2016年11月23日

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

ファンタスティック・ビーストファンタスティック・コワルスキーと魔法使いの妹の関係だけが気になります!
『ハリー・ポッター』シリーズが好きな方にはたまらない世界観。でも大人向けに作っている割には、やはり根底は児童文学が流れているために、最終的には中途半端なイメージしか残らない。
それが何とも勿体無い。これならコワルスキー主役でもええやん!

イギリスの魔法動物学者ニュート・スキャマンダーがとある目的のためにNYを訪れるという展開の割には、あまりイギリスとアメリカの違いについてはほとんど言及しない前半から、大人向けのファンタジーと銘打っても所詮はJ・K・ローリング原作なのだから、そういう子供が見ても理解されにくいことは描いていないのだと割り切って見るしかないこの作品。

それでも登場する魔法動物はどれも個性的で、かつ人間味溢れる騒動を起こしてくれるものだから、パン屋開業を夢見るジェイコブ・コワルスキーとの鞄の取り違えで大都会に放たれた彼らをニュートが捕まえるくだりは面白いことは面白い。

ただそんな魔法動物がいったい何匹逃げ出したのかも分からなければ、どんな特性があるのかも簡単にしか説明されないので、正直なところ光るモノが大好きなカモノハシもどきのニフラー捕獲作戦以外は特に盛り上がりもないのが残念なところ。

なのでニュートが苦労するのは魔法動物の捕獲というよりは、アメリカ魔法界のゴタゴタに巻き込まれてしまうことに重きが置かれてしまっているので、当然のことながらティナ・ゴールドスタインや彼女の妹であるクイニー、そして記憶を削除されないまま彼らと同行するマグル(ノー・マジ)のジェイコブ・コワルスキーと共に行動するニュートの活躍自体も少なくなっているのも残念。

本来ならホグワーツ出身のニュートの活躍を見せてくれてこその、新シリーズの主役の活躍を見せてくれてこその作品であるはずなのに、特に目立った活躍がないせいか、それともエディ・レッドメインがハニカミすぎなのか、どうも彼の魅力がスクリーンに映し出されていないように感じてならないこと。

逆にそんな地味な主役や地味なヒロインを抑えて様々な魅力を見せてくれるノー・マジのジェイコブ・コワルスキーが大きな活躍はないのに、なぜか彼をずっと見ていたいと思わせてくれるのだから、いっそのこと彼をストーリーテラーにしても良かったのではないかと思えてくるほど。

しかもこのジェイコブ・コワルスキーとクイニー・ゴールドスタインとの恋模様も、ニュートとティナの恋模様とは違って、応援したくなる可愛さもたまらないこと。心を読まれ、彼女の笑顔に蕩け、そしてピンチの時には自分がノー・マジであっても仲間であることには違いないことを強調するその格好良さ。

だからこそ、コリン・ファレルが姿を変えて白髪頭のジョニー・デップになった驚きも忘れさせるような、あの記憶を消す雨に打たれる男の覚悟を見せるシーンがたまらなく格好良く、そして切なく見えて仕方ないこと。

辛苦を分かち合った友も愛した女も忘れてしまうけれど、大切な友や愛した女性の住む世界の事情を考えると自分がこの雨に打たれることこそが一番いいことだと涙を堪えて決断するその姿。男前すぎるじゃなイカ!

そんな男前にニュートがオカミーの卵の殻をパン屋開業の資金にと渡し、クイニーがジェイコブ・コワルスキーの店を訪れるラストも心地いいこと。きっと彼の記憶からニュートやクイニーのことが消えていても、彼の唇はクイニーからのキスを忘れていないだろう。

そう思うとより一層ジェイコブ・コワルスキーのこれからの幸せをもっと見たい!ニュートの魔法動物集めよりも見たい!と思わせてくれるこの映画。やっぱり主役もしくはストーリーテラーはジェイコブ・コワルスキーにするべきだったのではないか!

深夜らじお@の映画館もティナよりもクイニー派です。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 劇場鑑賞「ファンスティック・ビーストと魔...  [ 日々“是”精進! ]   2016年11月24日 06:22
「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」を鑑賞してきました「ハリー・ポッター」シリーズのJ・K・ローリングが、後にハリーたちが使っていた教科書『幻の動物とその生息...
2. ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅  [ 風情☭の不安多事な冒険 Part.5 ]   2016年11月26日 10:09
 イギリス&アメリカ  ファンタジー&アドベンチャー  監督:デヴィッド・イェーツ  出演:エディ・レッドメイン      キャサリン・ウォーターストン      ダン・フ ...
3. ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅★★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2016年11月27日 19:04
『ハリー・ポッター』シリーズの原作者J・K・ローリングが映画の脚本に初参加し、『リリーのすべて』などのエディ・レッドメインらが出演したファンタジー。不思議な生き物たちが詰まったトランクを手にイギリスからニューヨークに渡った魔法動物学者が、そのうち数匹を逃...
4. 映画「ファンタスティック・ビーストと 魔法使いの旅(IMAX・3D)」感想  [ 帰ってきた二次元に愛をこめて☆ ]   2016年11月28日 05:44
魔法世界への楽しい旅へ・・ ホグワーツで教科書として使われていた「幻の動物とその生息地」の作者ニュート・スキャマンダーの物語。時代はハリーの時代の70年前、舞台は英国からアメリカへ。 ハリポタの世界を更にスタイリッシュにブラッシュアップした映画。ホ
5. ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2D 日本語吹替え版)  [ タケヤと愉快な仲間達 ]   2016年11月29日 17:27
監督:デヴィッド・イェーツ 出演:エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォーターストン、ダン・フォグラー、アリソン・スドル、エズラ・ミラー、サマンサ・モートン、ジョン・ヴォイト、カーメン・イジョゴ、コリン・ファレル 【解説】 『ハリー・ポッター』シリーズの原
6. 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2016年11月30日 18:17
ハリー・ポッターとねえねの成長がリンクしていたので、ハリポタシリーズはずっとファンだった☆ 終って寂しいな〜と思っていたこともあり、この新シリーズも当然の様に楽しみにしていたのだ。 魔法も見事だし、切ない大人の恋も描かれている、アメリカの古き良き時代設定
▲太っちょ、変人、事務女。 五つ星評価で【★★まず、あの主人公の設定はどうなの?】 これがファンタスティック・ビーチクだったらきっと好きになったに違いない。主人公は ...
いきなり核心ついてきてどもどもなんですが。 あのね〜、ハリポタシリーズというと、個人的には魔法がとにかくわくわくで、特撮でキャーキャー楽しめたらそれでオッケーなとこあ ...
9. 映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」  [ FREE TIME ]   2016年12月11日 17:03
映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」を鑑賞しました。
10. 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」  [ ここなつ映画レビュー ]   2016年12月22日 10:51
ハリポタシリーズの番外編なのだけれど、このシリーズはやっぱり面白い!クリーチャーが生き生きとしている所も良かった。エディ・レッドメインが何故か不思議な位ハマり役。ホグワーツ魔法学校出身のニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)が、ロンドンからN.Y.
11. 『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(吹替版)』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2017年01月14日 08:41
□作品オフィシャルサイト 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」□監督 デビッド・イェーツ□脚本・原作 J・K・ローリング□キャスト エディ・レッドメイン、キャサリン・ウォータース、コリン・ファレル       ダン・フォグラー、アリソン・スド

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2016年11月24日 06:28
子供向けから大人向けのファンタジーになっていました。
ハリポタシリーズを通して、最低のオープニング成績となってしまったようですが、
ここからどう盛り返すのか、気になるところです。

私もティナよりもクイニー派です♪
2. Posted by にゃむばなな   2016年11月28日 23:02
BROOKさんへ

おぉ〜、同じくクイニー派ですか♪

中途半端な大人向けファンタジーに市場も最低のOP成績で回答したようですね。
次は是非クイニーをメインでお願いしたいものです。
3. Posted by ノルウェーまだ〜む   2016年11月30日 22:57
にゃむばななさん☆
全くもって同感です!
ジェイコブのキュートな人の良さが誰よりも光っていただけに、いっそのこと魔法界を唯一理解するノーマジと言う立場で、ずっとストーリーテラーとして参加してほしいですね。
エディはハニカミすぎで感情移入しにくいというか、彼の性格を生かせる展開になってなかったのが残念です。
4. Posted by ふじき78   2016年12月03日 12:23
> ファンタスティック・コワルスキーと魔法使いの妹の関係だけが気になります!

ただただ同感です。
5. Posted by にゃむばなな   2016年12月07日 23:50
ノルウェーまだ〜むさんへ

主役にこれといった魅力がないのなら、やっぱりキャラクター的にも輝いていたジェイコブにもっと焦点を当てて欲しかったですよね。
真の主役もあのハニカミすぎではねぇ〜。
6. Posted by にゃむばなな   2016年12月07日 23:51
ふじき78さんへ

ありがとうございます。
やっぱりこれしか気になりませんよね。
7. Posted by Ageha   2016年12月09日 13:07
ほんと誰が主役かわかんない映画だったな〜。(;^_^A
コリンファレルの顔が変わったとたんに身をのりだしました。
知らなかったもんで。(爆)
クイニー役の彼女は映画初出演の大抜擢でしょ?
これだけラブストーリーを切なく盛り上げてくれたのはナイスでした。
ジェイコブのラブストーリーがど真ん中にきてもよかったくらいええ話だったな〜
8. Posted by FREE TIME   2016年12月11日 17:02
こんばんは。
「ハリー・ポッター」シリーズの世界観は引き継がれていましたが、何だか主人公である筈のニュートの存在感が薄かったですね。
こちらの作品もシリーズ化されるみたいなので、次回作ではニュートの活躍が増やしてほしいです(^^;)
9. Posted by にゃむばなな   2016年12月12日 23:26
Agehaさんへ

ほんま、ジェイコブのラブストーリー中心でも十分な映画でしたね。
魔法動物よりも恋の魔法の方がもっと見たかったですよ。
10. Posted by にゃむばなな   2016年12月12日 23:27
FREE TIMEさんへ

この状態でニュートが主役として輝くのか疑問ですよね。
それならやはりジェイコブ主役でもいいと改めて思いますよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載