2016年06月20日

『帰ってきたヒトラー』

帰ってきたヒトラー現代ドイツの不満はアドルフ・ヒトラーにお任せあれ!
20世紀最悪の独裁者とも呼ばれたアドルフ・ヒトラーが現代に蘇るも、誰もが彼をよく出来たモノマネ芸人としか認識しない。そんな物語をドイツ人が書籍化し、同じくドイツ人が映画化しちゃうなんて…現代ドイツはそこまで病んでいるのか?
メルケルさん、大丈夫?

ユダヤ人虐殺やヨーロッパ全土を戦場にした張本人という悪のイメージしかないアドルフ・ヒトラー。しかし彼の名言を並べるとまるで預言者の如く、今の世界を言い表しているという、ある意味では優れた指導者でもある本物の政治家。

だからこそ、彼の政治理念はどんなことがあっても揺るがない。現代にタイムスリップしても、多少は戸惑うが、すぐに新聞こそ情報収集の原点とばかりに、助けれてくれた小売店で現代ドイツの状況を把握。

さらに彼を利用して現場復帰を企む崖っぷちカメラマン・ザヴァツキと共にドイツ全土を行脚。するとドイツ人はどんな反応を示すのかというのを、実はこの映画ではガチロケしているとか。つまりこのヒトラー俳優に対して示した行動そのものは全て現代ドイツ人のリアルな姿。だから一部の人々の顔にモザイクが掛けられていたのか。

でもよくよく考えてみると、ヒトラーが現代にいるはずがないから彼はモノマネ芸人だと思うからこそ、ヒトラーみたいな力強い政治家を熱望する声は現代政治への不満が高い証拠。
逆にヒトラーが現代にいてもいなくても彼のような存在は再びドイツだけでなく世界をダメにする声は、ナチスというトラウマが現代政治よりまだマシだという証拠。

そうなるとFacebookやTwitterを使いこなすようになった挙句、TV出演を果たしたヒトラーが数々の演説で現代社会の至らぬ点を指摘していく。
例えば沈黙がいかに有効であるかを知らぬTV関係者の不安を他所に、このままでは奈落へまっしぐらのドイツの危機を訴えるシーン。
沈黙は人々の不安を煽ると共に、沈黙がもたらす不安に強い人間と弱い人間を作る時間でもある。それが嫌われる時代は社会全体が弱くなっている証拠。

そう考えると思い出すヒトラーの名言がある。
「女性に優しい女性優遇国家は成長しないどころか衰退する」
「一方で女のごとき男が現れ、他方で男のごとき女が現れる。その時こそ民主主義の破滅であり、一撃が加えられるときだ」
「男女平等というのは女性の男性化を指すのではない。女性を女性として社会が認めることである」

つまり現代社会は過去の男尊女卑を克服しようと間違って女尊男卑まで行ったり、男尊女卑が克服されてなかったりと不完全どころか、目指すべきものが不確定状態。そんな時こそ大衆は強い指導者を求めるが、こういう時に現れる強い指導者は盲目化した大衆によって独裁者になるばかり。

だから国内でにネオナチは存在出来るのに「我が闘争」は買えない歪な現代社会のように、一部に拒否反応を示すようなことが続けば、その反動がきっと現れる。
でもその反動に大衆はいつ気付くのだろうか。戦争に負けてから初めて気付くのでは遅い。もっと早く気付かねばならないのに、世間は誰もこの男を本物のアドルフ・ヒトラーだとは信じない。信じるザヴァツキが逆に精神疾患で閉じ込められる。

現代にはアドルフ・ヒトラーのような強い意志と言葉、そして明確な未来像を持った指導者が必要である。
ただ同時にアドルフ・ヒトラーのように強い態度が仇となり、目指すべき未来像を間違ったものにしてしまう指導者は不必要である。

けれど現代の政治家には強い意志と言葉、明確な未来像を持った者はいない。
ただ強い態度が仇となり、目指すべき未来像を間違ったものにしてしまう指導者候補はたくさんいる。

だからこそ、アドルフ・ヒトラーが必要とされてしまうのか。
まさに「毒薬変じて薬となる」だ。

深夜らじお@の映画館は元大阪府知事・橋下徹氏も時にこういう見方をされているのではと思っちゃいました。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

■TBアドレス:http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/17fd9d027a0aaa59efe750ec2e5147be/3f こねたみっくすgoo版

acideigakan at 00:01│Comments(4)clip!映画レビュー【か行】 

この記事へのトラックバック

1. 帰ってきたヒトラー  [ 風情☭の不安多事な冒険 Part.5 ]   2016年06月20日 13:07
 ドイツ   コメディ  監督:ダーヴィト・ヴネント  出演:オリヴァー・マスッチ      ファビアン・ブッシュ      クリストフ・マリア・ヘルプスト      カッ ...
2. 帰ってきたヒトラー  [ あーうぃ だにぇっと ]   2016年06月21日 09:14
帰ってきたヒトラー@イイノホール
3. 「帰ってきたヒトラー」☆ブラック過ぎて笑えねぇっ!  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2016年06月22日 00:06
ドイツでベストセラーとなった原作小説の表紙の、ちょび髭の部分にもデザインされているように『笑うな危険』なのである。 ブラックすぎて顔が引きつってくるけど、どうしても笑っちゃう。 だけどこれはブラック過ぎて笑っちゃダメだろー?な自分や、いやそこ笑うところだ
4. 「帰ってきたヒトラー」  [ ここなつ映画レビュー ]   2016年06月22日 17:31
コメディと見せかけて、如実に今のドイツにある危機感を示している。現代のドイツにタイムスリップして現れたヒトラー。荒唐無稽だし、笑ってしまうけれど、本当は笑うに笑えない。もしカリスマ的な扇動者が現れたら、現代のドイツでも又事は起こってしまうかもしれない。そ
5. 帰ってきたヒトラー  [ 象のロケット ]   2016年06月22日 20:39
1945年に死亡したはずのヒトラーが、突如2014年のドイツ・ベルリンに現れた! 道行く誰もがヒトラーのコスプレをしたモノマネ芸人だと思い、ただ笑うばかりで敬礼をしてくれない。 リストラされたTVディレクターのザヴァツキは、偶然見かけた彼をバラエティ番組に売り込む
6. 帰ってきたヒトラー  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2016年06月25日 10:14
評価:★★★★☆【4.5点】(11) 他のヒトラー映画と一線を画す戦略が大成功!(笑)
7. 映画・帰ってきたヒトラー  [ 読書と映画とガーデニング ]   2016年06月25日 14:28
原題 Er ist wieder da2015年 ドイツ 2014年10月公園の茂みの中で目覚めた一人の男何と!彼は〈絶対悪〉アドルフ・ヒトラーその人総統地下壕から現代へタイムスリップしてきたらしいのです地下壕を捜して街中をウロウロ女性に声をかけ唐辛子スプレーを浴びせられ
8. 帰ってきたヒトラー  監督/ダーヴィト・ヴネント  [ 西京極 紫の館 ]   2016年07月01日 22:58
【出演】  オリヴァー・マスッチ  ファビアン・ブッシュ  クリストフ・マリア・ヘルプスト 【ストーリー】 ナチス・ドイツを率いて世界を震撼させた独裁者アドルフ・ヒトラーが、現代によみがえる。非常識なものまね芸人かコスプレ男だと人々に勘違いされる中、クビにな.
9. 帰ってきたヒトラー ★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2016年07月21日 17:50
現代にタイムスリップしたアドルフ・ヒトラーが、モノマネ芸人と誤解されて大ブレイクしていくさまを過激な風刺で描いて世界的ベストセラーとなったティムール・ヴェルメシュの同名小説を映画化したドイツ映画。主演は舞台を中心に活躍するオリヴァー・マスッチ。監督は、こ
10. 帰ってきたヒトラー  [ 銀幕大帝α ]   2017年05月01日 19:43
ER IST WIEDER DA/LOOK WHO'S BACK 2015年 ドイツ 116分 コメディ 劇場公開(2016/06/17) 監督: ダーヴィト・ヴネント 原作: ティムール・ヴェルメシュ『帰ってきたヒトラー』 脚本: ダーヴィト・ヴネント 出演: オリヴァー・マスッチ:アドルフ・ヒトラー
11. 「帰ってきたヒトラー」  [ 或る日の出来事 ]   2017年07月04日 07:46
あなた、どこのヒトラー?

この記事へのコメント

1. Posted by ノルウェーまだ〜む   2016年06月22日 00:14
にゃむばななさん☆
実に現代社会の膿をえぐり出す問題作ですよね〜
ブラックすぎて笑えないくらいでしたが、これを笑い飛ばせるような成熟した社会になっていってほしいものです。
カリスマ性のある指導者が、=過激思想であってはなりませんものね。
2. Posted by にゃむばなな   2016年06月26日 15:59
ノルウェーまだ〜むさんへ

実はドイツってこんな問題を抱えていたのかというのがよおく分かる作品でしたね。
しかしいつの時代も世の中が悪くなると過激的な思想を持ったカリスマ指導者が表れちゃうんですかね〜。
3. Posted by さすらい日乗   2016年07月31日 23:14
3 思ったほどつまらなくはなかったが、ラストは何でしょうね。
ああいう風にしか終わらせられなかったのでしょうか。
見たのが全部無駄だったような気がしました。
4. Posted by にゃむばなな   2016年07月31日 23:49
さすらい日乗さんへ

こういう作品は終わらせ方が難しいですからね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載