2019年06月09日

『町田くんの世界』

町田くんの世界マジか、町田!ヤバイいぜ、青春!
普通の恋愛ドラマなら、既に孫が2人も出来ているぜ…なんて言える青春の甘酸っぱい世界観が凄く心地いい。恋をしている自分に気付かず地団駄を踏むモヤモヤが凄く可愛らしい。
だからこそ、あのファンタジックな終盤が実に勿体無い。例えそれが原作通りだとしても。

この世は悪意に満ちている。そんな言葉に誰もが共感するようなこのご時世に、全人類を家族のように思っているかのように、困っている人がいると見過ごせない男子高校生の町田くん。
勉強はダメ、運動もダメ、顎も太腿も上げて走るから凄く遅いうえに、自分のことは後回しにするくせに、他人の言葉を真に受けるきらいもあるから、どこか空気も読めない、ちょっとした変態にも見える。

けれど、そんな彼に恋をする女子高生が現れる。母親の不倫をきっかけに人間不信に陥った猪原さんは、保健室で町田くんの手当てを手伝ったことを機に、どうしても彼のことが気になるが、町田くんは所詮町田くん。
誰にでも優しい彼は猪原さんにも優しい。猪原さんにだけ優しいのではなく、猪原さんにも優しいのだ。

だから西野くんの猪原さんへの恋心もサポートしてしまう。困っている同級生たちには、肩車でも荷物運びでもしてしまう。バレー部のレギュラーになった同級生にもエールを送るし、氷室くんにフラれた高嶋さんにも恋心を抱かれてしまう。その氷室くんの猪原さんに対する心無いナンパのお手伝いもしてしまう。

恋をすれば、誰もが相手に自分にだけは特別扱いを望んでしまう。でも特別扱いって、自分にだけ優しいではないだろう。それを電車に乗れば誰もがスマホばかりを眺めている現代にこの作品は問い掛ける。

困っている人がいれば手を差し伸べるのも当たり前のはずなのに、それをしない者が困っている自分は助けてもらえないと愚痴り、他人の不幸を喜ぶ悲しき現代。
恩も仇も返ってくる我々の人間社会において、町田くんの善行は人としてあるべき姿の具現化なのだろうが、そんな彼も我々と何も変わらぬ一人の人間。普通に自分の知らない世界、ここでは恋愛に悩む。

そんな青春の甘酸っぱさと可愛らしさに満ちた町田くんと猪原さんのなかなかくっつかない色恋沙汰は、栄さんの毒っ気たっぷりのツッコミと共に西野くんや高嶋さん、氷室くんを内面から変えつつ、まるで雨上がりの晴れた空のように世界を清々しくしてくれていただけに、やはりどうしてもあの終盤の急激なファンタジック展開には眉をひそめてしまう。

もちろんファンタジックなキャスティングによる世界観ではあるが、急に風船に掴まって猪原さんを追いかけても町田くんの恋心は十二分に描けないのではと思えてしまう。
自転車を薙ぎ倒したことに戸惑うくだりでの恩返しもバレー部全員は多すぎるやろ!というツッコミ以降、原作がどうなのかは未読なので分からないが、町田くんは普通に自転車で追いかけて、電車内では吉高記者と猪原さんの偶然の出会いで足止めになったという展開ではダメだったのだろうか。

伏線の回収など、脚本の巧さが凄く感じられる作品で、なおかつ雨やプールといった水を青春の恋愛と巧く絡めた演出が凄く心地よかっただけに、個人的にはちょっと残念でした。

ただ今年で30歳の岩田剛典さん、28歳の高畑充希さんや前田敦子さん、26歳の太賀さんはどうしてこうも制服姿が似合うの?29歳の池松壮亮さんや31歳の戸田恵梨香さんは大人役なのにね。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 23:47│Comments(6)clip!映画レビュー【ま行】 

この記事へのコメント

1. Posted by ジョニーA   2019年06月11日 03:42
確かにあの終盤の奇跡の展開は、モヤッとしたものが残りましたね。
前半で風船1つで飛びかけるシーンが、実は猪原さんの夢ではなく
現実だったのだ、というオチなんでしょうが、漫画やアニメなら許される
その展開は、実写だとキウかったですかねーー。じゃあどういう落としどころ
にすれば良かったのかというと、難しいところでしょうけど・・・。
2. Posted by にゃむばなな   2019年06月20日 23:29
ジョニーAさんへ

ハナなら世界観がファンタジーなら、この終盤も大丈夫だったと思いますが、ほぼほぼ現実感ありありの内容がメインだっただけに、一貫性がないと見えてしまったのかも知れませんね。
3. Posted by yukarin   2019年06月23日 17:37
まさかのファンタジーだったとは...でびっくりでした。
そう考えればラストは良しとしましょうと。
地元ロケが多かったのでそれで楽しめました 笑
4. Posted by mig   2019年06月26日 20:10
ファンタジー。賛否ありますね。
私の弟が脚本です。
あれは原作にはないそうで、翔が書いて監督も入れたいとなったそうで
私も最初見たときは少しやりすぎかと思ったけど、原作コミックの町田くんのキャラ自体もありえないくらいの純情さなので相まってるのと、漫画だっていうことでありかと思いましたー
そのくらいぶっ飛んでインパクトがあったということで
あと、恋する気持ち、純粋な気持ちを忘れた大人には合わないだろうなーって。
5. Posted by にゃむばなな   2019年06月27日 23:52
yukarinさんへ

ハナからファンタジー色が強かったらなぁ〜とも思いましたよ。
後半で一気に変わっちゃいましたからね〜。
6. Posted by にゃむばなな   2019年06月27日 23:56
migさんへ

片岡翔監督脚本だからこそ、『1/11』を思い出して、その路線を期待し過ぎちゃったのかも?って思います。
現実路線からのファンタジー路線は、個人的にはハナからファンタジー路線で見たかったという思いになりましたね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載