2017年05月15日

『スプリット』

スプリットM・ナイト・シャマランが帰ってきた!
かつてアルフレッド・ヒッチコックの後継者とまで称されるも、稀代の一発屋として長年多くのファンのマトモな期待を裏切り続けてきた、あのM・ナイト・シャマラン監督。
しかしそんな不遇の時代はこの映画を以て、少なくとも一時的には終わりを告げるのだ!

6週連続2000万ドル越えというトンデモない記録を打ち立てた『シックス・センス』により「私はヒットする映画の作り方を知っている」と豪語したものの、その後は膨らみ過ぎた期待に応えられず、さらにファンタジー好きとしての長年の夢でもあった『ハリー・ポッター』シリーズの監督にとワーナーブラザーズに直訴するも断られ、あまりにも長い不遇の時代を過ごしてきた、かつては地元フィラデルフィアでの撮影しか許されていなかった恐妻家のM・ナイト・シャマラン。

しかしそんな監督が全米3週連続1位を獲得して復活したと聞けば、やはり人格分裂や監禁モノ、そしてあのアルフレッド・ヒッチコック作品を意識したようなOPから高まる期待は多重人格スリラーの名作『サイコ』。
そう、この作品は監禁モノの面白さを追求するのではなく、『サイコ』のような面白さを追求する作品なのではないだろうか。

だからこそ、23人格を有する割には潔癖症のデニス、穏やかなパトリシア、ガキンチョのヘドウィグ、元リーダー格のハリー、大元のケヴィンとオマケの2人格以外は全然描かれてないやん!というツッコミもどうでもいい。
動物園という環境とデニス、パトリシア、ヘドウィグがケヴィン内部での人格集会で爪はじきにされていたことがビーストという24人目の人格を生み出したという無理矢理感のあるクライマックスの辻褄合わせもどうでもいい。

要は多重人格の犯罪者という先読みの出来ない恐怖要素に、監禁という情報制限が為された閉鎖環境で物語がどう進んでいくのかが、アルフレッド・ヒッチコック作品を再び意識し始めたM・ナイト・シャマラン監督作品としては大事なのだ。

どの人格を味方にするのか、どの人格を出し抜くのか、どの人格が真犯人なのか。
それは3人の女子高生が全員助かるのか、それとも犠牲を払いつつも真犯人を倒すのかという期待を膨らませる。

そして案の定、M・ナイト・シャマラン監督はその期待を裏切る。ただこれまでの悪い方向ではなく、まさかのダン役のブルース・ウィリス登場に車椅子云々という驚愕のラストシーンと本編終了後の急告で、長年の映画ファンだけを喜ばせる。これが『アンブレイカブル』の興行及び評価の両面で大失敗を喫した史実をリアルタイムで知っている者にとってはたまらなく楽しくて仕方ないのだ。

だって過去の失敗を現在の成功と繋ぎ合わせるなんて、そんなこと誰が考えますねん!って話なんだもん!

てな訳で目力が凄かったケイシー役のアニャ・テイラー=ジョイ、ハゲ頭で女装も似合っていたジェームズ・マカヴォイに加え、ブルース・ウィリスとサミュエル・L・ジャクソンの出演も決まった続編『Glass』。

果たしてこの映画ではあえて描かなかったケイシーを虐待した叔父との関係はどうなるのか、殺されてしまったフレッチャー先生の持論は活かされるのか、そして先生の助手役として登場したM・ナイト・シャマラン監督はいったいどんな役で登場するのか。もう今から楽しみだ!

深夜らじお@の映画館はこういう作品が妙に好きです。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 劇場鑑賞「スプリット」  [ 日々“是”精進! ]   2017年05月16日 05:53
「スプリット」を鑑賞してきましたM・ナイト・シャマラン監督がジェームズ・マカヴォイを主演に迎えて贈るサスペンス・スリラー。23人もの人格を持つ多重人格の男に誘拐監禁された...
2. スプリット  [ 風情☭の不安多事な冒険 Part.5 ]   2017年05月16日 09:59
 アメリカ  ホラー&サスペンス  監督:M・ナイト・シャマラン  出演:ジェームズ・マカヴォイ      アニャ・テイラー=ジョイ      ベティ・バックリー      ジ ...
誰ですか、シャマラン復活とか言ったの。 24人のビリーミリガン読んでいない人の方が楽しめる。 マカヴォイファンは一つの人格で数人のキャラを演じるマカヴォイを楽しめる シャマランの過去作「アンブレイカブル」を観ておいたほうがいい。 シャマランが「ぜっ...
4. スプリット ★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2017年05月16日 19:31
M・ナイト・シャマラン監督がジェームズ・マカヴォイを主演に迎えて贈るサスペンス・スリラー。23人もの人格を持つ多重人格の男に誘拐監禁された3人の女子高生を待ち受ける戦慄の恐怖と驚きの顛末をスリリングに描き出す。共演はアニャ・テイラー=ジョイ、ベティ・バック
5. スプリット  監督/M・ナイト・シャマラン  [ 西京極 紫の館 ]   2017年05月19日 22:24
【出演】  ジェームズ・マカヴォイ  アニャ・テイラー=ジョイ  ベティ・バックリー 【ストーリー】 高校生のケイシーは、クラスメートのクレアの誕生パーティーに招待される。帰りは、彼女とクレアの親友マルシアをクレアが車で送ってくれるが、途中で見ず知らずの男...
6. 「スプリット」☆衝撃ラストの罠  [ ノルウェー暮らし・イン・原宿 ]   2017年05月21日 22:19
ラストのクライマックス手前で飛行機が着陸してしまって、最大の残念だった想い出になってしまった今回の台湾旅行。 気になって仕方ないで早速観ることに。これは2度じっくり観るのもオススメ☆
7. スプリット  [ だらだら無気力ブログ! ]   2017年06月02日 22:41
コレ、シリーズ物だったのか。

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2017年05月16日 05:56
2019年、シャマラン・ユニバース作品誕生しますね。
もう非常に期待しています!「アンブレイカブル」、そんなに嫌いな作品では無かったので…♪
2. Posted by にゃむばなな   2017年05月17日 23:03
BROOKさんへ

確かに『アンブレイカブル』って普通に見ればそうでもない作品なのかも知れませんが、『シックス・センス』の次に作られた作品でしたからね〜。
さてさて『GLASS』ではどうなるのか楽しみですね。
3. Posted by ノルウェーまだ〜む   2017年05月21日 22:37
にゃむばななさん☆
ありゃー続きがあるのですね!?
つまり驚愕のラストはマーブル映画並みの予告だったわけなのですね。
私、今から「アンブレイカブル」見てみます。
4. Posted by にゃむばなな   2017年05月25日 00:18
ノルウェーまだ〜むさんへ

『アンブレイカブル』をこのタイミングで見ると、また評価が変わってくるかも知れませんね。
だってこの続きなら、面白そうな映画にも見えますもん…。
5. Posted by ジョニーAデップ   2017年05月27日 01:28
『アンブレイカブル』を久々に観たら、シャマランがカメオ出演していた。
ダン(ウィリス)に麻薬の売人と疑われてポケットを探られる若者役、だった。
新作『スプリット』では、フーター好きの医療助手だったがw
この二作品が同一世界のできごとだというなら、その二人のシャマランも同一人物
ということかしらん!?すなわちあいつの正体は・・・フーター好きの
麻薬ディーラー???謎は深まるばかりなり。
6. Posted by にゃむばなな   2017年05月29日 23:57
ジョニーAさんへ

多分『猟奇的な彼女』の7つ子おじさんのように、同一人物ではなく、双子でした♪なんてことにするのではないでしょうか。
シャマラン監督も同一人物にして辻褄が合わなくするような暴挙には出ないでしょう。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載