2016年06月11日

『64-ロクヨン-後編』

64後編そこに意地はあるのか。
これが親の意地なのか。これが刑事の意地なのか。これが地元の意地なのか。
全ては既に始まっていた。全ては既に三上広報官の知らぬところで終わりに向けて進んでいた。
昭和64年のわずか7日間に居座り続けた者たちの意地が語る原作とは異なるラスト。それは覚悟を持った者だけの結末でもある。

「64事件」を模倣した誘拐事件の発生が、あらゆる者を昭和64年へと引き戻すと思われていた前編のラスト。
だが冒頭から不可思議なシーンが次々と挿入される。なぜ雨宮が三上宅へ無言電話を掛けたのか。

東京からやって来た記者たちが落合捜査二課長の会見に怒号を浴びせるなか、それを秋川たち地元記者は黙って見過ごすのは、三上広報官との絆が生まれたが故の地方記者としての意地。
報道とは真実を伝えること。決して社の売り上げに貢献するネタだけを伝えることではないと改心した者たちの忍耐という意地。

一方で東京からの人事で揺れる群馬県警にも意地がある。幸田メモの申し送りに固執する荒木田刑事部長の汚い意地とは違い、松岡捜査一課長の意地はクライマックスになるまでは明かされない。だから捜査の蚊帳の外にいる三上と同じく、観客もまた事件の全体像を見ることが出来ない。

しかし新たな被害者家族である目崎正人が松岡に発した「娘を取り戻してください」ではなく「犯人を捕まえてください」という違和感のある言葉をきっかけに、徐々に様々な者が静かに持つ意地がスクリーンに現れては、「64事件」の真相へと導いてくれる。

精神的にもキツイ会見を続ける落合と共に会見の場を仕切る諏訪へと情報を送る三上が松岡に頼み込んで乗り合わせた捜査車両。そこは目崎家誘拐事件ではなく「64事件」を追う場であったという真実。
ヘリウムガス切れで判明した誘拐犯の声が幸田だと分かった時、彼が真犯人を目崎だと突き止めた雨宮と共に狂言誘拐を企てていたという真実。

そこには公衆電話からの無言電話を電話帳に沿って一軒一軒掛けてきた、唯一犯人の声を聴いた雨宮の親としての意地がある。雨宮と同じく親になり、警察の隠蔽体質にメモを握り潰された幸田の意地がある。
同時に上層部の事なかれ主義に表立った反発はせずに静かに14年間も事件を追い続けてきた松岡の刑事としての意地もある。

だからこそ被害者を装い続けるも証拠不十分で家に帰された「64事件」の真犯人:目崎を誰がどう追い詰めるかというラストは、覚悟もなく張る価値もない意地を張り続けてきた三上が「親の意地」と「刑事の意地」を問われる場でもある。

目崎の次女に接触していながら復讐誘拐を企てることもなかった雨宮。職を転々としながらも決して雨宮への協力を忘れることのなかった幸田。そんな2人に対して自分はどうなのか。松岡から言われた「刑事の目」と娘から嫌われた「刑事の目」はどう違うのか。
それらを静かに自問自答した三上が雨宮や幸田と同じく「親としての意地」で、松岡と同じく「64事件」を忘れられなかった「刑事としての意地」で目崎を追い詰める。

だが三上が辿り着いた結末は目崎の娘の前で親の失態を見せるという残酷なもの。それは「親の意地」から考えれば避けるべき、もしくは場を変えるべきだったこと。

そんな自身の甘さを許せなかった三上の気持ちを秋川が「現職警官の暴行」という記事にする。人情で考えれば後ろめたいことでも、生温い関係を断った警察と記者の間には各々の仕事を全うするという意地を押し通すことこそが互いへの敬意。
だから記者クラブの誰もが三上の挨拶を必要としない。諏訪も覚悟を決めて後任を引き受ける。

そして事件解決後初めての小正月に再会した雨宮は幸田と同じく自首を約束する。雨宮に松飾を返した三上が静かに妻と共に「親の意地」を意味を考える。果たして自分たちには雨宮や幸田のような「親としての覚悟」があったのだろうかと。

不在の三上家に掛かってきた公衆電話の着信。その相手が行方不明の娘でありますようにと願いながら、劇場を出た後に街を歩くとふと気付く。数多いる子供の傍には常に数多の親がいる。数多の親の意地もそこにある。世の中はそんな目に見えぬ意地で保たれていることを忘れた者だけが、いつの時代も罪を犯すのだろうと。

深夜らじお@の映画館もいつか親という意地を持って生きてみたいです。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 劇場鑑賞「64-ロクヨン-後編」  [ 日々“是”精進! ]   2016年06月11日 16:01
「64-ロクヨン-後編」を鑑賞してきました人気作家・横山秀夫の傑作ミステリー巨編を佐藤浩市をはじめとする実力派キャストの豪華共演で映画化したミステリー・ドラマ。本作は前後編...
2. 64-ロクヨン-後編  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2016年06月11日 18:53
評価:★★★☆【3.5点】(11) 前編で貼られた伏線回収作業は綺麗に処理されたものの
3. 日本の警察 その85「64(ロクヨン)後編」 (2016 東宝=TBS)  [ 事務職員へのこの1冊 ]   2016年06月11日 20:01
その84「64(ロクヨン)前編」の特集はこちら。原作の特集はこちら。初日の1回目で見る。前編のボルテージがそのまま維持できれば、確かに“映画史に残”ったかもしれない。佐藤浩市の、記者たち相手の大芝居や、ポツンと立つ公衆電話が、ある人物の孤独を象...
4. 映画『64−ロクヨン−後編』観てきた・・・  [ よくばりアンテナ ]   2016年06月12日 15:11
前編の記事はコチラ 前編があまりにも面白かったために、期待値が上がりすぎでした。 ただ、不安がなかったわけじゃない。 だって、前編ですでに原作本のストーリー3/4くらいは進んでるので、 後の1/4をどうやって後編で広げるんだろうかと・・・ もちろん、面
5. 64−ロクヨン−後編 ★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2016年06月12日 16:46
人気作家・横山秀夫の傑作ミステリー巨編を佐藤浩市をはじめとする実力派キャストの豪華共演で映画化したミステリー・ドラマ。本作は前後編2部作の後編。警察庁長官の来県を目前に発生した新たな誘拐事件で県警全体に激震が走る中、さらなるマスコミ対応に追われる広報官...
6. 『64-ロクヨン- 前編・後編』 仕事前と仕事後、一日で制覇!  [ ジョニー暴れん坊デップの部屋 ]   2016年06月13日 08:00
{{{[]}}} {{{: }}} ● [[embed()]] {{{[]}}} → 『』 {{{[]}}} → 『』 {{{[]}}} → 『』 ● [[embed()]] {{{[]}}} → 『』 {{{[]}}} → 『』
7. 「64−ロクヨン 後編」☆張り巡らされた伏線  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2016年06月15日 13:21
64の前編は何も起こらないから、後半から観てもいいのかもって言ってごめんなさい。 前編に見事に張り巡らされた伏線の数々。 この長い長い前置きがあってこその深い物語は、大きく広げた風呂敷をきちんと折り目正しく畳んで、最後にカバンにしまうところまでやってくれ
8. 64-ロクヨン-後編  監督/瀬々 敬久  [ 西京極 紫の館 ]   2016年06月16日 21:38
【出演】  佐藤 浩市  永瀬 正敏  緒方 直人  三浦 友和 【ストーリー】 県警の広報官・三上は記者クラブとの摩擦問題がようやく解消したと思われた矢先、昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件を模倣した誘拐事件が発生する。県警内部の政治対立に翻弄され、再びマスコミと
9. 64-ロクヨン-後編  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2016年06月16日 22:10
2016/06/11公開 日本 119分監督:瀬々敬久出演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、筒井道隆、鶴田真由、赤井英和、菅田俊、烏丸せつこ、小澤征悦、金井勇太、柄本佑、椎名桔平、滝藤賢一、奥田瑛二、仲村トオル、吉岡秀隆、瑛太、永瀬
10. 64 ロクヨン 後編  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2016年06月17日 06:50
 『64 ロクヨン 後編』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)『64 ロクヨン 前編』が素晴らしかったので、後編もと思って映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、雨が降りしきる中で公衆電話ボックス(注1)に入って電話をかけようとする雨合羽の男の姿が映し出さ.
11. 映画 「64(ロクヨン)」 後編  [ 徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ” ]   2016年06月17日 08:39
4月下旬、前編を見て1ヶ月半経ち、後編を見てきました。昭和最後の年、昭和64年に起こった少女誘拐事件は、刑事部では”ロクヨン”と呼ばれ、後1年で時効を迎えるころに起こった、14年前の少女誘拐事件と類似した事件が起こったところから、後編は始まります。(一部ネタバレ
12. 64 ロクヨン 後編  [ 勝手に映画評 ]   2016年06月19日 14:14
『64 ロクヨン 前編』に引き続く後編。結末が、原作と異なっています。 前編が思ったよりも良かったので、期待していきましたが、う〜ん、敢えて変えた結末はどうなんでしょうね?わたし的には、ちょっとイマイチ。 って言うか、原作は読んだんですが、どう言う内容だった
注・内容、犯人、ラストに触れています。『64 -ロクヨン- 後編』 監督 : 瀬々敬久出演 : 佐藤浩市永瀬正敏、三浦友和、緒形直人綾野剛、榮倉奈々、瑛太、夏川結衣窪田正孝、坂口健太郎、筒井道隆鶴田真
14. 64-ロクヨン-後編  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2016年06月20日 10:59
前後編2部作の後編。 警察庁長官の来県を目前に発生した新たな誘拐事件で県警全体に激震が走る中、 さらなるマスコミ対応に追われる広報官、三上が迫る“ロクヨン”捜査の真相と、 現在進行形で展開していく新たな誘拐事件の衝撃の顛末とは   前編レビュー64前編
15. 映画「64−ロクヨン−後編」  [ FREE TIME ]   2016年06月20日 21:35
映画「64−ロクヨン−後編」を鑑賞しました。
16. 64 ロクヨン 後編  [ 花ごよみ ]   2016年06月21日 21:12
横山秀夫原作の「64(ロクヨン)」を映画化。 今回は2部作の後編。 監督は瀬々敬久。 佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、瑛太、 永瀬正敏、夏川結衣、窪田正孝、 三浦友和、吉岡秀隆、等が豪華メンバーが出演 たった7日間しかなかった昭和64年に発生。 犯人を逮捕することが.
17. 「64 ロクヨン」前編・後編  [ お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 ]   2016年06月24日 02:06
2016年・日本/TBS=コブラピクチャーズ他 配給:東宝 監督:瀬々敬久 原作:横山秀夫 脚本:久松真一、瀬々敬久 脚本協力:井土紀州エグゼクティブプロデューサー:平野 隆企画:越智貞夫 2012年
「64-ロクヨン-後編」は64-ロクヨン-前編の続きとなる作品で昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件と同じ手口の事件が起きた事により当時の事件が大きく動き出し真犯人へとたどり着いてい ...
19. 「64(ロクヨン)後編」  [ ここなつ映画レビュー ]   2016年07月20日 12:40
「怒涛の前編、慟哭の後編」なのである。局の柱巻きに書いてあったのだから、間違いない。そうなんだろうな、と思いつつ、結局公開終了直前に鑑賞。いやもう本当に楽しみにしていたのだけれど、息子と予定を合わせるのが難しいシーズンなので。前編からの期待を裏切らない素
20. 後編は事件は解決へと向うが・・・  [ 笑う社会人の生活 ]   2016年08月19日 13:26
23日のことですが、映画「64-ロクヨン-後編」を鑑賞しました。 事件から14年が過ぎた平成14年、新たな誘拐事件が発生 犯人は「サトウ」と名乗り 身代金2000万円を用意してスーツケースに入れ、父親に車で運ばせるなど、事件は「ロクヨン」をなぞっていて・・・ もちろ...
21. 64-ロクヨン-前編/64-ロクヨン-後編  [ いやいやえん ]   2016年12月18日 21:04
【概略】 かつては刑事部の刑事、現在は警務部・広報官の三上義信は、常にマスコミからの外圧にさらされていた。そんな彼が、昭和64年に発生した未解決の少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」に挑む。 サスペンス 【概略】 三上は警察という組織の中で生きる個人と
22. 64-ロクヨン-後編  [ タケヤと愉快な仲間達 ]   2017年01月13日 05:26
監督:瀬々敬久 出演:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、金井勇太、筒井道隆、鶴田真由、赤井英和、菅田俊、小澤征悦、菅原大吉、柄本佑、坂口健太郎、宇野祥平、菜葉菜、緋田康人、矢柴俊博、加藤虎ノ介、足立智充、大西信満、管勇毅、忍成修吾
23. 64 ロクヨン 後編(2016)  [ のほほん便り ]   2017年04月07日 07:51
ベストセラー作家・横山秀夫の小説「64(ロクヨン)」を映画化した2部作の後編映画の後編は、原作と異なるラスト、だったんですってね。警察の広報担当と、記者クラブの激しい対立のさなかに起きた、ロクヨンを模した誘拐事件。それは、あまりにも切ない顛末だったのでした。
24. 独断的映画感想文:64 ロクヨン 後編  [ なんか飲みたい ]   2017年05月02日 12:02
日記:2017年4月某日 映画「64 ロクヨン 後編」を見る. 2016年.監督:瀬々敬久. 出演:佐藤浩市(三上義信),綾野剛(諏訪),榮倉奈々(美雲),夏川結衣(三上美那子),緒形直人(目崎正人)

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2016年06月11日 16:07
前編での伏線も回収しつつ、とても見応えある作品に仕上がっていましたね。
映画オリジナルの終盤は、これはこれで良かったと思います。
ほとんどモヤモヤも残らないので、綺麗に纏まっていました。
2. Posted by にゃむばなな   2016年06月11日 23:21
BROOKさんへ

私も映画オリジナルの結末はこれで良かったと思いました。
三上に足りない「親としての意地」を再び取り戻すことが明るい未来になることを信じてという余韻も良かったですよね。
3. Posted by ジョニー( ´゚д゚`)エー   2016年06月12日 22:44
ミスリードが見事だっただけに、真実が解ったらすぐに
エンディングへと行って欲しかったです・・・。
ちょっと、真相を細かく台詞で喋らせ過ぎ。
いったん帰った目崎が、また娘を誘拐されて・・という展開が
ややマヌケに感じてしまいましたー。
ま、3回も娘を誘拐されたLーアム・Nーソンよりはマシですが・・・w
4. Posted by にゃむばなな   2016年06月13日 23:30
ジョニーAさんへ

目崎は長女誘拐偽装解決で安心してしまったんでしょうね。
そこを突かれるのは確かにマヌケですね。
でも確かにどこぞの96時間親父よりはマシですわね。
5. Posted by ノルウェーまだ〜む   2016年06月15日 13:29
にゃむばななさん☆
前編の色々を見事にまとめていて素晴らしかったです。
ラストに掛かってきた電話も良かったですね。
原作とはどんなふうに違うのでしょう?
6. Posted by yukarin   2016年06月16日 22:55
こんばんは。
原作のラストは知らないので気になります。
映画版のラストはどうなんだろうと思いましたがあれで良かったのかな...

三上家にかかってきた電話はきっと娘からの電話だと思いたいですね!
7. Posted by にゃむばなな   2016年06月16日 23:11
ノルウェーまだ〜むさんへ

やっぱりこの作品は1本の映画として見たかったですね。
本当に前編で仕掛けられていたものが全て回収されていたのには驚き。
そしてあの電話は…娘さんからだと信じたいです。
8. Posted by にゃむばなな   2016年06月16日 23:11
yukarinさんへ

原作のラストはどうなっているんでしょうね。
その原作でも不在の三上家には電話が掛かっていてほしいですね。
9. Posted by FREE TIME   2016年06月20日 21:52
こんばんは。
電話帳を基に、市内全域の電話をかけまくり犯人と似た声を見つけ出した雨宮には意地というより執念を感じましたね。
それにしても綿密に計画された誘拐と違って殺人の手口は杜撰なのに時効寸前まで手がかりすら掴めなかったなんて警察の捜査態勢にも呆れてしまいましたね。
最後の電話は自分も娘からだと信じたいですね。
10. Posted by にゃむばなな   2016年06月20日 22:52
FREE TIMEさんへ

自分たちのミスを隠蔽するような組織ですからね。
そりゃ、犯人を逮捕出来ないのも当然といえば当然ですよ。
だから雨宮も頼れるのは自分しかいないと腹を括ったのかも知れませんね。
11. Posted by mig   2016年06月25日 11:17
こんにちは〜
三上の娘がいくら何でも出て来なさすぎじゃないですか?笑
娘との確執や父娘の関係性を事件にも感情反映させるためとはいえ。そんな偶然いなくなったままなんて。
2本に分ける意味がわからなかった
商業のためという感じも否めませんね。まぁ面白かったけど前半が良かったですよね。
12. Posted by にゃむばなな   2016年06月26日 16:04
migさんへ

2本に分ける意味はやっぱり商業的だったのでしょうかね。
ほんと、1本にしてほしかったですよ。

それと三上の娘は確かに出てこなさすぎ。14年も経っているというのにね〜。
13. Posted by ここなつ   2016年07月20日 12:39
こんにちは。
>そこに意地はあるのか。
これが親の意地なのか。これが刑事の意地なのか。これが地元の意地なのか。
貴稿の出だし、カッコ良いです。
ホント、刑事部&警務部、広報室&マスコミ、霞ヶ関&地方…正に意地と意地のぶつかり合いのような気がします。
そして最後に雨宮の意地が事件解決をみせてくれたのだなぁ…と思いました。
14. Posted by にゃむばなな   2016年07月20日 23:24
ここなつさんへ

嬉しいコメントありがとうございます。
昨今、男の意地を見る機会が減った世の中になってしまいましたが、やっぱり意地は張るべき時に張らねばなりませんからね。
それがこの後編には描かれていたのだと思いましたよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載