2016年06月16日

『ヒメアノ〜ル』

ヒメアノ〜ルとんでもない映画だ!
あんなラストを見せられちゃ、それまでの感情を全て否定してしまいたくなるではないか!コミカルラブストーリーが残忍なシーンのスパイスとなって展開していく先で、最後にまさか涙が流れてしまうなんて…。
もう家族に麦茶2つ持ってきてなんて頼めないよ…。

飄々としたストーリーテラー:濱田岳、狂気の殺人鬼:森田剛、薄すぎず濃すぎずのヒロイン:佐津川愛実、キモヲタ&棒読み演技が見事な怪優:ムロツヨシの4人が織り成す、2人のストーカーと忘れたくても忘れられない2人の重い過去。

濱田岳演じる岡田という無害な男を中心に2人のストーカー:安藤と森田が彼の左右でそのタイプの違う気持ち悪さを披露するたびに揺れ動くストーリーが前半はコミカルだけど、どこか暗い影が見え隠れする。
その暗い影が後半に映画全体を覆い、やがては岡田か誰かの勇気で問題解決かと思ったのが大間違い。問題は何も解決されていないどころか、逆に観客へ提示されている。あなたが過去に出逢った人の中に今、森田のような人間が何人いますか?と。

特にそれを強烈に感じるのは、安藤役ムロツヨシのキモヲタ演技が光れば光るほど、自然と岡田とユカのラブストーリーがコミカルな温かさを醸し出し、その温かな世界に影が忍び寄るかの如く森田の狂気が徐々に恐ろしくなっていく割には、そこに強い危機感が存在しないこと。

でもこの強い危機感が存在しないことが、ひいては岡田がユカと過ごすベッドタイムと森田の殴打殺害タイムがリンクするというシーンで、別々の体液で同じように股間を湿らせた2人の女性が生と死の違いが曖昧になりつつある現代社会の本当の怖さを物語る。
死を意識しない者は生も意識出来ない。だからイジメが起こる。イジメを黙殺する環境が生まれる。
そしてその過去を忘れる者が現れる。その過去を忘れたくても忘れられない者も現れる。

安藤が語っていたように、毎日恋をすれば生きているという実感が持てる。天使ちゃんを奪った相手にも絶交と言える。失恋をきっかけにマグマ大使を意識したような変な髪型にも出来る。
また岡田のように、実際に恋をすれば毎日生きているという実感が持てる。彼女の過去にも嫉妬出来る。

けれど森田のように生きている実感が持てない者はどうなるのか。他人を殺めても平気でその場で食事が出来てしまう。睡眠も取れてしまう。それどころか、卒業前に自分をイジメていた同級生を殺め、大人になっても共犯者の同級生だけでなく、自分のストーカー行為を邪魔する人間全てを殺めては、当たり前のように死姦もしてしまう。誰が見ても常軌を逸した、もはや更生不可能な極悪人だ。

だからこそ奪った車に岡田を乗せて警察から逃走するも、目の前にいた白い犬を避けたばかりに電柱に激突した森田の言葉に思わず耳を疑ってしまう。
「岡田くんにカセット返さなきゃ」「お母さん、麦茶2つ持ってきて」

まさか森田は二重人格なのか?という疑問を他所に始まる、誰もが新生活が始まった時に経験する新しい友人を作れるかという不安とぎこちない会話。そこから共通の趣味や話題が友情を育むあの夏の日。
そして判明する森田のまだ幸せだった頃の記憶。

実家で白い犬を飼っていた森田が岡田と共にゲームで楽しんでいたあの日が、彼にとってどれだけ大切な時間だったのか。それを思うだけで静かに涙が流れてしまう。

「お母さん、麦茶2つ持ってきて」

こんな切ないラストを見たら、もう誰にも麦茶を持ってきてなんて頼めないよ…。

深夜らじお@の映画館も謝りたいクラスメイトは何人もいます。どうか誰も森田のようにはなっていないで…。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「ヒメアノ〜ル」:全編が不穏な衝撃作  [ 大江戸時夫の東京温度 ]   2016年06月16日 23:18
映画『ヒメアノ〜ル』、いやー、いろんな意味で凄かったです! 素晴らしい衝撃作です
2. 『ヒメアノ〜ル』 森田君が本性を現すオープニングタイトルにゾクゾクッ!  [ ジョニー暴れん坊デップの部屋 ]   2016年06月17日 01:03
{{{[http://eiga.com/movie/82031/ eiga.com 作品情報 『ヒメアノ〜ル』]}}} {{{: ■解説:「行け!稲中卓球部」「ヒミズ」の古谷実による同名コミックを、「V6」の森田剛主演で実写映画化。森田が、次々と殺人を重ねていく主人公の快楽殺人犯・森田正一役を演じ、「純喫茶
3. ヒメアノ〜ル ★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2016年06月17日 11:04
過激な内容で話題になった古谷実の人気コミックを、V6の森田剛を主演に迎えて実写映画化。ビル清掃会社のパートタイマーの青年と同僚が織り成す至って普通の日々と、欲望のままに殺人を重ねるサイコキラーの心の闇を描く。監督は、『さんかく』『銀の匙 Silver Spoon』などの
4. 「ヒメアノ〜ル」  [ ここなつ映画レビュー ]   2016年06月17日 12:37
ある種のジャパニーズホラー。いや、これがホラーでなくてなんなのだろう?サスペンスなどと軽々しい表現は使いたくない。でも、最初は普通の邦画という気持ちで鑑賞していた。濱田岳とムロツヨシの力量に負う所が大きいと思うが。いかにも邦画的な。一風変わった間合いを醸
5. 「ヒメアノ〜ル」☆最後に大粒の涙一つ  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2016年06月17日 12:38
ざわざわしてみぞおちの辺りがぎゅーっとなって、不穏なドキドキが見終ってからも止まらない。 映画としての完成度がこの上もなく高い映画。 予告編の期待度をはるか超えて、そして最後に一粒の涙がポロリ。
▲公式HPからひったくってきた「私の好きな人岡田さんです」の佐津川愛美ちゃん。ジャニーズ・ガードが固くて画像少ないんだよね。 五つ星評価で【★★★吉田恵輔らしくキッ ...
7. ヒメアノ〜ル  監督/吉田 恵輔  [ 西京極 紫の館 ]   2016年06月18日 01:00
【出演】  森田 剛  濱田 岳  佐津川 愛美  ムロツヨシ 【ストーリー】 普通の生活に焦燥感を抱くビル清掃会社のパートタイマー岡田は、同僚からカフェの店員ユカとの恋の橋渡し役を頼まれる。彼女が働くカフェへと足を運んだ岡田は、高校時代の同級生・森田と再会。ユ.
8. ヒメアノ〜ル・・・・・評価額1700円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2016年06月18日 19:30
平凡な奴が、一番怖い。 日本映画史に類を見ない大怪作だ。 
ダメ人間たちの恋愛模様と、その裏で進行するおぞましい犯罪の物語はごく単純、でも簡単には語れない。 原作は古谷実の同名コミック。 「ヒメアノ〜ル」って何だろう?と思ったら、“小さなトカゲ”のこと
9. ヒメアノ〜ル  [ 象のロケット ]   2016年06月19日 06:54
地方出身の25歳の青年・岡田は現在、ビル清掃会社のパートタイマーとして働いている。 ある日、カフェ店員のユカに恋をした職場の先輩・安藤から恋のキューピット役を頼まれた岡田は、ユカが働く店を訪れる。 岡田はそのカフェで元同級生・森田と偶然再会するが、森田は高
10. ヒメアノ〜ル  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2016年06月24日 23:42
2016/05/28公開 日本 R15+ 99分監督:吉田恵輔出演:森田剛、濱田岳、佐津川愛美、ムロツヨシ めんどくさいから殺していい? STORY:普通の生活に焦燥感を抱くビル清掃会社のパートタイマー岡田(濱田岳)は、同僚からカフェの店員ユカ(佐津川愛美)との恋の橋渡し役を頼ま
11. ヒメアノ〜ル  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2016年06月28日 06:14
 『ヒメアノ〜ル』をヒューマントラストシネマ渋谷で見ました。 (1)吉田恵輔監督の作品ということで映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、岡田(濱田岳)が用具を使ってビルの窓を拭いています。  すると、先輩の安藤(ムロツヨシ)が、「岡村君、ストップ
12. ヒメアノ〜ル  [ 銀幕大帝α ]   2016年11月19日 15:01
2015年 日本 99分 サスペンス/コメディ R15+ 劇場公開(2016/05/28) 監督: 吉田恵輔 『純喫茶磯辺』 原作: 古谷実 脚本: 吉田恵輔 出演: 森田剛:森田正一 濱田岳:岡田進 佐津川愛美:阿部ユカ ムロツヨシ:安藤勇次 <ストーリー> ビル清掃会社のパ...
13. ヒメアノ〜ル  [ マープルのつぶやき ]   2017年03月01日 08:13
JUGEMテーマ:邦画     「ヒメアノ〜ル」 監督:吉田恵輔 2016年 日本映画 99分 R15+ キャスト:森田 剛      濱田 岳      佐津川愛美      ムロツヨシビル   清掃会社でバイトをして

この記事へのコメント

1. Posted by ジョニーΣ(゚Д゚;エーッ!   2016年06月17日 01:02
ラスト、静かに号泣してしまいましたー。
あまりにも切ない。同じく、濱田岳が出て
いた『アヒルと鴨のコインロッカー』もしみ
じみと涙したものでしたが、あれ以来デスワー
2. Posted by ノルウェーまだ〜む   2016年06月17日 12:38
にゃむばななさん☆
いえいえ、その幸せをしっかり噛みしめて、麦茶を2つ頼んでください。
この小さな事が幸せなんだと、人はなかなか気づきませんものね。
殺人鬼森田はあどけなかったあの頃の森田を守るために出現した別人格なのかもしれないですね。
3. Posted by にゃむばなな   2016年06月18日 23:31
ジョニーAさんへ

ほんまに切ないですよね。
しかもその切ないシーンを最後の最後に持ってくるなんて…。
4. Posted by にゃむばなな   2016年06月18日 23:33
ノルウェーまだ〜むさんへ

そうですね、その幸せを噛みしめるなら麦茶はしっかりと2つ頼まないと。
でもこの「2つ」というところを変に意識しちゃうとまた涙が流れそうです。
だってこの映画のラストがあまりにも切ないだもん…。
5. Posted by yukarin   2016年06月24日 23:49
こんばんは。
ラストはあまりにも切なくて泣けました。
最後にもってくるなんて...
それまではなかなかのバイオレンス映画だったのが一気に泣ける映画になってしまいました。
6. Posted by にゃむばなな   2016年06月26日 16:02
yukarinさんへ

あのラストは胸に残りますよね。
それまでのギャップもありますし、誰もが経験した思い出でもありますし…。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載