2017年01月24日

『ザ・コンサルタント』

ザ・コンサルタント一種のヒーローものとしては面白い。けれど難点が多すぎる。
ベン・アフレックの新たなるヒーローものとして是非シリーズ化を望みたいほど、面白くなる要素が満載。ただそれが「面白くなる要素」から抜け出せていないのが、とにかく残念でならない。
だからこそ、あえてこの作品を導入モノとして受け入れるので、是非シリーズ化を!

昼間は地方のしがない会計士。ただ世界各地で裏稼業の帳簿を握る仕事もこなす会計士。しかも用意周到な暗殺稼業まで営む男、クリスチャン・ウルフ。
これまでも多数存在した、いわゆる「2つの顔を持つ男」の最新版は主人公を自閉症という環境においているがために、多方面にわたるズバ抜けた才能がとにかく凄い。

たった一晩で大企業の15年間に及ぶ膨大な帳簿から不正を見つけ出す数学力、どんなに長距離でも確実に標的を仕留めるライフルでの狙撃力、、『ザ・レイド』でもお馴染みのシラットも使いこなす体術、そして倒した相手には必ずトドメを刺す完璧主義。

ただなぜかこの映画は盛り上がりに欠ける。これだけ「面白くなる要素」は満載なのに、そろそろ面白くなるかな?と思わせては、なかなか観客を興奮の渦には巻きこんでくれない。

その理由はやはり映画の構成とキャストの使い惜しみにあるのではないか。
特に構成においては、クリスチャン・ウルフの過去を現在とリンクして描いている割には、程よく疑問点を解決しないどころか、なぜそこを描いてくれないのかという点がそのままクライマックスからラストへ向けての謎解きに直結してしまっている。

なので、宿敵だと思われたブラクストンが、姿を見せず電話でしか後方支援をしてくれない女性が、実は弟だった、幼少期にパズルのピースを拾ってくれたリタだったという驚きにならない。本来ならもっと驚いてもいいはずなのに、その盛り上がりに欠ける。

さらにJ・K・シモンズやアナ・ケンドリックといった個性派俳優たちの起用法もただただ勿体無い。そのJ・K・シモンズ演じるレイモンド・キングの後継者となったメリーベスがクリスチャン・ウルフの正体に辿り着いても何もしないのもただただ勿体無い。

だからこれだけ「面白くなる要素」が満載なのだから、自然とこれら難点はシリーズ化における導入部分での「まだまだ見せないよ」「これから登場人物たちの絡み合いが始まるんだよ」というネタフリだと勝手に解釈したくなる。
いや、そう解釈しないとこの映画には不満しか残らなくなってしまう。これだけ魅力的なキャラを、魅力的な俳優を多数揃えておきながら、それが活かされない状況に不満だけを並べてしまいたくなる。

クリスチャン・ウルフが物事に集中する前に両方の指に息を吹きかける仕草など、「これからクリスチャン・ウルフの本気が始まるぞ」という憎たらしいくらいに粋なものだけに、こんなにも存在する「面白くなる要素」を是非「面白い要素」に昇華していただきたい!
よろしくお願いしますよ!

深夜らじお@の映画館はベン・アフレックは無口でヲタクっぽい役が似合っていると思います。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 劇場鑑賞「ザ・コンサルタント」  [ 日々“是”精進! ]   2017年01月25日 07:14
「ザ・コンサルタント」を鑑賞してきましたベン・アフレックが天才的な会計士にして凄腕の殺し屋という異色のアンチ・ヒーローを演じるクライム・サスペンス。共演はアナ・ケンドリ...
2. ザ・コンサルタント  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2017年01月25日 14:40
【THE ACCOUNTANT】 2017/01/21公開 アメリカ 128分監督:ギャヴィン・オコナー出演:ベン・アフレック、アナ・ケンドリック、J・K・シモンズ、ジョン・バーンサル、ジェフリー・タンバー、シンシア・アダイ=ロビンソン、ジーン・スマート、ジョン・リスゴー 職業、会計
3. 映画:コンサルタント The Accountant キャラと役者のミスマッチぶりを自虐ぎみに楽しむしかない...  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2017年01月26日 00:35
まずビビるのが、主演= ベン・アフレック!だってこの主人公役、頭キレっキレっの「敏腕会計士」、かつ冷酷非情な「殺し屋」彼は 元々、2回ほどひんしゅくを買うような行動に出、世間から大批判を浴びる存在(笑) 1.まずは、結婚しかかったジェニファー・ロペス、...
4. ザ・コンサルタント  [ あーうぃ だにぇっと ]   2017年01月26日 07:36
ザ・コンサルタント@ニッショーホール
5. ザ・コンサルタント ★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2017年01月26日 15:45
ベン・アフレックが天才的な会計士にして凄腕の殺し屋という異色のアンチ・ヒーローを演じるクライム・サスペンス。共演はアナ・ケンドリック、J・K・シモンズ。監督は「プライド&グローリー」「ウォーリアー」のギャヴィン・オコナー。 あらすじ:田舎町で小さな会計...
6. ザ・コンサルタント  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2017年01月26日 20:23
評価:★★★★★【5点】(12) できる秘書の正体を知ったとき「お〜!」と涙腺決壊!
7. ザ・コンサルタント / The Accountant  [ 勝手に映画評 ]   2017年01月26日 21:57
ネタバレあり。 ベン・アフレック版、ジェイソン・ボーン?と言う感じでしょうか。通常は会計士、しかしてその実態は凄腕の殺し屋。しかし、その殺し屋としての技量を身に付けさせたのは、軍人であった父親。そこがジェイソン・ボーンとの違うところといったところでしょ...
8. 深い愛情の賜物。『ザ・コンサルタント 』  [ 水曜日のシネマ日記 ]   2017年01月29日 11:42
小さな町で会計士として働く孤高な男性の過去から現在に至るまでを描いた物語です。
9. 『ザ・コンサルタント』 ベン・アフレック、新境地  [ ジョニー暴れん坊デップの部屋 ]   2017年01月31日 21:04
{{{[http://eiga.com/movie/83997/ eiga.com 作品情報 『ザ・コンサルタント』]}}} {{{: ■解説:「アルゴ」のベン・アフレックが、凄腕の殺し屋の顔を持つ謎の会計士を演じたサスペンスアクション。田舎町のしがない会計士クリスチャン・ウルフには、世界中の危険人物の裏
10. 『ザ・コンサルタント』  [ 京の昼寝〜♪ ]   2017年02月05日 09:16
□作品オフィシャルサイト 「ザ・コンサルタント」□監督 ギャビン・オコナー□脚本 ビル・ドゥビューク□キャスト ベン・アフレック、アナ・ケンドリック、J・K・シモンズ、ジョン・リスゴー■鑑賞日 1月29日(日)■劇 場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足
11. ザ・コンサルタント  [ だらだら無気力ブログ! ]   2017年02月06日 23:38
うん、本業は殺し屋じゃないよね。
12. 「ザ・コンサルタント」  [ ここなつ映画レビュー ]   2017年02月07日 12:48
面白かった。期せずして自閉症繋がりの作品を連続して鑑賞することになったのだが(直近の鑑賞作品は「僕と世界の方程式」)、どちらも数字に天才的な能力を発揮する自閉症という設定。だがこちらの方は…ある種不謹慎である。でも言うまでもなくこの不謹慎さが面白いのであ
◆『僕らのごはんは明日で待ってる』 ▲この中に一緒に入りたい。 五つ星評価で【★★★謎が謎として機能しないもどかしさ】 んもうともかく、ティーンの男女が向きあってる映 ...
14. ザ・コンサルタント  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2017年02月17日 20:41
 『ザ・コンサルタント』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)久しぶりでアクション映画でもと思って映画館に行きました。  本作(注1)の冒頭では、男が、道路を横断して酒場の中に入ります。  死体がいくつも床に転がっており、銃声がします。  男は階段を登っていき

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2017年01月25日 07:16
前半を淡々と描き過ぎでしたでしょうか…
なかなか盛り上がりを見せてこない展開でしたが、命を狙われる辺りから徐々にエンジンがかかってきたように思います。

今回はあくまで紹介編ということで、製作の決まった続編にさらなる期待ですね。
2. Posted by yukarin   2017年01月25日 14:43
観始めは地味で淡々としてましたが、後半は面白くなってきました。
ベン・アフレックはこういう役がぴったりですね。
続編もあるようなので楽しみです。
3. Posted by にゃむばなな   2017年01月25日 23:27
BROOKさんへ

おぉ〜、続編製作決定ですか。
それならこの作品は紹介編ということで十分ですわ。
4. Posted by にゃむばなな   2017年01月25日 23:30
yukarinさんへ

ほんま、ベン・アフレックにはこういう役が似合いますね。
やっぱり寡黙なヲタク顔なのかな〜?
5. Posted by ジョニーA   2017年01月31日 21:03
兄も弟も、非情な殺し屋家業を長く続けていたにしては、兄弟愛がいっぺんにそんな設定をも吹き飛ばして、うまく収まり過ぎだな〜とは思いましたねえw
むしろ、兄弟と知らず傷つけ合ってしまって・・・という悲劇の方が好みだったかも知れません。
あまりの変貌っぷりに悪役のベテラン、ジョン・リスゴーも「ポカ〜ン」状態でしたもんねー(アソコハオモシロカッタ!)
後方支援の相棒の種明かしは、お洒落な感じ
で個人的にはスカッとしました
6. Posted by にゃむばなな   2017年02月06日 23:30
ジョニーAさんへ

これまでの映画の流れからいえば、兄弟を知らずに云々ですよね。
でもその道を歩まぬのがベン・アフレックの新たなる戦略なのかも?
いや正確にはジェニファー・ガーナーの戦略ですかね?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載