2017年08月20日

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

打ち上げ花火青春の苦みが失われた打ち上げ花火。下から見る意味も横から見る意味もない。
あぁ、これは残念なリメイクだ。ただの数ある薄い青春映画の一本でしかない。珠玉の作品ではなくなってしまっている。
その理由はこの作品のタイムリープ色を強調しすぎたこと。強調すべきはそこではなく、青春の苦みだったはずなのに…。

オリジナルでは小学生だった典道やなずな。ところがこのアニメリメイク版では中学生に変更はされているものの、ストーリーやキーとなるセリフは変更されていない。
だから自然と違和感のあるシーンが続く。例えば、中学生にもなって花火が平べったいのか丸いのかと議論するのはどやねん?など。

これらは全て小学生だから許容できる会話であり、祐介がなずなの約束をすっぽかすのも素直になれない小学生ならまだしも、相手を思い遣る年齢に入り始めている中学生では正直「子供」ではなく「ガキ」にしか見えない。
そう、このリメイクは設定変更で既に大きな失敗をしてしまっているのだ。

なので、この映画で描かれるのはオリジナルと同じ「小学生が苦しむ青春の傷」なのに、それを中学生の物語で描いてしまったいるがために違和感が生まれ、逆に本来必須のはずの共感が生まれにくい状況になってしまっている。
そうなると当然ストーリーには入り込めない。映画にも入り込めない。なぜならこの映画は「誰かの青春の1ページ」であって、「自分の青春の1ページ」と何ら関わり合いを持たないからだ。「あぁ、この気持ち分かる…」といった共感が少なすぎるからだ。

だからオリジナルを見た30〜40代のオッサンたちがピュアな気持ちに戻って作品の良さを語るような、「ひと夏の思い出」「叶わぬ恋の記憶」といった岩井俊二作品独特の良さもない。

そうなると打ち上げ花火を「下から見るか?」「横から見るか?」という意味合いも、ただの事象にしかすぎなくなってしまっている。そこに込められた青春の苦みや喜び、悔しさ、無力感、怒り、美しさ、悲しさが希薄になっているのだ。

せっかくこのリメイク版でも「Forever Friends」を流し、時代錯誤と分かっていても「観月ありさ、好きだ〜!」だけは変更しなかった素晴らしさが、ガラス玉のなかに「if」を、町の名前を「もしも:茂下」にしての「if〜もしも〜」への遊び心も、これでは逆に勿体ないとも感じてしまう。
しかもそのくだりが夜の学校プールではなく夜の海というのも残念無念。海では忍び込んだという背徳感や罪悪感もなければ、それらを異性と共有する青春ならではの思い出にもならない。プールで人生の分岐点を迎えた典道となずなだからこその夜のプールだったはずなのに…。

てな訳で「物語シリーズ」の声優さん多数出演という状況がそう感じさせるのか、何となく身内だけで満足するような作品にしてしまったような、勿体ないアニメリメイクでした。

深夜らじお@の映画館は川村元気P印のアニメ作品とは相性があまり良くないようです。

※お知らせとお願い
【元町映画館】に行こう!

■TBアドレス:http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/2e31d67779d094c5eeab2566a8e14314/3f こねたみっくすgoo版

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2017年08月20日 16:10
オリジナルは未見で、シャフト制作ということだけで意気込んで鑑賞しましたが、う〜ん…といった感じになってしまいました。
タイムリープはアニメ版オリジナルの設定みたいですね。
オリジナルをアニメリメイクしたのなら、むしろ入れない方が良かったのではないかと思いました。
2. Posted by にゃむばなな   2017年08月20日 22:27
BROOKさんへ

オリジナルは本当に素晴らしい作品だけに、是非機会あればご覧になってみてください。
きっとこのリメイク版でモヤモヤしたものが吹っ飛ぶと思いますよ。
3. Posted by kossy   2017年08月21日 19:54
確かに残念な作品でした。
80年代へのオマージュがなければ、
最低な作品になるところでした。
日本映画専門チャンネルでオリジナルを見てから映画館に向かいました〜♪
4. Posted by Ageha   2017年08月22日 18:49
岩井俊二バージョンのアニメ化ではなくて
オリジナルをつくってしまってるのに
セリフが同じで、古さやなつかしさを呼ぶにはスカイツリーだしたらあかんでしょという。なんとも中途半端な気がしました。
ただ、主題歌の「打上花火」は今ヘビロテ中で、広瀬すずのうますぎない「瑠璃色の地球」が2回聞けたのはうれしかったです(そこ?(;^_^A)
5. Posted by ノラネコ   2017年08月24日 22:42
別物ではありますが、私はこれはこれで好きです。
いろいろ歪で曖昧なところがあるのですが、それがまた典道の中の揺れ動く世界、どこから見るかで形を変える花火のように思えて、最初に見てから二日でもう一度観に行きました。
結果二度目の方がより良かったです。
6. Posted by にゃむばなな   2017年08月25日 22:51
kossyさんへ

オリジナルを見た者にとっては残念な作品でしたね。
なんで設定自体を変えたのに、セリフなどは変えなかったのでしょうね。
7. Posted by にゃむばなな   2017年08月25日 22:52
Agehaさんへ

そうそう、そういう辺りが中途半端なんですよね。
別作品にするならするで、アニメリメイクにするならするで、ハッキリさせておくべきでしたね。
8. Posted by にゃむばなな   2017年08月25日 22:54
ノラネコさんへ

なるほど、別物として、なおかつシャフト作品として見るということですかね。
それでも私はやっぱり岩井俊二作品が好きなので、オリジナルの影を感じずに見ることは出来ませんわ〜。
まだまだ未熟者です。
9. Posted by FREE TIME   2017年08月27日 08:21
自分はオリジナルは未見なのですが、それでも期待していたような内容ではなかったですね。
何だか何もかもが中途半端に終始してしまった感が残ってしまいました。
10. Posted by にゃむばなな   2017年08月27日 23:13
FREE TIMEさんへ

オリジナルは素晴らしい作品ですよ。
アニメリメイク作品とは違って描きたいことがハッキリしてますから。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載