2019年06月21日

『X-MEN:ダーク・フェニックス』

X-MEN最強ミュータント:ジーン・グレイ、制御不能に!シリーズの終焉を見た感情も制御不能に!
これで『X-MEN』シリーズが完結と言われても釈然としない。むしろ新たな段階へと進みますと言われた方がいい。というか、こんな終わり方をするなら『X-MEN:フューチャー&パスト』で歴史の書き換えなんていう暴挙もしないで欲しかった。

ヒュー・ジャックマンやハル・ベリー、ファムケ・ヤンセンが演じていた頃とは別次元のお話になるので、当然この映画の帰結は2000年の1作目ではない。
プロフェッサーXとマグニートーは敵対せずにイチャイチャしているし、ミスティークも小者扱いされずに皆から頼られる姐さん的存在なので、必然的に彼らが主役、もしくは彼らの誰かが主役なら、とても見易い映画になっていただろう。

ところが今回の主役はジーン・グレイ。サイコキネシスとテレパシーのミュータントにしてサイクロップスの彼女であり、ミスティーク:レイブンを姉のように、プロフェッサーX:チャールズを師のように慕い、マグニートー:エリックを離れて暮らす叔父のように頼る、まだまだ能力も自分の心も制御出来ていない半人前なのに最強のミュータントなので、どうしても物語的にも絵的にも物足りなさが目立ってしまう。

しかも物語が結構粗いこともあって、チャールズの考え方が間違っているとか、レイブンが途中退場してチームは空中分解状態とか、宇宙で太陽フレアを浴びて強くなる女性ヒーローってここにもおるんかい!とか、こんな流れでシリーズを終わらせてもいいの?と思える展開も多ければ、ボンドガールも務めたファムケ・ヤンセンとは違い、元気よくお肉がついた体型のソフィー・ターナーは絵的にパンチに欠けると思えるなどするうえに、待てど暮らせど今回はウルヴァリンの登場はなし。

さらにこのシリーズ最大の魅力でもあるミュータントの連携攻撃も今回はあまりなかったのも残念無念。一応護送列車内で襲ってくる擬態宇宙人集団から全員でジーンを守るというくだりはあるも、それはあくまでも共闘であって連携攻撃ではない。ただただ一人一人の能力を順番に見せられているだけなので、当然最後はエースで4番のジーン・グレイが敵を蹴散らします!圧倒的なパワーでね♪という流れには、それはブリー・ラーソン主演映画で既に見てますよ!と言いたくなる始末。

結局、女性ヒーローが描かれる映画が多い時代に乗っかかりながらも、ジーン・グレイ、レイブン・ダークホルム、謎の女・リランドラが戦いで命を落とし、男性ヒーローたちが彼女たちとの思い出を心に留めますという描き方も二番煎じ感が否めないだけ。
そんな状態のまま、この映画だけでなく、シリーズまで終わられても消化不良な気持ちだけが残るだけ。

やっぱりこのシリーズはウルヴァリンが主役級で出て来ないと面白くないよ!

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 23:36│Comments(6)clip!映画レビュー【あ行】 

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2019年06月22日 05:31
女性ヒーローが活躍し、自己犠牲によって仲間を救うという展開がかなり好みだったので、私はかなりお気に入りの作品となりました♪

アメリカでコケた原因はやはりキャプテン・マーベル化してしまったジーンが原因だとは思います。
終盤の列車のシーンは再撮影したらしいので、その辺も影響しているのかもしれませんね。
2. Posted by yukarin   2019年06月23日 17:34
シリーズ完結...という感じではなかったですね。ジーンがキャプテン・マーベルになってしまうし💧
アクションシーンは見ごたえありましたが、シリーズとしてはなんだかなーとスッキリしないままの完結となってしまいました。
3. Posted by にゃむばなな   2019年06月27日 23:49
BROOKさんへ

そうなんですか、あのシーンが再撮影とは。
時期が時期だけにカブってしまうと、ツラいですよね〜。
4. Posted by にゃむばなな   2019年06月27日 23:50
yukarinさんへ

そうですよね、これでシリーズが終わると言われてもね〜ですよね。
きちんと終わらせて欲しかったですよ。
5. Posted by 隆   2019年07月01日 23:04
あらゆる悪いものを呑み込んで、功罪はあれど、ヒーロー達をすら圧倒する強すぎる、という非人間性を、畏怖から、感謝に変えたのは、やはり、彼女のヒーローらしき行動にあると思います。

人にもヒーローにも異質なのが、ジーンであって、敵との間で揺らいだり、対話を為さなかったりは、未熟さでは無いでしょうか。反抗期かと思いました。他のヒーローを大人とすれば、少女の寡黙さは、自己主張でもあると思います。凄い少女ですが。
6. Posted by にゃむばなな   2019年07月06日 23:51
隆さんへ

このシリーズはやっぱり大人のミュータント主役で見たいですね。
反抗期の少女が主役では、やはり物足りないですよ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載