2017年07月19日

『彼女の人生は間違いじゃない』

彼女の人生は間違いじゃない遠回りしてしまった人生、それも決して間違いじゃない。
廣木隆一監督自身の小説を自ら映画化したこの作品が描くもの。それは東日本大震災で人生を狂わされた人々の不安と葛藤、そして甘えと覚悟。
どんなに苦しい人生も誰かが助けてくれる訳ではない。自分で勝手に助かるだけ。それが人生なのだから。

東日本大震災での福島の災難はまさに理不尽だ。福島ではなく東京で消費される電気を作っていたがために原発事故に見舞われ、その負債は東京都民ではなく福島県民が背負わされているのだから。

でも同時に福島を始めとする東日本は東京の恩恵を授からずには生きていけない環境下にもいるのも事実。共に切磋琢磨する京阪神を要する関西とは違い、デカ過ぎる東京という巨大都市を無視できないその環境は、精神的にも東京依存という歪な甘えも生む。そしてその「東京依存症」から逃れるには自分で頑張るしかないのだが、そこでもデカ過ぎる東京という存在が邪魔をする。

だから多くの人が上京しようとする。上京すれば何かが変わると信じている。上京すれば新しく出会う人が自分を変えてくれると期待してしまう。

平日は市役所で働き、週末は英会話教室に通うと嘘をついては東京でデリヘルとして働くみゆきも元々はそういう人間だ。性産業に足を踏み入れたのも半分が母親が震災で亡くなった際に彼氏とデートすることで現実から逃げていた弱い自分への戒めで、後の半分は自分を助けてくれる誰かに出逢いたいという願望からだろう。

それは後半で明かされるデリヘル嬢としての面接シーンで泣きながら全裸になる姿に対して、彼女をスカウトした三浦が放つ言葉からも分かる。彼女はずっと誰かが助けてくれると期待していた。

またその弱さは父親の修も同じで、「農家しか出来ない」と言ってはパチンコで保証金を使い果たそうとするも、壺を買わそうとする男に怒ったり、近所の子供とキャッチボールをする優しさを自分の強さと認識出来ずに、終いには亡き妻と出逢わなければ今頃彼女は秋田で幸せに暮らしていただろうにと弱音を吐く姿もまた誰かの助けをひたすら待ってるだけだ。

本来なら市役所で孤軍奮闘する新田勇人のように、いくら祖母や母親が新興宗教に嵌ろうとも、幼き弟の世話も嫌がらずに、また東京の女子大生からの配慮のない質問や墓地探しに苦悩する老夫婦の期待に応えられない現状にも耐え、それでも福島の現実を伝えたい女性カメラマン:山崎沙緒里に写真を多くの人に見てもらう機会を作るといった行動が必要なのに、そんな強き行動が取れる人間はそうそういないものなのか。

いやそうではない。誰もが外部からの不安や葛藤で苦しみ、自分の強さを見失っているだけなのだ。そして自分を助けてくれる誰かを待っているという甘えた自分に喝を入れ、覚悟を以て戦うという機会を得ていないだけなのだ。

現実は誰も助けてくれない。自分で勝手に助かるだけだ。でもいつも誰かが必ず「きっかけ」は与えてくれる。後はその「きっかけ」を自分が「好機」と捉えることが出来るかどうかだ。

みゆきは舞台と場で前へと歩み出すデリヘルドライバーだった三浦の姿を見て、彼の父親になる覚悟を知る。
修は沙緒里が撮った写真に記録された桜並木を楽しむ家族の姿を見て、妻の衣服を妻が眠る海に投げることによって、娘が「買ってきた」ではなく「拾ってきた」子犬の世話をすることで農家としての再起を決める。

「もう元の生活には戻れない」「私は何か悪いことをしたのでしょうか」
そんな言葉が福島の現状を、不安を、葛藤を静かに語る。

けれどその言葉に対する答えは福島の人にしか出せない。しかもその答えを出すのは容易ではない。きっと多くの人が悩み、苦しみ、人生の遠回りをするだろう。

でもその遠回りした人生も決して間違いではない。むしろその遠回りがあってこそ、いまの自分が形成されるのだから。

ストレートに幸せな道を歩んで歳を重ねる人生なんて、ほぼほぼあり得ない。誰もが悩み苦しみ、そして人生の遠回りをして今の自分を作り上げている。

福島の、東北の本当の強さは何か。
今を生きる全ての人が持つ本当の強さは何か。

静かに苦しみ、そして強く立ち上がる演技を見せてくれた瀧内公美という素晴らしい女優を見て思う。

遠回りする人生もいいじゃないかと。

深夜らじお@の映画館も人生の遠回りをして今の自分を形成しました。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

■TBアドレス:http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/99ee66456ef2465f1ebf88d0d1f358ca/3f こねたみっくすgoo版

acideigakan at 01:12│Comments(0)clip!映画レビュー【か行】 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載