2017年06月04日

『LOGAN/ローガン』

ローガン谷から銃は消えた。ローガンよ、カムバック!
これがシリーズの最終作なのか。これでウルヴァリンの物語は終わってしまうのか。そう思うと何と淋しいことか。
オーストラリアから出てきた無名俳優時代の『X-MEN』から18年。ついにヒュー・ジャックマンはローガンでもウルヴァリンでもなくなってしまったのか…。

ミュータントが激減し、異常な治癒能力も衰えつつあるウルヴァリンがアルツハイマーを患っている90歳のプロフェッサーXの老老介護をするという前半から漂う、もはやヒーロー映画の欠片もないような、哀しき2029年という現実。

思えばウルヴァリンことローガンは常に孤独を選択し続けた男。常に自分が大切に思う人が不幸になる現実に打ちひしがれ、その現実を避けるように孤独を選んでいた男。そんな彼をチャールズが誘い、ジーンやストームが出迎え、マグニートーが戦いという形で交流を育んできた。

だが今の彼には帰る学園もなければ、彼を出迎える温かな仲間もいない。つまりこの映画で描かれる彼は孤独を選択せねばならない状況下に置かれた存在なのだ。だからより彼の苦悩が濃く描かれる。

そんな彼が否応なしに依頼されたのがローラという新ミュータントの保護と、プロフェッサーXを伴い、少女を「エデン」と呼ばれる場所に連れて行くという、いわば西部劇の逃避行のような旅路。
人間兵器でもある新ミュータントを生み出した悪の組織トランシジェンの追手から命辛々逃げ惑う姿は、もはやヒーローでもなければ、ウルヴァリンでもない。
まさにタイトル通りの「ローガン」という一人の老い行く男の逃避行なのだ。

なので、この映画におけるアクションには華麗さもなければ、力強さもない。獣のような目と威嚇で敵を薙ぎ倒してきたウルヴァリンもいない。
ただただ辛うじて使えるアダマンチウムの爪を駆使して「勝つ戦い」ではなく、「負けない戦い」で生き延びようとする、老眼鏡の似合うローガンの姿しかない。

でもそこに哀愁がある。人間味がある。ミュータントも同じ人間なのだという、シリーズのテーマもある。だから自分の遺伝子を引き継いだローラを守りたいと願いながらも、まともに走れもしない男を応援したくなる。

本来なら様々なミュータントが各々の能力を連携させて戦うこのシリーズにおいて、ローガンはその連携に一切頼らなかった。常に孤独だった男が、孤独を選択せねばならない状況下に置かれ続けていた男が、あえて孤独を選択して挑んだ最後の戦い。
それは恩師チャールズの想いを、自分の爪で殺めたジーンの想いを、孤独な自分を迎え入れてくれた仲間たちの想いを次世代へ繋ぐための、ローガンにしか出来ない戦い。

その戦いに命と引き換えに勝利したローガンの墓に建てられた十字架をローラが斜めに、つまり「X」の形にして去るラスト。
それは一つの時代の終わりに敬意を示すラスト。劇中に『シェーン』を引用しつつも、最も有名な「シェーン、カムバック!」というシーンを引用せずにローガンの結末を示唆した、長年シリーズを見続けてきたファンも受け入れるべきラスト。

そんな切ないラストを見ながらふと思う。

マグニートーはどうした?彼ならこんな状況下でも逞しく生きているだろうと。
せめてその辺りは何かしら描いて欲しかったなぁ…。

深夜らじお@の映画館はやっぱりこのシリーズではマグニートーが一番好きです。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

■TBアドレス:http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/4e47a397fc0b23ad65291c9866c06681/3f こねたみっくすgoo版

acideigakan at 23:03│Comments(8)clip!映画レビュー【ら行】 

この記事へのトラックバック

1. 劇場鑑賞「LOGANローガン」  [ 日々“是”精進! ]   2017年06月05日 05:35
「LOGANローガン」を鑑賞してきました「X-MEN」シリーズの中でヒュー・ジャックマンが17年にわたって演じてきた人気キャラクター“ウルヴァリン”の最後の戦いを描くヒーロー・ア...
2. LOGAN / ローガン  [ 風情☭の不安多事な冒険 Part.5 ]   2017年06月10日 11:46
 アメリカ  アクション&ドラマ&SF  監督:ジェームズ・マンゴールド  出演:ヒュー・ジャックマン      パトリック・スチュワート      リチャード・E・グラント   ...
3. LOGAN/ローガン★★★★★  [ パピとママ映画のblog ]   2017年06月10日 20:01
「X-MEN」シリーズの中でヒュー・ジャックマンが17年にわたって演じてきた人気キャラクター“ウルヴァリン”の最後の戦いを描くヒーロー・アクション。治癒能力を失い、老いから逃れられなくなったウルヴァリンことローガンが、絶滅寸前のミュータント唯一の希望となる..
4. LOGAN/ローガン  [ だらだら無気力ブログ! ]   2017年06月11日 00:53
そういう最後を迎えるのか・・・。
5. LOGAN/ローガン  [ 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜 ]   2017年06月11日 07:01
評価:★★★★【4点】(11) お爺ちゃんとお父さんと私、三人のハチャメチャロードムービー
6. LOGAN/ローガン(2017) LOGAN 138分  [ 極私的映画論+α ]   2017年06月11日 08:49
 ホントに最後?(笑)
7. LOGAN/ローガン  [ Akira's VOICE ]   2017年06月11日 10:11
完膚なきまで壮絶で胸を打つフィナーレ。 悲哀がいっぱい・・・。  
8. 『LOGAN/ローガン』 二人の父の物語  [ 映画のブログ ]   2017年06月11日 12:20
 【ネタバレ注意】  ジェームズ・マンゴールド監督の作品にハズレなし。『LOGAN/ローガン』を観て、改めてそれを実感した。  まして本作では、マンゴールド監督が原案も脚本も制作総指揮も手がける八面六臂の大活躍。これまでのスーパーヒーロー物とは一線を画す作品
9. LOGAN/ローガン  監督/ジェームズ・マンゴールド  [ 西京極 紫の館 ]   2017年06月11日 21:21
【出演】  ヒュー・ジャックマン  パトリック・スチュワート  ダフネ・キーン 【ストーリー】 近未来では、ミュータントが絶滅の危機に直面していた。治癒能力を失いつつあるローガンに、チャールズ・エグゼビアは最後のミッションを託す。その内容は、ミュータントが...
10. LOGAN/ローガン  [ 心のままに映画の風景 ]   2017年06月11日 23:50
ミュータントの大半が死滅した2029年。 超人的な治癒能力を失いつつあったローガン(ヒュー・ジャックマン)は、リムジンの運転手で日銭を稼ぎ、メキシコ国境近くで年老いたチャールズ・エグゼビア(パトリック・スチュワート) の面倒を見ながらひっそりと暮らしていた。 あ
11. 映画:ローガン LOGAN  Xメンシリーズ最人気キャラ、最後の闘い。  [ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 ]   2017年06月13日 00:10
渡米中、まず観ようと思っていたのがコレ! こちらでの評判も良いし、宣伝で「今作はこのシリーズのダークナイトだ!」とあり、グッときた(笑) 近未来(年は出てこなかったような気がする) プロフェッサーXを連れ、逃亡中のウルヴァリン。 だが2人とも疲労...
12. 「LOGAN/ローガン」  [ 或る日の出来事 ]   2017年06月19日 07:09
老いて、どう生きるか。
13. 映画「LOGAN/ローガン(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし  [ ディレクターの目線blog@FC2 ]   2017年06月21日 21:31
映画 『LOGAN/ローガン(字幕版)』(公式)を昨日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら80点にします。 なお、『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』と『ウルヴァリン: SAMURAI』、『X-MEN』シリーズは鑑賞済み。原作の『オールドマン・ローガン』
14. LOGAN/ローガン  [ ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ ]   2017年06月22日 13:00
【LOGAN】 2017/06/01公開 アメリカ 138分監督:ジェームズ・マンゴールド出演:ヒュー・ジャックマン、パトリック・スチュワート、リチャード・E・グラント、ボイド・ホルブルック、スティーヴン・マーチャント、ダフネ・キーン 少女と刻んだ、最後の爪跡。 STORY:近未来

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2017年06月05日 05:37
ヒューは自分のギャラを削ってまて年齢制限にこだわったらしいが、
たしかに今までの「X-MEN」関連作とはかなりテイストが違っていました。これはこれで良かったと思います♪

そうそう、マグニートーがどうなったのか、たしかに気になりました。
2. Posted by にゃむばなな   2017年06月10日 23:08
BROOKさんへ

そうなんですよね。あのマグニートーに一切触れずというのが個人的には引っ掛かりました。
ウルヴァリンの物語としてはこれはこれでいいのですが、シリーズとしてはねぇ〜。
3. Posted by ノルウェーまだ〜む   2017年06月13日 15:54
にゃむばななさん☆
「シェーン!かむばーぁっく!」って言わさんのかーい!と思いましたが、戻ってこないということなのですよね。
ミュータントが唯一勝つことのできない強敵が「老い」であったとは、わが身をしても寂しいかぎりです。
それにしても見事な着地でありました。
4. Posted by にゃむばなな   2017年06月13日 23:29
ノルウェーまだ〜むさんへ

老いは恐ろしいですよね。
時間の流れも速く感じますし…。
それでもミュータントたちには戻ってきてほしいですよ。
少なくともスクリーンにはね。
5. Posted by ジョニーAデップ   2017年06月21日 04:12
5 ローガン&ローラの、父娘コンビの連携技が格好良かったですね。
放り投げて鉤爪アタック食らわせる戦法w/今ちょうどギャオストアで、
「アストロ球団」観てるんですが、球七が球八を放り投げてホームラン
ボールを捕っちゃう有名なシーンにもダブって見えました。
この父娘タッグの息の合った戦いっぷりを、
もっともっと観たかった
というのが本音ですね〜〜。残念でなりませんよーー
6. Posted by yukarin   2017年06月22日 15:11
ミュータントでも老いには勝てないんですね。
ミュータントも普通の人間と変わらないことがよくわかります。

マグニートー!!
私もマグニートーはどうしたんだろうと思いました。もうすでに..だったとしても何かあっても良かったかなと思いますよね。
7. Posted by にゃむばなな   2017年06月25日 15:16
ジョニーAさんへ

「アストロ球団」を持ち出すなんてマニアックすぎますよ〜♪
でもこれでウルヴァリンの物語が終わりなのは、本当に淋しいですね。
もっと続けて欲しかったですよ。
8. Posted by にゃむばなな   2017年06月25日 15:18
yukarinさんへ

そうそう、あのマグニートーはどうした?という疑問だけが残っちゃうんですよね。
彼の存在感と強さは折り紙付きだけに、人知れずなんてことはないはずなんですけどね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る
Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載