えてくれる。

どら焼き、いかがですか?

あんの師匠でもある徳江に届け。
舞い散る桜に向かって発した出張どら焼き屋の千太郎店長の言葉が跳ね返って新しいお客さんに届く。

どら焼き、5個ください。

この言葉が徳江にも届いているはず。そう思える余韻が劇場を去る観客の心に残り続ける、美しく素晴らしい映画でした。

深夜らじお@の映画館は河鹹照監督には常にこういう作品を撮り続けてほしいと願ってしまいます。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. あん  ★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2015年06月07日 18:08
『殯(もがり)の森』などの河瀬直美が樹木希林を主演に迎え、元ハンセン病患者の老女が尊厳を失わず生きようとする姿を丁寧に紡ぐ人間ドラマ。樹木が演じるおいしい粒あんを作る謎多き女性と、どら焼き店の店主や店を訪れる女子中学生の人間模様が描かれる。原作は、詩人...
2. 『あん』 2015年4月6日 ニッショーホール  [ 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) ]   2015年06月07日 23:32
『あん』 を完成披露試写会で鑑賞しました。 これは、今年一番の邦画になりそうな気がするよ! 【ストーリー】  刑務所から出所したのち、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎の店に、徳江(樹木希林)という女性がやって来る。その店で働くことを強く希望し
3. 鳥籠から解放されたカナリア。『あん』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2015年06月08日 22:14
どら焼き店の店長と美味しい粒あんを作る老女、どら焼き店の常連客である女子中学生を軸に人間模様を描いた作品です。
4. あん  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2015年06月09日 06:35
 『あん』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)本作が、河瀬直美監督(注1)が制作し、第68回カンヌ映画祭「ある視点」部門のオープニング作品となったというので、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、早朝、アパートの1室から千太郎(永瀬正敏)が出てきて、...
5. あん/樹木希林、永瀬正敏  [ カノンな日々 ]   2015年06月10日 09:22
河瀬直美監督がドリアン助川さんの同名小説を原作に樹木希林さんを主演に小さなどら焼き屋で粒あん作りを担う元ハンセン病患者の女性の姿を描いたヒューマンドラマです。 出演は ...
6. [映画『あん』を観た(寸評)]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2015年06月12日 15:53
☆・・・これはいい作品でした。  ・・・傷害事件を起こし服役した主人公は、どら焼き屋の雇われ店長となっていた。 そんなおり、一人の老女がやってくる。 バイトを希望してきたが、あまりにも年老いていたので店長は躊躇する。... しかし、勧められて食べた、老女..
7. 「あん」  [ お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 ]   2015年06月14日 01:19
2015年・日本=フランス=ドイツ合作 配給:エレファントハウス 監督:河瀬直美 原作:ドリアン助川 脚本:河瀬直美プロデューサー:福嶋更一郎、大山義人 撮影:穐山茂樹 詩人や作家、ミュージシャンとし
8. 月とカナリヤ〜『あん』  [ 真紅のthinkingdays ]   2015年06月14日 13:54
 小さなどら焼き屋 「どら春」 の雇われ店長・千太郎(永瀬正敏)のもとに、 徳江と名乗る老婦人(樹木希林)がやってくる。彼女は病気で指が不自由だ が、どら焼きの 「あん」 作りが得意で、ここで働きたいと千太郎に言うのだ った。  カンヌ映画祭の常連・
9. 劇場鑑賞「あん」  [ 日々“是”精進! ]   2015年06月17日 15:15
「あん」を鑑賞してきましたこちらでは少し遅れての公開。ドリアン助川の同名小説を「殯の森」「2つ目の窓」の河瀬直美監督が映画化した人生ドラマ。小さなどら焼き屋の雇われ店長...
10. 【あん】ザ・樹木希林劇場!  [ ジョニー暴れん坊デップの部屋 ]   2015年06月30日 03:39
{{{[http://eiga.com/movie/81499/ eiga.com 作品情報 『あん』]}}} {{{: ■解説:「萌の朱雀」で史上最年少でカンヌ国際映画祭新人監督賞を受賞、「殯の森」ではカンヌ国際映画祭グランプリを受賞した河瀬直美監督が、2014年に旭日小綬章を受章した名女優・樹木希林を主演
11. 日のあたる場所、月との約束。〜「あん」〜  [ ペパーミントの魔術師 ]   2015年07月02日 10:05
ほんとは予定になかった。これは完全に周りのブロガーさんの評判てことで。 ついでに言うと、これを見に行く前夜にこんなのもテレビで見てた。 36年ぶりのデュエットだったらしいね〜。年がばれる話ですがドラマ「ムー」「ムー一族」は好きだったし リアルタイムで見...
12. 『あん』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2015年07月10日 08:21
□作品オフィシャルサイト 「あん」□監督・脚本 河瀬直美□原作 ドリアン助川□キャスト 樹木希林、永瀬正敏、内田伽羅、市原悦子、水野美紀、浅田美代子■鑑賞日 6月20日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 
13. 『あん』をユーロスペース1で観て、永瀬がいい顔ふじき★★★  [ ふじき78の死屍累々映画日記 ]   2015年07月20日 15:41
五つ星評価で【★★★映画としては普通だけど、永瀬の無骨な泣き顔にやられる】 どら焼き屋店長と餡作り名人の老女との出あいと別れ。 というか、樹木希林が赤毛のアンをやる ...
14. あん  [ C'est joli〜ここちいい毎日を♪〜 ]   2015年08月04日 20:08
あん '15:日本+フランス+ドイツ ◆監督:河瀬直美「2つ目の窓」「朱花の月」 ◆出演:樹木希林、永瀬正敏、市原悦子、内田伽羅、浅田美代子、水野美紀、太賀、兼松若人、村田優吏愛、高橋咲樹、竹内海羽 ◆STORY◆縁あってどら焼き屋「どら春」の雇われ店長として単...
15. あん  [ にきログ ]   2015年08月08日 00:42
さて、久々の更新です。 相変わらずの映画感想 地味ながらもしみじみした日本映画でした あらすじ 刑務所から出所したのち、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎の店に、徳江(樹木希林)という女性がやって来る。その店で働くことを強く希望した徳江を
16. あん  監督/河瀬 直美  [ 西京極 紫の館 ]   2015年10月28日 01:36
【出演】  樹木 希林  永瀬 正敏  内田 伽羅 【ストーリー】 刑務所から出所したのち、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎の店に、徳江という女性がやって来る。その店で働くことを強く希望した徳江を千太郎は採用。徳江が作る粒あんが評判となり、店は...
17. 「あん」ネタバレ内容・感想  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2016年04月13日 11:48
凄く良かったです。5つ★
18. 『AN』あん  [ キマグレなヒトリゴト: IN PERTH ]   2016年04月29日 18:42
オーストラリアでも上演! あんこが詰まったどら焼きを、多分オーストラリア人は知らないのだろうけど、それでもだんだんおいしそうになってきたどら焼きに「ほう」とため息が出 ...
19. あん (2015)  [ のほほん便り ]   2016年08月19日 14:34
もう、樹木希林を筆頭に、キャスティングが抜群にハマってました。抑えた演技が、むしろ際立ち、見事なヒロイン像です。雇われ店長の永瀬正敏はもちろん、ちょっと意地の悪い世間を象徴して、イラッとさせる、オーナー役の浅田美代子から、徳江(樹木希林)の友人の市原悦子

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2015年06月17日 15:22
素晴らしい作品に出逢えた感じです♪

ハンセン病患者への差別…
実際、自分が千太郎の立場だったらどうするだろう…と、映画を観ていて考えてしまいました。

無知の恐ろしさを描きつつも、
最後は生きることの意味をそっと教えてくれるような作品でした。
2. Posted by にゃむばなな   2015年06月17日 23:34
BROOKさんへ

無知の恐ろしさ。噂ほど冷酷なものはないですよね。
でもその噂も場所が違えば存在もしないもの。
新たな場所でどら焼きを売るラストが何とも美しい作品でした。
3. Posted by ジョニーA   2015年06月30日 03:35
あんこたっぷりのドラ焼きの如く、樹木希林
さんの人生という名の魅力が、たっぷり詰ま
った映画でした。塩を混ぜるというのは、あ
る意味、夫のシェケナベイビーがいろいろ問
題を起こしてしまった「しょっぱさ」を暗示
しているんじゃあないかと・・。(おっとこ
れは深読みしすぎデスネw)
4. Posted by にゃむばなな   2015年06月30日 23:12
ジョニーAさんへ

おぉ〜、何と清々しい深読み!
「塩」のしょっぱさからシェケナベイビーを連想されるとは。
でも強ちありそうですよね。
5. Posted by latifa   2016年04月13日 11:47
にゃむばななさん、こんにちは!
凄く良い映画でした。
久しぶりに5つ★をつけました。
ラストも、凄く良かったです。
桜がとても綺麗でしたね。
6. Posted by にゃむばなな   2016年04月15日 08:25
latifaさんへ

河鶸篤頂酩覆榔覗はきれいなんですけど、お話が・・・というものがこれまでは多かったんですよね。
でも今回はお話も美しいものでしたから、余計に映像がきれいに見えましたよね。
7. Posted by minori   2016年04月29日 18:41
にゃむばななさん、こんばんは。

本当に差別ってこうやって普通にあることなんでしょうが、差別されている徳江さんの温かさに心が打たれました。

桜もどら焼きも今私のいるところにはないだけにとても恋しくなりました(笑)あんこもあれだけ愛情込めてつくってもらえば美味しいのでしょうねぇ。

TB失礼しますね。
8. Posted by にゃむばなな   2016年04月29日 23:12
minoriさんへ

日本では人種差別があまり目立たない反面、こういう病気など知識の少ない人間がそれを自覚せずに差別することが多いですね。
桜もどら焼きも日本の宝。それを作る人たちも同じく日本の宝なのに。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載