2017年02月16日

第70回英国アカデミー賞

アカデミー賞発表前の最期の前哨戦、英国アカデミー賞。その結果が発表されました。
うむ、これでオスカーの行方もほぼ決まりですな。

【作品賞】
『ラ・ラ・ランド』

【英国作品賞】
『わたしは、ダニエル・ブレイク』

【監督賞】
デイミアン・チャゼル『ラ・ラ・ランド』

【主演男優賞】
ケイシー・アフレック『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

【主演女優賞】
エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』

【助演男優賞】
デヴ・パテル『LION/ライオン〜25年目のただいま〜』

【助演女優賞】
ヴィオラ・デイヴィス『フェンス』

【脚本賞】
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』

【脚色賞】
『LION/ライオン〜25年目のただいま〜』

【撮影賞】
『ラ・ラ・ランド』

【編集賞】
『ハクソー・リッジ』

【プロダクションデザイン賞(美術賞)】
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

【衣裳デザイン賞】
『ジャッキー/ファーストレディ最後の使命』

【メイクアップ賞】
『マダム・フローレンス!夢見るふたり』

【音響賞】
『メッセージ』

【視覚効果賞】
『ジャングル・ブック』

【作曲賞】
『ラ・ラ・ランド』

【アニメ作品賞】』
『クボ・アンド・ザ・トゥー・ストリングス』

【ドキュメンタリー賞】
『13th-憲法修正第13条-』

【外国語映画賞】
『サウルの息子』(ハンガリー)


アカデミー最多タイ14部門ノミネートの余波をさほど受けないのがさすが英国アカデミー賞。なるほど、この部門は『ラ・ラ・ランド』が制し、この部門は他の作品が受賞したかというのが面白い結果になっていますね。
しかし興味深いのはNY批評家協会賞、LA批評家協会賞、全米批評家協会賞では監督賞を制しているのは『ムーンライト』のバリー・ジェンキンズ、主演男優賞はNYと全米の批評家協会賞でもケイシー・アフレック、作品賞はNYが『ラ・ラ・ランド』でLAと全米は『ムーンライト』と見事に分かれているんですよね。
さて時代が悪くなるとミュージカル作品が受賞するオスカーの歴史に倣い、作品賞は『ラ・ラ・ランド』でも監督賞はどうなることやら?
まさか『ラ・ラ・ランド』が『カラーパープル』の記録を超えることはないとは思われますが…。

てな訳で監督賞の結果も凄く楽しみになった第89回アカデミー賞の受賞結果発表は日本時間では2月27日です!

深夜らじお@の映画館は今年も前日までにアカデミー予想をします。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 00:42│Comments(0)clip!シネマグランプリ 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載