2015年08月14日

『日本のいちばん長い日』

日本のいちばん長い日1945年8月14日正午、日本のいちばん長い日が始まる。
戦後70年、我々日本人はいかにしてあの戦争が終わったのか、いかにしてあの戦争を終わらせたのかをどれだけ知っているだろうか。
ポツダム宣言受託会議から昭和天皇の御聖断を仰ぎ、玉音盤強奪をも図った宮城事件までを描いたこの日本史上最も長い一日を我々はどれだけ知っているだろうか。

昭和天皇がいなければ日本民族は滅んでいたかも知れない。後世がそう評価するほどの素晴らしき御方は、神と崇められる存在でありながら必要であれば自らマイクの前にも立つ、どこへでも行くと覚悟を決められる。全てはこの国民の苦しみを終わらせ、日本民族を絶やさぬがために。

その昭和天皇からの懇願もあって戦争終結内閣として鈴木貫太郎首相は自らの耳が遠いことも利用しながら、陸海双方からの御前会議出席の書を巧妙な話術で得た迫水書記官長と共にこの内閣で戦争を終わらせると覚悟を決める。

ただ米内海軍大臣とは違い本土決戦を主張する阿南陸軍大臣は死ぬ覚悟は決めることが出来ても、和平と戦争継続の狭間で苦悩する。
軍人にとって敗戦は自らの存在意義を失うもの。2000万もの特攻を用いれば戦局も変わり、日本優位な和平交渉も可能であると主張するも、それはもはや根拠のない精神論。
だからこそ御聖断と若き将校の声の狭間で悩む。国体護持か、戦局好転か。自分は軍人として、日本人として何を目指すべきなのか、何を為すべきなのかと。

「本土決戦になれば、もう桜は見れぬな」と呟いていた鈴木首相は昭和天皇と同じく、目指すべきは国民の苦しみを終わらせること。国体護持はその次と考えていたのかも知れない。
対して畑中や椎崎といった宮城事件の首謀者たちが目指していたのは国体護持という名目で盲目化してしまった軍国主義の貫徹だったのだろう。彼らの目には決して空襲や新型爆弾で命を失った国民は映っていなかったのだろう。

だからこそ彼らは動く。閣議で玉音放送に向けて文言がいかように訂正されているかも知らず、若き将校を抑えるために阿南陸軍大臣が自刃で片をつけようと苦悩されていたかも知らず、8月14日深夜から15日未明に掛けて鈴木内閣の捕縛と玉音放送の阻止に向けてクーデターを起こす。全ては根拠のない精神論に突き動かされた軍国主義に染まった思考回路であったがために。

しかし歴史は利己主義な若き将校たちには微笑みはしない。東部軍・田中司令官や近衛師団・森団長によりクーデターは抑え込まれる。戦争継続を若き将校だけでなく昭和天皇にも焚き付けようとした東条英機元首相も陛下に叱責を食らう。

あの時代、そして70年前の今日。誰もがこの国の未来を想い、誰もがこの国の未来のために苦悩し、決断し、行動を起こした。御聖断、自刃、クーデター。全てはこの国を想う情熱がゆえのことばかり。

阿南大臣が信じた勤勉な国民は今もなおどんな国難が訪れようとも必ず復興している。それは御前会議後に阿南大臣を個別に呼び出し、娘夫婦の結婚式を無事に終えたのかとご心配された昭和天皇の「堪え難きを堪え、忍び難きを忍ぶ」というお言葉が戦後の日本人にとって精神的な支えになったのではないだろうか。

安保論争に揺れる戦後70年の現代日本。あの戦争を終わらせた男たちの情熱を知ると同時にこの機会に玉音放送での昭和天皇のお言葉に今一度我々日本人は耳を傾けるべきではないだろうか。そこに戦後日本が歩んできた心の道が記されているのだから。

深夜らじお@の映画館は日本人としてこの日本でいちばん長い日は誰もが知っておくべきことだろうと思います。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

※玉音放送の現代語訳を追記に載せてみました。

私は、深く世界の大勢と日本の現状を考えて
特別な方法でこの事態を収拾しようと思い、
ここに忠義の気持ちを持った国民に告げます。

私は帝国政府に米・英・中・ソの四ヶ国に対して
ポツダム共同宣言を受諾することを通告させました。

そもそも日本国民の安全と世界の共存を共にすることは、
わが歴代天皇の残した教えであり、私が大切にしていることです。

アメリカやイギリスと戦争をしたのも日本の自立とアジアの平和を願うからであり、
元々他国の主権を犯したり、領土に侵入することは私の気持ちではありません。

開戦以来既に四年が経ち、陸海軍の将兵が勇ましく戦い、
役人たちが懸命に働き、一億の国民が力を尽くし、
それぞれ最善を尽くしたにも関わらず、戦局は必ずしも好転しません。
世界の大勢もまた我々に利がないことを示しています。

その上、敵は新たに残虐な爆弾を使用して、罪のない人たちを殺傷し、その痛ましい被害は計り知れません。

このまま戦争を続ければ最後にはわが民族が滅亡するだけでなく、人類の文明をも破壊するでしょう。

もしそうなれば一億の国民を預かっている私としては
どうやってわが歴代天皇の霊に謝ることができましょう。
このことが私が帝国政府に対し共同宣言に応じさせるに至った理由です。

私は、日本と共にアジアの解放に協力した国々に申し訳なく思わずにはいられません。

日本国民で、戦地で死んだり職場で命を落とした人々と、
その遺族のことを思うと、悲しみで心が裂ける思いです。
また戦傷を負い、災難で家業を失った人々についても私は大変心配しています。

考えると、これから日本が受けるであろう苦しみは大変なものがあると思います。

国民の口惜しい気持ちは私がよく知っています。

しかし私は時の運に従って、堪え難きを堪え、忍び難きを忍んで、後世のために平和をもたらしたいと思っているのです。

私は日本の国家を護ることが出来たので、
忠義で善良な国民の真心に信頼を寄せ、いつも国民と一緒にいます。

感情のままにみだりに事件を起こしたり、国民同士が争って時勢を乱して、
そのために道を誤って世界の信用を失うようなことは、私が最も戒めるところです。

国を挙げて子孫に伝え、神国の不滅を信じ、
任務は重く道は遠いことを思い、将来の国の再建に向けて総力をあげ、
道義を厚くして志を堅くして、日本の優れたところを更に高め、
世界の進歩に遅れないよう決意すべきです。

国民よ、私の気持ちを汲んで身を以て行いなさい。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 劇場鑑賞「日本のいちばん長い日」  [ 日々“是”精進! ]   2015年08月14日 17:22
「日本のいちばん長い日」を鑑賞してきました半藤一利のノンフィクションを基にした群像歴史ドラマ大作。太平洋戦争での日本の降伏決定から、それを国民に伝えた玉音放送が敢行され...
2. 日本のいちばん長い日  [ あーうぃ だにぇっと ]   2015年08月14日 23:29
日本のいちばん長い日
3. 『日本のいちばん長い日』 2015年7月29日 よみうりホール  [ 気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!) ]   2015年08月15日 00:54
『日本のいちばん長い日』 を試写会で鑑賞しました。 この作品のもっくんこと本木雅弘はなかなかの演技であったが 同じ松竹でこれから公開される『天空の蜂』はイマイチである。 【ストーリー】  1945年7月。太平洋戦争での戦況が悪化する日本に対して、連合軍はポツダム
4. 日本のいちばん長い日  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2015年08月15日 03:25
評価:★★★【3点】(09) 歴史を知る上では観ておくべき映画。
5. 日本のいちばん長い日  [ 勝手に映画評 ]   2015年08月15日 08:52
第二次大戦の終結に至るまでの、鈴木貫太郎内閣発足から、ポツダム宣言受諾決定の昭和天皇のご聖断、宮城事件までを描いた作品。 思ったよりも、上手く出来ています。 個人的に懸念していた本木雅弘の昭和天皇ですが、意外に良かったです。TV映像などで耳にする、独特の...
6. 日本のいちばん長い日  [ だらだら無気力ブログ! ]   2015年08月15日 12:12
お爺お婆率が半端なかったけど、なかなかに見応えあった。
「日本のいちばん長い日」は終戦直前の日本政府を描いた作品で戦争終結に向けて議論を重ねるも纏まらず昭和天皇に聖断を仰ぎ戦争終結を望まれてポツダム宣言を受諾して戦争終結に ...
8. 日本のいちばん長い日  [ そーれりぽーと ]   2015年08月15日 14:22
終戦の玉音放送直前に起きていたクーデターに焦点を当てた『日本のいちばん長い日』を観てきました。 ★★★★★ 信じるものが天皇陛下=日本の天下泰平なのか、国民全員を犠牲にしてでも勝ち取る勝利なのか。 平和も前の大戦も経験して自分で考えることの出来るいわゆる大
9. 日本のいちばん長い日  [ E'S STREAM ]   2015年08月15日 18:04
太平洋戦争。戦争末期となり、敗色も濃厚となった45年の夏、ポツダム宣言受諾までの1週間ほどの日、その間での、日本の政権と軍部での出来事を描く。日本の政権は、開戦からの重要な国策を担った東条政権に代わり、鈴木貫太郎を首相とする政権が発足した。陸軍大臣は、陸軍の
10. 『日本のいちばん長い日』は宮城事件を描き切ったか?  [ 映画のブログ ]   2015年08月15日 23:33
 本作の題"日本のいちばん長い日"とは、1945年8月14日から15日にかけての一昼夜を指している。  8月15日は「終戦の日」と呼ばれることが多い。  だが、戦争は本当にこの日に終わったのだろうか。  1945年8月10日には、社団法人同盟通信社がポツダム宣言(日本への降
11. 日本のいちばん長い日★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2015年08月16日 00:39
半藤一利のノンフィクションを基にした群像歴史ドラマ大作。太平洋戦争での日本の降伏決定から、それを国民に伝えた玉音放送が敢行されるまでの裏側を見つめていく。メガホンを取るのは、『クライマーズ・ハイ』『わが母の記』などの原田眞人。キャストには『わが母の記』...
12. 『日本のいちばん長い日』  [ 時間の無駄と言わないで ]   2015年08月16日 01:48
8月15日に観るとなかなか感慨深いものがあります。 今年二本目の原田眞人監督作品。 「駆け込み女と駆け出し男」と色々かぶる。 同じキャスト出まくり。 詰め込みまくって、テ ...
13. 日本のいちばん長い日  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2015年08月18日 20:26
 『日本のいちばん長い日』を新宿ピカデリーで見ました。 (1)終戦記念日にちなんで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、1945年4月5日で、重臣会議(注2)を終えて部屋から出てきた重臣たちが話しています。  東條英機(中嶋しゅう)が「海軍出身の総理で...
14. 命がけの終戦。『日本のいちばん長い日』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2015年08月19日 12:37
半藤一利のノンフィクションを基にした群像歴史ドラマ大作。太平洋戦争での日本の降伏決定から、それを国民に伝えた玉音放送が敢行されるまでの裏側を描いた作品です。
15. 日本のいちばん長い日  監督/原田 眞人  [ 西京極 紫の館 ]   2015年08月19日 23:30
【出演】  役所 広司  本木 雅弘  松坂 桃李  堤 真一  山崎 努 【ストーリー】 1945年7月。太平洋戦争での戦況が悪化する日本に対して、連合軍はポツダム宣言の受託を迫る。連日にわたって、降伏するか本土決戦に突き進むかを議論する閣議が開かれるが結論を一本化...
16. 『日本のいちばん長い日』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2015年08月21日 13:26
□作品オフィシャルサイト 「日本のいちばん長い日」□監督・脚本 原田眞人□原作 半藤一利□キャスト 役所広司、本木雅弘、松坂桃李、堤 真一、山崎 努■鑑賞日 8月14日(金)■劇場  TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)
17. 日本のいちばん長い日  [ ハリウッド映画 LOVE ]   2015年08月23日 10:46
日本というより、阿南陸軍大臣のいちばん長い日でした。
18. 日本のいちばん長い日(2015)  [ タケヤと愉快な仲間達 ]   2015年08月23日 20:03
監督:原田眞人 出演:役所広司、本木雅弘、松坂桃李、堤真一、山崎努、神野三鈴、蓮佛美沙子、小松和重、中村育二、山路和弘、金内喜久夫、久保酎吉、奥田達士、嵐芳三郎、井之上隆志、矢島健一、木場勝己、中嶋しゅう、麿赤兒、戸塚祥太、田中美央、関口晴雄、田島俊弥...
19. 映画「日本のいちばん長い日」  [ FREE TIME ]   2015年08月23日 20:40
終戦記念日の前日に映画「日本のいちばん長い日」を鑑賞しました。
20. 戦争映画3本「日本のいちばん長い日」「この国の空」「野火」  [ お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 ]   2015年08月27日 00:25
戦後70年の節目に、ちょうど同じ時期に3本の戦争映画が出揃ったので、3本まとめて書いてみる事とする。
21. 「日本のいちばん長い日」  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2015年08月29日 22:22
戦後70年、半藤一利原作の「日本のいちばん長い日」の映画化です。見に行こうと思いながら、この映画を仕事帰りに見るのは辛いと思い躊躇していました。でも、やはり戦争終結は ...
22. 『日本のいちばん長い日』モッくんの「モ」はモノマネ名人の「モ」!  [ ジョニー暴れん坊デップの部屋 ]   2016年02月16日 06:49
{{{[http://eiga.com/movie/81487/ eiga.com 作品情報 『日本のいちばん長い日』]}}} {{{: ■解説:昭和史研究の第一人者・半藤一利の傑作ノンフィクション「日本のいちばん長い日 決定版」を、「クライマーズ・ハイ」「わが母の記」の原田眞人監督が映画化。1945年8月15

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2015年08月14日 17:25
ポツダム宣言、玉音放送…
こういった言葉は授業で習ったものの、
その詳細を知ることはありませんでした。
なので、今作を観終わった後、戦争を終わらせるために奔走した人々の思いを知ることが出来たと思います。

戦争って、終わらせるのがどんなに難しいことなのでしょう…。
2. Posted by にゃむばなな   2015年08月14日 23:23
BROOKさんへ

伊藤博文は日清戦争が始まったと同時に戦争終結に向けての和平交渉の準備を始めていたそうですが、大東亜戦争に突入した頃の日本には伊藤博文のような先のことを見据えた政治家は存在しなかったのでしょうね。
それゆえに戦争を終わらせるのも凄く苦労することだったのでしょう。
3. Posted by    2015年08月15日 18:07
天皇の仕事が如何に大きなものだったかが分かるものですね。

今も昔も皇室は変わらず、存在する事が、日本の国体の存続に繋がる、と。日本一国の正義とか、伝統護持とか言った課題ではなく、皇室を必要とするのは、その国際的な価値に重きが置かれるべきでもあると思いました。
4. Posted by KLY   2015年08月16日 00:14
畑中少佐たち若手将校を利己主義というのは違うと思いますよ。彼らは己のことなど一切考えていません。にゃむばななさん自身が書かれている通り、あくまでも日本国を、そして日本国そのものである(と彼らが考える)天皇陛下を守りたかっただけです。本当に利己主義なら自決などしないですよ。

というわけで、今から今日の午後BSプレミアムで放送した岡本喜八版を見直してみます。
5. Posted by にゃむばなな   2015年08月18日 23:01
隆さんへ

日本の皇室は諸外国の王室とは国民の受け止め方がちょっと違いますからね。
精神的支柱要素が強い分、皇室の存続・天皇陛下の御聖断が終戦会議に大きな影響を及ぼしたのだと改めて感じましたよ。
6. Posted by にゃむばなな   2015年08月18日 23:06
KLYさんへ

確かに「利己主義」ではなく「利己的」にすべきでした。
思想が利己でない以上「主義」は使うべきではありませんでした。
結果的に行動が利己になったのであれば「利己的」で十分。
自分の語彙力不足です。
いい勉強をさせていただきましたよ。
7. Posted by FREE TIME   2015年08月23日 20:49
こんばんは。
今年で終戦70年目ですが、当時の日本の世相を確認できる映画でもありましたね。
昭和天皇を演じた本木雅弘の演技も良かったと思います。
8. Posted by にゃむばなな   2015年08月27日 10:37
FREE TIMEさんへ

わずか70年前なのに遠い昔のように感じるのは歴史の勉強がきちんとされていない証拠なんでしょうね。
当時の世相を我々も今まで以上に知るようにしないと。
9. Posted by YUKKO   2015年08月29日 22:27
戦後70年見なければいけない映画なのに重いのではとなかなか行けませんでした。見て本当に良かったです。今の平和は多くの人たちの犠牲もとにあるって本当に思いました。
10. Posted by にゃむばなな   2015年09月03日 00:12
YUKKOさんへ

70年前の陛下の御聖断。その御聖断と自らの信念の間で揺れ動いた人々。
本気でこの国を想った先人たちの想いは日本人の子孫としては知るべきですよね。
11. Posted by kajio   2015年09月06日 02:08
この原田監督版を観てから岡本喜八監督版を観たのですが、

突入せよ!浅間山荘事件やクライマーズ・ハイで(規模は違いますが)組織が大混乱する様子を描ききっていた原田監督ならば、

軍部の混乱っぷりを阿南や昭和天皇の苦悩に負けないぐらいにもっと克明に描く事もできた様には思いますが、

敢えて家族愛をテーマにしていたのは理解できない事はないけど、やっぱりもったいなかったかなぁ、と思いました。

12. Posted by    2015年09月06日 19:31
ストーリー中、昭和天皇は、終戦の宣言で終わるというのは、戦前の終わりを示すものであって、天皇の公に徹する振る舞いには、終始一貫した立派な態度を感じました。

ストーリーの主役が誰であるか、といえば、昭和天皇ですが、ビビッドな現場を抑えるのは、若い将校であったり、末端の軍人であるわけです。

だから、公たる姿勢を崩さない天皇が、どっしり控えている事によって、少なくとも、国内の軍部は安定する事ができたのではないでしょうか。
13. Posted by にゃむばなな   2015年09月07日 23:34
kajioさんへ

まぁ原田監督の過去の作品と比べると、そう思ってしまうのも仕方ないかと。
やはりこの監督に何を期待するかで評価も分かれますよね。
14. Posted by にゃむばなな   2015年09月07日 23:36
隆さんへ

そうですね、あの終わり方はまさに戦前の終わりをこの映画の終わりにしたものでしたね。
一つの時代が終わる。御聖断はその象徴だったということでしょうか。
15. Posted by ゆきんこ   2015年11月09日 08:54

この映画の酷い所は、「昭和天皇」の姿を映してしまっている所。本当に昭和天皇に深い慈愛の心があるなら、昭和天皇の顔を映しません。
ドラマ天皇の料理番をみればわかりますが、昭和天皇を首から下しか映してませんでしたよね。

まぁこの監督自体がサヨク思想の監督なので、そこまで気を回せないんでしょう。
どうせ全て軍部の責任にして、米国の犯罪には触れない、GHQが望んだ通りの作品なんでしょうね。GHQの政策の中に「陸軍責任論」や日本軍の暴走で全てが始まったと日本人に思わせる洗脳政策があったので。
あまり見るきはしませんね。
16. Posted by にゃむばなな   2015年11月10日 23:24
ゆきんこさんへ

「天皇の料理番」は未見ですが、なるほど、陛下のご尊顔を映さないという演出はいいですね。

ただ後半に書かれている内容からするに、個人的には左的思想で描く作品もあれば、右的思想で描く作品もあっていいのではないかと思います。

陛下や歴史に対する考え方も様々な現代視点ですからね。
仰るような視点で描かれる作品も作られるようになればいいのですが。
17. Posted by ゆきんこ   2015年12月05日 12:49

敬愛の証として、陛下の姿をぼかしたり、顔だけは映さないのはドラマや映画でされる演出の一つですね。
尊い人を扱っているからこその配慮ですよね。陛下のお姿を映像にする事すら、不敬だからという演出の仕方です。

最近、こういう歴史に関する映画などが増えていますが、外国人が携わる映画でも当たり前ですが、ぼかしも何もされず、事実無視もさる事ながら全く似ていない昭和天皇などがでてきます。
最近、各局が宣伝しまくっている杉原千畝とかいうユダヤ人にビザを発行した話も、日本政府に逆らってビザを発行したという事実とは全く違うサブタイトルまでつけて宣伝していたり、この映画のような事実を明らかに無視した作品がでてきている事に憂慮しています。
まぁエンターテイメントとして楽しむなら良いですが、映画で歴史を学ぶなって事ですね。
18. Posted by にゃむばなな   2015年12月05日 23:50
ゆきんこさんへ

映画のみならず、芸術作品は誰の視点で描くかで変わるもの。
またテーマをどこに置くかでも見せ方なども大きく変わるもの。
映画は史実云々に変に拘らず様々な視点で描いていいものだと個人的には思います。
ただ史実を描く場合は注釈として「諸説あります」と入れてもらうと、歴史を多角的に学ぶ上ではいいものだと思いますけど。

まぁ、あくまでも個人的な意見なので、これ以上の議論となるとご勘弁を。
返答出来る知識がもうございませんので…。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載