aamall

2013年08月28日

「宇宙戦艦ヤマト2199 第七章「そして艦は行く」」 2chのレビュー評価


このエントリーをはてなブックマークに追加

315x210

題名 - 宇宙戦艦ヤマト2199 第七章「そして艦は行く」
監督 - 出渕裕
脚本 - 森田繁 大野木寛 村井さだゆき 出渕裕
原作 - 西崎義展
出演者 - 菅生隆之 小野大輔 桑島法子 鈴村健一 大塚芳忠 麦人 千葉繁 細谷佳正 赤羽根健治 國分和人 千葉優輝 チョー 田中理恵 佐藤利奈 平川大輔 藤原啓治 土田大 久川綾 内田彩 チョー 茅原実里 堀勝之祐 森田順平 秋元羊介 大塚明夫 山寺宏一
音楽 - 宮川彬良
撮影 - 青木隆
配給 - 松竹
公開 - 2013年8月24日
上映時間 - 100分
製作国 - 日本
言語 - 日本語

宇宙戦艦ヤマト2199 第七章のオフィシャルサイト
http://yamato2199.net/








68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/28(水) 02:22:02.07 ID:8MUk/4Tz0


第7章観たけど、デスラーの掘り下げ不足がやっぱり気になったわ
ヤマトがガミラスに来る直前まで余裕こいてたのに、あの奇行はちょっとなあ
旧作はデスラー機雷、ガス生命体とだんだん余裕をなくして行く様が描かれていたので、最後の本土決戦のやけくそっぷりに繋がったと言えるし

ドメルが敗れた後で、人知れず狼狽する姿とか描いていれば繋がったのだが、スターシアとの関係も、もっと早めに伏線張ってほしかったね

とはいえ全体的には満足
映画館では古代と雪の二人に涙する女性達が多かったのに驚いた



95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/28(水) 03:26:59.59 ID:G0cjMrDrO

地球:芹沢、藪
ガミラス:ディッツ、ゲールetc.

旧作と比べて、名有りなのに、最後どうなったのか不明でほったらかしなキャラが多すぎる
「客の想像に任せる」というのかもしれないが、ちょっと無責任な気がする



99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2013/08/28(水) 03:42:15.46 ID:Dv2x+yL80

観てきた感想
作画が間に合わず、短縮されたこと自体は感じさせない出来だったと思う
細かいこと言い出したらキリがないが、満足

個人的には佐渡先生関係の描写が良かった
ようやくアナライザーのお酌も見れたし
クルーの喪失のような重い描写が少なかった今作だけど、佐渡先生の「ずっとここに居ろ!」ってセリフに色々な思いが詰まってたんじゃないかな

艦長の死を伝えにきたであろう艦橋で雪の生還を目の当たりにして涙をこぼすところは、名シーンと言わざるを得ない




 100人の映画通が選んだ本当に面白い映画

 ワケありな映画

このエントリーをはてなブックマークに追加
ack_2ch_movie_review at 23:56│Comments(2)
全タイトル一覧
直近1週間 人気記事
他サイト最新記事

この記事へのコメント

1. Posted by 名無しさん   2013年08月29日 21:45
とりあえず記事だけ先に作って後日追加する形式に変えたのか?
2. Posted by 名無シネマ@休憩中   2013年09月03日 21:23
ガミラスの新政権の樹立、ディッツ提督の活動、ガミラスとガトランティスの関係等、予告無しでも第27話を作って欲しい。ユリーシャはガミラス国民のためにガミラスに戻ると言っているし。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: