2017年07月14日

『ジョン・ウィック:チャプター2』

ジョン・ウィック:チャプター2プロとしての礼儀、相変わらずこの映画にはあらず。
ご都合主義も極めれば荒唐無稽を越えたゲーム感覚のアクションに昇華するのか。そう思えるほど、本当に「ご都合主義」「荒唐無稽」「ゲーム感覚」に彩られたアクションしかない映画。
そして相変わらずキアヌ・リーヴスは止まるとお洒落なのに、動くとキレがなく格好良くない…。

前作から5日後という設定で始まるOPからロシアンマフィアにうばわれた愛車を取り返しに来た割りには、相変わらず「伝説の殺し屋」と謳われているはずなのに敵に殴られるわ、車に撥ねられるわ、さらには大事な愛車でさえも武器としてボロボロにしてしまうジョン・ウィック。

そういえば、この殺し屋さんもこの映画も詰めが甘かったな…と思い出しつつ、さてシリーズ化されて何がパワーアップしたかと楽しみにしたのに、パワーアップしたのは敵の数だけ。いや、ご都合主義なシーンの数も増えて、荒唐無稽なシーンへとパワーアップしてました。
でもそれが逆にジョン・ウィックの魅力を下げるシーンになっていたのも残念無念。

特にそれを感じるのはバズーカ砲で思い出の家を木っ端みじんにしてくれた依頼人サンティーノとの血の契約を、結局は履行せねばならなくなってからのくだり。
武器を選ぶのも、防弾スーツを手に入れるのも、ターゲットの場所を知るのも全て他人任せ。裏稼業専用金貨さえあれば何でも手に入るんだ♪と楽されちゃったら、もはやそれはゲームの世界と変わりませんやん。

しかもターゲットであるサンティーノの姉を殺害したというよりはほとんど介錯に近いことしかしていないのに、カシアンには目の敵にされずにライバル視だけされちゃうっていうのも何だかなぁ〜。

一応ジョン・ウィックは「伝説の殺し屋」であり、引退したいのにさせてもらえないということは現役バリバリのはず。
なのに助けてもらってばかりなうえに、鬼気迫る殺し合いもなければ、「プロとしての礼儀」云々と言っている割には何度も人混みの中で銃撃戦を繰り返す素人ぶりのオンパレード。しかも敵もその程度のヤツばかり。カシアンも詰めが甘ければ、地下鉄構内でもあちらこちらに殺し屋はいるのに警察は一人もいないのだから、そりゃジョン・ウィックに「追われている」「逃げ切れるか?」という緊張感もなくなるのも当たり前。

挙句の果てにはロビーでのサンティーノ殺害によりウィンストンからコンチネンタル追放処分になって、お情けとはいえ1時間の猶予を与えてもらったにも関わらず、しかも「近づいてくる敵は全員殺す」と強気な態度を取っている割には、あちらこちらで鳴る着信音にビビりながらNYの街中を逃げるように走るラストシーンも、何だかキアヌ・リーヴスのガンフーアクションでのへっぴり腰同様に無様でしかない。

でもまぁそれがこのシリーズの「ご都合主義」「荒唐無稽」「ゲーム感覚」が織り成す魅力なんでしょう。何のために登場したのか、別にローレンス・フィッシュバーンでもなくても良かったやん…としか言いようのないキングの存在感同様に、本当にどうでもいい映画でした。

しかしまぁガンアクションがゲームアクションに成り下がった映画が昨今増えてきましたなぁ…。

深夜らじお@の映画館はガンアクションが見たいです。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

■TBアドレス:http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/080488600d7d2c98148e695654de102b/3f こねたみっくすgoo版

acideigakan at 23:59│Comments(6)clip!映画レビュー【さ行】 

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2017年07月15日 05:22
ガンアクションと敵の数は前作以上でしたね。
アクションシーンは非常に盛り上がりました。
展開はツッコミどころ満載でしたけが、大目に見ることにします^^
第3弾は今年中に撮影に入るらしいので期待しています!
2. Posted by にゃむばなな   2017年07月16日 00:19
BROOKさんへ

第3弾はどうなんるんでしょうかね?
もうこの「ご都合主義」「荒唐無稽」「ゲーム感覚」にはちょっと飽きてきたかな?
3. Posted by ノルウェーまだ〜む   2017年07月17日 23:03
にゃむばななさん☆
そうそう!
せっかくの切れの良いガンフーアクションが、ただのゲーム映画になっちゃってて、今回は本当にがっかりでした。
公園の全員が殺し屋とか逆にコメディでしょう?ってかんじでした。
4. Posted by にゃむばなな   2017年07月21日 00:25
ノルウェーまだ〜むさんへ

別にリアルさを求めている訳ではないのですが、ここまでゲーム感覚になってしまうと、逆に面白さがそがれてしまうんですよね。
製作陣はそこまで考えたりしないものなのですかね?
5. Posted by yukarin   2017年07月25日 14:22
愛車を取り返しに来たのにほぼ廃車してしまう彼はいったい... 笑
今回は復讐ものという感じではなかったですが派手さはアップしましたね。
ラスト....あの後どうなるのか気になるところです。
6. Posted by にゃむばなな   2017年07月25日 23:26
yukarinさんへ

愛車を廃車にするなんて、彼に車に対する愛情はあったのでしょうかね?
そうそう、あのラストはどうなるんでしょう?
復讐という名でまた戻ってくることもあるのでしょうか。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載