2016年12月31日

2016年のベスト10です。

「PPAP:People Pick up an Animation Pictures.」とばかりに『君の名は。』が興行収入200億円突破を達成し、あの『シン・ゴジラ』さえもがその存在感を薄くされた2016年。
個人的には「PPAP:Precious Pictures Are Priceless.」が信条なので、「神ってる」なんて安易な言葉で評価されるような映画よりも、こんな映画に出逢って「びっくりぽんや!」という作品にこそ、もっと注目が集まって欲しかったですね。

一方で今年は映画界において素晴らしき才能たちの旅立ちが多かったのも事実。アラン・リックマン、アントン・イェルチン、アッバス・キアロスタミ、ジーン・ワイルダー、ジョン・ポリト、カーティス・ハンソン、ビル・ナン、アンジェイ・ワイダ、キャリー・フィッシャーと挙げるとキリがないこと。

さてそんな「トランプ現象」が今後の映画界にどのような影響を及ぼすのかも気になる2016年の総決算として、年末最後の恒例企画であるベスト10を発表させていただきます。

1位『この世界の片隅に』
見終わると他の映画と同じ扱いをしたくない。昭和20年を生きておられた全ての先人に感謝したい。それは今も昔も変わらず続く「みんなが笑顔で過ごせるのが一番」という日常生活の大切さを知った証。この日本映画界における屈指の稀有な傑作は間違いなく「特別な作品」に相応しい映画だ!

2位『シング・ストリート 未来へのうた』
恋をした時、この映画が愛おしくなる。この映画で描かれる恋も応援したくなる。そしてこの映画で流れる全ての楽曲がそれらの恋を彩る。背伸びしても届きそうで届かない。けれど掴みたい恋と夢。人生は諦めない限り、いつでも青春真っ只中だ!

3位『エクス・マキナ』
人間は恋をする。けれど人工知能は恋をしているフリをする。それを否定したいと思えた時、何を以て相手を「人」として認識しているのかが問われる。美しさの影に恐ろしさが潜む。それが女性だけではない時代がすぐそこにまで来ているのだ。

4位『セトウツミ』
ただ喋るだけの青春。けれどその喋りが漫才を基本とする関西の喋りなら、この映画はもはや「セトウツミ」というコンビのネタを思う存分味わう作品だ。ボケ、ツッコミ、ネタフリ、スカシ、天丼、言葉遊び、オチ。その全ての面白さがここにはある!

5位『サウルの息子』
ホロコーストは「悲劇の物語」ではない、「悲劇の史実」だ。それを若干39歳の新鋭監督が音で見せる、想像力から来る臭いで見せる。尊厳を奪われることがどういうことなのか。この崇高な作品が静かに語っている。

6位『ルーム』
子供の成長と片付けるにはあまりにも勿体無い、小さな少年が必死に闘い、徐々に広げていく心の「ルーム」。その嬉しさに思わず涙が頬を伝う。若干9歳の俳優ジェイコブ・トレインブレイくんの素晴らしき才能には脱帽です。

7位『ヒメアノ〜ル』
とんでもない映画だ!見終わるともう家族に麦茶2つ持ってきてなんて頼めないよ…。コミカルなラブストーリーも、残忍なシーンの数々も、全てはあのラストで流れる涙のためだったなんて…。どうか私のクラスメイトでは誰も森田のようにはなっていませんように…。

8位『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
無名の戦士たちよ、フォースと共にあらんことを…。これが『Ep検Э靴燭覆覺望』へつ続く勇気と希望だったのか。ルークたちの活躍の土台にはこんなにも涙する戦士たちの想いがあったのか。レイア姫が旅立たれても、ルークよ、後は頼んだぞ!

9位『映画聲の形』
コミュニケーションは簡単な想いを伝えられない、簡単な言葉を聞き取ってあげられない、そんな後悔の繰り返し。でもそのコミュニケーションを止めない理由は何か。それを知った時、コミュニケーションは言葉以外でも出来ることを知る。けれどあの言葉を「月」と聞き違えるのはアカンやろ〜。

10位『怒り』
千葉、東京、沖縄で行き場のない怒りが彷徨う。行き場のない怒りが別の感情へと変化する。その時、愛が生まれる。後悔が生まれる。嫉妬が生まれる。情けなさが生まれる。そして感情を向ける相手のいない怒りが強さに生まれ変わる。そんな重厚なドラマだ。

あと2016年を語る上で外せない次点作品を3本だけ。
11位『ハドソン川の奇跡』
全く無駄のない96分間で容疑者が英雄へと変わる。
12位『ブリッジ・オブ・スパイ』
愛国心が正義を踏みにじってもいいのか。
13位『湯を沸かすほどの熱い愛』
誰の心にも「お母ちゃん」は必要だ!

てな訳で、何と邦画が5本も入るとは洋画基本の身としては珍しいと思えた2016年。でも相変わらず大半はミニシアター作品なんですけどね。
ともあれ今年もたくさんの面白い映画を見させていただいた一年でした。

そして今年も多くの方々に支えていただき、本当にありがとうございました。来年もまたいい映画をたくさん見れますように、本年同様よろしくお願い致します。
それではみなさん、良いお年を!

深夜らじお@の映画館の今年の記事はこれにて終了です。みなさん、ありがとうございました。

※お知らせとお願い
【元町映画館】は12月31日のみ休館です。

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 極私的 2016年 映画 ベスト10!  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2016年12月31日 01:20
完全に毎年のお楽しみ化している、映画ベスト10です(since 2008) 今年もかなりの豊作だったなと! 1行目はタイトルとブログのアップ時のサブタイトル、2行目は今回のコメントとなります。 あくまでも「極私的 」ですので、旧作のDVD、までが入り込む場合も
2. 2016MYBESTMOVIETOP10  [ 日々“是”精進! ]   2016年12月31日 05:50
今年も残すところあと僅かとなり…劇場鑑賞する作品も無くなったので…MYBESTMOVIETOP10の発表です邦画、洋画ミックスのランキング。今年劇場鑑賞した作品は計97本(うち、試写会は2...
3. My Best Movie 2016  [ 西京極 紫の館 ]   2016年12月31日 05:52
昨日が仕事納め。 年内、映画を観る予定はもうないので 毎年末恒例、僕の今年のベストムービーです。 今年、劇場で観た映画の本数は79。 昨年より6本多い自己記録更新。 実を云えば『シン・ゴジラ』を9回観た(苦笑)ので 劇場に足を運んだ回数自体は90回位はあっ...
4. 今年のベスト1・・・映画編  [ あーうぃ だにぇっと ]   2016年12月31日 07:00
年末にあたり今年も映画鑑賞の総括を試みることにした。
5. 2016総括マイベスト映画レビュー  [ オールマイティにコメンテート ]   2016年12月31日 08:14
2016年もいよいよ4日あまりとなってしまいました。今年は色々バタバタ裏で忙しくしている事もありようやく年間総括に突入する事になりました。今年は54作品鑑賞と11年連続50本 ...
6. 2016年度、年間マイベスト10+α  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2016年12月31日 09:23
2016年度のマイベスト10発表です。
7. 2016年映画鑑賞記録  [ FREE TIME ]   2016年12月31日 09:32
2016年も多くの映画作品を鑑賞しました。 今回は自分が2016年に鑑賞した映画を振り返ります。
8. 2016年の映画ベストテン and more.  [ Akira's VOICE ]   2016年12月31日 10:41
ベストその他いろいろ!
9. 2016年面白かった映画マイベスト10  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2016年12月31日 10:42
今年も色々ありがとうございました(^○^)  また来年も宜しくお願いします!      2016年 面白かった映画ベスト10です
10. 2016年 マイベスト映画 10作  [ マープルのつぶやき ]   2016年12月31日 11:17
JUGEMテーマ:洋画   今年のマイベスト映画を10作を選んでみました。 毎年通り劇場鑑賞とDVD&Blu-ray鑑賞全てから、 あれこれ悩んだ結果です。   第1位 「ブルックリン」(劇場鑑賞)     文句なしのダントツ
11. 2016年下半期に印象に残った作品  [ いやいやえん ]   2016年12月31日 11:45
【2016年下半期に印象に残った作品】 【ホラー】 ザ・ボーイ〜人形少年の館〜 ソムニア -悪夢の少年- 死霊館 エンフィールド事件 クランプス 魔物の儀式 【サスペンス】 薔薇は死んだ 【アクション・SF】 HK/変態仮面 アブノーマル・クライ
12. 2016年辛口邦画ベストテン  [ 新・辛口映画館 ]   2016年12月31日 12:58
 年末恒例の辛口ベストテンの発表です。諸事情がありブログにレビュー書いていない作品が多数あります。
13. 2016年洋画部門ベスト10ランキング選出  [ パピとママ映画のblog ]   2016年12月31日 15:45
今年も後、数時間でお終いですね。 今年は皆様にとっていかがな年でありましたでしょうか。私は持病で入院、退院を繰り返しながらも、何とか12月まで無事過ごしてまいりました。そんな体であっても、どんなことがあっても大好きな映画を観に行くのは、億劫にはなりませんね
14. 2017年マイ・ベスト・テン  [ ハリウッド映画 LOVE ]   2016年12月31日 16:36
去年さんざんぼやきましたが、今年は熟練が退職したので激動の一年でした!いまだにわからないことが発生して携帯に電話して問い合わせてる次第です。ザ・ギフトのようにしつこく家まで押しかけていきそうな勢いです。でもそろそろボケて君の名は。?とか言われたらどうしよ
15. 2016年Nakajiの映画ランキング  [ C’est joli ここちいい毎日を♪ ]   2016年12月31日 18:05
今年もいよいよ終わりです。 今年はTOHOパスポートに変えたのに本数は少なかったな〜94本でした。 映画も、これ!ってものがぱっと思いつかなくてなかなか悩みました。 今年の1本目は富山の舞台の映画からだったな〜 ではではランキングになります。 なんせ富山のも
16. 「2016年YUKKOのベスト10」  [ YUKKOのI LOVE MOVIES ]   2016年12月31日 18:31
2016年もまもなく終わりますので、恒例のベスト10映画を発表します。今年見た映画はなんと43本。昨年は59本です。2014年は54本、2013年は38本、2012年は46本です。2011年は75本 ...
17. 2016年マイ・シネマ・ランキング!  [ シネマ親父の“日々是妄言” ]   2017年01月01日 00:39
 さあ、大晦日です。今年もあんまり更新できませんでした。でも、やっぱりこれだけはやらせていただきます。一応自分的に年末恒例行事ですので…。今年は127本の映画を、映画館・試写室で観ることが出来ました(除くTV、DVD鑑賞)。我が人生史上最多更新!でございます。ま
18. 2017新年明けましてと昨年ベスト3  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2017年01月01日 11:08
皆さま、新年あけましておめでとうございます。 昨年は別のSNSへ移行していくブロガーさんも多く、ぐっとコメントも減ってすっかり寂しくなった一年でしたが、そんな中でも当ブログを訪ねてくださった皆様、本当にありがとうございました。 なんとか今年ものらりくらり
19. 16年 劇場公開映画 ベスト10  [ 風情☭の不安多事な冒険 Part.5 ]   2017年01月01日 12:28
 感動したッ!! 今年も例年の如く16年に劇場で観た、作品の中から強く印象に残った10本と、期待したけど全力で裏切られた作品1〜2本をゲロって、本年度の記事投稿を終えようと思 ...
20.  2016☆ベスト&ワースト映画/2016 BEST&WORST MOVIE☆  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2017年01月01日 17:46
今年で19年目 独断と完全なる好みで選ぶ、年末の映画ランキング 毎年言ってますが、個人の選出によるものなので映画の出来の良さではなく、 面白かったもの。好き。というのを重視 ちなみにつけた得点数順というわけではありません。 対象となるのは 2016年
21. 2016年 マイベスト映画 10作  [ マープルのつぶやき ]   2017年01月01日 17:57
JUGEMテーマ:洋画   今年のマイベスト映画を10作を選んでみました。 毎年通り劇場鑑賞とDVD&Blu-ray鑑賞全てから、 あれこれ悩んだ結果です。   第1位 「ブルックリン」(劇場鑑賞)     文句なしのダントツ
22. 2017年新年のご挨拶と、2016年邦画部門ベスト10ランキング選出  [ パピとママ映画のblog ]   2017年01月01日 18:40
新年明けましておめでとうございます。皆さまには、幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 2016年劇場鑑賞作品から、16年はアクション映画好きの私にとっては、洋画のアクション作品に恵まれて大豊作でした。 ...
23. 2016 unforgettable movies  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2017年01月01日 20:47
2016年は、端的に言えば「日本映画奇跡の年」だった。 例年なら1、2本あれば良いというレベルの傑作が、ほとんど月替わりで現れる、しかもメジャーからインディーズ、内容もアニメ、怪獣、ホラーからハードな人間ドラマまで、まんべんなく揃っているのだから凄い。 あまり
24. 2016年 個人的Best&Worst  [ だらだら無気力ブログ! ]   2017年01月02日 12:22
2016年劇場で観た作品でBest10とWorstを上げたいと思います。
25. 2016年ベスト10&ワースト10&more...(短評付き)  [ 銀幕大帝α ]   2017年01月02日 15:03
【2017年謹賀新年】 2016年銀幕大帝αベスト10 (1/1〜12/31の間でリリースされた劇場公開新作DVDの中から選出) 1位:『映画「俺物語!!」』(レンタル開始日:2016-04-27) 短評:すれ違いの恋。ピュアな想いが遠回りしながらもようやく通じ合った時、劇的
26. 「2016年ベスト・ワースト映画☆昨年以上に悩みましたがこれが限界SP」  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2017年01月02日 17:51
2016年も終了間近となりました。毎年恒例の映画ベスト・ワーストを発表する時期がやってまいりました。今年はダントツこれだ!というよりまんべくなく良作というのが多く、選抜が難しかったですが頑張りました。悩んだすえの順位は以下の通りです。印象に残りパッと浮かん...
27. 2016年マイベスト20  [ 銅版画制作の日々 ]   2017年01月03日 00:26
皆さん、お正月をどのようにお過ごしでしょうか? さて今年は何とか昨年のベストが発表できるだけの作品を鑑賞することが出来ました。傾向としてはホラーものが目立ちます。昨年最後もホラーではありましたがその傾倒のもの多くを鑑賞しました。年間振り返りますとその手...
28. 2016年度・ベスト20 ワースト10発表  [ お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 ]   2017年01月03日 00:35
 あけまして おめでとうございます。  本年もよろしくお願いいたします。 さて、私の昨年度ベスト20を発表いたします。例年通り、HPに掲載しているのと同じ要領で、邦・洋混成のベスト20です。
29. 2016年ベストシネマ10(洋画編)  [ 京の昼寝〜♪ ]   2017年01月03日 09:06
2016年ベストシネマ10(洋画編)   2016年は洋画28本、邦画44本で洋画の本数が少なかったですね  洋画は公開前に惹きつけられる作品が少なかったような気がします。  昨年に続き、TOHOシネマズのフリーパスによる作品鑑賞が少なかったかな(笑)  最
30. 2016年の映画この10本  [ 映画とJ-POPの日々 ]   2017年01月03日 12:19
2016年は映画館88本の邦画を観ました。 その内2回見た映画2本、特別上映1本を除いた85本から邦画12本、洋画&アジア映画10本を選び、更にこの22本から2016年の映画10本を選びます。 ランキ ...
31. 2016年振り返り  [ 勝手に映画評 ]   2017年01月03日 18:15
さて、今年も残すところ、あと僅かとなりました。 と言う事で、2016年鑑賞映画の振り返りです。 2016年の観賞作品ですが、以下のとおりです。 年間で、80本見たようです。 1月:5本 『ブリッジ・オブ・スパイ / Bridge of Spies』 『エージェント・ウルトラ /
32. 2016年 マイベストシネマ  [ 虎猫の気まぐれシネマ日記 ]   2017年01月03日 21:57
2017年もよろしくお願いいたします。 西日本は,穏やかで暖かい年の暮れです。世間のニュースはあたたかいものばかりとは限りませんが,それぞれが置かれた場所で精いっぱいベストを尽くしながら2017年も何とか乗り越えていけますように・・・・・祈りつつ。 例年と
33. 2016年ベストシネマ15(邦画編)  [ 京の昼寝〜♪ ]   2017年01月04日 09:08
2016年ベストシネマ15(邦画編)   洋画に比べると邦画は良い作品があった年だと思います。  特に後半戦に良い作品があったような気がします。  毎年毎年、シネコンがお茶の間化していくことが、映画ファンとしては辛い。  せめて本編中の会話は絶対にやめて
34. 日本インターネット映画大賞―2016年度投票  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2017年01月06日 06:52
 明けましておめでとうございます。  今年もよろしくお願い申し上げます。  昨年は、邦画57本、洋画48本の合計107本について、そのレビュー記事を拙ブログに掲載いたしました。邦画と洋画の見た数に結果として10ほどの差が出てしまったのは、昨年の邦画が全般的に質が...
35. 2016 Movies Best 10  [ 宇宙のめいぐると ]   2017年01月07日 19:06
今年はこちらから!
36. 2016年マイベスト44(おまけで第12回シネマ停留所映画賞)  [ 或る日の出来事 ]   2017年01月09日 19:27
「ベスト10」だけでは、つまらない! 全部に順位をつけましょか! という、毎年恒例のお遊び。
37. 2016年鑑賞作品 勝手にベスト10  [ ここなつ映画レビュー ]   2017年01月09日 23:56
2016年「勝手にベスト 10 」 をやってみます。 毎年のことながら「 1 年を振り返る」という作業を新年にしている私であります。例年と同様に「2016 年に公開された作品」ではなくて「2016 年に観た作品」のみをランキングします。従って、「2016 年に公開された作品」で 2015
38. 漫然と選んだ2016年映画ベストテン(^^;)。  [ 元・副会長のCinema Days ]   2017年01月12日 06:47
 年の瀬になり、まことに勝手ながらここで2016年の個人的な映画ベストテンを発表したい。 日本映画の部 第一位 この世界の片隅に 第二位 海よりもまだ深く 第三位 オーバー・フェンス 第四位 家族はつらいよ 第五位 シン・ゴジラ 第六位 ヤクザと憲法 第七...
39. My Best Movie of 2016  [ 映画!That' s Entertainment ]   2017年01月23日 11:20
    My Best Movie of 2016■口上今年は、劇場で23本、家でのWOWOWなどでの鑑賞を合わせ、全部で186本の映画を鑑賞しました。一昨年から減った昨年よりもさらに減りました。これは恐らく、テレビドラマで面白いものが有ったため、家での鑑賞が減ったためと思われます。今

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2016年12月31日 06:07
「聲の形」、素晴らしかったですよね。
こちらは遅れての公開でしたが、劇場で鑑賞出来てホント良かったです♪
たしかに“月”には笑ってしまいました。
そして、「ローグ・ワン」…改めて旧3部作を観たくなりました。

今年も大変お世話になりました。
来年も引き続き宜しくお願いします。
2. Posted by FREE TIME   2016年12月31日 09:35
おはようございます。
今年は邦画が当たり年の1年でしたね。
反対に洋画は夏以降パッとしない作品ばかりだったような気がします。

今年も1年間お世話になりました。
来年も宜しくお願い致しますm(_ _)m
3. Posted by ノルウェーまだ〜む   2016年12月31日 10:39
にゃむばななさん☆
今年もお世話になりました。
多くの方がブログより他のSNSへ比重を移しているところ、いつも丁寧なコメントも欠かさず続けてくださって本当に感謝しております。
私のこの1年のベストはお正月UPになりそうですが、また来年もどうぞよろしくお願いいたします。
4. Posted by AKIRA   2016年12月31日 10:52
「PPAP:People Pick up an Animation Pictures.」うまい!

「聲の形」見逃してしまいました。。残念。

新しい年も特別、格別と思える秀作アニメたくさん届きますように。

来年もよろしくお願いします!
5. Posted by PGM21   2016年12月31日 12:48
何時もお世話になっております。

この1年映画業界は空前のヒット作が連発した1年でしたね。私は1作品以外全て邦画しか鑑賞しなかったので洋画から遠くなってしまいましたが何とかいい作品は外さずに鑑賞できた1年でした。映画を観ている人だけじゃなく見ていない人もこの世界の片隅にを絶賛していますね。今年は芸能界で色々あっただけに良い作品はファンがブームを作るという気持ちの強い人が多いのかもしれません。逆にヒット作はファンが握っているという事がわかった1年でした。
今年1年色々お世話になりました。
別の件では色々とお力をお貸し頂きたいと思います。
それではまた来年よろしくお願い致します。
6. Posted by Nakaji   2016年12月31日 18:09
こんにちは。
なかなかかぶっている作品があってうれしいです!湯を沸かすほどの熱い愛は来年からはいるのでちょっと楽しみにしております。シング・ストリート 未来へのうたは歌が最高でしたね!

今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えください。
7. Posted by YUKKO   2016年12月31日 18:30
今年43本しか見れなかったのです。ちょっと事情があったもので。でも、後半いい映画に出会えました来年もよろしくお願いします。
8. Posted by にゃむばなな   2016年12月31日 23:25
BROOKさんへ

京都アニメーションの作品ということもあってか、本当に丁寧に作られていたのが良かったですよね。
だからこそ、あの「月」もコミカルに、そして印象的に残ったのかも。

今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。
9. Posted by にゃむばなな   2016年12月31日 23:27
FREE TIMEさんへ

邦画がヒットしただけでなく、ヒットに恵まれなくても良質な作品も多かった一年でしたね。
来年は洋画も一年を通して良質でありますように。

今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。
10. Posted by にゃむばなな   2016年12月31日 23:30
ノルウェーまだ〜むさんへ

私はただ単に時代についていけていないだけなんですよ。
そんなにも感謝していただけることが光栄です。
こちらこそ、いつも丁寧にコメントを下さっていることに感謝しております。
お正月にUPされるベストも楽しみにしておりますので、
来年も今年同様によろしくお願いします。
11. Posted by にゃむばなな   2016年12月31日 23:31
AKIRAさんへ

ほんと、今年は秀作アニメが多い一年でしたね。
そしてそれらが確実にヒットしたのも嬉しいことでした。

今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。
12. Posted by にゃむばなな   2016年12月31日 23:33
PGM21さんへ

映画界はいいニュースの多い一年でしたが、文春砲が炸裂した芸能界は情けなさが目立つ一年でしたね。
来年もまた映画界には引き続きいいニュースが続くといいのですが…。

今年もお世話になりました。
来年もまたよろしくお願いいたします。
13. Posted by にゃむばなな   2016年12月31日 23:34
Nakjiさんへ

『シング・ストリート 未来へのうた』はゴールデングローブ賞にも作品賞でノミネートされてましたね。
やっぱりいい作品は世界共通で評価されるんですよね♪

今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。
14. Posted by にゃむばなな   2016年12月31日 23:35
YUKKOさんへ

本数が少なくなるのは淋しいですが、でもその本数でもいい作品に出逢える本数が増えるのは嬉しいですよね。
来年もそんな一年でありますように。

てな訳で今年もお世話になりました。
来年もよろしくお願いします。
15. Posted by mori2   2017年01月01日 02:44
あけおめです。
「シング・ストリート」は見損なってしまったんです。良さそうだな〜とは思っておったのですが…。「この世界の片隅に」は、良かったとは思うのですが、同じこうの史代さん原作の「夕凪の街 桜の国」と、どうしても比べてしまって…。
あ、今年もよろしくです。
16. Posted by mig   2017年01月01日 17:43
にゃむばななさん明けましておめでとうござます!
ごぶさただったのに早速のご訪問、嬉しかったですよ♪いいところ揃えてますねー・コメントも同感です。ヒメアノールは見たかったんだけど見逃してしまって残念に思ってたので絶対見ます。私の1位があって嬉しい!
17. Posted by ノラネコ   2017年01月01日 20:54
明けましておめでとうございます。
あっという間の一年、歴史に残るであろう名作に多く会えた年でした。
期待作が目白押しの今年も楽しみです。
今年もよろしくお願いします。
18. Posted by latifa   2017年01月01日 22:27
にゃむばななさん、あけましておめでとうございます!
ベスト10、未見の映画も多いので、今後見る時の参考に是非是非させて頂きます。
一位は、とても評判が良いアニメですよね。
それと、サウルの息子は、私も見たのですが、思い入れが強すぎたせいか、それほどガツンと来なかったようでした。
どうも、期待し過ぎるとダメって事が多いです。今年もよろしくお願いします(^o^)丿
19. Posted by kajio   2017年01月02日 04:37
あけましておめでとうございます。
2017年のランキングは、片渕監督の体力があれば この世界の片隅に の150分版が1位になりそうな気がしないでもないですが、それでも今年もできるだけ映画館で楽しんでいこうと思います(笑)
20. Posted by yukarin   2017年01月02日 17:54
『この世界の片隅に』を上位にあげている方が多いですね〜残念ながら未見です。
2016年は良作邦画が多い年でしたね。私も洋画中心ですがけっこう観ました。
今年はどうなるでしょうか...楽しみですね。
21. Posted by にゃむばなな   2017年01月02日 23:32
mori2さんへ

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
『シング・ストリート 未来へのうた』は恋をしていた青春時代を思い出さずにはいられなくなりますよ。
ゴールデングローブ賞作品賞にもノミネートされてますし、是非この機会にご覧になってみてください。
22. Posted by にゃむばなな   2017年01月02日 23:34
migさんへ

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

『エクス・マキナ』はやっぱり外せないですよね〜。
あの美しさ、面白さは格別ですもん。
『ヒメアノ〜ル』はラストに驚きますよ。私は涙しちゃいましたから。
23. Posted by にゃむばなな   2017年01月02日 23:36
ノラネコさんへ

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

2016年は本当に歴史的な作品の多い一年でしたね。
こんな年も珍しいのでは?
さて2017年はどうなることやら…。
24. Posted by にゃむばなな   2017年01月02日 23:37
latifaさんへ

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
『サウルの息子』は個人的には巧い構成だと思いましたが、まぁ映画は出逢った時のタイミングですから、そういう時もありますよ。
25. Posted by にゃむばなな   2017年01月02日 23:38
kajioさんへ

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

片淵監督も海外での宣伝活動など忙しいですからね。
ムリはせず、でも150分版も興味があるので…。
あとは監督の体力にお任せします。
26. Posted by にゃむばなな   2017年01月02日 23:41
yukarinさんへ

『この世界の片隅に』は2016年を語る上で外せない作品になりましたよ。
なので、是非機会があればご覧になってみてください。
27. Posted by 健太郎   2017年01月03日 12:31
2 久しくご無沙汰しています。体を壊してしまったもので、映画を観る本数が激減し、しかもロードショウ作品しか観れない状況におちいっています。
が、それでも何とか映画を楽しもうと思います。
2016年の映画は洋画は実話ベースの映画が豊作に感じました。『ルーム』も原作の小説が北欧での実在の事件をべーすにしているそうで。
『エクス・マキナ』は「人間対AI」よりも「男対女」に感じてしまいました…
『ローグワン』はもう…ep犬魎僂襪靴ないですね。
『この世界の片隅に』は未だ未見なので、地元で探してみます。
28. Posted by なな   2017年01月03日 21:54
あけましておめでとうございます。
日頃はご無沙汰しておりますが
本年もよろしくお願い申し上げます。

にゃむばななさんのベスト10,残念ながら不徳のいたすところで未見のものが多いのですが,「この世界の片隅に」は1位に挙げておられる方が多いのですね。また,「怒り」は観たいと思いつつ劇場に行く機会を逃してしまいました。DVDを待ちたいと思います。
29. Posted by にゃむばなな   2017年01月04日 23:08
賢太郎さんへ

お久しぶりです。体調を崩されていたとのことですが、今はもう大丈夫ですか?
あまり無理はされないでくださいね。

さて2016年というよりは最近は実話ベースが本当に多いですね。
まぁそれだけオリジナルを映画化する勇気のあるプロデューサーさんが少なくなったという証拠でしょう。
2017年はそんなことのない一年でありますように。
30. Posted by にゃむばなな   2017年01月04日 23:13
ななさんへ

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

『この世界の片隅に』も『怒り』も日本映画ならではの空気を持つ映画ですので、是非ご覧になられてください。
個人的にはこういう映画に出逢えたことが嬉しくなった2作品でしたから。
31. Posted by ここなつ   2017年01月09日 23:57
こんにちは。いつもお世話になっております。
「シン・ゴジラ」も「君の名は。」も観ていない!!時流に乗り遅れた私ですが、珍しく観た邦画の「ヒメアノール」は凄く強烈な印象で、自身のベストにも入れております。
今年はもう少し邦画やアニメを観るべきか…?!と迷っているところです。
32. Posted by にゃむばなな   2017年01月10日 00:38
ここなつさんへ

『ヒメアノ〜ル』は本当にとんでもない映画でしたね。
まさかあの展開からあんなラストになるなんて…。
ちなみに私も洋画中心派なので、邦画を見る本数を増やすべきかと悩む気持ちはよく分かりますよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載