2017年09月17日

『エイリアン:コヴェナント』

エイリアン:コヴェナント「カントリー・ロード」から「ヴァルハラ城への神々の入城」へ。
嗚呼、勿体無い。エイリアンの起源を描くことばかりに注力しちゃって、本当に楽しみにしていた恐怖要素が全然物足りない。『プロメテウス』の続編でありながら、『エイリアン』の前日譚なんだから、描くべきものはきちんと描いてもらわないと!

見事な流線美の後頭部に、俊敏で残虐な攻撃性。SF映画界のモンスターとしては誰もが知る確固たる地位を築いたエイリアンはどのようにして生まれたのか。
それを描くこの映画に観客が求めるものは何かと問われれば、多くの映画ファンは誰もエイリアンの誕生秘話とは答えないだろう。

正直なところ、エイリアンの誕生秘話などは二の次でいい。ストーリーにおける仮の主題でいい。
重要なのは、観客が「このシリーズ」に求めているものは、次々と仲間がエイリアンの餌食になる中で、どうやってヒロインがエイリアンとの戦いに勝利して生き残るかという、恐怖との戦いであるのだから。

しかし、本作にはその恐怖要素があまりにも少なすぎる。塵状態で吸い込まれた人間に寄生して生まれるホワイトエイリアンとの戦いも、そのホワイトエイリアンとの異種交配で誕生したエイリアンとの戦いも、あまりにも短すぎる。

本来なら銃を手にするも床に滴った血で滑り転んでホワイトエイリアンの餌食になるシーンも、シャワールームでお取込み中に失礼しますのシーンも、母船からの救助艇外部でのエイリアンとの直接対決も、もっとじっくりと見せてもらいたい。もっと恐怖で観客を震え上がらせてほしい。あの酸性の涎が、あの甲高い鳴き声が脳裏に焼き付くほどの恐怖を与えてほしい。

けれどリドリー・スコット監督は本作において別の恐怖を描くことに専念してしまった。それが冒頭でウェイランド社の社長とアンドロイド・デイヴィッドとの会話で為された「創造」及び「創造者になる」という恐怖。

人間よりも自分の方が優れていると判断したデイヴィッドが犯した数々の罪は、どれも恐怖そのものだ。プロメテウス号が降り立った惑星に寄生物質を巻き散らしてはその惑星の生物を全滅させたことも、異種交配による新たな生命体の創造も、その新たな生命体に人間を捕食されることも、そしてアンドロイド・ウォルターを倒して彼になりすまし、コヴェナント号にウォルターとして乗り込んで新たな入植地にエイリアンの胎児を運ぼうとしていることも、考えれば考えるほど無慈悲で恐ろしいことではある。

だが、それはこのシリーズで観客が求めている恐怖ではない。エイリアンとの戦いという恐怖を描いたうえで、同時進行で描くべき恐怖であるからだ。ヒロインたちの生死を賭けた戦いにプラスして描いて欲しかった恐怖であるからだ。

聞けばこの前日譚も3部作構成らしく、もちろん続編もあるとのことらしいが、そこでは是非ともエイリアンとの戦いという恐怖を描いていただきたい。
「カントリー・ロード」で人間をおびき寄せ、「ヴァルハラ城への神々の入城」で人間をエイリアンの餌食にしようとする無慈悲なアンドロイドの恐怖もいいが、折角の「このシリーズにおけるリドリー・スコット監督作品」なのだから、よろしくお願いしますよ!

深夜らじお@の映画館はウォルターは続編で復活するような気がします。もしくはビショップ登場でもいいですが♪

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

■TBアドレス:http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/6b2cf6bb7cd83236cea60a86ca8e3473/3f こねたみっくすgoo版

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2017年09月18日 05:59
たしかにエイリアンの“恐怖”があまり描かれていませんでしたね。
狭い空間でエイリアンに襲われる恐怖も少なく…
あんな草原で襲われていたのではあまり怖くありませんでした。
エイリアン誕生の秘密を描くのに精いっぱいだったのでしょうねぇ…。
次こそはもっと震え上がらせて欲しいところです。
2. Posted by 源之助   2017年09月18日 07:56
見てるこちら側がより恐怖を感じたのはエイリアンよりもアンドロイド・デイヴィッドの精神性に対して、という人の方が多かったのでは?と思います。
確かに監督が描きたかったものと観客が求めるものとが嚙み合って無かった感は拭えないですね。

前作のショウ博士を苗床の実験に使ったのなら我々が慣れ親しんだエイリアンはそこで(回想シーンか何かで)登場させておいて、
惑星に降り立った開拓者達と早々にバトル開始。
ラストでエイリアンクイーンはダニエルズを苗床に産まれました、、、的なエンタメ路線でも良かったと思うのですがw
3. Posted by ノラネコ   2017年09月19日 22:51
これは何を求めるかでしょうね。
私は逆に「プロメテウス」からのエイリアン誕生の謎解きを期待していたので、そっちが薄くなってホラー色が強まったのが不満でした。
いずれにしても、第三弾をいかにして伝説の第一作に繋げるのか、今から興味がつきません。
4. Posted by にゃむばなな   2017年09月20日 23:24
BROOKさんへ

そうなんですよね、肝心なのはエイリアンに襲われる恐怖なのに…。
次こそはあの伝説の第1作へ繋ぐ素晴らしき作品に仕上げてほしいですよ。
5. Posted by にゃむばなな   2017年09月20日 23:25
源之助さんへ

製作側がダニーをどう扱いたいのかが分からないので、困りものですよね。
もしリプリーのような立場でないのならば、エイリアンクイーンの苗床というのも大いにありだと思いますよ。
6. Posted by にゃむばなな   2017年09月20日 23:28
ノラネコさんへ

確かに求めるものが違えば、同じ酷評でも中身も違ってきますもんね。
『プロメテウス』からの流れでの期待外れも分かりますよ。

とにかく、次が泣いても笑っても最後なんですから、リドリー・スコット監督にはよろしくお願いしたいものですよ。
7. Posted by latifa   2017年09月21日 12:06
にゃむばななさん、こんにちは!
これ・・・私もあんまりノリ切れませんでした。面白くないってわけじゃなかったんだけど・・・

その原因が、
>エイリアンはどのようにして生まれたのか。〜〜多くの映画ファンは誰もエイリアンの誕生秘話とは答えないだろう。

そうなのよね、別にそういうのを見たかったわけじゃなかったから、ってのが根本にあったのか、って解った次第です・・。
8. Posted by にゃむばなな   2017年09月24日 16:20
latifaさんへ

このシリーズに観客は何を求めているのか。
それを見失ったままで製作されたって感じでしたね。
次作へ繋げるためとはいえ、ちょっと残念でしたわ。
9. Posted by yukarin   2017年09月26日 11:49
エイリアンよりもデイヴィッドメインでしたね。
確かにエイリアンとの戦いと恐怖が観たいです。
続編に期待したいですね〜
10. Posted by mig   2017年09月26日 23:36
もうちょっとねー
面白かったら。
今まで全部面白いので今回だけちょっと期待はずれでしたー

>本作にはその恐怖要素があまりにも少なすぎる。

そうですよね、ほんと。
11. Posted by にゃむばなな   2017年09月30日 23:15
yukarinさんへ

そうですよね、エイリアンとの戦いがナンボのシリーズですからね。
続編では是非凄惨な戦いを期待しておりまする!
12. Posted by にゃむばなな   2017年09月30日 23:18
migさんへ

エイリアンがある意味主役なのに、その主役をアンドロイドが奪ってしまってはねぇ〜。
だから恐怖要素の恐怖の意味合いが違ってしまうんですよね。
13. Posted by もののはじめのiina   2017年10月04日 10:23
落語は、その場で爆笑するのが分かり易くて好ましいですが、家に帰ってじんわりおかしみを噛みしめて笑うなんていう噺もあるやに聞き及びます。
その楽しみ方は、ひとそれぞれであろうと思いもします。
> 冒頭で社長とアンドロイドとの会話で為された「創造」及び「創造者になる」という恐怖。
この点に、収束しそうです。
なにしろ、ロボット三原則違反ですからね。
14. Posted by にゃむばなな   2017年10月04日 23:12
もののはじめのiinaさんへ

ほんと、ロボット三原則はどこへ行っちゃったのでしょうかね?
リドリー・スコット監督が知らん訳でもあるまいし…。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載