2018年06月01日

『デッドプール2』

デッドプール2ツウなネタが多すぎるよ!
無責任ヒーローを描くよりも、ミュータントたちの活躍を描くよりも、あちらこちらに散りばめられたツウなネタを楽しむだけでも十分すぎる映画じゃなイカ!
もう最初から最後までコアな映画ファンなら笑いが止まらない!でも映画ファンじゃない方はどこまで楽しめたのか。う〜ん、評価が分かれてしまうなぁ〜。

棒で体を貫通されたウルヴァリンのフィギュアで遊ぶOPから、やたらと正統派ミュータントヒーローやアベンジャーズに対抗心を燃やすかと思えば、完全なる『007』のパロディOPシーンに『フラッシュダンス』の名シーンまで混ぜ合わせたうえに、監督の紹介を「ジョン・ウィックの犬を殺した男の一人」と皮肉るという、映画ファンだけを狙ったようなコアな笑いを散りばめてくれているこの作品。

しかも未来からやってきたマシーン人間ケーブルからラッセルという小デブなミュータント少年を守るために、それが亡きヴァネッサへの愛と心に誓ったデッドプールがマトモになるのかと思いきや、そんな真っ当な期待を遠慮のない年齢制限シーンとツウなネタで見事に裏切ってくれるのがこの異色ヒーロー作品のいいところ。

特に『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』のキルスティン・ダンストで遊んだかと思えば、特殊能力を持ったミュータントをオーディションして結成した「Xフォース」は落下傘降下でほぼ全滅という悪趣味な笑いでお払い箱にする始末。
ちなみに透明人間バニッシャーが電線に引っ掛かり感電したら、ありゃま!ブラッド・ピットではありませんか!というオマケつきにはビックリ!

さらに「恵まれし子らの学園」へ行けば、プロフェッサーが使用していた車椅子やらを無断使用するし、悪態をつけば隣の部屋で会議をしていたビーストやサイクロプスが扉を閉めるし、何かと「X-MEN」と名乗っても「見習い」と揶揄されるうえに、いざ戦いが始まればウルヴァリンの絵が描かれた箱に「ライアン・レイノルズ」のサインをするなど、本家『X-MEN』シリーズへの強烈でコアな皮肉ネタがやたら多いこと。

また幸運に恵まれたヒロイン:ドミノにアクションの見せ場を一任したうえで、ジャガー・ノートに身体を真っ二つにされたデッドプールが『氷の微笑』の如く、シャロン・ストーンにはない第3の足をちらほら見せながら、その再生途中の短い両足を組み替える悪趣味なシーンを見せたかと思えば、ジョシュ・ブローリン繋がりとはいえ、ケーブルをサノスと呼ぶ始末。

これだけでも十分面白いのに、ラッセル少年を救って感動的な結末を迎えるはずが、ケーブルの恩義に応えるべくタイムマシーンを修理したデッドプールが行ったのは、自分の恥ずべき過去の修正という、これまたコアなネタのオンパレード。

まさかのウルヴァリン本人が登場!で観客のテンションを上げれば、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』の一言も話せない自分自身を葬り、レーベルは違えどヒーロー映画『グリーンランタン』に出演が決まった頃のライアン・レイノルズも葬りと、もう何でもあり。

また全身鋼鉄ロシアンミュータントへのアプローチに『セイ・エニシング』のシーンをパロったり、恋人への遅刻の言い訳にジャスティス・リーグ2大ヒーローのマザコンネタを用いたり、『アナと雪の女王』も何度もネタにしたりと分かり易いものもあれば、ケーブルが未来から現代にやって来たシーンでの田舎者男の一人が何とマット・デイモンだったという、そんなもん分かるか!というネタまで盛り沢山。

ちなみに忽那汐里がユキオ役を演じていた一方で、お馴染みのスタン・リーは今回は予告編での出演のみ。その予告編ではデッドプールに悪態つかれてましたけどね〜♪これもまたお遊びなんでしょうけど、そのスタン・リーも早く肺炎を治してね♪

深夜らじお@の映画館の鑑賞回では、私と一席空いた隣に座っていた外国人男性の笑い声だけが館内に響いていたシーンが結構ありました。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2018年06月02日 05:27
たしかに映画通のネタが多かったですね♪
冒頭から「ローガン」をディスりつつ、「007」風なオープニングロールを入れてきたりと、もうやりたい放題でした。

そうそう、バニッシャー役がブラッド・ピットだったとは…
これは全く気付きませんでした。

未来世界のことをちょっぴり伏線として残しつつ、第3弾も是非とも作って欲しいです!
2. Posted by にゃむばなな   2018年06月03日 00:12
BROOKさんへ

もう映画好きとしては、たまりませんでしたね。
キルスティン・ダンストのネタから始まり、『グリーンランタン』まで。
第3弾が出来るとしたら、次は誰を皮肉るのやら。楽しみですね。
3. Posted by ノルウェーまだ〜む   2018年06月03日 10:15
にゃむばななさん☆
いやー面白かったですねぇ。
ほどほどの映画ファンで十分楽しめるくらいにコアなネタが満載で、劇場も大爆笑でしたよ。
思わずhuluでグリーンランタンやってたので見てしまいました(爆)
マット・デイモン気付きませんでした。何のネタだったのでしょう?
4. Posted by メビウス   2018年06月04日 19:41
にゃむばななさんこんばんわ♪コメント有難うございました♪

前作も毒舌マシンガントークで色んな他作品をこき下ろしていましたけど、本作も相変わらずと言うか、ディスってる本数ならば前作を上回ってるかもしれませんねwプロフェッサーの車椅子で暴走はオイオイ・・とちょっと冷や汗出ちゃいましたが^^;

そういえばあの透明人間のミュータントはブラッド・ピットでしたね。一秒そこそこの出番だったので二度見も出来ないw
観終ったあと色々情報調べたら、あのシーン数十分で撮影終わったんだそうです(笑
5. Posted by yukarin   2018年06月05日 16:18
今回も映画ネタ満載でしたね。
多すぎて覚えきれない、、、 笑
うっかりブラピを見逃したような.....
グリーンランタンネタは一番笑ったかもしれません。
6. Posted by にゃむばなな   2018年06月05日 22:56
ノルウェーまだ〜むさんへ

マット・デイモンの出演シーンは思い出せても、それが彼であったことは認識出来ませんでした。
ブラッド・ピットのカメオ出演ほど、分かり易かったらよかったんですけどね。
7. Posted by にゃむばなな   2018年06月05日 23:00
メビウスさんへ

この映画の中で、ある意味デップーが一番楽しそうなくだりだっただけに、ここでのカメオ出演は本当に驚きでした。
でも数十分で撮り終る辺り、撮影も楽しくやっていたのでしょうね〜。
8. Posted by にゃむばなな   2018年06月05日 23:02
yukarinさんへ

『グリーンランタン』ネタはウケましたよね。
まさかレーベル違いのネタを出してくるとは!に加えて、えらい昔の話やん!けどライアン・レイノルズにとっては黒歴史やってんね…と思っちゃいましたよ。
9. Posted by ノラネコ   2018年06月10日 19:26
パロディ満載なんだけど、ギャグ自体は元ネタわからなくても笑えるように出来てるんですよね。
非常によく考えられた映画だと思います。
アメコミ不毛の地の日本で動員1位を取る実力はダテじゃない。
10. Posted by にゃむばなな   2018年06月16日 00:14
ノラネコさんへ

本家アベンジャーズが悲しみ路線を爆走中なのに対し、こちらは真逆に爆走してますが、この笑いで動員1位を獲るとは驚きでしたよ。
この調子で是非第3弾をお待ちしております!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載