2019年06月28日

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』

スパイダーマンファー・フォロム・ホームトニー・スタークが望んだ幸せがここにある。
アイアンマンを失った世界で、スパイダーマンはどう生きていくのか。トニー・スタークを失った世界で、ピーター・パーカーはどう成長していくのか。
未来を自分で明るく照らすからこそ、人は成長する。様々なヒーローが歩んだ道を、今スパイダーマンも歩み始めている。

ピーター・パーカーにとって、トニー・スタークはスーパーヒーローとしての大先輩というよりも、もはや父親的存在だ。そんな彼が世界を守るために指パッチンでこの世を去ったら、当然残された者の心には大きな穴が開く。唯一無二の存在だったからこそ、どう頑張っても埋めることの出来ない大きな穴が。

世界よりもご近所を守ることを最優先にしてきたスパイダーマンにとって、アイアンマンの代理を務めるなどは想像も出来ない、とてつもなく大きな負担であり、不安でもある。
しかもピーター・パーカーはまだ16歳の高校生。世界の明日よりも、自分の恋心を最優先したいのは、もはや思春期ボーイとしては当然のことである。

だから彼はニック・フューリーからの電話には出ない。学生仲間とのヨーロッパ旅行先で現れたエレメンタルズを倒した謎のヒーロー:ミステリオにも加勢はするが、自らが先頭に立って戦おうとはしない。
なぜなら彼はアイアンマンのようにはなれないから。トニー・スタークのようには他人を引っ張ることが出来ないから。ドクター・ストレンジやキャプテン・マーベルが戦ってくれたら…とまで思ってしまうほど、自分の未熟さと無力さを知っているからこそ、彼はニック・フューリーの誘いにも乗らず、逆にトニーの形見のサングラスまでを善き相談相手になってくれたミステリオに渡してしまう。

しかし人は信じたいものを信じるもの。ピーターはトニーのように歩む道を示してくれる大人を欲していたからこそミステリオを信じたのだろうが、そのミステリオはトニー・スタークに恨みを持つ技術者集団のボスであり、ドローンによる投影や振動による破壊で人々に幻影を見せることで、自らを新たなヒーローとして人々に信じ込ませようとしたヴィラン。

そんな幻影を駆使するヴィランに立ち向かうピーターだが、ニック・フューリーからは覚悟を決めろと言われても心が決めれず、善き理解者であり善き叔父のような存在でもあるハッピー・ホーガンはメイおばさんと恋仲になってそうで心が揺れるうえに、一足先に心だけは少年から男になった「イスの男」ことネッドだけでなく、愛しのMJにも正体がバレたということもあって、もう心は動揺するばかり。

けれどそのMJやネッドに危機が及ぶとなっては、もはやスーパーヒーローとしてではなく、一人の男として戦う覚悟を決めなければならない。
アイアンマンの代わりを務めるために戦うのではない。ピーター・パーカーとして、スパイダーマンとして、アイアンマンのように守りたい人を守るために戦うのだ。

そんな心が一回り大きくなったスパイダーマンがミステリオ率いるドローン軍団に真正面から戦いを挑む。誰の助けを求めるでもなく、トニー・スタークに見出された才能を如何なく発揮し、トニー・スタークに誇ってもらえるような活躍でヴィランを追い詰めていく。

その先に待っているのは、もう幻影に迷わされることのない新たなスーパーヒーローの誕生と、思春期少年には最も嬉しいMJとのハグとキスと恋人関係への進展。それはトニー・スタークが望んでいた幸せであり、彼と共に少年ヒーローの成長を見てきたファンとしても、この甘酸っぱい幸せに思わず頬が緩んでしまう。

ただ気になることがあるのは、やはりEDロール途中と、EDロール終わりのシーン。トビー・マグアイア版以来となる同じJ・ジョナ・ジェイムソン編集長役で登場したJ.K.シモンズによる、ミステリオを殺した真犯人スパイダーマンだという誤報と、スパイダーマンの正体をバラされた事実。
そしてそんな危機に対処してくれるはずのニック・フューリーがタロスだと?本物は宇宙でヴァカンスだと?この流れだとキャプテン・マーベルの続編も確実にあるよね?

嗚呼、トニー・スタークが去っても、アベンジャーズは永遠に不滅です!

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 17:26│Comments(6)clip!映画レビュー【さ行】 

この記事へのコメント

1. Posted by BROOK   2019年06月28日 19:52
フェイズ3を締めくくるのに相応しい作品となっていましたね♪

ピーターがヒーローとしての階段を昇り始める…そんな矢先のラストの展開。
正体をバラされてしまって、今後どうなるのでしょう?
そして、フューリーはスクラル人の宇宙船でバカンス中…
こっちはこっちで気になるところです。
フェイズ4の展開は夏に発表されるようなので、情報が待たれます。
2. Posted by メビウス   2019年07月02日 05:23
にゃむばななさんおはようございます♪

親愛なる隣人以上になれないと決め込み、ヒーローとしての自信もあまり持てなくなってしまってたピーターの苦悩は、エンドゲームを観たからこそ理解できるものもありますよね。ホームカミングの時とも違い怒ったり戒めてくれる恩師もいないからこそ、過ちを犯してもトニーの遺志をきちんと汲み取り、そして自分の意志でヒーローとしての責務を自覚して自信を取り戻していく・・その過程が今回とてもドラマチックで良かったと思いました^^

3. Posted by にゃむばなな   2019年07月06日 23:49
BROOKさんへ

トニー・スタークがいなくなりましたが、ピーター・パーカーの成長が代わりに楽しみになる、そんな作品でしたね。
淋しさが少し明るい希望に代わった。そんな感じもしましたよ。
4. Posted by にゃむばなな   2019年07月06日 23:53
メビウスさんへ

そうそう、『エンドゲーム』ありきの感動がいいんですよね。
恩師がいない世界で、どうヒーローとしての責務と向き合っていくか。
それが凄くよく描かれていたのが、何とも感動的でしたよ。
5. Posted by ノルウェーまだ〜む   2019年07月16日 23:14
にゃむばななさん☆
PCの修理が終わってようやくブログ再開できました!
面白かったですね〜〜
エンドゲームで締めくくっていよいよ卒業しようと思ったのに、今からすでに次回作が楽しみで仕方ないです!
6. Posted by にゃむばなな   2019年07月17日 01:13
ノルウェーまだ〜むさんへ

おかえりなさ〜い。
いやいや、まだまだこのシリーズは続きますよ。
一緒にスパイダーマンの成長を見守っていきましょうよ!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載