映画予告編

2019年05月31日

6月戦線映画あり!

まさか5月に映画館で見た映画がたった1本とは…。このままだと映画ファンとしての人生が終わってしまう。映画館に通う日々に戻らないと…。でも興味深い映画は公開されるの?それが気になる〜!ヤクルトスワローズの連敗記録がいつ止まるのかも気になる。だって49年ぶりの15連敗ですもん。

てな不安だらけの6月の注目作をピックアップです。

【6/7〜】
●『アラジン』
ディズニーはこれから名作の実写化を本格化させるのか?
●『海獣の子供』
STUDIO4℃最新作。
●『スノー・ロワイヤル』
リーアム・ニーソン、雪深い田舎町でもキレる!
●『町田くんの世界』
石井裕也監督最新作。

【6/14〜】
●『メン・イン・ブラック:インターナショナル』
神様とその部下が違う形で地球を救う!
●『ガラスの城の約束』
ブリー・ラーソン最新作。

【6/15〜】
●『さよなら、退屈なレオニー』
カナダ・ケベック発、青春ダイヤリー。

【6/21〜】
●『X-MEN:ダーク・フェニックス』
ジーン・グレイを主軸にした新ストーリー。
●『きみと、波にのれたら』
湯浅政明監督最新作。
●『パピヨン』
1974年『パピヨン』をリメイク。

【6/22〜】
●『アンノウン・ソルジャー 英雄なき戦場』
フィンランド発、ソ連との戦いを描いた戦争映画。

【6/28〜】
●『COLD WAR あの歌、2つの心』
本年度アカデミー監督賞ノミネート作品。
●『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
アベンジャーズはまだまだ続くと信じます。
●『新聞記者』
権力vs.メディア。


てな訳で6月の注目作は
『X-MEN:ダーク・フェニックス』
『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
『COLD WAR あの歌、2つの心』
『メン・イン・ブラック:インターナショナル』
『町田くんの世界』

深夜らじお@の映画館は疲れを溜めない6月にしようと思います。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 23:54|PermalinkComments(4)clip!

2019年04月29日

5月戦線映画あり?

いよいよ明後日から新元号:令和。10連休の恩恵をあまり受けない仕事とはいえ、映画業界発祥でもあるゴールデンウイークなのに、やはりヒーロー軍団のラストゲームのおかげか、見たい映画がない!そのゴールデンウイークが終わっても、気になる映画が少ない!だから記事タイトルも「映画あり!」から「映画あり?」に代わっちゃったよ!

てな映画ファン歴22年、まさかこんな1ヶ月が来るとはと驚きの5月の注目作をピックアップです。

【5/3〜】
●『ドント・ウォーリー』
ガス・バン・サント監督最高傑作との呼び声。

【5/10〜】
●『轢き逃げ 最高の最悪な日』
水谷豊監督第2回作品。
●『ラ・ヨローナ〜泣く女〜』
中南米に伝わるホラー。

【5/17〜】
●『アメリカン・アニマルズ』
ドキュメンタリーとドラマのハイブリット作品。
●『居眠り磐音』
新たな時代劇ヒーロー、現る?

【5/24〜】
●『空母いぶき』
戦争映画か、それとも戦争ゲーム映画か。
●『貞子』
中田秀夫監督が再び!
●『パリ、嘘つきな恋』
フランス発、コメディな大人のラブストーリー。

【5/31〜】
●『アナと世界の終わり』
歌って踊る、青春ゾンビストーリー。
●『長いお別れ』
中野量太監督、最新作。


てな訳で5月の注目作は
『アメリカン・アニマルズ』
『長いお別れ』
『アナと世界の終わり』

深夜らじお@の映画館は平成のうちに免許更新が出来なかったので、次の更新時には有効期限表記が令和になってます。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 23:20|PermalinkComments(2)clip!

2019年03月30日

4月戦線映画あり!

いよいよ新元号に代わるまであと1ヶ月であり、まさに平成最後の1ヶ月ともなる4月。
なのに、どうしてなんだ〜!こんなにも楽しみな映画が少ないなんて!そりゃもちろん誰もがあのシリーズ最終作が気になるのは分かりますよ。でもそれまでにも時間は十分にあるのに!
もうこうなりゃ空いた時間は婚活に使ってやる!ただそれで注目作を見逃すのだけは避けるようにせねば!

てな訳で婚活と映画鑑賞を頑張りたい4月の注目作をピックアップです。

【4/5〜】
●『バイス』
ディック・チェイニー副大統領を描く、第91回アカデミー賞作品賞ノミネート作品!

【4/12〜】
●『ハンターキラー』
潜水艦映画に外れナシ。この映画でもそのジンクスは通用するのか?
●『ビューティフル・ボーイ』
薬物依存から抜け出すのは家族の支援あってのこと。
●『魂のゆくえ』
第91回アカデミー脚本賞ノミネート作品。
●『荒野にて』
殺処分される競争馬と15歳の少年、旅に出る。

【4/19〜】
●『シャザム!』
(仮)が取れました。
●『愛がなんだ』
今泉力哉監督最新作。
●『ある少年の告白』
ジョエル・エドガートン監督、最新作。

【4/26〜】
●『アベンジャーズ/エンドゲーム』
本当にアベンジャーズは終わってしまうの?
●『バースデー・ワンダーランド』
原恵一監督最新作!

【4/27〜】
●『パパは奮闘中!』
現代版『クレイマー、クレイマー』


てな訳で4月の注目作は
『アベンジャーズ/エンドゲーム』
『バイス』
『シャザム!』
『魂のゆくえ』

深夜らじお@の映画館は5月生まれなので、平成のうちに免許更新をしたいと思います。それなら有効期限の表記はまだ平成のままですよね?

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 23:59|PermalinkComments(4)clip!

2019年02月28日

3月戦線映画あり!

アカデミー賞授賞式が終わり、映画ファンとして今年一年の指針が決まったのも束の間。2月に続き、3月も見たい映画が多すぎるではありませんか!年度末で忙しい時に何でこんなに詰め込むかな?もしかしてシフト勤務者には何の恩恵もない悪魔の10連休対策が今から始まっているの?
こちらはホワイトデーのお返しを選ぶことに忙しいのに、少しは考慮してよ!

てな訳で2ヶ月連続で休みは全て映画三昧覚悟の3月の注目作をピックアップです。

【3/1〜】
●『グリーンブック』
祝!第91回アカデミー賞作品賞受賞!
●『移動都市/モータル・エンジン』
ピーター・ジャクソンは監督ではありません。製作です。
●『天国でまた会おう』
第43回セザール賞にて5冠達成!

【3/8〜】
●『運び屋』
クリント・イーストウッド監督主演作。これで最後?
●『スパイダーマン:スパイダーバース』
祝!第91回アカデミー賞アニメ作品賞受賞。
●『ウトヤ島、7月22日』
72分間ワンカット!

【3/15〜】
●『キャプテン・マーベル』
ニック・フューリーが片目になった理由も分かるかも?
●『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』
イギリス王室はいつの時代もドロドロしてますな。
●『サンセット』
ネメシュ・ラースロー監督、最新作。

【3/22〜】
●『ブラック・クランズマン』
祝!第91回アカデミー賞脚色賞受賞!
●『バンブルビー』
もう監督はマイケル・ベイじゃない!
●『ビリーブ 未来への大逆転』
なんと、監督はミミ・レダーだ!

【3/29〜】
●『ダンボ』
ティム・バートンがダンボを描く!
●『大脱出2』
シルベスター・スタローンがまた脱出します。
●『記者たち 衝撃と畏怖の真実』
ロブ・ライナーが描くイラク戦争の大義を疑った記者たちの姿。


てな訳で3月の注目作は
『グリーンブック』
『キャプテン・マーベル』
『ブラック・クランズマン』
『ウトヤ島、7月22日』
『記者たち 衝撃と畏怖の真実』
『運び屋』
『ダンボ』
『スパイダーマン:スパイダーバース』

深夜らじお@の映画館のまだホワイトデーのお返しを何にするかを決めていません。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 18:00|PermalinkComments(6)clip!

2019年01月30日

2月戦線映画あり!

アカデミー賞発表がある2月は久しぶりに見たい映画が多い。いや多すぎる!何でもっと分散出来なかったんや!と思えるほど、多すぎる。一年で一番短い月なのに…。
けれどアカデミー関連は微妙に3月にズレてたりしているんですよね。まぁビジネスの関係上、仕方ないんですけど…。

てな訳で休みは全て映画三昧覚悟の2月の注目作をピックアップです。

【2/1〜】
●『メリー・ポピンズ リターンズ』
53年ぶりに続編公開!
●『フロントランナー』
大統領選最有力候補はなぜ落選したのかという実話。
●『七つの会議』
池井戸潤先生作品は映画化に向いているのか?
●『バーニング劇場版』
イ・チャンドン監督、村上春樹短編小説を映画化。

【2/8〜】
●『アクアマン』
ジャスティス・リーグで最も魅力的なヒーローだ!
●『ファースト・マン』
デイミアン・チャゼル監督最新作。
●『劇場版シティーハンター新宿プライベートアイズ』
山寺宏一さんが重要人物役に出世してる!

【2/15〜】
●『女王陛下のお気に入り』
アカデミー賞最有力候補は女と女の戦い。
●『フォルトゥナの瞳』
百田尚樹原作を三木孝浩監督が映画化。
●『半世界』
阪本順治監督、主演稲垣吾郎。

【2/22〜】
●『アリータ バトル・エンジェル』
ジェームズ・キャメロンの魂が蘇る!
●『THE GUILTY/ギルティー』
電話の声と音だけで誘拐事件は解決出来るのか。
●『ビール・ストリートの恋人』
バリー・ジェンキンス監督最新作。


てな訳で2月の注目作は
『女王陛下のお気に入り』
『THE GUILTY/ギルティー』
『メリー・ポピンズ リターンズ』
『ビール・ストリートの恋人』
『アクアマン』
『ファースト・マン』
『劇場版シティーハンター新宿プライベートアイズ』
『バーニング劇場版』

深夜らじお@の映画館の2月は休みの使い方で苦労しそうです。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 23:50|PermalinkComments(2)clip!

2019年01月04日

1月戦線映画あり!

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
正月3ヶ日は仕事ということもありまして、実は今日が唯一の正月休み。なのに、世間は今日から仕事始め。
まるで学生時代の文化祭で、委員会の仕事を急いで終わらせてクラスの打ち上げに参加しようと思ったら既に終わっており、気を利かせてくれた友人が残してくれた飲食物を打ち上げの残り香が消えていくなかで食べるような、本当に心が淋しくなる一日でした。
しかも初詣で引いたおみくじは半吉で「何事も待て」と書かれているにも関わらず、待ち人の項目だけは「来ず」ってどないやねん!ですよ。

てな訳でそんな2019年は前向きに生きてやる!待つところは待って、他は攻めにいってやる!と思えた1月の注目作をピックアップです。

【1/5〜】
●『迫り来る嵐』
1997年を舞台にした中国で連続殺人犯を捕まえようとする男のサスペンス。

【1/11〜】
●『クリード 炎の宿敵』
『ロッキー4』の続きが、まさか息子同士の対決で見れるなんて!
●『蜘蛛の巣を払う女』
「ミレニアム」シリーズ、まさかの第4作目を映画化!

【1/12〜】
●『未来を乗り換えた男』
クリスティアン・ペッツォルト監督、最新作。

【1/18〜】
●『ミスター・ガラス』
『アンブレイカブル』『スプリット』そしてM・ナイト・シャマランが復活するのか…。

【1/19〜】
●『バハールの涙』
イスラム国に抗った女性たちの物語。

【1/25〜】
●『サスペリア』
イタリアの傑作ホラーのリメイク。
●『二階堂家物語』
なら国際映画祭映画制作プロジェクト作品。
●『ナチス第三の男』
ラインハルト・ハイドリヒ。ナチスで最も危険な男に迫る。


てな訳で1月の注目作は
『クリード 炎の宿敵』
『ミスター・ガラス』
『蜘蛛の巣を払う女』

深夜らじお@の映画館は1月も見たい映画が少なすぎて困ってます。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 23:40|PermalinkComments(2)clip!

2018年11月29日

12月戦線映画あり!

平成最後の正月映画のはずなのに、なぜなんだ!こんなに注目作が少なすぎるのは!
本来なら各映画会社がイチオシの大作を並べてくるのがこの12月の醍醐味のはずなのに…。
てな訳で私は婚活を頑張ります!でももちろん映画館通いはやめません!な12月の注目作をピックアップです。

【12/1〜】
●『彼が愛したケーキ職人』
エルサレムを舞台にした人間賛歌。
●『斬、』
塚本晋也監督最新作。関西では12月から公開!

【12/7〜】
●『来る』
中島哲也監督、ホラー映画に挑みます!
●『パッドマン 5億人の女性を救った男』
平野秀朗センセが絶賛されてます!

【12/14〜】
●『グリンチ』
ジム・キャリー主演作品が懐かしい…。

【12/15〜】
●『マイ・サンシャイン』
ハル・ベリーxダニエル・クレイグxロサンゼルス暴動。

【12/21〜】
●『アリー/スター誕生』
レディ・ガガxブラッドリー・クーパー監督作品!

【12/28〜】
●『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』
夜更けにバナナでは胃に残りませんか?


てな訳で12月の注目作は
『アリー/スター誕生』
『パッドマン 5億人の女性を救った男』
『斬、』

深夜らじお@の映画館は今年のベスト10を選ぶ作業を本格化します。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 23:59|PermalinkComments(2)clip!

2018年10月28日

11月戦線映画あり!

ミニシアターの秋映画での注目作がまだ全て見れておりませぬ!とばかりに、充実し始めているが結果はまだ出ていない婚活やら人手不足甚だしい仕事やらで、とにかく映画を見る時間を確保するのも大変な10月が終わり、正月映画の足音が聞こえ始める11月。
なのに、今年の正月映画に大作はあるの?というか、もしかして11月上旬公開作品から正月映画扱い?とばかりに大変な1ヶ月になりそうな予感。
てな訳で34年ぶりの日本一を目指す広島東洋カープ頑張れ!そのパワーを頂いて、私は映画館へ行きます♪という気合い満々な11月の注目作をピックアップです。

【11/2〜】
●『ヴェノム』
このヴィラン映画を待ってたぜい!
●『スマホを多く落しただけなのに』
そういう風に軽く考えているからトラブルに巻き込まれるのです!
●『華氏911』
マイケル・ムーア、ジョージ・ブッシュの次はドナルド・トランプですか!

【11/9〜】
●『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』
別の意味でイギリス最強のスパイが帰ってきた!
●『ボヘミアン・ラプソディ』
QUEENの伝記映画だ!股間にナスを入れてた話は描かれないよね…。

【11/16〜】
●『人魚の眠る家』
重そうな原作は東野圭吾作品。でも映画は重く感じさせない堤幸彦監督作品。
●『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』
今回はドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作品ではないのか…。

【11/17〜】
●『A GHOST STORY』
シーツ姿版『ゴースト』?

【11/23〜】
●『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』
ジュード・ロウvs.ジョニー・デップが主役以上に気になります!
●『えちてつ物語〜わたし、故郷に帰ってきました。〜』
横澤夏子、女優として主役張ってます!

【11/30〜】
●『くるみ割り人形と秘密の王国』
ラッセ・ハルストレムとジョー・ジョンストンが監督だと!?
●『ヘレディタリー/継承』
サンダンス映画祭にてホラーの常識を覆した最高傑作と評価されたホラー。


てな訳で11月の注目作は
『ヴェノム』
『ボヘミアン・ラプソディ』
『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』

深夜らじお@の映画館はそろそろ今年のベスト10を選ぶ作業を始めたいと思います。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 23:53|PermalinkComments(2)clip!

2018年08月30日

9月戦線映画あり!

残暑はまだまだ厳しいのに、気が付けば秋映画到来の9月。今年も残り4ヶ月。芸術の秋に浸っているうちに気が付けば正月映画の季節が来ますよ!
猛暑日が続く異常事態に比例するように、魅力的な夏映画に少々少なすぎた今年だからこそ、秋映画には期待したいのですが…9月はどうなんでしょうかね〜?
てな訳でそんな秋風が淋し気な心に沁み始めてくる9月の注目作をピックアップです。

【9/1〜】
●『寝ても覚めても』
濱口竜介監督、商業映画デビュー!おめでと〜!
●『君の膵臓を食べたい』
アニメでも映画化しちゃうのね?

【9/7〜】
●『累-かさね-』
女優同士、キスでフェイス・オフ!ではなく、フェイス・チェンジです。
●『500ページの夢の束』
トレッキーは必見ですか?
●『MEGザ・モンスター』
ジョン・タートルトーブ監督、仕事選んでますか?

【9/14〜】
●『ザ・プレデター』
我らがプレデター、復活!
●『プーと大人になった僕』
これは中年以降の者にとっては自分自身の物語か?

【9/15〜】
●『リグレッション』
アレハンドロ・アメナバール監督、久しぶりではないか!

【9/21〜】
●『コーヒーが冷めないうちに』
4回泣けます。本当に?
●『スカイスクレイバー』
ザ・ロック様、今度は超高層ビルから飛びます!飛びます!
●『パパはわるものチャンピオン』
棚橋弘至兄貴、初主演!

【9/28〜】
●『クワイエット・プレイス』
予告編を見ると、銃を構える時に思いっきり音出てますよ!
●『散り椿』
本編よりも「ひらパー」のパロディーポスターが楽しみです♪

【9/29〜】
●『運命は踊る』
第74回ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞受賞作品。


てな訳で9月の注目作は
『プーと大人になった僕』
『ザ・プレデター』
『寝ても覚めても』

深夜らじお@の映画館は10月映画に期待したいと思います…。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 17:00|PermalinkComments(2)clip!

2018年07月31日

8月戦線映画あり!

困った!困った!コマドリ姉妹…がまさか2ヶ月連続で続くなんて…。こんなこと島木譲二兄貴でも予想出来ないよとばかりに、8月も見たい映画が少なすぎる!夏映画の季節なのに少なすぎる!という異常事態。
もうこうなれば、第100回を迎える高校野球に我が地元の明石商業高校が出場するから、そちらに注力しちゃうぞ!
てな訳で甲子園での熱戦も気になる8月の注目作をピックアップです。

【8/1〜】
●『インクレディブル・ファミリー』
字幕版がほとんど公開されない!

【8/3〜】
●『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』
イーサン・ハントのアクションはどんどんムチャになっていく…。

【8/4〜】
●『2重螺旋の恋人』
フランソワ・オゾン監督最新作。
●『詩季織々』
新海誠監督の某作品を意識しすぎでしょ!

【8/10〜】
●『オーシャンズ8』
出演女優陣は豪華。それ以外に魅力が見つからねぇ〜!

【8/24〜】
●『マンマ・ミーア!ヒア・ウィー・ゴー!』
何年ぶりの続編だ?
●『検察側の罪人』
原田眞人監督x木村拓哉x二宮和也。
※『カメラを止めるな!』
ようやく神戸でも上映開始だ!

【8/25〜】
●『若い女』
第70回カンヌ国際映画祭カメラドール受賞作品。
●『皇帝ペンギン ただいま』
こちらも何年ぶりの続編だ?

【8/31〜】
●『アントマン&ワスプ』
体長1.5cmのヒーローが帰ってきた!
●『判決、ふたつの希望』
第90回アカデミー外国語映画賞ノミネート作品。
●『マガディーラ 勇者転生』
『バーフバリ』のスタッフ、再集結。


てな訳で8月の注目作は
『カメラを止めるな!』
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』
『アントマン&ワスプ』

深夜らじお@の映画館は甲子園に行くかどうか迷ってます。だって今年は暑すぎるんだもん…。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 19:00|PermalinkComments(4)clip!

2018年06月30日

7月戦線映画あり!

困った!困った!コマドリ姉妹…。まさに島木譲二兄貴のこの名セリフの如く、見たい映画が少なすぎる!夏映画の季節なのに少なすぎる!という異常事態に陥っている7月。
暑い時こそ映画館で涼みながらというのが贅沢なのに、見たい映画がなければ映画館に入る理由もなくなってしまうではあ〜りませんか!
てな訳でそんなチューイングボン♪な7月の注目作をピックアップです。

【7/6〜】
●『セラヴィ!』
『最強のふたり』の監督最新作だそうです。
●『バトル・オブ・セクシーズ』
テニスの女子チャンピオン、男子チャンピオンに挑戦す!という実話。

【7/7〜】
●『エヴァ』
イザベル・ユペール様、最近こんな役ばっかり?
●『菊とギロチン』
瀬々敬久監督最新作。大正末期の女相撲一座の青春群像劇。
●『REVENGE リベンジ』
女性監督がこんな恐ろしい映画を撮ったのか!
●『ルームロンダリング』
未練たらたらな幽霊のお悩み解決いたします。

【7/13〜】
●『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
このシリーズ、まだまだ引っ張りますなぁ〜。

【7/20〜】
●『未来のミライ』
細田守監督、最新作。

【7/21〜】
●『悲しみに、こんにちは』
2018年アカデミー賞スペイン代表。

【7/27〜】
●『ウィンド・リバー』
テイラー・シェリダン、初の監督作品!


てな訳で7月の注目作は
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』
『未来のミライ』
『ウィンド・リバー』

深夜らじお@の映画館は7月をどう過ごしましょうか?

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 17:02|PermalinkComments(2)clip!

2018年05月28日

6月戦線映画あり!

気が付けば、もうすぐ2018年の半分が終わるではないか!私の30代もあと1年を切ってしまっているではないか!映画ファン歴は21年目に突入しても、結婚もせずにどうしたものか…。そんなことを思いながらも、だって映画は楽しくてやめれないんだもん!と思っちゃう今日この頃。
てな訳で夏映画の足音が聞こえ始めている6月の注目作をピックアップです。

【6/1〜】
●『デッドプール2』
そういえば、この方たちもマーベル・ヒーローですね。
●『ビューティフル・デイ』
第70回カンヌ国際映画祭脚本賞・男優賞受賞作品。
●『レディ・バード』
ゴールデン・グローブ賞ミュージカル部門作品賞・主演女優賞受賞。

【6/8〜】
●『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』
こんなことをされたら、いたずら好きな私は必ず仕返しをします。
●『万引き家族』
是枝裕和監督作品、パルムドール受賞!
●『Vision』
河鹹照監督作品にジュリエット・ビノシュ出演!
●『羊と鋼の森』
第13回本屋大賞小説を映画化。
●『30年後の同窓会』
リチャード・リンクレター監督最新作。

【6/9〜】
●『終わった人』
あの中田秀夫監督がコメディですか!

【6/15〜】
●『空飛ぶタイヤ』
池井戸潤先生、初の映画化作品。
●『ニンジャバットマン』
バットマンとジョーカー、戦国時代の日本で戦います。
●『ワンダー 君は太陽』
ジェイコブ・トレインブレイくんの新作です!

【6/16〜】
●『ALONE/アローン』
アーミー・ハマー、地雷を踏んで動けず52時間。
●『ゲッベルスと私』
ナチス宣伝大臣ヨーゼフ・ゲッベルスの秘書が語る真実。
●『ゆずりは』
コロッケさんが「おくりびと」に…。
●『夜の浜辺でひとり』
ホン・サンス監督x主演女優キム・ミニ。

【6/22〜】
●『オンリー・ザ・ブレイブ』
森林消防団版『バックドラフト』なのか!
●『焼肉ドラゴン』
2008年に国内演劇賞を総ナメした伝説の舞台を映画化。

【6/23〜】
●『女と男の観覧車』
ウディ・アレン監督、最新作。
●『告白小説、その結末』
ロマン・ポランスキー監督、最新作。

【6/29〜】
●『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
ハン・ソロとチューバッカの若き日が描かれる!

【6/30〜】
●『正しい日 間違えた日』
ホン・サンス監督x主演女優キム・ミニ。

てな訳で6月の注目作は
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』
『レディ・バード』
『万引き家族』
『空飛ぶタイヤ』
『ワンダー 君は太陽』

深夜らじお@の映画館の6月は仕事よりも映画鑑賞を優先したいです。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 23:21|PermalinkComments(2)clip!

2018年04月30日

5月戦線映画あり!

GW映画はヒーロー軍団の圧勝かと思われるほど、話題を掻っ攫うなか、気が付けば明日から5月。また新しい月が始まれば、新しい映画との出会いも増える。
てな訳で映画業界発の言葉であるゴールデンウィーク。その言葉通りに今年もあれこれ映画を見たいのですが、ほとんどお仕事なんですよね〜。
まぁ、何はともあれ、その昔「なにわともあれ赤井英和」という番組もありましたが、5月の注目作をピックアップです。

【5/4〜】
●『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』
ナンシー・ケリガン襲撃事件の裏側が分かるのか!
●『サバービコン 仮面を被った街』
ジョージ・クルーニー監督、コーエン兄弟脚本。
●『ホース・ソルジャー』
ジェリー・ブラッカイマー製作の実話。
●『ラプラスの魔女』
キャストが豪華すぎて逆に興味が薄れる…。

【5/11〜】
●『ボストン ストロング〜ダメな僕だから英雄になれた〜』
ボストンマラソン爆破事件の被害者の実話。
●『ミッドナイト・サン〜タイヨウのうた〜』
邦画のリメイクです。懐かしいなぁ〜。
●『モリーズ・ゲーム』
セレブたちはこんな遊びをしていたのか。

【5/12〜】
●『弧狼の血』
白石和彌監督最新作。こちらもキャストが豪華すぎる。
●『四月の永い夢』
第39回モスクワ国際映画祭批評家連盟賞受賞。
●『フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法』
世界で最もマジカルな場所の近くでシングルマザーと6歳の少女が…。
●『私はあなたのニグロではない』
黒人による差別との闘いを描いたドキュメンタリー。

【5/18〜】
●『ランペイジ 巨獣大乱闘』
巨大かが止まらないのか!

【5/25〜】
●『ゲティ家の身代金』
世界一の大富豪の孫が誘拐された実話を映画化。
●『犬ヶ島』
ウェス・アンダーソン監督による日本を舞台にしたストップモーションアニメ。
●『恋は雨上がりのように』
雨が絡んだ恋物語には秀作が多いんだよね〜。
●『友罪』
神戸児童連続殺傷事件から発想された同名小説の映画化。

【5/26〜】
●『ファントム・スレッド』
ダニエル・デイ・ルイス、ついにこの作品で俳優を引退。


てな訳で5月の注目作は
『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』
『ファントム・スレッド』
『恋は雨上がりのように』
『ゲティ家の身代金』
『ランペイジ 巨獣大乱闘』

深夜らじお@の映画館のGWは2日しかありません。しかも飛び石で。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 19:30|PermalinkComments(2)clip!

2018年03月26日

4月戦線映画あり!

アカデミー賞発表が終われば、受賞作やノミネート作が次々と見れる4月。そしてゴールデンウイーク映画も見れる4月。
あぁ、忙しい、忙しい。映画も、仕事も、婚活も…と言いたい4月にしたいですね。特に婚活は頑張らねば…。だってもうすぐまた1つ歳を重ねてしまうので…。

てな訳で桜並木も楽しむことの出来る、そんな4月公開の注目作をピックアップしたいと思います。

【4/6〜】
●『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』
前作よりも中身がなさそう〜。

【4/7〜】
●『きみへの距離、1万キロ』
地球の反対側から、監視ロボットを通じて出逢う男女の恋物語。
●『ラブレス』
本年度アカデミー外国語映画賞ノミネートのロシア映画。

【4/13〜】
●『パシフィック・リム:アップライジング』
なぬ?綿谷新も出演しているのか!

【4/14〜】
●『女は二度決断する』
本年度ゴールデングローブ外国語映画賞受賞のドイツ映画。
●『さよなら、僕のマンハッタン』
マーク・ウェブ監督最新作。
●『ラッカは静かに虐殺されている』
シリア内戦を描いたドキュメンタリー。

【4/20〜】
●『レディ・プレイヤー1』
予告編にアイアン・ジャイアントが出てませんか?
●『いぬやしき』
奥浩哉先生原作x佐藤信介監督、『GANTZ』のコンビ再び。

【4/21〜】
●『タクシー運転手〜約束は海を越えて〜』
韓国で2017年No.1ヒット作はソン・ガンホ主演作品。
●『ロンドン、人生はじめます』
ダイアン・キートン主演作。

【4/27〜】
●『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』
ついにあの最凶軍団が仲間に加わるのか?
●『君の名前で僕を呼んで』
本年度アカデミー脚色賞受賞作品。

【4/28〜】
●『ザ・スクエア 思いやりの聖域』
本年度アカデミー外国語映画賞ノミネート及びカンヌ国際映画祭パルムドール受賞のスウェーデン映画。


てな訳で4月の注目作は
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』
『タクシー運転手〜約束は海を越えて〜』
『パシフィック・リム:アップライジング』
『君の名前で僕を呼んで』
『ラブレス』
『ザ・スクエア 思いやりの聖域』
『女は二度決断する』

深夜らじお@の映画館は既に4月27日は休みを取っています!

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 23:06|PermalinkComments(2)clip!

2018年02月27日

3月戦線映画あり!

アカデミー賞授賞式が最大のイベントとなる3月。さて今年はどのような結果になるのか。そしてフェイ・ダナウェイの二番煎じは起きうるのか。いろんな意味でも楽しみです。今年もTwitter速報隊のみなさん、よろしくお願い致します。

とはいえ、映画ファンたる者、授賞式も大事ですが、日本で公開される映画も大事。いや、こちらがメインですからね。

てな訳でそんな3月公開の注目作をピックアップしたいと思います。

【3/1〜】
●『シェイプ・オブ・ウォーター』
ギレルモ・デル・トロ監督、オスカー受賞なるか!
●『15時17分、パリ行き』
当事者による再現ドラマ。クリント・イーストウッドも挑戦的ですなぁ。
●『ブラックパンサー』
国王自ら覆面ヒーローにならんでも…。

【3/2〜】
●『ダウンサイズ』
もし私が小さくなったら…スケベなことしか考えられない!

【3/3〜】
●『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』
カナダで最も有名な画家の人生を描きます。
●『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』
第70回カンヌ国際映画祭脚本賞受賞作品。
●『ハッピーエンド』
ミヒャエル・ハケネ監督最新作。

【3/10〜】
●『北の桜守』
サユリスト「北の」三部作、これにて完結!
●『去年の冬、きみと別れ』
本当に見た人は騙されちゃうのかな〜。
●『坂道のアポロン』
あの学園祭と教会でのセッションが蘇る…。
●『メイド・イン・ホンコン デジタル・リマスター版』
あの素晴らしき映画が再び…。

【3/16〜】
●『リメンバー・ミー』
アカデミーアニメ作品賞受賞なるか?

【3/17〜】
●『馬を放つ』
キルギス映画が日本で公開されます。
●『ちはやふる-結び-』
机くんの一手は、肉まんと太一のコラボは描かれるのか?

【3/21〜】
●『トゥームレイダー ファースト・ミッション』
アリシア・ヴィンキャンデルが新たなララ・クロフトに!

【3/24〜】
●『おみおくり』
女性版「おくりびと」かな?

【3/30〜】
●『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』
アカデミー作品賞ノミネート作品。
●『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』
アカデミー作品賞ノミネート、スティーブン・スピルバーグ監督作品。
●『レッド・スパロー』
ジェニファー・ローレンスがどんどん色っぽくなってます♪
●『ヴァレルアン 千の惑星の救世主』
リュック・ベッソンはどこへ向かっているのか?

てな訳で3月の注目作は
『シェイプ・オブ・ウォーター』
『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』
『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』
『ブラックパンサー』
『レッド・スパロー』

深夜らじお@の映画館はホワイトデーのプレゼント選びで予算が厳しくなり始めています。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 09:00|PermalinkComments(2)clip!

2018年01月31日

2月戦線映画あり!

アカデミー賞ノミネート作品が次々と公開される2月。映画ファンとしては授賞式前に見ることが出来るのであれば是非見たい、出来るだけ期待値をあげずにありのままで楽しみたいと思うもの。

特に今年はオスカーレースの中心を走る2作品が授賞式前に日本でも見ることが出来るのはありがたいことです。個人的にもそれに合わせて仕事も休みを取っておりますので、思う存分映画を楽しみたいと思います。

てな訳でそんな2月公開の注目作をピックアップしたいと思います。

【2/1〜】
●『スリー・ビルボード』
オスカーを獲るのはこの作品なのか!

【2/2〜】
●『RAW〜少女のめざめ〜』
ホラーというよりも奇妙な世界の変な話なのかも…。

【2/3〜】
●『THE PROMISE/君への誓い』
オスマン帝国によるアルメニア人迫害の歴史を映画化。
●『アバウト・レイ 16歳の決断』
エル・ファニング、トランジェスターを演じます。
●『羊の木』
吉田大八監督最新作。
●『ローズの秘密の頁』
ジム・シェリダン監督、5年ぶりの作品。

【2/9〜】
●『マンハント』
ジョン・ウー監督最新作に福山雅治主演!

【2/10〜】
●『犬猿』
吉田恵輔監督最新作。同性の兄弟姉妹って大変ね…。
●『ロープ/戦場の生命線』
国際援助活動家も大変です…。
●『ぼくの名前はズッキーニ』
昨年度アカデミーアニメ作品賞ノミネート作品。
●『悪女/AKUJO』
何か凄いらしいです…。

【2/16〜】
●『グレイティスト・ショーマン』
ヒュー・ジャックマンxミュージカル、再び!
●『リバーズ・エッジ』
各方面での評価が高いではないか!

【2/17〜】
●『パンとバスと2度目のハツコイ』
何か気になる映画だ…。

【2/23〜】
●『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』
ソフィア・コッポラ監督最新作。
●『ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ』
本年度アカデミー脚本賞ノミネート作品。

【2/24〜】
●『空海-KU-KAI-美しき王妃の謎』
陳凱歌監督がこんな作品を撮るとは…。
●『ナチュラルウーマン』
本年度アカデミー外国語映画賞ノミネートのチリ映画。
●『ザ・シークレットマン』
リーアム・ニーソンxウォーターゲート事件。

てな訳で2月の注目作は
『スリー・ビルボード』
『グレイティスト・ショーマン』
『ナチュラルウーマン』
『パンとバスと2度目のハツコイ』
『RAW〜少女のめざめ〜』

深夜らじお@の映画館は気付きました。2月は「めざめ」という副題のつく映画が多いと!

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 12:00|PermalinkComments(2)clip!

2018年01月04日

1月戦線映画あり!

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

実は昨年末よりインフルエンザA型に感染致しまして、大晦日はもちろん、元日も熱に魘される日々を送っておりました。
よって年末年始のコメントのお返しなど、全く出来ておりませぬことをご容赦ください。

現在は体調も回復傾向にありますので、今後ともまたよろしくお願い致します。

てな訳で新年早々から新年を迎えた気が全くしない、そんな1月公開の注目作をピックアップしたいと思います。

【1/5〜】
●『キングスマン:ゴールデン・サークル』
コリン・ファースの再登場を鑑賞前からは明かしてほしくなかったです。
●『嘘八百』
京都出身:佐々木蔵ノ介vs.ご両親が京都出身:中井貴一。

【1/13〜】
●『劇場版マジンガーZ/INFINITY』
伝説のスーパーロボット、復活だぜット!
●『はじめてのおもてなし』
ドイツ人一家、難民青年を受け入れます。

【1/19〜】
●『ジオストーム』
映像だけが凄そうです。

【1/20〜】
●『嘘を愛する女』
恋人の全てが嘘って…、そんなのありですか。
●『ガーディアンズ』
ロシア版ファンタスティック・フォーですがな…。
●『ロング、ロングバケーション』
老夫婦の最後の思い出の旅。

【1/26〜】
●『デトロイト』
キャサリン・ビグロー監督、デトロイト暴動を描きます。

【1/27〜】
●『ジュピターズ・ムーン』
ハンガリー映画。世界が廻る…。

てな訳で1月の注目作は
『キングスマン:ゴールデン・サークル』
『嘘八百』
『デトロイト』

深夜らじお@の映画館は今月中に体調完全復活を成し遂げます。アラフォーなんで時間が掛かるんですよ。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 13:39|PermalinkComments(4)clip!

2017年11月30日

12月戦線映画あり!

2017年を締め括る大事な1ヶ月がやって参りました…と思いきや、配達業の身としてはこの繁忙期、荷物は多いのに人員は少ない環境で体調管理は大丈夫なのか?と不安になるもの。
しかし!それでも映画館に行かなければならないのが映画ファンというもの。特に今年はあのサーガが公開される、つまりは歴史が動く年。これは何が何でも行かなければ!
てな訳でそんな12月公開の注目作をピックアップしたいと思います。

【12/1〜】
●『パーティで女の子に話しかけるには』
ジョン・キャメロン・ミッチェル監督の最新作だ!!
●『探偵はBARにいる3』
『2』は見ていないわ〜。

【12/8〜】
●『オリエント急行殺人事件』
名作を名優で彩ります!
●『否定と肯定』
ホロコーストの史実を創作だと言い張る人間がいるのか…。

【12/9〜】
●『DESTINY 鎌倉ものがたり』
西岸良平先生原作、山崎貴監督のコンビ再び。

【12/15〜】
●『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
エピソード次△弔い法帖
●『ユダヤ人を救った動物園〜アントニーナが愛した命〜』
あの時代、様々な方が命を救うことに尽力されたのか。

【12/16〜】
●『Mr.Long/ミスター・ロン』
SABU監督、お久しぶりです。
●『はじまりのボーイミーツガール』
何だか懐かしい少年少女の恋愛やね〜。
●『8年越しの花嫁 奇跡の物語』
岡山での実話なのか〜。
●『彼女が目覚めるその日まで』
こちらも実話なのか〜。
●『ヒトラーに屈しなかった国王』
ノルウェー国王も苦悩されたのですな。

【12/22〜】
●『フラットラナイーズ』
若手スター作品のリメイクなのに、この地味さは…。
●『カンフー・ヨガ』
ジャッキー・チェンも迷われてますか?


てな訳で12月の注目作は
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
『パーティで女の子に話しかけるには』
『オリエント急行殺人事件』

深夜らじお@の映画館は12月を無事に乗り越えることが出来るかと心配する前に、今年のベスト10を絞り込めるかが心配です。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 23:59|PermalinkComments(2)clip!

2017年10月31日

11月戦線映画あり!

年末差し迫る、木枯らし1号に身を震わせる11月。あぁ、今年ももう少しで終わりか…と思いきや、何とgooまでがトラックバック機能を11月中にサービスの停止を行うことを発表。せっかくlivedoorからTB機能だけを引越しさせたのに…。gooよ、お前もか!
てな訳でそんな心まで淋しくなる11月公開の注目作をピックアップしたいと思います。

【11/3〜】
●『マイティ・ソー バトルロイヤル』
ロンゲ神様がショートカットにされているじゃないですか!
●『氷菓』
何て暗くて静かな「私、気になります」なんだ…。
●『ノクターナル・アニマルズ』
トム・フォード監督、最新作。
●『シンクロナイズドモンスター』
アン・ハサウェイが怪獣と一緒に踊ります♪

【11/10〜】
●『ジグソウ:ソウ・レガシー』
まだこのシリーズは終わらせませんか…。
●『ザ・サークル』
何でそこまでして私生活をSNSにアップしたいのかな〜。

【11/17〜】
●『GODZILLA 怪獣惑星』
今度のコジラはジャパニメーションだ!
●『不都合な真実2:放置された地球』
京都議定書とかパリ協定とか、どないなってるんでしょうね〜。

【11/18〜】
●『ローガン・ラッキー』
スティーブン・ソダバーグ監督、お久しぶりです。

【11/23〜】
●『ジャスティス・リーグ』
地味な5人ですけど、地球を守ります!
●『火花』
又吉先生の相方はようやく渡米されたそうです。
●『gifted/ギフテッド』
マーク・ウェブ監督、最新作。

【11/25〜】
●『光』
三浦しをん原作X大森立嗣監督。


てな訳で11月の注目作は
『ジャスティス・リーグ』
『マイティ・ソー バトルロイヤル』
『光』

深夜らじお@の映画館は11月をもってトラックバック機能の利用から卒業しようと思います。それまではまたよろしくお願いいたします。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 23:59|PermalinkComments(2)clip!

2017年09月28日

10月戦線映画あり!

早いもので今年もあと3ヶ月。ついこの間まで夏映画を見ていたはずなのに、歳を重ねると日々の流れも早く感じてしまうのは淋しい限りです。
さてそんな秋風が心の奥まで届きそうな時にこそ、秋映画で心を満たしましょう!と言いたいところなんですが…、注目作が少なすぎるんですよね〜。
てな訳でそんな10月公開の注目作をピックアップしたいと思います。

【10/6〜】
●『エルネスト』
阪本順治監督がチェ・ゲバラと交流のあった日系人を描きます。

【10/7〜】
●『アウトレイジ 最終章』
やっと終わりますか…。
●『月と雷』
角田光代文学の真骨頂を映画化。
●『ナラタージュ』
行定勲監督も最近ぱっとしませんなぁ〜。

【10/13〜】
●『猿の惑星:聖戦記』
ついにあの伝説の1作目へと繋がるのか…。

【10/14〜】
●『あなた、そこにいてくれますか』
現在の自分が過去の自分と共に愛しの女性を救えるのか?

【10/20〜】
●『アトミック・ブロンド』
MI6にこんなに凄い女性スパイがいたのか!
●『女神の見えざる手』
ジョン・マッデン監督がロビイストを描きます。

【10/21〜】
●『婚約者の友人』
フランソワ・オゾン監督最新作。
●『バリー・シール/アメリカをはめた男』
トム・クルーズは相変わらず若いですなぁ〜。
●『ミックス。』
卓球ブーム、ついに映画界へ!

【10/27〜】
●『ゲット・アウト』
スリラーなんだけど、作品説明を読んでもよく分からない…。
●『ブレードランナー2049』
前作を改めて見直さないと!

【10/28〜】
●『先生!、、、好きになってもいいですか?』
私の中では『ナラタージュ』とイメージが被り始めてます…。
●『リュミエール』
映画の原点はここにあり!

てな訳で10月の注目作は
『ブレードランナー2049』
『猿の惑星:聖戦記』
『アトミック・ブロンド』

深夜らじお@の映画館は10月こそゆっくりしたいです。だって9月は相変わらず忙しかったんだもん…。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

■TBアドレス:http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/7854e21857be24632905b895883251b4/3f こねたみっくすgoo版

acideigakan at 23:59|PermalinkComments(2)clip!

2017年08月31日

9月戦線映画あり!

秋映画の季節がやってきました!中身の薄い大作が多かった夏映画とは違い、見応えのある作品が毎年数多く公開されるこの季節。
仕事も繁忙期を無事に乗り越えたものの、新たなトラブル発生で前途多難ですが、そんな時こそ心行くまで映画を楽しませてもらいまっせ!
てな訳でそんな9月公開の注目作をピックアップしたいと思います。

【9/1〜】
●『新感染 ファイナル・エクスプレス』
正攻法のゾンビ映画。だけどギレルモ・デル・トロが絶賛してます。

【9/8〜】
●『西遊記2〜妖怪の逆襲〜』
待望の続編なのに、なぜ盛り上がらない?

【9/9〜】
●『三度目の殺人』
是枝裕和監督オリジナル脚本作品。
●『ダンケルク』
クリストファー・ノーラン監督初の実話作品。
●『散歩する侵略者』
ジョニー・デップは宇宙から帰還したら侵略者に乗っ取られてましたよ。

【9/15〜】
●『エイリアン:コヴェナント』
エイリアンの誕生秘話シリーズ第2弾!

【9/22〜】
●『あさひなぐ』
今度は薙刀x女子高生x青春ですか…。
●『スイス・アーミー・マン』
絶望役ポール・ダノx死体役ダニエル・ラドクリフ=脱出青春劇?

【9/23〜】
●『ユリゴコロ』
吉高由里子が殺人犯?

【9/29〜】
●『ドリーム』
アカデミー作品賞ノミネート作品。
●『僕のワンダフル・ライフ』
あのラッセ・ハルストレム監督の「犬」作品。

【9/30〜】
●『亜人』
コミックの映画化よりも本広克之監督最新作というのが興味深い!

てな訳で9月の注目作は
『ダンケルク』
『三度目の殺人』
『エイリアン:コヴェナント』
『ドリーム』
『スイス・アーミー・マン』

深夜らじお@の映画館は9月こそゆっくりしたいです。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

■TBアドレス:http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/77ab0f318a03fc5f03b2b25cb21a00bf/3f こねたみっくすgoo版

acideigakan at 00:11|PermalinkComments(4)clip!

2017年07月31日

8月戦線映画あり!

大作は多いのに、これといったヒット作が登場していない様子の今年の夏映画。どんぐりの背比べ状態といいますか、満足度の高い作品は今のところ出逢えておりません。
そんな夏映画もまだまだこれから。大作も話題作も多いだけに、そろそろ満足度の高い作品に出逢えることを期待しつつ、出来れば婚活でもステキな異性と出逢いたいものです…。
てな訳でそんな8月公開の注目作をピックアップしたいと思います。

【8/4〜】
●『トランスフォーマー/最後の騎士王』
最近のマイケル・ベイはこれしか撮っていないのでは?
●『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない第一章』
なぜジョナサンでもジョセフでも承太郎でもなく、仗助なんだ?

【8/11〜】
●『スパイダーマン:ホームカミング』
そういえば某オスカー映画で初代バットマンはアイアンマンに嫉妬してましたな…。

【8/12〜】
●『海底47m』
夏の暑さを忘れさせてくれる映画ですか?

【8/18〜】
●『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』
あの名作が蘇る…!!

【8/25〜】
●『ワンダーウーマン』
マザコンヒーローたちよりも彼女の活躍が楽しみなんです♪
●『エル ELLE』
イザベル・ユペールがGG賞で主演女優賞を受賞した作品。
●『きみの声をとどけたい』
オリジナルアニメ作品が夏映画の台風の目になるのか?

【8/26〜】
●『関ヶ原』
ひらパー園長が石田三成でおまって…。負ける方の大将でっせ。
●『幼な子われらに生まれ』
バツイチ子持ち同士の結婚による家族の物語。


てな訳で8月の注目作は
『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』
『ワンダーウーマン』
『エル ELLE』
『スパイダーマン:ホームカミング』
『きみの声をとどけたい』

深夜らじお@の映画館は現在整体に通って体調を整えております。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

■TBアドレス:http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/49957dcf16306642b0c4c8d8bd827aa9/3f こねたみっくすgoo版

acideigakan at 23:59|PermalinkComments(2)clip!

2017年06月30日

7月戦線映画あり!

livedoorブログのTBが全面廃止になるかと思いきや、6月29日までの記事に関しては引き続きTBの送受信が出来るのかどうか…。受信出来たりしてるんだけどなぁ〜。
さて仕事の繁忙期に入り、人員不足のなか、果たして身体はもつのでしょうか?いやそれ以前に映画を見に行く時間が取れるのでしょうか?不安でなりません。まるで8連敗中で明日の勝利さえ期待できない阪神ファンみたい…。
てな訳で7月公開の注目作をピックアップしたいと思います。

【7/1〜】
●『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』
ディズニーのドル箱映画もついに5作目。

【7/7〜】
●『ジョン・ウィック:チャプター2』
ネオvs.モーフィアス、実現!

【7/8〜】
●『メアリと魔法の花』
スタジオジブリの作品ではありませんよ!
●『ライフ』
真田広之は生き残れるのか!

【7/15〜】
●『パワーレンジャー』
多人種国家アメリカだからこそ、これが見たかったのよ!

【7/21〜】
●『ビニー/信じる男』
首の骨折から舞い戻ったボクサーがいたのか。

【7/22〜】
●『ウィッチ』
サンダンス映画祭監督賞受賞作品。
●『心が叫びたがってるんだ。』
実写化する意味などあるのだろうか?
●『ボン・ボヤージュ〜家族旅行は大暴走〜』
フランス発のロードムービーコメディ。

【7/28〜】
●『君の膵臓をたべたい』
レアでもミディアムでもウェルダンでも私はお断りです。
●『ザ・マミー/呪われた砂漠の女王』
トム・クルーズのアメリカンスマイルが眩しいです。

【7/29〜】
●『海辺の生と死』
奄美が舞台の戦時中の恋物語。
●『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』
マクドナルドの裏側とは…?
●『ローサは密告された』
フィリピン発の社会派作品。


てな訳で7月の注目作は
『パワーレンジャー』
『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』
『ジョン・ウィック:チャプター2』
『ウィッチ』
『海辺の生と死』

深夜らじお@の映画館は7月の休みが少なすぎて困ってます。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

■TBアドレス:http://blog.goo.ne.jp/tbinterface/fbde5cbf894b06ebc10fa63c3b79c7c1/3f こねたみっくすgoo版

acideigakan at 23:55|PermalinkComments(2)clip!

2017年05月31日

6月戦線映画あり!

夏休み映画公開ラッシュ前の6月。梅雨が始まれば映画館が混み合い、7月からの繁忙期前の休みを有効活用する人々で混み合い、失恋したばかりの私の心の中だけはすっからかん状態の6月。
でも夏の始まりは新しい出会いの始まり。てな訳でそんな6月公開の注目作をピックアップしたいと思います。

【6/1〜】
●『LOGAN/ローガン』
ヒュー・ジャックマンがこの役を演じるのも最後か?

【6/3〜】
●『20センチュリー・ウーマン』
マイク・ミルズ監督最新作。
●『ブラッド・ファーザー』
メル・ギブソンが復活だ!

【6/9〜】
●『怪物はささやく』
J.A.バヨナ監督最新作のダークファンタジー。
●『パトリオット・デイ』
ボストンマラソン爆弾テロ事件の裏側とは…?

【6/10〜】
●『22年目の告白-私が殺人犯です-』
こんな内容の韓国映画がありませんでした?
●『セールスマン』
本年度アカデミー外国語映画賞受賞作品!

【6/17〜】
●『おとなの恋の測り方』
背の高い女性と背の低い男性。どっちが本当の意味で小さい?
●『キング・アーサー』
ガイ・リッチー監督最新作。
●『リベンジ・リスト』
ジョン・トラボルタがアクション俳優として帰ってきた!

【6/23〜】
●『フィフティ・シェイズ・ダーカー』
またあの妄想の世界が帰ってきます。

【6/24〜】
●『ありがとう、トニ・エルドマン』
おもろい父親×真面目な娘の物語。
●『ハクソー・リッジ』
メル・ギブソン監督作品。舞台は沖縄なのか?
●『ふたりの旅路』
イッセー尾形×桃井かおりin着物。


てな訳で6月の注目作は
『ハクソー・リッジ』
『ありがとう、トニ・エルドマン』
『怪物はささやく』
『セールスマン』
『LOGAN/ローガン』

深夜らじお@の映画館は6月から再び婚活を始めます!新しい恋を見つけるぞ!!

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 23:44|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2017年04月30日

5月戦線映画あり!

映画界発祥のGWという言葉は、放送業界では「春の大型連休」と言わなければならないそうで、あらあら、それも大変やね〜と思える今日この頃。そのGWに至ってはこれと言って注目作がないのが残念なところ。
ちょっと前まではGWは映画三昧だったのになぁ〜。
てな訳でそんな5月公開の注目作をピックアップしたいと思います。

【5/5〜】
●『カフェ・ソサエティ』
80歳を越えたウディ・アレン監督最新作。

【5/6〜】
●『赤毛のアン』
アンまで実写映画化されちゃう時代なのね。
●『台北ストーリー』
没後10年、エドワード・ヤン監督が1985年に手掛けた幻の長編第2作。
●『追憶('17)』
木村大作監督with降旗康男監督最新作。

【5/12〜】
●『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』
最凶チームが宇宙を守るために帰ってきた!
●『スプリット』
M・ナイト・シャマランのスリラーが帰ってきた!

【5/13〜】
●『潜入者』
コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルの帝国を潜入捜査で撲滅させよ!
●『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
本年度アカデミー主演男優賞受賞作品。

【5/19〜】
●『メッセージ』
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督最新作。本年度アカデミー音響編集賞受賞作品。

【5/20〜】
●『ピーチガール』
原作者は兵庫県加古郡稲美町出身だそうです。
●『夜に生きる』
ベン・アフレック監督・主演最新作。

【5/26〜】
●『美しい星』
三島由紀夫x吉田大八xリリー・フランキー。
●『光をくれた人』
3月31日の公開予定から遅れること約2ヶ月。

【5/27〜】
●『おじいちゃんはデブゴン』
サモ・ハン・キンポーが帰ってきた!
●『ちょっと今から仕事やめてくる』
でも失業保険がもらえるのは3ヶ月間だけ。その間に新しい仕事を見つけないと!
●『光』
河鹹照監督最新作。


てな訳で5月の注目作は
『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
『メッセージ』
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

深夜らじお@の映画館は5月から貯金に回す金額を多くする生活に入ります。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 00:16|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2017年03月31日

4月戦線映画あり!

つい最近2017年になったかと思いきや、もう4月。アカデミー賞作品の公開も続々と迫るなか、さて見たい映画はふえるも見る時間の確保はどないしよ?の日々。早く見に行かないと公開も終わっちゃうし…。
てな訳でそんな4月公開の注目作をピックアップしたいと思います。

【4/1〜】
●『はじまりへの旅』
第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門監督賞受賞作品。

【4/7〜】
●『ゴースト・イン・ザ・シェル』
なぜに舞台が神戸じゃないの?
●『LION〜25年目のただいま〜』
グーグルアースで生き別れた家族を探した実話。

【4/8〜】
●『午後8時の訪問者』
ダルデンヌ兄弟最新作。
●『T2 トレインスポッティング』
まさかの『トレスポ』の続編だと!?

【4/14〜】
●『グレートウォール』
万里の長城建設秘話なのに、なぜ主演がマット・デイモンなの?

【4/21〜】
●『美女と野獣』
ハーマイオニーと野獣です。

【4/22〜】
●『3月のライオン【後編】』
【前編】が興行的に大苦戦されているとか…。

【4/28〜】
●『ワイルド・スピード ICE BREAK』
シリーズ第8弾。

【4/29〜】
●『フリー・ファイヤー』
イギリスからクレイジーな映画がやってきた!
●『無限の住人』
三池崇史×木村拓哉=あまり興味がわかない。


てな訳で4月の注目作は
『LION〜25年目のただいま〜』
『T2 トレインスポッティング』
『美女と野獣』

深夜らじお@の映画館の4月は私生活の充実に充てます。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 01:13|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2017年02月28日

3月戦線映画あり!

世界中が前代未聞の大失態に驚いたアカデミー賞の余韻が冷めやらぬ3月。ウォーレン・ベイティもフェイ・ダナウェイもちゃんと責任を感じてよ!と思いながら、とにかく自分自身が落ち着いて様々な映画を楽しむいつもの生活に戻らねばと思う今日この頃です。
てな訳でそんな3月公開の注目作をピックアップしたいと思います。

【3/3〜】
●『ラビング 愛という名前のふたり』
白人と黒人が結婚することが許されなかった時代の実話です。
●『アサシン クリード』
マイケル・ファスベンダーはこういう作品も相変わらず似合いますな。
●『お嬢さん』
パク・チャヌク監督最新作。

【3/4〜】
●『ハルチカ』
まさかこの作品まで実写化されるとは…。

【3/10〜】
●『ボヤージュ・オブ・タイム』
テレンス・マリック監督の哲学の世界が映像に!
●『モアナと伝説の海』
今度の舞台はハワイですか。

【3/11〜】
●『哭声/コクソン』
ナ・ホンジン監督最新作!またしても得体の知れないスリラ−なのか!
●『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』
広瀬すずは仕事を選ばんなぁ〜。

【3/17〜】
●『SING/シング』
これは見るなら字幕のみ!

【3/18〜】
●『3月のライオン【前編】』
アニメ版は途中までしか見てないよ…。
●『ひるね姫〜知らないワタシの物語〜』
神山健治監督最新作!
●『わたしは、ダニエル・ブレイク』
ケン・ローチ監督はこれで本当に引退するのか?

【3/21〜】
●『楊貴妃 Lady Of The Dynasty』
張芸謀監督が楊貴妃を描くのか!

【3/24〜】
●『パッセンジャー』
「眠りの森の美女」を宇宙で描いちゃうのか?

【3/25〜】
●『キングコング 髑髏島の巨神』
「Youは何しに日本へ?」でインタビューされた新鋭監督版のキングコングです。
●『サラエヴォの銃声』
サラエヴォの問題をボスニア・ヘルツェゴビナで唯一のオスカー監督が描きます。

【3/31〜】
●『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』
ジャクリーン・ケネディの知られざる姿とは?
●『光をくれた人』
マイケル・ファスベンダーとアリシア・ヴィンキャンデルが恋仲になった作品。
●『ムーンライト』
アカデミー賞受賞で急遽公開日が早まりました!

てな訳で3月の注目作は
『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』
『ラビング 愛という名前のふたり』
『哭声/コクソン』
『アサシン クリード』

深夜らじお@の映画館はオスカー関連作品が多数公開される4月に向けて準備を始めます。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 23:32|PermalinkComments(4)TrackBack(2)clip!

2017年01月31日

2月戦線映画あり!

世界中の映画ファンが待ち望むアカデミー賞の発表がある2月。授賞式までに候補作を見れるなら一本でも多く見ておきたい者としては、この1ヶ月はまさに正念場。
でも最近職場ではインフルエンザの流行もあって人員が足りず、休日出勤も多々ある状態。映画を見る時間も作るのが大変なら、健康を維持するのも大変。
果たして私のこの1ヶ月はどうなるのでしょうか?
てな訳でそんな2月公開の注目作をピックアップしたいと思います。

【2/3〜】
●『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』
ティム・バートン監督最新作。

【2/4〜】
●『ニュートン・ナイト/自由の旗をかかげた男』
白人と黒人の友情は南北戦争時代から存在していたのですよ、新大統領!

【2/10〜】
●『王様のためのホログラム』
トム・ハンクス主演なのに公開規模が小さい!
●『マリアンヌ』
ロバート・ゼメキス、ブラッド・ピット、マリオン・コティヤールなのに公開規模が小さい!

【2/11〜】
●『相棒-劇場版-首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断』
タイトルが長い!多分劇場での待ち人の列も長い!
●『海は燃えている〜イタリア最南端の小さな島〜』
難民問題、ドキュメンタリーにて。
●『サバイバルファミリー』
矢口史靖監督最新作。
●『たかが世界の終わり』
グザヴィエ・ドラン監督最新作!
●『ホワイトリリー』
放課後に好きな女の子の笛を舐めていた中田秀夫監督、初のロマンポルノ。

【2/18〜】
●『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』
ジェイク・ギレンホール、亡き妻を想う旅に出る。
●『一週間フレンズ』
アニメ版の良さが壊されないことをお祈り申し上げます。
●『もっと猟奇的な彼女』
なんで続編なんて作っちゃったの?

【2/24〜】
●『ラ・ラ・ランド』
今年の作品賞は恐らくこのミュージカル作品だ!
●『トリプルX 再起動』
いったい何年ぶりの続編だ?

【2/25〜】
●『彼らが本気で編むときは、』
荻上直子監督最新作。
●『素晴らしきかな、人生』
名作『素晴らしき哉、人生』とは別物?

てな訳で2月の注目作は
『ラ・ラ・ランド』
『たかが世界の終わり』
『サバイバルファミリー』
『海は燃えている〜イタリア最南端の小さな島〜』

深夜らじお@の映画館は今年もアカデミー賞直前予想を行います。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 23:52|PermalinkComments(6)TrackBack(4)clip!

2017年01月01日

1月戦線映画あり!

あけましておめでとうございます。2017年もよろしくお願い致します。
大晦日も元日も仕事の身としては、全く新年になったという実感がない状態でこの記事を書いておりますが、気が付けば今は正月映画の真っ只中。なのに、普通にワクワクしないのはやはり目玉作品がないせいか、それとも夏の終わりからまだ続く某アニメ映画の大ヒットぶりのせいなのか。
ともあれ2017年も映画人生に残る傑作・秀作に出逢うべく、今年も映画館通いを続けたいと思いますので、皆さまどうぞ今年もよろしくお願い致します。

そんな訳で新春最初の記事は恒例の1月公開の注目作をピックアップしたいと思います。

【1/6〜】
●『傷物語稽箏貶咫
ついに前日譚の物語が終わる。

【1/7〜】
●『人魚姫』
チャウ・シンチー監督の新作だと!?
●『アンダーワールド ブラッド・ウォーズ』
いつの間にシリーズは第5弾になっていたのだ…。

【1/14〜】
●『静かなる叫び』
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督最新作。

【1/21〜】
●『ザ・コンサルタント』
昼は会計コンサルタント、夜は殺し屋。でもベン・アフレックは賢そうには見えない。
●『新宿スワン供
まだやりますか…。
●『沈黙-サイレンス-』
マーティン・スコセッシが遠藤周作原作を映画化。

【1/27〜】
●『ドクター・ストレンジ』
新たなるマーベルヒーローは魔術師か!?
●『マグニフィセント・セブン』
アントン・フークワ監督が『荒野の七人』をリメイクだと!?
●『エリザのために』
第69回カンヌ映画祭監督賞受賞作。
●『スノーデン』
オリバー・ストーンがスノーデン事件を描くのか…。
●『アンチポルノ』
園子温監督最新作。

【1/31〜】
●『アイヒマンを追え!ナチスがもっとも畏れた男』
アドルフ・アイヒマン逮捕の裏にある真実。

てな訳で1月の注目作は
『沈黙-サイレンス-』
『静かなる叫び』
『スノーデン』
『ドクター・ストレンジ』
『マグニフィセント・セブン』

深夜らじお@の映画館も共に2017年もよろしくお願い致します。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 23:59|PermalinkComments(12)TrackBack(2)clip!

2016年11月27日

12月戦線映画あり!

ついにやってきました。映画ファンにとって最も忙しい一ヶ月が!正月映画シーズン到来です!何せこの秋映画は秀作が軒並み小品ばかりだっただけに、さぁ1年の締めくくりなんですから、見応えのある映画を待ってますで!と言いたいところなんですが…。果たしてどないなんでしょうか?
てな訳でそんな12月の注目作をピックアップです。

【12/1〜】
●『マダム・フローレンス!夢見るふたり』
どうもこの2人が夫婦に見えない。年齢差がありすぎ…。
●『ブレア・ウィッチ』
17年ぶりの続編って…。ホラー業界もついにネタギレ?

【12/3〜】
●『アズミ・ハルコは行方不明』
蒼井優単独主演作は8年ぶりなのか…。
●『沈黙のアフガン』
十三のオヤジ、今度はアフガンへ…ってランボーか!?
●『マックス・スティール』
人間×地球外生命体=ハイブリッド・ヒーロー!

【12/10〜】
●『海賊とよばれた男』
百田尚樹×山崎貴×岡田准一、再び!

【12/16〜】
●『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
フォースと共にあらんことを…。

【12/17】〜
●『ヒトラーの忘れもの』
西ドイツの名作『橋』を思い出す、不条理な実話。

【12/23〜】
●『土竜の唄 香港狂騒曲』
ばっちこ〜い!あまり興味な〜し!

【12/24〜】
●『こころに剣士を』
アカデミー外国語映画賞フィンランド代表作品!
●『ストーンウォール』
ローランド・エメリッヒがストーンウォールの反乱を描きます!

てな訳で12月の注目作品は
『こころに剣士を』
『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
『ヒトラーの忘れもの』

深夜らじお@の映画館にとっては見る映画の少ない年末になりそうです…。

※お知らせとお願い
【元町映画館】へ行こう!

acideigakan at 23:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!
昨日の訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

※オススメです♪※
『KANO~1931海の向こうの甲子園〜』主題歌
ぷろふぃ〜る

にゃむばなな

Twitter始めますた
nyamu_bananaをフォローしましょう
livedoor 天気
ちょいとした広告掲載