2017年08月07日

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

打ち上げ花火打ち上げ花火は下から見ると切ない。横から見ても切ない。
岩井俊二監督作品の中でも伝説的な人気作として語り継がれているこの作品を見て思う。『Love letter』と同じく瑞々しい映像と切ないストーリーを見て思う。
あぁ、これが岩井俊二監督作品だと。もう戻ってこないあの日を想う作品。それが岩井俊二監督作品だと。

もともとはTVドラマ「if〜もしも〜」の1作品として製作されたものが高い評価を得て、劇場用作品として再編集されたのがこの映画。
だから映像は基本的にTVドラマ用のカットばかりなので、映画として見ると若干の違和感は残るものの、それもほんの数分の話。いざ映画に向き合えば、そこには岩井俊二監督にしか描けない世界観が待っている。それがファンにとってはたまらなく幸せな時間なのだ。

思えばこの映画で描かれる少年少女は12歳という、男子はほとんどがまだ子供で、女子はほとんどが大人び始めているお年頃。
だからこの作品における少年少女の言動はどれも等身大であり、また懐かしさもある一方で、そこには大人になった我々の心の奥底に眠るあの年頃で抱いた中途半端さや恐怖、そして無条件に喜びたい嬉しさもしっかりと描かれている。

例えば少年たちが抱く「打ち上げ花火を横から見ると丸いのか?それとも平べったいのか?」という疑問も、それを確認するためにちょっとした冒険をするのも、まさに子供っぽい行動ばかりだ。

さらにクラスメイトのなずなに告白したいと言いながらも、クロール対決で勝利した祐介がいざ意中の少女から花火を見に誘われると怖気づいて約束をすっぽかすのも、それを男の友情と言い訳しちゃうのも、そして母親に連れて行かれる少女の姿を見ることしか出来ない情けなさも、無責任で無力な子供っぽい言動ばかりだ。

またストーリーが巻き戻り、クロール対決で典道が勝利しても、意中の少女の言葉に戸惑い、でも浴衣から着替え化粧をした姿に見惚れ、なのにバスで駅まで辿り着いておきながら電車が来ると怖気づいて引き返す少女に振り回される、いわば後手後手に回る姿もいかにも子供っぽい。

一方で少女が取る行動も大人びてはいるものの、やはり所詮は12歳。子供であり、大人でありという中途半端さが滲み出ているのも、いかにもお年頃の女の子らしい。
「家出じゃない、駆け落ち」「歳を誤魔化して私が働いて養ってあげる」といった言葉を裏付けるかのような化粧をした大人びた姿の一方で、いざ決断を迫られると何も出来ずに逃げ帰るしかない。

ただ夜の学校のプールに忍び込んだ2人を彩る「Forever Friends」という楽曲に心を奪われながら、少年期を過ごした者として、なずなが典道に語る言葉に女心の奥深さを感じずにはいられなくなる。

既に親の離婚により夏休み中での転校が決まっているなずなが放つ「次会えるのは2学期だね。楽しみだね。」という言葉をどう捉えればいいのかと。少年時代は全くの謎だったが、大人になると色々と考えてしまう。あの言葉は少女なりの親への反抗心なのか、現状への切望なのか、それとも少年への期待なのかと。

いつの時代も少女は少年よりも一歩も二歩も先に大人になる。少年は少女を追い掛け、大人になろうと必死にもがく。

もし打ち上げ花火を横から見る少年たちの冒険に参加していたら、典道の心には叶わぬ恋を友人たちと慰め合う思い出と、意中の少女に対して無力な自分に対する怒りしか残らなかったのかも知れない。

もし打ち上げ花火を担任の先生に誘われ下から見ていたら、典道の心には叶わぬ恋とは知らずにその美しき光景をなずなと見たいと願う想いと、その後に待ち受ける何も気付いてあげられなかった無力な自分に対する怒りに出逢うだろう。

そう、青春とは思い出の中にしか残せない美しさと、無力な自分に対する怒りが表裏一体となっているもの。

だから、誰の青春にも苦い思い出と美しい思い出が必ず存在しているはずだ。どちらに比重が置かれてしまっていることはあれど、誰の青春にも「Forever Friends」に心を奪われる瞬間があったはずだ。
この映画を見ると、心からそう思えてくる。

深夜らじお@の映画館はシャフト製作のアニメ版も楽しみにしております。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

■TBアドレス:http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/9128b5fbaa351d89a879e89d002696de/3f こねたみっくすgoo版

acideigakan at 23:50│Comments(0)clip!映画レビュー【あ行】 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載