2018年04月17日

『ラブレス』

ラブレス愛がない世界にいる、大人になれない大人たち。
寒々しい風景と救いの物語で正義と愛を失った現代ロシアを映し出す、鬼才アンドレイ・ズビャギンツェフ監督。
ただ寒々しい心と救いのない仕業は世界のどこにでもある風景。大人になれない大人たちが増殖する昨今、誰が犠牲者になっているのか。考えてみたことがあるか。

大企業に勤めるボリスは熱心なキリスト教徒の上司の目を気にする。離婚が出世に響くのではないか。だから新しいパートナーと早く前に進みたいと。
美容院を営むイニヤは日々熱心にスマホに向き合う。離婚さえ成立すれば、この現実から逃れることが出来る。私を愛してくれる新しいパートナーと前に進めると願いながら。

だがそんな2人には12歳になる息子アレクセイがいるが、ボリスは「子供には母親が必要だ」と、イニヤは「年頃だから父親が必要だ」と、互いに息子を押し付け合う。その息子が扉の陰で静かに泣いていることも知らずに。

そんな両親から必要とされていない、つまりは愛されていないと知った少年が、その愛されていないという事実を今まで知らなかったことにも気付かされた少年が失踪する。行方不明になる。
当然、父親と母親は息子を心配するはずだが、この父親と母親はその責任を互いに押しつけ、ただただ批判し合う。反省などは一切ない。

それでも警察は捜査に動く。ボランティアも捜索に協力する。この両親もイニヤの実家を訪れるなどして行方の知れない息子を探す。

だが息子は見つからない。逆にボリスとイニヤがデキ婚、つまりはアレクセイは望まれて生まれた子供ではなかった事実が分かる。そのイニヤも暴言ばかりの母親から愛されていなかった事実も分かる。

愛を知らない男女が、愛のないまま夫婦になり、愛がない親になり、そして愛を与えず子供と暮してきた。
でもその事実を受けれないボリスは新しいパートナーを妊娠させ、イニヤは新しいパートナーから愛されることだけを望んでいる。愛されたいという想いだけを優先し、血を分けた愛息子でさえ「愛する」ということもせずに。

やがてアレクセイが見つからぬまま、時は過ぎていく。アレクセイ発見を願う張り紙の色も褪せてしまった。
それでもボリスは新しいパートナーとの家庭で子育てをしようとはしない。息子を失った父親であるはずなのに。
イニヤも新しいパートナーが熱心に見るTVに映し出されたウクライナの悲劇よりもスマホの世界にしか関心を寄せない。息子を失った母親であるはずなのに。

イニヤがダイエットのために着込んだジャージにプリントされた「RUSSIA」という赤い文字が寒々しい白い風景に似合う。血の通った言葉を並べながら、現実では薄情なことばかりする現代ロシアとプーチン体制は大人としての慈しみの心を持たぬ、大きな子供そのものだ。

雪が積もる孤島に川越しに倒れた大木は、孤独な子供に寄り添う大人を意味するものではなかった。
アレクセイが高々と放り投げて枝に引っ掛かったリボンが悲しく風に靡く。まるでこの無機質なリボンだけが行方不明になった少年のことを気に掛けているかのように。

深夜らじお@の映画館はこんな大人にだけはならないように生きていきます。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 12:00│Comments(0)clip!映画レビュー【ら行】 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載