2018年02月12日

『悪女/AKUJO』

悪女この女、凶暴につき。
とんでもないカメラワークで見せてくれるアクション映画だ。これが新時代の幕開けと言われても何の反論も出来ない、これから世界中が多用しまくるであろうニュースタイルだ。
ただ説明不足のストーリーと時系列入り乱れる構成がこの素晴らしさを台無しにしているのが勿体ない。あぁ、勿体無い。

狭い廊下の先で一人の男がカメラに向かって「お前は誰だ?」と問い掛けた次の瞬間、その男を始め、次々と廊下に出てきた男たちが銃の餌食になる。やがて銃弾が尽きると、次に小刀2本がまだまだ出てくる男たちの命を次々と奪っていく。

だがこの冒頭のアクションシーンは主観映像で見せられている。だから誰が容赦ない殺戮を行っているのか分からないが、漏れ伝わる息遣いから女性だとは分かる。しかしその容姿は不明のまま。

そして敵に頭を掴まれた彼女が急に目の前に現れた女性と頭をぶつけられた瞬間、主観映像が解かれる。そう、鏡に頭をぶつけられた彼女の容姿がそこで分かるのだが、まさかこんな可愛らしい容姿の女性がこんな殺戮を行っていたのかと思う暇もなく、次にカメラはまるで彼女に付きまとうかの如く、至近距離で追い続け、上下左右に動きまくる。

そんなアクロバティックな映像が冒頭から7分も続くのだが、一貫して軸がぶれていない主観映像と至近距離映像は意外なほど「見易い」のだ。

ただこのアクションシーンとは違い、物語は「分かりにくい」。というよりも、時系列を入り乱れさせた構成がその「分かりにくさ」を助長していることもあって、映画全体としては勿体無いという感想が強く残ってしまう。

特に冒頭でこれだけのアクションを見せておきながら、国家専属のアサシンとなったスクヒは結構ヘマをする。初仕事も何とか逃げ切ったうえに、後輩との共同仕事でも安易なミスでその後輩を失ってしまう。もしかして彼女は1対複数の時のみ、その能力を発揮するアサシンなら、クォン幹部の見立ても疑問を持たざるを得ない。

さらに父親と幸せな幼少期を過ごすも、その父親を叔父に殺され、今度はその叔父を始末してくれたジュンサンに恋して結婚するも、そのジュンサンが敵対組織に殺されたという過去を時系列をシャッフルして、しかも現代劇の中で唐突に次々と放り込んでくるので、ストーリーは比較的分かり辛い。

また監視役として身分を偽ったヒョンスと恋に落ちていく様は可愛らしくていいものの、クォン幹部だけでなく、死んだはずのジュンサンが黒幕であったという流れも、彼らの思惑があまり描かれていないので分かり辛い。だから無慈悲に新たな夫ヒョンスだけでなく、ジュンサンの娘でもあるウネの命まで奪われる理由も分かり辛い。スクヒの父親を殺した自分への罪悪感もあって彼女を愛せなかったというジュンサンの告白も理解し難い。

つまり日本刀を持ったままでのバイクチェイスシーンや、高速で走る車のボンネットに乗ったままでのジュンサン一味への殴り込み、そしてジャックした路線バスをひっくり返してまでも前夫を始末するという、スタントマン出身のチョン・ビョンギル監督が次々と繰り出す、とんでもないカメラワークで容赦ないアクションシーンを繋ぐドラマが全体的に弱いのだ。

それは『ニキータ』と比べれば一目瞭然だろう。物語も構成もシンプルであることが、ある意味アクション映画には求められていることかも知れない。

だから復讐を終えたスクヒが雨に打たれながら警察に取り込まれるラストシーンを見て思う。狂気の笑みを浮かべる、この不幸な人生を歩まされてきたヒロインを見て思う。
こんな彼女を「悪女」とは呼べないと…。

深夜らじお@の映画館も「悪女になるなら、月夜はおよしよ」と思いました。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 23:49│Comments(6)clip!映画レビュー【あ行】 

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2018年02月13日 06:38
冒頭からFPSゲームのような映像で、しかもそれが7分間も続き、「ハードコア」を意識しているような作りで、一気に盛り上がりました♪

たしかにストーリーは時系列を行ったり来たりするので、もう少し整理して欲しかったような気がしますね…。
2. Posted by にゃむばなな   2018年02月13日 23:45
BROOKさんへ

とにかくあの冒頭7分。これがとにかく凄い!凄い!!凄い!!!でしたね。
その冒頭を活かす映画であって欲しかったです。
3. Posted by AKIRA   2018年02月14日 15:13
ストーリーのややこしさが難点でしたね。

奇をてらって時間軸バラバラにせんでもよかったのに。

それでも主演女優の見事さは文句なし。
すんごいものを見せていただきました。
4. Posted by ノルウェーまだ〜む   2018年02月15日 21:29
にゃむばななさん☆
そうなんですよね〜
悪女と決定的な題名を付けるには、物語の展開に無理があると言うか…
それともすべてを失った彼女がついに本物の冷徹なアサシン「悪女」へ変貌していく…ということなのでしょうか?
5. Posted by にゃむばなな   2018年02月17日 23:34
AKIRAさんへ

素直に現代劇と回想劇を同時進行で順序良く描けばよかったのに…って思いましたよ。
実力が完全についていない者が奇を衒うと失敗するいい例になってしまったのが残念。
女優さんとアクションが素晴らしかっただけに…。
6. Posted by にゃむばなな   2018年02月17日 23:37
ノルウェーまだ〜むさんへ

行動結果だけ見れば、そりゃ彼女は悪女ですけど、あれだけ悲しい思いをさせられて悪女と呼ばれてもねぇ〜。それは可哀想過ぎるでしょ!と思っちゃいましたよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載