2016年11月30日

『劇場版 艦隊これくしょん』

艦隊これくしょんこの戦いに意味はある!
私は提督ではないので、この作品に特別な思い入れはない。けれど不思議と艦娘が集合すると楽しいと思ってしまう。艦隊戦を見ると面白いと思ってしまう。
TVアニメ版の続きという流れでコミカルなシーンはほぼなく、シリアスな展開に終盤は主人公の精神世界での自問自答にはなっていても、楽しめた映画でした。

TVアニメ版ではほぼ登場することのなかった鳥海、加古、古鷹、衣笠、青葉、天龍による夜戦から始まるこの映画は、戦闘シーンがCGそのまんまで残念な結果に終わったTVアニメ版とは違い、艦娘たちの滑らかで格好良く戦う姿がとにかく見応えがあって、凄く楽しくも嬉しいもの。

しかも天津風や時津風、龍驤、明石、龍田、鈴谷、熊野といった上記の艦娘同様にTVアニメ版では登場機会のなかったキャラクターも多数登場して楽しい反面、高雄や愛宕、暁以外の第六駆逐隊、那珂、島風も出番なし状態ということもあってか、TVアニメ版を楽しんだ者としては嬉しさ半分悲しさ半分といったところ。

つまり「ぱんぱかぱ〜ん」や「バ〜ニング・ラ〜ブ!」といったコミカルな部分が全く描かれていないどころか、そんなコミカル担当の艦娘にさえも登場機会がほぼないというのは、やはり淋しくも感じるところ。

ただ単なるTVアニメ版の総集編ではなく、完全オリジナルでTVアニメ版の続きとして描くことで、一度は沈没した如月の帰還、その如月の深海棲艦化、そして加賀や吹雪といった深海棲艦から艦娘へと舞い戻ったことが希望へと繋がる話など、提督でない者でも十分世界観を理解出来る程度の展開で見せてくれるので、これはこれで結構楽しかったです。

でもやはりこういうアニメの最近の傾向なのか、クライマックスで主人公の吹雪が深海棲艦になった頃の片割れと対峙するくだりは、どうも退屈にも感じて勿体無いこと。
別にこういうシーンが不必要だとは思いませんが、もう少し短く描くことで、その空いた時間を別の艦娘を描く時間に充ててもらっても良かったのではないかとも思えてくるんですよね。

北上さんと大井さんの百合時間もほぼなければ、比叡・榛名・霧島の金剛お姉様ラブタイムもなければ、那珂ちゃんのソロコンサートもない。島風の自由奔放時間もなければ、陸奥の長門イジリタイムも第六駆逐隊のレディーへの修行風景もない。
天龍の怖い話は苦手というシーンはあるも、夕立の「ぽいぽいぽい」もない。睦月のヒロインタイムは十分あるも、赤城さんのお食事タイムもない。

結局、改二となった特型駆逐艦でもある吹雪が艦娘たちの希望として、主人公としてこの作品を背負う立場として、この劇場版で確固たる輝きを放っただけ。それで十分な作品ではあるものの、艦娘たちのキャラクターの多さを思えば、欲を出して他のものも見たいと思えてしまうも、それが描かれていないのが残念にも思える作品。

要はもっともっとこの作品をいろんなエピソードで見たいということ。だって高雄・愛宕・鳥海は登場したのに摩耶が登場しないのはダメでしょう。利根教官も登場しなければ、お嫁さんにしたい艦娘No.1の羽黒とお嫁に行かせてあげたい艦娘No.1の足柄も登場しないのは淋しいではないですか。

てな訳で是非ともTVアニメ版第2期を所望すると同時に、また劇場版でもこの艦娘たちを見たいと思える、そんな普通に楽しい作品でした。次の劇場版の時は是非コミカルな作品でお願いしたいものです。

深夜らじお@の映画館はデレる加賀さんをもっと見たいです。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

▲吹雪たん。 五つ星評価で【★★★話などなくても爽快】 ゲーム、アニメ未体験未鑑賞。完全一見さんとして参戦。 私、こういう今まで知らなかった物を一見さんで見るのが案外 ...
2. 劇場版 艦これ  [ 風情☭の不安多事な冒険 Part.5 ]   2016年12月10日 10:15
 日本  ファンタジー&アクション&ミリタリー  監督:草川啓造  出演:(声の出演)      上坂すみれ      藤田咲      井口裕香 【物語】     (シネマト ...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載