2016年04月29日

『ちはやふる-下の句-』

ちはやふる下の句個人戦こそ団体戦。その意味は「チームちはやふる」と「瑞沢高校かるた部」を見れば分かる。
さすが小泉徳宏監督と言わんばかりの、何と爽やかな映画だことか。競技かるたの説明は既に『上の句』で終えているとはいえ、かるたを続ける意味に苦悩する千早、太一、新がいいではないか!
そして松岡茉優さんの足の裏も…何と美しきことか!

テニスや卓球と同じく団体戦だけでなく個人戦も行う高校生の競技かるた。チームには戦略がいる、個人には不屈の闘志がいる…なんて熱きスポ根を描くことはしないのが、この実写版。

それよりも小泉徳宏監督が描きたいのは、やはり「チームちはやふる」の三角関係。ただし恋愛モードの敷居はまたぎませんという微妙なところで不満が出てもおかしくないところを、ここが小泉徳宏監督の実力。「かるたを続ける意味」を表に出しておきながら、実は「かるたの楽しさ」に特化しちゃうんですもん。

かるたを続ける意味。それは人それぞれ。でも一人は淋しいからとか、好きな人と一緒にいたいとかなど様々な理由はあれど、誰もが思っているのは「かるたは楽しい」から。
仲間が獲った一枚が自分が獲った一枚のように感じる。仲間の得意札がいつの間にか自分の得意札になっている。そんなステキな想いが並ぶ競技かるたを青春映画という味付けで見せたらどうなるか。その答えがこの実写版だと思うのです。

だからこそ、太一がA級に昇格したら原田先生からの特別昇段を断る格好良さも、来年の冨士崎高校戦での「これから上がってくるヤツだ!」という見せ処もなくなってしまったではないか!と原作を変更した箇所が凄く残念であっても、「知的な熊」こと原田先生が新に語る言葉の数々が心に響いてくるシーンがいいじゃないですか。
仲間のためにクイーンに善戦するもゆるキャラ「おおつ光ルくん」の隣でミンチになった肉まんくんの雄姿もいいじゃないですか。
「瑞沢一勝!」を言えたことを喜ぶ机くんも、所作が増々美しくなる奏ちゃんもいいじゃないですか。
一人一人がかるたを楽しむからこそ、そこに「チームちはやふる」の魂が「瑞沢高校かるた部」へと受け継げれているんですよね。

ただそうは言ってもやはり実写版はアニメ版には勝てないだろうと思っていたところで、アニメ版以上にその魅力を発揮していたのが、まさかまさかの若宮詩暢。
ダディベア原宿限定版タオルに声をあげて驚くこと2回に加え、念願の「スノー丸」も愛用し、「冬眠が終わったら夏休みか」を始めとする遠回し言葉とあの優しく冷たい笑顔を駆使する京女ぶりがたまらなくいい!
さらにこの若宮詩暢を演じる松岡茉優さんの足の裏も何と小さくキレイなことか!

熱き魂と汗で輝く千早に対し、冷静で優美な所作で輝く詩暢。その対比が際立てば際立つほど、汗もかかぬ松岡茉優さんの足の裏の美しさも際立つ。うぅ〜、小泉徳宏監督のええ仕事に感謝感激です!

てな訳で「ちはやふる」の本当の面白さは2年生になってから。肉まんくんの経験値、机くんのデータ、奏ちゃんの奮闘、太一の不運、千早のかるたバカぶり。それらを早く見たいので、是非「ちはやふる2」も製作していただきたい。
ただしその際は作品の世界観を台無しにするような曲をEDロールには使わないでいただきたい!

深夜らじお@の映画館はEDロールで確認しました。昨年度、第37回全国高校かるた選手権大会の兵庫県代表は龍野高校でした。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 劇場鑑賞「ちはやふる下の句」  [ 日々“是”精進! ]   2016年04月30日 15:07
「ちはやふる下の句」を鑑賞してきました競技かるたに情熱を注ぐ高校生たちの青春を描いた末次由紀の大ヒット・コミックスを広瀬すず主演で実写映画化。本作は2部作の後編。ついに...
2. ちはやふる -下の句-  [ 風情☭の不安多事な冒険 Part.5 ]   2016年05月01日 11:15
 日本  青春&ドラマ  監督:小泉徳宏  出演:広瀬すず      野村周平      真剣佑      松岡茉優 【物語】     (シネマトゥデイ)  高校で再会し ...
3. ちはやふる -下の句-  [ Akira's VOICE ]   2016年05月03日 14:29
かるたで泣けるとは!!  
4. 「ちはやふる -下の句-」  [ お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 ]   2016年05月05日 15:13
2016年・日本/日本テレビ=ROBOT配給:東宝 監督:小泉徳宏 原作:末次由紀 脚本:小泉徳宏ゼネラルプロデューサー:奥田誠治エグゼクティブプロデューサー:門屋大輔、安藤親広 企画・プロデュース:
5. ちはやふる -下の句- ★★★.5  [ パピとママ映画のblog ]   2016年05月06日 18:37
競技かるたに情熱を注ぐ高校生たちの青春を描いた末次由紀の大ヒット・コミックスを「海街diary」の広瀬すず主演で実写映画化。本作は2部作の後編。ついに迎えた全国大会の舞台で最大の試練に直面したヒロイン千早が、太一や新、かるた部の仲間たちと織りなす熱き青春模...
6. ちはやふる 下の句  [ 象のロケット ]   2016年05月06日 21:12
新と再会した時に『強くなったな』と言われたい千早。 そして、新に勝たなければ前に進むことが出来ないと感じる太一。 しかし当の新は、かるたをやる目的を見失っていた。 そんな頃、最強のかるたクイーン・若宮詩暢の噂を耳にした千早は、部活の団体戦そっちのけで個人
7. 映画「ちはやふる -下の句−」  [ FREE TIME ]   2016年05月07日 20:58
GW中に映画「ちはやふる -下の句−」を鑑賞しました。
『ちはやふる 上の句、下の句』監督 : 小泉徳宏出演 : 広瀬すず、野村周平、真剣佑上白石萌音、矢本悠馬松岡茉優松田美由紀、國村隼、他上の句 - 物語・同級生の千早(広瀬すず)、太一(野村周平)、新(
9. ちはやふる −下の句−  監督/小泉 徳宏  [ 西京極 紫の館 ]   2016年05月12日 16:46
【出演】  広瀬 すず  野村 周平  真剣 佑  松岡 茉優 【ストーリー】 高校で再会した幼なじみの太一と一緒に競技かるた部を作った千早は、創部1年にして東京都大会優勝を果たす。自分をかるたに導いてくれた新に優勝報告をした際、新の衝撃的な告白に動揺する千早だ...
10. 「ちはやふる -下の句-」  [ 或る日の出来事 ]   2016年05月12日 22:32
後編は、松岡茉優さんが大きくフィーチャーされました。(使い慣れない言葉をテキトーに使ってます。)
「ちはやふる [下の句]」はかるたに青春を賭けた少女のストーリーの続編で幼馴染との再会で最強のかるたクイーンを知る事になった千早は最強のクイーンを倒すために猛特訓を目指 ...
るろ剣あたりから、前編後編一気に見れるようになったおかげで、 はしごで見てまいりました〜☆ちなみに原作は未読。 余談なんですけど、娘が小6のときに、 百人一首を覚えました。担任の先生がこういうことを授業とは別にやってくれて、 そのためにそれこそ単語カードみ
13. ちはやふる 下の句  [ E'S STREAM ]   2016年10月15日 20:25
クイーンは侵しがたい聖域に住まい、本意を秘める…。高校で再会した幼なじみの太一(野村周平)と一緒に競技かるた部を作った千早(広瀬すず)は、創部1年にして東京都大会優勝を果たす。自分をかるたに導いてくれた新(真剣佑)に優勝報告をした際、新の衝撃的な告白に動揺
14. ちはやふる -下の句-  [ 銀幕大帝α ]   2016年10月20日 15:10
2016年 日本 102分 青春/ドラマ 劇場公開(2016/04/29) 監督: 小泉徳宏 『ちはやふる -上の句-』 原作: 末次由紀『ちはやふる』 脚本: 小泉徳宏 主題歌: Perfume『FLASH』 出演: 広瀬すず:綾瀬千早 野村周平:真島太一 真剣佑:綿谷新 上白石萌音:大江...
15. ちはやふる -上の句-/ちはやふる -下の句-  [ いやいやえん ]   2016年11月14日 15:30
【概略】 綾瀬千早、真島太一、綿谷新の3人は幼なじみ。新に教わった“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいた。そして千早は新の“競技かるた”に懸ける情熱に、夢を持つということを教えてもらった。そんな矢先、家の事情で新が故郷の福井へ戻り、はなればなれになってしま
16. ちはやふる -下の句- (2016)  [ のほほん便り ]   2017年04月12日 10:43
「ちはやふる -上の句- (2016) 」が面白く、その、まっすぐな青春に素直に感動しましたが、さらに、友情にスポットが当たり、部員達の結束も深まり、競技かるたの醍醐味も満載。ヒロイン、千早(広瀬すず)のハマりっぷりは、もちろん、同じかるた部メンバーの結束もさらに深

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2016年04月30日 15:10
原作の改変もありましたが、綺麗に纏めてあったと思います。

私も若宮詩暢役の松岡さんがハマり役だと思いました。
さすがに太っている姿は映像化出来ませんでしたが…。

続編製作が決定し、来春から撮影が始まるとのこと…
公開が待ち遠しいです。
2. Posted by ジョニーA   2016年05月01日 09:23
何となく、チャイナという名のクイーンを擁する卓球王国に果敢に立ち向かう日本卓球女子チームとイメージが被ります♪
実際、世界一の選手「丁寧」を、日本卓球界
のちはや、こと伊藤ミマちゃんが、個人戦で破りましたからねえ!チームワークが天才を上回る瞬間を、いつかリアルで見たいものです。
>作品の世界観を台無しにするような曲〜
パヒュームには、プロ根性で、楽曲をお琴で演奏するぐらいの気概を見せてもらいたいで
すよ!音色が電子音でなければそれなりにBGMとして成立する気はするので。。。
3. Posted by AKIRA   2016年05月03日 14:33
情熱を伝えることがうまい小泉監督の持ち味が出ていましたね。
素直におもしろかった!

原作も読んでみたい!
高2編も楽しそうー。続編決定たのしみ!
4. Posted by にゃむばなな   2016年05月03日 22:54
BROOKさんへ

さすがに太った詩暢ちゃんは演じれないでしょう♪
それでもあの京女ぶりは最高でしたわ。
続編も楽しみですね。
5. Posted by にゃむばなな   2016年05月03日 22:56
ジョニーAさんへ

イメージ的にはそんな感じですかね。
でも詩暢ちゃんは団体戦には一切登場しないので。
団体戦には団体戦の強敵が2年生になると兵庫と静岡から現れるんですよ。
これが面白いんだこと!
6. Posted by にゃむばなな   2016年05月03日 22:58
AKIRAさんへ

高2編は地方大会から熱戦になりますよ。原作通りなら。
そして太一、肉まん、机の3人の男共の活躍がいいんですよ!原作通りなら。
7. Posted by FREE TIME   2016年05月07日 21:04
GW中に下の句を鑑賞しましたが、かるたの懸ける気持ちの強さが個々に感じる内容でしたね。
千早が体調不良で団体戦を欠場したのは残念でしたが。
それと、やはりクイーンを演じた松岡茉優の存在感が一際目立っていましたね。
試合会場であのTシャツは(^^;)
続編では、どんな新キャラが登場するのか楽しみです(原作読めばわかるか…)
8. Posted by にゃむばなな   2016年05月09日 23:56
FREE TIMEさんへ

続編ではもっとカルタ愛に熱いキャラがたくさん登場しますよ。
特に団体戦の準決勝・決勝ではね。
是非続編でも原作通りにそういうキャラとの熱い一戦を描いてほしいものですよ。
9. Posted by kajio   2016年05月10日 10:06
原作&アニメでは、個人戦の ちはやvsクイーンの横でやっていた部長vsドSさんの決着は描かれているのでしょうか。映画では飛ばされていたので気になりました(^_^;
10. Posted by にゃむばなな   2016年05月12日 01:12
kajioさんへ

太一と須藤さんの対決は…アニメ版にはありましたかな?
あまり印象に残っていないですね。
だって千早たちが2年になると、上級生である須藤さんは引退されちゃうので、そのイメージしか残っていないですわ。
11. Posted by    2016年10月15日 20:25
成長する、真っ盛りの千早達の姿が観られたのは良かったです。新がチャンピオンとの事ですが、千早は大会を通して、ライバルとして、急成長したのではないでしょうか。これが、大会という魔物が居て、かるたの神も住まう実戦の凄さだと思いました。

勝負は勝負でも、試合を通した絆が出来ていて、競技かるたを愛好する人たちの間で、人間関係が出来ていて、新とクイーンとの間でも、繋がりがあり、それが、重要な伏線を秘しているように思いました。

これは、長いストーリーを持った傑作のテーマになるのではないでしょうか。
12. Posted by にゃむばなな   2016年10月15日 23:42
隆さんへ

千早にはクイーンという宿敵、新という強敵を倒すという目標がありますからね。
ただ彼女にとっては強者が孤独状態に陥ることに対する怒りも、その闘争心の原動力になっているのが、ある意味千早らしいんですけどね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載