2018年04月20日

『レディ・プレイヤー1』

レディ・プレイヤー1オレはガンダムでいく!
’80を知る世代にはニヤニヤが止まらない。あれもこれも何もかも一つの映画に収まっているなんて、権利という高い壁を越えて収まっているなんて、もはやスティーブン・スピルバーグ印以外では見れないという感動と共に。
そしてあえて言おう。スタンリー・キューブリックの『シャイニング』は是非見ておくべし!

近未来の2045年。現実世界の荒廃とは逆に進化を続ける仮想世界:ヴァーチャルリアリティ・ワールド「オアシス」は、まさに現実から逃れたい人々の駆け込み寺であり、心の拠り所であり、引きこもり部屋だ。

だから冷静に見ると、仮想世界に飛び込んでいる本人は楽しいだろうが、傍から見るとゴーグルをつけて何かやっている人の姿はあまりにも滑稽だ。
しかもそういう人々が作り上げたアバターのその人のコンプレックスの裏返しでもあるのだから、冷静に見れば見るほど、仮想世界にどっぷりと浸かるのは危険だとも思えてくる。

だが、そんな仮想世界はなぜ作られたのか。開発者の想いは何だったのか。恐らくそこまで考えて仮想世界に飛び込んでいる者はヲタクと呼ばれている人たちだけだろう。
そんなヲタクたちが仮想世界にも支配欲を向けてくる巨大企業の魔の手に、開発者の人生云々にまで至るヲタク的知識と考察を駆使して、仲間と共に開発者の遺産争奪3つの鍵を探せの戦いに挑んでいく一方で、現実世界でも交流を持ち始める展開が妙に面白く感じるのはなぜか。

その答えは恐らく権利の壁を越えて、スティーブン・スピルバーグ監督作品だからという理由でこの映画での使用を許可された無数のキャラやアイテムが登場すればするほど、若き日を過ごした1980年代という「未来を夢見た時代」を思い出すからではないだろうか。

アメリカでは映画のサントラがビルボードを席巻し、日本ではバブル真っ只中だった時代に見聞きしたデロリアン、金田バイク、チャッキー&フレディ、アイアン・ジャイアント、ガンダム、メカゴジラは、まさに「未来には実現されるだろう」という夢の代物ばかり。つまりは夢の塊なのだ。

それらがキングコングやバットマン、ハローキティと共に彩られた仮想世界に散りばめられ、「希望を託し、夢見る未来」を守るべく戦う若者たちと共に描かれる。時に分身として、時にアイテムとして、大いなるヲタク愛と共に。

だからこの映画は、ストーリーはツッコミどころが多々あれど、見ているだけで懐かしく、どこか羨ましく、そして心が温かくなるのだろう。
特にミフネではないトシロウが「オレはガンダムでいく!」と日本語で言い放つシーンのゴーグルに映った文字にはちょっと感動だ。

ちなみにこの映画で最も心が温かくなったのは、パッとしない青年、顔に痣のある少女、巨漢黒人女性、日本の若造、中国人少年が大企業社長に勝ったラストが、まさにトランプに勝ったマイノリティのように見えるシーンではなく、スティーブン・キングがスタンリー・キューブリックの描き方に激怒したことで有名な『シャイニング』のパロディシーン。

2人の少女の次はエレベーターから…。ドアを突き破る斧が…。で、三輪車は?

深夜らじお@の映画館の1980年代は小学生でした。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!


この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2018年04月21日 05:30
いやはや、良くここまでいろいろなキャラの版権が得られましたよね。
ワーナー系のキャラならまだしも、エイリアンやキティちゃん、メカゴジラまで…
さすがスピルバーグ監督です!
2. Posted by ジョニーA   2018年04月21日 08:08
通常のニュータイプの3倍で動くガンダムのシーンを
早くDVDでコマ送りで観たいんですぅ〜!!
3. Posted by AKIRA   2018年04月21日 10:40
歓喜と興奮と痛快が入り乱れてめっちゃ楽しい映画でしたね。

スピルバーグありがとう!
4. Posted by にゃむばなな   2018年04月21日 23:52
BROOKさんへ

ほんと、さすがスティーブン・スピルバーグ監督!
この名前無くしてこの映画は完成しなかったでしょう!
5. Posted by にゃむばなな   2018年04月21日 23:54
ジョニーAさんへ

さすが、もう一度見たいと思うところが違いますね!
オアシスならではのガンダム、是非DVDで堪能してください!
6. Posted by にゃむばなな   2018年04月21日 23:54
AKIRAさんへ

スティーブン・スピルバーグ監督に「ありがとう」と言いたくなる気持ち、分かります。
彼がいなければ成り立たない映画であり、彼にしか作れない映画でしたからね。
7. Posted by mig   2018年04月22日 12:38
最高でしたね!20代男子と観たのですが、オタクなキャラは漫画などで知ってて私より詳しい部分もあったけど、80年代の映画とか音楽やそのキャラたちそのものを知らない世代にはあまり楽しめなかったみたいです。やはり40代からの方が楽しめるみたい 笑
ってことで面白かったでーす。
8. Posted by mig   2018年04月22日 12:39
あ、自分のとこにも書いたけど
シャイニングは本当必見ですね。
大好きな作品だから、そのまま出てきた時にはうわーって。3Dだし入りこんじゃった感じがすごくよかったです♪
9. Posted by にゃむばなな   2018年04月22日 23:31
migさんへ

確かにデロリアンとか金田バイクとか言われても、知らない世代には「?」でしょうね。
となるとガンダムの登場も「なんで?」とか思っちゃったのかな〜。
そう思うと、私はアラフォーで良かったですよ。
10. Posted by にゃむばなな   2018年04月22日 23:32
migさんへ

『シャイニング』のパロディは本当に面白かったですよ。
少女が2人登場、そして退場。では次に何が起こるか分かっている観客と、分からないエイチ。
そういうところを楽しませる巨匠の遊び心も大好きです。
11. Posted by ノラネコ   2018年04月23日 22:15
140分ニヤニヤしっ放し。
キャラクター大集合は「シュガーラッシュ」なども楽しかったですが、これはもうスケールが違う。
もう最後にはスピルバーグありがとうと拝みたくなりました。
意外と汎用性の高い設定だから、「レディ・プレイヤー2」を期待!
12. Posted by ノルウェーまだ〜む   2018年04月24日 17:15
にゃむばななさん☆
80年代どんぴしゃでめちゃくちゃ楽しめました♪ホントずっとニマニマが止まりませんでしたね〜
「シャイニング」は超興奮しましたが、周囲の若い人たちは誰も反応してませんでした…(汗)
13. Posted by にゃむばなな   2018年04月27日 15:58
ノラネコさんへ

続編は作ってくれますかね〜?
まだまだあれもこれもというのはありますから、是非にと願いたいですね。
だって楽しかったんだもん!
14. Posted by にゃむばなな   2018年04月27日 15:59
ノルウェーまだ〜むさんへ

やっぱり『シャイニング』を見ていない人には、あのシーンの面白さは理解されていないみたいですね。
あのシーンが一番面白いのに!
15. Posted by    2018年04月30日 14:30
『ストリートファイター2』のパロディも面白かったです。日本のメディアと、アメリカとの共闘でしたね。

キューブリック映画のパロディでは、こうしたエンタメ映画では目立つ格闘シーンに勝るインパクトがありましたね。

日米が手を組んでどこと戦う、といえば、今や大企業の時代で、企業エリートが侵略者なのでしょう。
16. Posted by にゃむばなな   2018年04月30日 23:20
隆さんへ

あちらこちらに散りばめられたネタが楽しかったですね。
しかも結構多くの方が『シャイニング』ネタを気に入ってるという事実も面白いこと。
それだけあのシーンのインパクトが大きかったということなのでしょう。
17. Posted by yukarin   2018年05月02日 14:59
こんにちは、今頃ですみません。
1回観ただけでは小ネタを把握しきれませんね。
いろいろとニヤニヤしながら観てましたが『シャイニング』は観てなくて失敗でした、、、
あれこれ権利の問題もあるだろうに...さすがスピルバーグ監督ですね。
18. Posted by にゃむばなな   2018年05月04日 23:47
yukarinさんへ

この映画における小ネタの数量はハンパないですよね。
ほんと、普通に考えたら権利の問題は恐ろしいのに、それを可能にしちゃうとは。
恐るべし、スティーブン・スピルバーグ監督!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載