2017年04月16日

『トレインスポッティング2』

トレインスポッティング2未来を選べ、人生を選べ…なんて言っている歳じゃないやろ!
ミニシアターの大傑作『トレインスポッティング』から20年。未だに「ラスト・フォー・ライフ」を聞いたら走り出したくなる者としては、この何も変わらない、けれど何かが確実に変わった20年後のこの続編が何とも嬉しいことか。
あぁ〜、こんな歳の取り方も決して悪くはないじゃなイカ!

1990年代のミニシアター作品の代表格であり、ダニー・ボイルやユアン・マクレガーの出世作としても名高い『トレインスポッティング』は、映画ファンなら誰しもがそのセンスの素晴らしさに度肝を抜かれたはず。

ヤク漬けの青年たちのトンデモ日常を様々な音楽やド汚いトイレに潜り込む強烈なシーンで描きながら、かつ「ユアン・マクレガーが女の子になっている!」と言わんばかりの極小モザイクにも衝撃を受けたあの日から20年。

そう、映画を見る我々も彼らと同じように20年の歳月を経ている。彼らと同じように歳を重ね、人生経験を重ね、そしてこの映画に「再会」しているからこそ、変わらない懐かしさと嬉しさに加え、そこは成長してろよ!と言いたくなる笑える情けなさも何とも味わい深いことか。

ベグビーという荒くれ者一人に束になっても叶わないレントン、スパッド、シック・ボーイの3人それぞれの個性豊かな情けなさを醸し出すのも、本音を言うと変わっていてほしかったけれど、これが変わらぬのが人生の苦みとも言うべきか、これまた変わっていないのが実は嬉しかったりもするのだから、20年という歳月は本当に色んな味わいを我々に教えてくれる。

また何だかんだで一番頼りなさそうなスパッドが人生大逆転の文才を発揮したり、実は何だかんだでレントンもシック・ボーイも中身は多少なりともしっかりし始めていたりと、成長しているところが垣間見れるのも、それはそれで嬉しいもの。

つまりこの映画はまさに20年ぶりに同級生に再会した感覚をそのままスクリーンに残してくれた作品。相手の変わらぬところ、変わってしまったところを鏡写しに、自分の変わらぬところ、変わってしまったところを見つめ直した時、その人生の苦みと甘みを改めて知る作品。

なので、前作を最近見た方や若い世代にはまだまだこの面白さは分からないかも知れないが、もし10年後でもこの続編を改めて見たら、その時に歳を重ねる苦みと甘みの意味が分かるかも知れない。この映画の素晴らしさを感じることが出来るかも知れない。

この映画のラストで部屋に戻ったレントンが静かに音楽に乗りながら踊り出す。そして部屋が疾走するように動き出す。その時にスクリーンに流れている曲は「ラスト・フォー・ライフ」。
あぁ、今でもこの曲を聞いたら走り出したくなる感覚がまた20年後の彼ら4人との再会を心待ちにさせる。20年後、つまりは1作目から40年経っても変わらぬ4人でいてくれ。でも変わっているところが何もない4人にはならないでくれ。

そんなことを思いながら、やっぱり「ラスト・フォー・ライフ」を聞いたら走り出したくなる。息がすぐ上がるのも承知で走り出したくなる。

未来を選べ。人生を選べ。

私もまだまだ若輩者。言い換えれば、まだまだ若いのだ!

深夜らじお@の映画館もある意味こんな歳の取り方をしたいです。これは男ならではかも?

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. T2 トレインスポッティング★★★・5  [ パピとママ映画のblog ]   2017年04月18日 12:05
『スラムドッグ$ミリオネア』でオスカーを手にしたダニー・ボイル監督作『トレインスポッティング』の続編。前作から20年後を舞台に、それぞれワケありの主人公たちの再会から始まる物語を描く。脚本のジョン・ホッジをはじめ、『ムーラン・ルージュ』などのユアン・マクレ
2. T2 トレインスポッティング  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2017年04月18日 20:25
評価:★★★☆【3.5点】(11) ユアンよりユエン・ブレムナー祭りでよろしいかと。
3. T2トレインスポッティング/T2 TRAINSPOTTING  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2017年04月21日 00:54
愛すべき、あいつらが帰ってきた 監督、ダニー・ボイルと脚本家のジョン・ホッジ、そして ユアン・マクレガー、ジョニー・リー・ミラー、ユエン・ブレムナー、ロバート・カーライル。 前作を観てから、(見なおしてから)の鑑賞必至 このメンバーが再...
4. T2 トレインスポッティング  [ 映画的・絵画的・音楽的 ]   2017年04月24日 18:43
 『T2 トレインスポッティング』を渋谷シネパレスで見ました。 (1)以前見た第1作目(1996年)の印象が大層強かったので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、ランニングマシンの上で走っている男たちの姿が映し出されます(注2)。  その中には、レ...
5. 「T2 トレインスポッティング」感想  [ ポコアポコヤ 映画倉庫 ]   2017年06月13日 18:38
20年後、あいつらどうしてる・・?

この記事へのコメント

1. Posted by mig   2017年04月21日 00:58
こんばんはー前作を見ずに見てる人もいて、もったいないなぁって思う。見てるのと見てないで見るのとでは評価が全然違うはずですよね。
>前作を最近見た方や若い世代にはまだまだこの面白さは分からないかも知れない
本当にそう。あの時の自分も同じだけ、歳を重ねてる。不思議な気持ちになります。
2. Posted by にゃむばなな   2017年04月21日 23:40
migさんへ

20年という歳月の重み無くして、この映画は楽しめないですよね。
ましてや前作を見ずになんて問題外。
『トレインスポッティング』をナメてもらっちゃ〜困りまっせ!
3. Posted by latifa   2017年06月13日 18:39
こんにちは、にゃむばななさん。
私はこの映画を、リアルタイムの20年前ではなく、割と最近見たのというが残念でなりません。
それでも、前作も本作も、とても楽しく見ました。
みんな元気そうで、本当に良かった!
4. Posted by にゃむばなな   2017年06月13日 23:32
latifaさんへ

それは勿体無い!でも仕方ないですよね〜。
少なくとも10年前くらいに見ることが出来ていたら、感想もまた違っていたでしょうね。
久しぶりに製作される映画って最近増えてますが、こういう楽しみ方は自分の人生と照らし合わせることが出来るので、これもまた大人ならではの楽しみ方でしょうね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載