2018年07月13日

『ジュラシック・ワールド 炎の王国』

ジュラシック・ワールド原点回帰、単純明快、勧善懲悪。
ある意味、スティーブン・スピルバーグよりスティーブン・スピルバーグらしい映画だ。作品としての物足りなさは往々にしてあるが、それでもこのシリーズのこの感覚が懐かしいと思いながら映画を楽しむことが出来るとは予想外だった。
ただこの終わり方で次のシリーズ完結作はどうするの?

1993年から続くこのシリーズの面白さは、やはり恐竜という非日常的で巨大な生物の前では人類は所詮無力な生き物にしか過ぎないのに、科学技術の発達で高くなった鼻を結局はへし折られるという物語を、生きるか死ぬかの脱出劇の中にスティーブン・スピルバーグらしい笑いを含めつつ、最後の最後までエンターテインメントとして見せ切ることだろう。

ただ新たなシリーズとして始まった前作は良くも悪くも1993年の焼き直し。それではエンターテインメントとしてダメだという結論に達したのか、今作はいわばこれまでのシリーズのいいとこ取り。あとはそれをどう調理するのかは監督の手腕次第というなか、さすが我らがJ・A・バヨナ監督はやってくれました。

予告編でほぼ見せ切ったであろう前半のイスラ・ヌブラル島、つまりは旧ジュラシック・ワールド跡地での恐竜保護及び救出作戦は、まさに原点回帰。噴火活動という巨大な自然の前では人類がいかに小さな存在かを尽く見せてくれて、これはこれで楽しい。欲を言えば、予告編で見せ切って欲しくなかった。

そして恐竜を闇オークションにかけるロックウッド邸での恐竜救出及び悪人退治作戦は、まさに勧善懲悪。悪人が全て恐竜の餌食になる爽快さに加え、J・A・バヨナ監督らしく子供を物語のキーパーソンにするところがなかなか面白い。しかも今作でもやっぱりチャールズ・チャップリンの娘でもあるジェラルディン・チャップリンが出演しているのも嬉しい。

なので、エンターテインメントとしては楽しい。クライマックスを迎えるまでは常に火山島と御屋敷、オーウェン&クレアとクローン少女メイシーという風に、2つの話を同時進行で見せる演出もいい。
加えて恐竜の命運を自然に任すという選択肢を政府がイアン・マルコム博士の提案の下で行ったのに対し、クローン少女がクローン恐竜を生かすという選択をする最後に下すところもテーマがまた進化したと思えて面白い。

しかしブルーとオーウェンの絆がどうも弱いので、遺伝子組換新種恐竜インドラプトルとの戦いも思ったほどの緊張感も怖さもない。
悪玉イーライ・ミルズも小者すぎてティラノサウルスに喰われるという最期もオチとしてはインパクトに弱さを感じずにはいられない。

そして何よりも「いらんことしいネエチャン」であるブライス・ダラス・ハワードが何も「いらんこと」をしていないのが残念でならない。インドラプトルとの決着の場でも「いらんことしい」としての本領を発揮するのかと思いきや、マトモなことしかしないのが淋しくてならない。

それなのにオーウェンとは男女の関係に戻るかのようなシーンは一切ない。1993年のグラント博士とサトラー博士のように男女の見つめ合いくらいしなさいよ!と思えてしまったのは、恐らく私だけではないだろう。

てな訳でラスカルの如く、オーウェンとの別れを惜しみながら去って行ったブルーはどうなったのか?次の完結編ではどんな活躍をするのかと思いながらも、空飛ぶモノが大好きなジョー・ジョンストン監督の『ジュラシック・パーク掘戮里茲Δ僕穃気大空を駆け巡るだけではなく、他の恐竜も街中に散らばったり、ティラノサウルスがライオンと雄叫び合ったりするその先にどんな物語が存在出来るのかが興味と不安が半々なエンターテインメント映画でした。

深夜らじお@の映画館はブライス・ダラス・ハワードには「いらんことしいネエチャン」でいてほしいです。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 23:59│Comments(8)clip!映画レビュー【さ行】 

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2018年07月14日 05:03
ちょいちょい気になるところはあったものの、最後まで楽しめるジェットコースタームービーでした♪

結末はまさにタイトル通りの展開となったワケですが、この先がどうなるのか…
完結編へのハードルがかなり上がってしまったような気がしますね。
2. Posted by ノルウェーまだ〜む   2018年07月18日 23:46
にゃむばななさん☆
ラスカルちっくに去って行ったブルーがなんとも可愛かったですが、オーウェンとの絆を其処で見せたと私的には満足できました。
とにかく単純明快で子供も楽しめるエンタメムービーになっていたけど、焼き直しとはちょっと違うぞというところが良かったデス。
3. Posted by FREE TIME   2018年07月20日 23:36
こんばんは。
相変わらず、ここに登場する人間たちは同じ過ちを繰り返しますね(汗)
それに、最後はあんな事になってしまって、これからの世界はどうなってしまうのでしょうか。
続編では、それらが観られるのでしょうね。
4. Posted by yukarin   2018年07月22日 20:42
パークからワールドな展開になりましたね。
どうまとめるのか気になるところですが...

ブライス・ダラス・ハワードにはいらんこと!してほしかったですね。前作より強くなってたので次はもっと強くなって1対1で恐竜と戦ったりして 笑
5. Posted by にゃむばなな   2018年07月22日 22:38
BROOKさんへ

あれだけ風呂敷を広げちゃうと次作の作りようがなくなると思うんですけどね。
ほんま、どうするのでしょうね?
6. Posted by にゃむばなな   2018年07月22日 22:39
ノルウェーまだ〜むさんへ

子供が楽しめる映画に落ち着いたといったところでしょうか。
可もなく不可もなくでしたね。
でも次作はどうするんでしょうかね?
7. Posted by にゃむばなな   2018年07月22日 22:40
FREE TIMEさんへ

ほんと、同じ過ちを繰り返すだけのシリーズですね。
ちょっとは勉強しろよ!と思う反面、それ以外で物語を作れないというジレンマもあるのかも知れませんね。
8. Posted by にゃむばなな   2018年07月22日 22:44
yukarinさんへ

ブライス・ダラス・ハワードがマトモになったら、このシリーズの楽しみが一つ減っちゃいますからね。
次作ではそれだけは必ず復活してほしいものですよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載