2016年01月13日

『人生の約束』

人生の約束人生は失くしてから気付くことばかり。
何と素晴らしい作品なのか。ただその素晴らしさを脚本と演出が全く理解し切れていないのが何とも残念で勿体無いこと。
日本人が大切にしている「絆」と「再生」の物語を、富山県射水市で続く新湊曳山まつりを通して描いていてのこの程度。本当に勿体無い!

音楽も映像も美しい予告編を見た時から『渾身 KON-SHIN』のような日本の伝統的地方行事を通じての人間再生の物語を期待していたのですが、お話自体はほぼその期待通り。

ただドライで自信家のIT企業家の中原祐馬社長の事業内容も見えてこなければ、死んでしまった親友・塩谷航平との親密度も不明。その航平の忘れ形見でもある一人娘の瞳が実父のことを「あの人」と言う理由も明かされなければ、四十物町が西町に曳山を譲った経緯や約束も不明瞭な点ばかり。

さらに架空取引による粉飾決算が行われるほど部下を追い詰めるほどの中原祐馬が意外にもあっさりと人生を見つめ直しせば、思春期真っ只中の瞳も意外にあっさりと祐馬に心を許すなど、脚本の深みのなさが映画全編に散りばめられているんですよね。

加えて予告編では凄く綺麗な曲が流れていたのに、肝心の映画本編では曳山まつりでは一切音楽を流さないどころか、祐馬が親友を思い出すクライマックスでは場違いなピアノ曲を流す始末。
要は原作がありながら、「絆」と「再生」というテーマを全く以て理解出来ていないまま作られた映画。薄っぺらい脚本と勉強不足の演出によって作られただけの映画に成り下がってしまっているんですよね。

本来ならこういう作品では祐馬はもっと心よりも金を大事にする人物像でも良かったはずですし、また瞳との関係も多少の複雑さを呈していても良かったはず。
そうすれば日本が普段の生活の中に持つ「絆」を大切にする様々な要素が自然と際立ち、いつの間にか静かに温かい涙を流すことが出来ていたはず。

人生には立ち止まらなければ見えない景色がある。それは自分のために動いてくれている人への感謝の気持ちを再確認するということ。前ばかり見ていては気付かなかった周囲というものの有難さを知るということ。

そして日本語にはそういった大切な気持ちを忘れないための言葉が日常生活に溶け込んでいるのも事実。「いただきます」「ありがとうございます」など、普段から使っている言葉には日本の心が宿っている。

ビートたけしさんを富山県警役に起用したり、立川志の輔師匠を医者役に起用したりなど、特別な役柄でもないのに有名処を多数起用するなど、映画を撮るということに舞い上がってしまって作品としての大切な部分を完全に置き忘れてしまった製作陣にこそ伝えたいこと。
それは大切なことを忘れた者の末路が曳山の前で孤独に佇む西町々内会長の姿そのものだということ。

てな訳で親友の娘に、しかもセーラー服が一番似合うお年頃の娘に抱き着いてもらえる祐馬が親友宛に書いたあの「友よ」から始まる手紙の内容が全文明かされないのも、凄く淋しく感じてしまった映画でした。

深夜らじお@の映画館もいざという時のためにフランスパンを綺麗に二等分する練習をしたいと思います。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 人生の約束 ★★★.5  [ パピとママ映画のblog ]   2016年01月13日 17:10
「池中玄太80キロ」「菊次郎とさき」をはじめ数々のTVドラマを手がけてきたベテラン演出家・石橋冠が初めて撮り上げた映画作品。主演の竹野内豊、江口洋介のほか、西田敏行、ビートたけし、柄本明はじめ豪華キャストが結集。 あらすじ:会社の拡大にしか興味のないI...
2. 人生の約束  [ Break Time ]   2016年01月13日 19:48
今朝は、北風が冷たく・・・
3. 映画「人生の約束」を観ました!!(2016-01)  [ 馬球1964 ]   2016年01月13日 20:33
映画「人生の約束」を観ました!!
4. 人生の約束  [ C’est joli ここちいい毎日を♪ ]   2016年01月13日 21:59
人生の約束 '16:日本 ◆監督:石橋冠 ◆主演:竹野内豊、江口洋介、松坂桃李、優香、小池栄子、美保純、市川実日子、高橋ひかる、立川志の輔、室井滋、柄本明、北野武、西田敏行 ◆STORY◆IT関連企業のCEO中原祐馬は、共に会社を興し決別したかつての親友・塩谷航平の...
5. <「人生の約束」試写会>  [ 夢色 ]   2016年01月14日 00:09
先日、友達に誘ってもらって、行って来ましたあまり予習せずに行ったのですが、最初始まった当初の江口洋介が渋かった(`・ω・´)そんなにファンって訳じゃなかったんだけど、こないだのオトナ女子でなかなか良いなぁと思って観てたので、萌えもえ(笑)四十物...
6. 人生の約束 (試写会)  [ 風に吹かれて ]   2016年01月14日 09:37
つながれ〜〜〜 公式サイト http://www.jinsei-no-yakusoku.jp1月9日公開 IT関連企業のCEO中原祐馬(竹野内豊)の携帯に、共に起業しながらも会社を追い出す形で3年前に
7. 人生の約束  [ 象のロケット ]   2016年01月14日 10:15
IT関連企業のCEO中原祐馬は、共に会社を興し決別したかつての親友・塩谷航平の死を知らされる。 航平の最期の望みは、故郷・富山県新湊の曳山祭で、曳山(山車)を曳くことだった。 しかし航平の地元・四十物町(あいものちょう)の曳山は、維持費や曳き手不足のため、近隣の
8. 人生の約束  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2016年01月14日 14:04
2016/01/09公開 日本 120分監督:石橋冠出演:竹野内豊、江口洋介、松坂桃李、優香、小池栄子、高橋ひかる、美保純、市川実日子、立川志の輔、室井滋、柄本明、ビートたけし、西田敏行 果たすべき約束、届けたい想い。 STORY:IT関連企業のCEO中原祐馬(竹野内豊)は、3...
「人生の約束 」は共に会社を立ち上げながら意見の食い違いから会社を去った友人が突然亡くなった事で亡くなった友人の故郷を訪れた男がそこで友人がやろうとしていた事を知りその ...
10. 人生の約束  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2016年01月19日 06:50
 『人生の約束』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『ニシノユキヒコの恋と冒険』の竹野内豊が主演の作品だというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、富山県射水市新湊地区の四十物町(あいものちょう)の町内会長・西村(西田敏行)の声で、「...
11. 映画「人生の約束」  [ FREE TIME ]   2016年01月26日 00:17
映画「人生の約束」を鑑賞しました。
12. 「人生の約束」  [ ここなつ映画レビュー ]   2016年03月01日 12:51
このままでは今年は一本も邦画を観ないことになる…!と、2月にして早危機感を覚えたので、選んだのがこの「人生の約束」。あれ…邦画ってこんなに良いものだっけ…?凄くいい。凄く染みる。いや、恐らくこれは、私が年をとったせいなのだろう。否、年相応の作品を選んだのだ

この記事へのコメント

1. Posted by yukarin   2016年01月14日 14:54
こんにちは。
物語はよくある話でしたがたまにはこういう作品を観るのもいいかなと思いました。
風景がとっても素敵でした。
多少の?な部分は景色でよしとします、、、
2. Posted by にゃむばなな   2016年01月16日 23:59
yukarinさんへ

確かに景色は本当にきれいでしたよね。
あれは富山でないと見れないのでしょうね〜。
3. Posted by FREE TIME   2016年01月26日 00:24
こんばんは。
富山でのシーンに比べて東京のシーンの内容がちょっと薄かった気がしますが、感銘を受けたセリフも多く、人生について考える部分もあった映画だったと思います。
新湊にも行ってみたくなりましたね。
4. Posted by にゃむばなな   2016年01月26日 23:01
FREE TIMEさんへ

そうですね、東京のシーンがもう少し濃くても良かったかも知れませんね。
新湊は確かに一度は行ってみたいところですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載