2016年06月17日

『10 クローバーフィールド・レーン』

10クローバーフィールド・レーン疑心暗鬼を弄ぶ。
何と野心的な作品なのか。何とハイレベルな作品なのか。映画には「何を見せるか」と「どう見せるか」の2大テーマが存在するが、それを「何を見せないか」と「どう見せないか」に見事に変換したこのシリーズは、やはり映画好きにこそ楽しめる逸品だ!
よって今作も完全ネタバレにより、未見の方はここでご退席を。

8年前と同じく予告編以外一切の情報を得ずして挑むべきであるこの作品は、いわば「一般にセントラル・パークと呼ばれるところで見つかったフィルム」という設定だった前作のアナザーストーリー。

しかしOPから普通の映画のように始まる今作は、前作のようなフィルムの内容確認のような手法でもないので、少々がっかりしてしまいそうになるが、ただ電話するミシェルの窓向こうに見える四つん這い怪獣の姿といい、部屋に残された宝石付き指輪を見せる演出といい、見逃してはならないシーンも満載。

思い返せば、何でもない普通のパーティーを撮影した映像が実は重要な情報の宝庫だった前作も、その前半を退屈と感じてしまった方が低評価を下す結果になってしまったように、今作も同じ構成だろうと踏めば、重要なのはここからのくだり。

ところが恋人ベンからの電話を気にしたミシェルが交通事故に遭い、意識を取り戻してから始まるのは巨漢男ハワードと左腕骨折男エメットとの地下シェルターでの生活。
当然前作を見ている観客は外の世界を知っているので、「外は危険だ」というハワードの言葉に納得してしまう。

ただこのハワードの言葉選び・支配欲の強さ・傲慢さがどう見ても監禁犯。だからこそ、外の世界を自分の目で確認していないミシェルやエメットと同じように観客も徐々に疑念を抱くようになる。そういえば、前作の「一般にセントラル・パークと呼ばれるところで見つかったフィルム」は、外の世界にいた誰かが見つけたフィルム。つまり外の世界に人が住んでいるということではないか。本当に外の世界は危険なのか?

そうなると疑心暗鬼が映画全体と観客に蔓延する。誰の情報が正しいなんて、この時点では分からない。ハワードが娘と言っていた写真の女性を殺したかどうかも分からない。外にいたあの女性が本当にガスのせいで死んだかどうかも分からない。小さな窓から見える青空が本当かどうかも分からない。
分かるのはハワードがエメットを射殺したこと。ミシェルがハワードは信頼するに値しない人間だと見切ったこと。

そして始まる脱出劇。即席防護服とガスマスクを持って凶暴化したハワードから逃げるミシェルが外に出る。破れた防護服の修理に焦る彼女がふと気付く。鳥が飛んでいるなら大丈夫じゃないか。

しかしここで観客は気付かされる。遠くに謎の宇宙船を目視したミシェルの姿を見て気付かされる。おいおい、ここからが本編じゃないか。ならば、ここまでは長い長い前フリだったのか…。

ただこの本編は時間にしてわずか10分ほど。ミシェルが地上に降り立ったクリーチャーから逃げ、宇宙船に飲み込まれようとする危機を火炎瓶投入による敵艦爆破で、無事に自分の車に乗り込み逃げ切ると、監禁されていた場所が「クローバーフィールド通り10番地」と分かる。

けれど疑心暗鬼に汚染された観客は素直に「10 クローバーフィールド・レーン」を「クローバーフィールド通り10番地」と受け入れることが出来るだろうか。私はミシェルが走らせる車を空撮した映像を見て「クローバーフィールド10番地の道」という意味もあるのではないかと疑念を抱いてしまった。

なぜなら彼女はラジオから流れるニュースを聞いて来た道を少し引き返して確認した。バトン・ルージュに向かうか、ヒューストンに向かうかを確認するために。いや正確にはラジオで得た情報が正しいかどうか、より自分にとって都合のいい方を選ぶためにだろう。
つまり彼女が走る道は彼女が生きていく道。ブラッドリー・クーパー演じる恋人ベンが死んだという確証もないことを、あの部屋に残された指輪が既に物語っていたならば、彼女は全ての事象を自分で目視するまで走るだろう。クローバーフィールド10番地から続くこの道を。

そしてもう一つ気付く。長い長い前フリで観客を疑心暗鬼にさせて、この物語の続きがあるのか、はたまた別のアナザーストーリーがあるのかと観客を弄ぶこのアイデアもまた前作同様、先に思い付いた者勝ちの手法。それを待つために8年も費やしたのか。ならば、次の作品が見れるのは新たな手法が思い付くまでなのか…。

そう疑念を抱いてしまうのも、やはりJ.J.エイブラムスの実力を知ってしまった映画好きのみならば、改めてこんなハイレベルな作品を高評価するのもJ.J.の才能に敬服してしまう者だけだろう。

深夜らじお@の映画館にはこんなアイデアは思い付きませんわ!

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 劇場鑑賞「10クローバーフィールド・レーン」  [ 日々“是”精進! ]   2016年06月18日 05:36
「10クローバーフィールド・レーン」を鑑賞してきました2008年の大ヒット・パニック映画「クローバーフィールド/HAKAISHA」をプロデュースしたJ・J・エイブラムスが、同じ世界観を作...
注・内容、ラストに触れています。『10 クローバーフィールド・レーン』10 Cloverfield Lane 監督:ダン・トラクテンバーグ製作:J・J・エイブラムス メアリー・エリザベス・ウィンステッ
3. 映画:10 クローバーフィールド レーン 10 CLOVERFIELD LANE 何が真実なのか?  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2016年06月19日 01:42
ほとんど知識ゼロで鑑賞。 これがいい方向に働き、多いに楽しんだ。 メアリー・エリザベス・ウィンステッド演じる 主人公(写真:中央)は、彼氏を別れ、独り車で田舎に向かう。 すると一瞬の油断から、交通事故に巻き込まれ、気を失ってしまう… 目が覚めると
4. 10 クローバーフィールド・レーン  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2016年06月19日 20:58
評価:★★★★【4点】(11) ワン・シチュエーション・スリラー好きなら
5. 10クローバーフィールド・レーン  [ Akira's VOICE ]   2016年06月20日 10:09
ジョン・マクレーンの娘かっけー!  
6. 10クローバーフィールド・レーン ★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2016年06月20日 18:52
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』などのヒットメーカー、J・J・エイブラムスが製作を担当した異色スリラー。思いがけずシェルターの中で過ごすことになった男女を待ち受ける、想像を絶する出来事が展開していく。『リンカーン/秘密の書』などのメアリー・エリザベス・ウ.
7. [映画『10 クローバーフィールド・レーン』を観た(短評)]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2016年06月22日 09:46
☆・・・あー面白かった!!^^ 今の彼女とデートで観に行った映画は、これで三作目なのだけど、これまで、いまいち当たった映画はなかった。 でも、これは、J・J・エイブラムスの製作と知って、観る前から極上エンタの予感はあり、それは的中した。 あんましネタバレし
8. 10 クローバーフィールド・レーン  監督/ダン・トラクテンバーグ  [ 西京極 紫の館 ]   2016年06月22日 22:20
【出演】  メアリー・エリザベス・ウィンステッド  ジョン・グッドマン  ジョン・ギャラガー・Jr 【ストーリー】 ミシェルは目覚めると、自分が見ず知らずの2人の男性とシェルター内にいることに気付く。その日を境に、彼女を助けたと主張するハワードとエメットとの奇妙
9. 10 クローバーフィールド・レーン  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2016年06月24日 23:49
【10 CLOVERFIELD LANE】 2016/06/17公開 アメリカ 103分監督:ダン・トラクテンバーグ出演:ジョン・グッドマン、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、ジョン・ギャラガー・Jr、ダグラス・M・グリフィン、スザンヌ・クライヤー 声の出演:ブラッドリー・クーパー、ス.
10. 「10 クローバーフィールド・レーン」  [ 或る日の出来事 ]   2016年06月27日 22:42
不穏な雰囲気が途切れず、とても面白かった!
11. クローバーフィールドという繋がりは  [ 笑う社会人の生活 ]   2016年08月26日 05:22
5日のことですが、 映画「10 クローバーフィールド・レーン」を鑑賞しました。 恋人と別れた女性ミシェルは車を運転中に事故に遭い 気を失う 見知らぬシェルターの中で目を覚まし、そこには見知らぬ男がいた 男ハワードはシェルターの外の世界はすでに滅びたと主張し、...
12. 10 クローバーフィールド・レーン  [ 銀幕大帝α ]   2016年10月24日 20:44
10 CLOVERFIELD LANE 2016年 アメリカ 103分 サスペンス/SF/ミステリー 劇場公開(2016/06/17) 監督: ダン・トラクテンバーグ 製作: J・J・エイブラムス 出演: ジョン・グッドマン:ハワード メアリー・エリザベス・ウィンステッド:ミシェル ジョン...
13. 10 クローバーフィールド・レーン  [ いやいやえん ]   2016年10月27日 15:03
【概略】 原因不明の事故直後、目を覚ますとシェルターの中にいた若い女・ミシェル。彼女は外の世界で何が起きたのか知らないまま、見知らぬふたりの男性と共同生活を始めるが…。 SFパニックアクション 奴らはあらゆるフォームでやってくる。―密室で繰り広げられ

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2016年06月18日 05:41
>電話するミシェルの窓向こうに見える四つん這い怪獣の姿

思いっきり見逃してしまいました。怪獣の姿があったとは…。これはソフト化したら確認したいところです。

さらなる続編が出来そうな終わり方でしたね。今度はどんなストーリーになるのか、期待したいところです。
2. Posted by えふ   2016年06月18日 16:40
これでもか、これでもか!って疑心暗鬼だらけで〜(苦笑
ハワードを演じたジョン・グッドマンが怪演でした!
3. Posted by にゃむばなな   2016年06月18日 23:33
BROOKさんへ

ありゃりゃ、見逃されていましたか。もったいない。

さらなる続編はいつになるんでしょうね。また8年くらい待たされるのかな?
4. Posted by にゃむばなな   2016年06月18日 23:34
えふさんへ

ほんま、疑心暗鬼が続きに続く作品でしたね。
ジョン・グッドマンの素晴らしさに敬服です!
5. Posted by yukarin   2016年06月24日 23:55
先が見えない展開で面白かったです。
本当に外は危ないのかそれともただの監禁なのか...とジョン・グッドマンには惑わされました 汗
6. Posted by にゃむばなな   2016年06月26日 16:03
yukarinさんへ

ジョン・グッドマンの演技が素晴らしかったのがこの映画のミソでしたね。
ほんと、外が危険なのか、それとも監禁が危険なのか、分からないあの面白さは素晴らしかったですよ。
7. Posted by ノルウェーまだ〜む   2016年07月13日 15:27
にゃむばななさん☆
とっても面白かったです!
実は手ぶれ映像で酔うのが怖くて、前作を見てないのですが、なるほどクローバーフィールドのアナザーストーリーな訳ですね。
「何だかよく判らない」を一緒に体感して、不安と恐怖に包まれました☆
8. Posted by にゃむばなな   2016年07月15日 09:12
ノルウェーまだ〜むさんへ

ありゃま、前作を見ていないとは、もったいない!
J.J.の才能を堪能できる作品ですから、是非ご覧になってみてください。
今作同様楽しめるのではないかと思いますよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載