2017年01月22日

『沈黙-サイレンス-』

沈黙-サイレンス-ここにはいない神を信じるのか。それともここにある現実を受け入れるのか。
なぜ神は沈黙するのか。「信じる」とはいったい何なのか。ほぼ音楽のない映画が問い掛ける。28年間の想いを経て遠藤周作先生の原作を映画化したマーティン・スコセッシが問い掛ける。
だが本当に神は沈黙しているのだろうか。

神を信じることは尊いことである。素晴らしいことである。だからこそ遠き島国・日本で師匠でもあるフェレイラ神父が棄教したと聞けば、弟子のロドリゴとガルペはその噂を疑うのは当然である。神のご加護を信じる者として当然である。

しかし江戸幕府が切支丹を激しく弾圧する長崎では、日々信仰を捨てない者たちが怯えながら暮らし、時には惨たらしい形で処刑されていく。
長崎では神のご加護がもたらされていないのか。水磔にされたモキチが落命した映像が、まるで塚本晋也の細い右腕が千切れてしまうのではないかと思わせる映像がそんな疑問を投げ掛ける。

だからこそ信仰を捨てているようにも見えるキチジローが卑怯者にも思えてくる。処刑されていく村人を目の当たりにしては苦悩するロドリゴとガルペの安否が心配になる。隠れ切支丹を弾圧する江戸幕府の精神的弱さに怒りを覚える。

けれど奉行の井上がロドリゴに語る言葉に、不気味な笑みを絶やさない通辞がロドリゴに説明する言葉に、それらが一方的な視点でしかないことに気付かされる。
役人たちは誰もが百姓の心根までは干渉しない。ただこの国のルールとして形だけでいいから踏み絵を行えと「妥協案」を提案しているにすぎないからだ。

だが百姓たちはその妥協案を受け入れない。ロドリゴたちも受け入れない。神を信じる者としてそんなことは出来ないからだが、果たしてそれは本当に正しいことなのだろうか。

神は「右の頬をぶたれたら、左の頬を差し出しなさい」と説かれた。ならば、そんな神が「信仰を守るために、私の絵を決して踏んではならない」と説かれるだろうか。愛を説く者が信徒の命を危険に晒すことを強いるだろうか。

神は沈黙する。だからこそ信徒はその沈黙を自分にとって有益なものとして理解しようとする。別の言い方をすれば、自分にとって都合のいいものとして勝手に理解しようとする。
それは井上奉行の言葉を借りるならば、「相手の話を聞かない、賢明でない者」の行動だ。神の存在を理由に他者からの愛を受け入れない愚行にしかすぎない。

己が信じているものこそが正しい。それがまかり通る世界は無法地帯と同じ。どの国にもルールがある以上、そこには必ず安寧を維持するための「妥協案」も存在する。他者を受け入れるという度量が存在している。

しかし他者を受け入れなさいと説いていた者が、それを信じていた者が、その「妥協案」を拒んでいた。信仰という美しさに見惚れてしまい、踏み絵後に小者のように背を丸めて逃げるしかないキチジローの賢明な判断さえも蔑んでいた。

それらは全て神の沈黙を曲解したツケである。神は一人しかいないと信じ込んだツケである。道理を真理と見誤ったツケである。

神はキリスト教の世界では一人しかいない。けれど世界には神は一人しかいない訳ではない。それをマーティン・スコセッシ監督がOPとEDロールで真っ暗な画面と共に流れる様々な自然の音で語り掛ける。
自然に畏敬の念を払う日本では八百万の神が様々な自然の音として我々に語り掛けている。
そう、日本では神は沈黙していないのだ。

深夜らじお@の映画館はこういう映画こそ見応えのある映画だと思います。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「沈黙」☆そこに真理あり  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2017年01月23日 12:22
救いを求めて信仰してきたのに逆に不幸のどん底へ落ちて行く貧しい農民と、真理を見つけられずに苦悩する司祭が見えない網に絡めとられて身動きできなくなる姿があまりにも過酷で、2時間42分もあっという間の圧巻の映画だった。 時に碧く静かで美しく心を癒してくれるか
2. 沈黙 -サイレンス-  [ Akira's VOICE ]   2017年01月23日 18:43
沈思黙考を促される映画。
3. 沈黙 -サイレンス- ★★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2017年01月23日 21:10
遠藤周作が信仰をテーマに、世界の不条理と人間の本質に深く迫った日本文学の金字塔『沈黙』を、長年映画化を熱望してきた巨匠マーティン・スコセッシ監督が、原作との出会いから28年の時を経て遂に撮り上げた渾身の歴史ヒューマン・ドラマ。非情なキリシタン弾圧が行われ...
4. 沈黙 サイレンス / Silence  [ 勝手に映画評 ]   2017年01月23日 21:24
構想26年。マーティン・スコセッシによって、遠藤周作の小説『沈黙』の映画化。 159分にも及ぶ長い作品ですが見せます。流石にスコセッシですねぇ。それともちろん、遠藤周作の作品も良いのでしょう。時間の長さを感じさせません。加えて、キリシタン弾圧と言う非常に重...
5. 沈黙 −サイレンス−  [ だらだら無気力ブログ! ]   2017年01月23日 23:14
重厚な内容だった。
6. [映画『沈黙-サイレンス-』を観た]  [ 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭 ]   2017年01月24日 01:00
☆・・・観て来ました。  「沈黙」シリーズ最新作、セガールがバッタバッタと悪を倒してくれまする・・・、ではなく、リーアム・ニーソンは出てきますが・・・^^;  宣教師によるキリスト教布教に伴う、江戸時代の日本での悲劇の物語。  感動する良作でしょうが、...
7. 劇場鑑賞「沈黙-サイレンス-」  [ 日々“是”精進! ]   2017年01月24日 16:13
「沈黙-サイレンス-」を鑑賞してきました遠藤周作が信仰をテーマに、世界の不条理と人間の本質に深く迫った日本文学の金字塔『沈黙』を、長年映画化を熱望してきた巨匠マーティン・...
8. 宗教の自由がある時代にうまれてよかったわ〜。〜「沈黙ーサイレンスー」〜  [ ペバーミントの魔術師 ]   2017年01月24日 23:23
ま〜ふだんなら見ないタイプの作品ですわな。(;^_^Aでも不思議と長くは感じませんでした。重たいんだけども前のめりでみれたかな。窪塚洋介のユダ感半端ないね。最後の江戸でのシー ...
9. 沈黙 -サイレンス-  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2017年01月25日 11:24
【SILENCE】 2017/01/21公開 アメリカ 162分分監督:マーティン・スコセッシ出演:アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライヴァー、浅野忠信、キアラン・ハインズ、窪塚洋介、笈田ヨシ、塚本晋也、イッセー尾形、小松菜奈、加瀬亮、リーアム・ニーソン なぜ弱きわ...
10. 教科書の中だけでは見えない事。『沈黙 −サイレンス−』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2017年01月25日 12:45
遠藤周作の小説「沈黙」を実写版映画化した作品。17世紀、キリシタン弾圧の嵐が吹き荒れる江戸時代初期の長崎を舞台に来日した宣教師の目線で描かれた物語です。
11. 映画「沈黙-サイレンス-(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2017年01月26日 21:13
映画 『沈黙-サイレンス-(字幕版)』(公式)を本日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら80点にします。 なお、原作の遠藤周作氏の小説『沈黙』は未読。 ざっくりストーリー 17世紀江戸初期、長崎で厳しいキリ
12. 映画「沈黙 −サイレンス−」  [ FREE TIME ]   2017年01月29日 18:40
映画「沈黙 −サイレンス−」を鑑賞しました。
13. 沈黙  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2017年01月31日 21:17
 『沈黙−サイレンス−』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)予告編を見て映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、暗闇の中でしばらく虫の声がします(注2)。  その後タイトルが流れて、熱湯が地下から湧き出ているところ(雲仙地獄)のそばで、キリシタン...
14. 沈黙−サイレンス−  監督/マーティン・スコセッシ  [ 西京極 紫の館 ]   2017年02月01日 21:31
【出演】  アンドリュー・ガーフィールド  アダム・ドライバー  リーアム・ニーソン  浅野 忠信  窪塚 洋介 【ストーリー】 江戸幕府によるキリシタン弾圧が激しさを増していた17世紀。長崎で宣教師のフェレイラが捕まって棄教したとの知らせを受けた彼の弟子ロドリ...
15. 宗教の自由がある時代にうまれてよかったわ〜。〜「沈黙ーサイレンスー」〜  [ ペバーミントの魔術師 ]   2017年02月10日 23:27
ま〜ふだんなら見ないタイプの作品ですわな。(;^_^Aでも不思議と長くは感じませんでした。重たいんだけども前のめりでみれたかな。窪塚洋介のユダ感半端ないね。最後の江戸でのシー ...
16. 沈黙ーサイレンスー  [ 虎猫の気まぐれシネマ日記 ]   2017年02月15日 21:57
本日、劇場で観賞。スコセッシ監督が忠実に映画化したと言われる遠藤周作氏の原作「沈黙」は未読である。江戸時代初期のキリシタン弾圧によるポルトガル司祭の棄教を通して,神と信仰の意義を描いた作品。 キリスト教の弾圧や迫害は,日本に限ったことではなく,ローマ帝国な
17. 「沈黙−サイレンス−」沈黙の先にみる生きる為に信仰を心を封じて生きた人たちの生き様  [ オールマイティにコメンテート ]   2017年02月25日 22:14
「沈黙−サイレンス−」は江戸時代初期に来日したキリスト教の神父がキリスト教の迫害の現実を目のあたりにしながらも日本で生き続けていく姿を描いたストーリーである。江戸時代 ...

この記事へのコメント

1. Posted by ノルウェーまだ〜む   2017年01月23日 12:26
にゃむばななさん☆
まさにその通りですね。
神は「私を踏みなさい」と仰るはず。
つまり信仰という名の見えない掟に縛られた信者たちは、まるで水磔のモキチのようにあっぷあっぷと喘いでいるのですよね。
2. Posted by AKIRA   2017年01月23日 18:48
スコセッシが長年にわたって原作に向き合ってきただけあって真摯な作品に仕上がっていましたね。

考え続ける意義深さに接した気分です。
3. Posted by BROOK   2017年01月24日 16:19
非常に感想が難しい作品でした。
何を語ったら良いのか…。

とにかく観て欲しい!それしか言えない作品ですね。
重厚感溢れる力作となっていました。
4. Posted by yukarin   2017年01月25日 14:37
こんにちは。
私も神は踏んではならないとは言わないと思います。
外国の監督さんが描く日本はヘンテコなものもありますが、スコセッシ監督はきちんとした日本を描いてくれましたね。
日本人キャストの演技も素晴らしかったですし長丁場でも最後までしっかり観られました。
5. Posted by にゃむばなな   2017年01月25日 23:25
ノルウェーまだ〜むさんへ

神の教えを曲解しちゃったからこそ、本当の神の声が消えこえなくなってしまったのでしょうね。
キリスト教が教える神は絶対に「私の絵を踏むな」とは言わないですもんね。
6. Posted by にゃむばなな   2017年01月25日 23:26
AKIRAさんへ

これが28年間の想いというものでしょうね。
安易に映画を撮るのではなくという部分がさすがマーティン・スコセッシですよ。
7. Posted by にゃむばなな   2017年01月25日 23:27
BROOKさんへ

この映画を見て思ったことをそのまま文字にすればいいんですよ。
そんなに難しく考える作品ではなく、心に素直に向き合う作品ですからね。
8. Posted by にゃむばなな   2017年01月25日 23:28
yukarinさんへ

さすがマーティン・スコセッシ、トンデモジャパンにはしませんでしたね。
それもまた彼のこの原作に対する想いの深さなのでしょう。
巨匠と言われるだけの御方ですよ。
9. Posted by FREE TIME   2017年01月29日 18:50
こんばんは。
冒頭から拷問や処刑など多く気分が暗くなるシーンの連続でしたが、史実に基づいているだけに見逃せないシーンばかりでしたね。
その場に存在しない神を信じる事の儚さも感じたし、神を信じる事を否定させる為に暴力で抑えようとした事の愚かさも感じました。
10. Posted by にゃむばなな   2017年02月06日 23:27
FREE TIMEさんへ

一番愚かなのは神を信じることの本意を勘違いしていることかも知れませんね。
自分勝手な解釈が他人に迷惑を掛ける。
イスラム過激派にも通ずるものがあるような気もしましたよ。
11. Posted by なな   2017年02月15日 21:55
こんばんは

クリスチャンのわたしは「踏み絵」を踏むまいとした信徒の気持ちも「神は踏めという」だろうという考えもどちらもよくわかります。
キリスト教は弾圧の中での「敢えての」信仰表明が求められる宗教であるからです。
また,神の沈黙は自由に解釈されても仕方がない面もあります。神が人間の自由意思を尊重する面もあるからです。
わたしはキチジローのように日々「転び」つつある信徒なので,この作品を牧師である従兄と語り合ったとき喧嘩になりました。彼はガルペ神父のような人なので…(笑)
12. Posted by にゃむばなな   2017年02月24日 23:46
ななさんへ

待ってましたよ、クリスチャンであるななさんの見解を。
やはり同じクリスチャンでも様々ですね。
単に信仰の具合だけではない、それぞれの神への解釈。
キチジロータイプもいればガルペタイプもいる。
時代は変わってもその辺りは今も昔も変わらないのでしょうね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載