2018年02月16日

『グレイテスト・ショーマン』

グレイテスト・ショーマン愛だけはいつの時代も本物。
価値観は時代によって変わる。偽物と揶揄されたものも、時代が変われば本物になる。マイノリティも光の当て方を変えれば、誰もが「This is Me」を心から歌うことが出来る。
そんな素晴らしきテーマを扱った作品なのに、ミュージカル映画特有の満足感が得られないのは勿体無い。あぁ、勿体無い。

ミュージカル映画には2つのタイプがある。『ムーラン・ルージュ』や『オペラ座の怪人』のような終始歌い続けるタイプと、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』のような、歌い手の気持ちが昂った時にのみ歌うタイプだ。

後者に属するこの作品は、『ラ・ラ・ランド』のスタッフが作り上げたこともあって、楽曲はどれも素晴らしい。
だが「上映時間105分」という短さが大事な要素を描き切れていない。それが「歌い手の気持ちが昂る」というドラマ部分であり、観客が感情移入しやすい、いわば観客が深層心理で最も求めているものだ。

だから「The Greatest Show」からエンジン全開で始まる勢いで上がった期待値が、「A Million Dreams」の尺の長さに少々バランスの悪さを感じ取ると、そこからダイジェスト感もあるとはいえ、繋ぎのドラマが盛り上がる前に「This is Me」などの素晴らしき楽曲が流れてしまうと、どうしても観客が乗り切れない。

さらに華やかな衣装、華麗なるダンス、素晴らしき楽曲、そして個性的なマイノリティな人々と、ミュージカル映画としての要素は揃いに揃っているだけに、「ここぞ!」というタイミングでその素晴らしき楽曲が流れてくれないと、「もっと聴きたい」「もっとこのシーンを見たい」というミュージカル映画特有の渇望感や満足感も得られない。

本来ならこの手の作品はEDロールを除いても上映時間は最低でも120分は必要だ。本物の芸術でもある「Never Enough」を歌い上げるジェニー・リンドとのワールドツアーのくだりやバーナムが上流社会に固執するくだりも、もっと短くていい。
観客が求めているのは髭女レティや小人男といった身体的マイノリティたちが歌う「This is Me」が心に突き刺さることだ。フィリップ・カーライルとアン・ウィーラーが歌う「Rewrite the Stars」に心から切なくなることだ。

偽物は本物にはなれない。しかし時代が変われば、価値観も変わる。いや価値観が変わるからこそ、時代が変わる。その時、古い時代では偽物と揶揄されたものも、新しい価値観と時代の下では本物になる。それがサーカスの起源だ。

親からも隠されるように生きてきたマイノリティな人々の表情が明るくなる。素直に追い求めることが出来なかった異人種間の恋が前に進む。胡散臭い博物館が夢が詰まったテントへと生まれ変わる。

それらをもっと上映時間が長い映画で見たかった。この素晴らしき楽曲を存分に活かす演出で見たかった。
観客にそう思わせてしまったことが、恐らく第90回アカデミー賞の作品賞ノミネートからも漏れてしまった理由だろう。

深夜らじお@の映画館はこの映画のサントラを買おうと思います。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2018年02月17日 06:49
私は結構ハマってしまい、「ラ・ラ・ランド」よりも好きな作品となりました♪
楽曲の素晴らしさと煌びやかな衣装や舞台にもうすっかり虜に。
上映時間はたしかにちょっと短いと思いましたね。
2. Posted by ノルウェーまだ〜む   2018年02月17日 23:30
にゃむばななさん☆
全くの同感です。
観客が求めている心の叫びを歌にした部分が、心に突き刺さったと思った瞬間、感動はさっとかわされてしまい、せっかくの爽快感と満足感が宙ぶらりんになってしまったのでした。
結局のところ偽物だったのか…?と思ってしまうのも無理はないです。
楽曲が素晴らしかっただけに勿体ないです。
3. Posted by にゃむばなな   2018年02月17日 23:38
BROOKさんへ

映画は出逢った時のタイミングですからね。楽しまれたことが羨ましいですよ。
それにしてもこの上映時間の短さは何とかならんかったものですかね〜。
4. Posted by にゃむばなな   2018年02月17日 23:39
ノルウェーまだ〜むさんへ

そうそう、余韻とかそういうものがないんですよね。
そういう意味ではこのミュージカルは偽物?と思っちゃいましたよ。
楽曲がもたらす感動は本物のはずなのに…。
5. Posted by yukarin   2018年02月20日 13:56
こんにちは。
確かに上映時間が短かったですね。その分描ききれなかったところもあったかもしれません。
でも楽曲はどれもすばらしく俳優陣の歌声もすてきでした。
私は楽しめました!
6. Posted by mig   2018年02月22日 09:54
こんにちは〜うーん、あまりノレずでした。ミュージカル映画として、ショーの面白さがまったく伝わらないし、ワクワクもなかったんですよね。もちろんキャストの歌は素晴らしいんだけど、内容も予定調和で平凡なもので退屈しないけど面白くもないという感じでした〜
This is Meは良かったですね。
7. Posted by にゃむばなな   2018年02月24日 23:47
yukarinさんへ

楽曲はいいんですよね。サントラもいいんですよね。
でもそれ以外で楽しめる人と楽しめない人に分かれちゃうんですよね。
だから勿体無いなぁ〜と思いましたよ。
8. Posted by にゃむばなな   2018年02月24日 23:48
migさんへ

予定調和な作品であることは間違いないですよね。
どこかで何かしら起こる訳でもなかったですし。
そこらへんがアカデミー賞から歌曲賞以外で漏れちゃった要因かも。
9. Posted by FREE TIME   2018年03月03日 18:56
こんばんは。
確かに上映時間が短ったですね。
短時間であそこまで濃く仕上げるのも大したものですが。
バーナムのように差別や迫害を受けてきた人達が集まって、一緒に立ちあがっていく姿に惹かれましたね。
また「This is me」の曲も良かったです。
10. Posted by にゃむばなな   2018年03月04日 00:10
FREE TIMEさんへ

ほんと、楽曲は良かったんですよ。
だからこそ、やっぱりドラマでもっと盛り上げて欲しかったです。
上映時間ももう少し長くても良かったのに…。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載