2016年05月24日

博多から小樽へ

やってしまった。。
博多〜北海道の予約昨日だった。。。
いつも確認の電話するが今回忙しさですっかり忘れていた。
おいらのチケットは国際線とツイになってて
一つでものらないとその後
ニューヨークまで全部キャンセル、、、
今日の分も54000円はらい、更にNY片道買わないと、、

しばら〜く待たされ、国内線ではわからないということで
国際線の上の者に確認してもらったところ、
特別今回だけと、、、
変更してくれた
助かった。。thank you Jal さん

早めに空港きてよかった。
本当は早くきてラウンジで仕事する予定でしたが。。

なにはともあれ、今回のツアーも無事終わりました〜。
昨日のニューコンボも大勢集まって頂き、四国モンクとピエロも盛り上がりました!感謝感激!!また秋に来る予定です。
THANKS FOR ALL!!

acnose at 14:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月20日

札幌の情報誌

コンビニは札幌市内のローソンに設置されます。

すすきの通信6月号(5/25発行)
http://www.susukino.tv/

リファイン7月号(6/10発行)
http://www.refine.tv/

尚、発行後はWEBSITEからもご覧頂けます。

acnose at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月14日

水戸

今日は水戸でレコーディングライブでした。さて、アルバムになるのでしょうか。。。僕は晴れて天才になりました!?明日は仙台、明後日は山形です。


天才栄進

acnose at 03:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

SOLO TOUR 2016

⚪️EISHIN NOSE SOLO TOUR 2016
5/13(金)Mito@JAZZ ROOM CORTEZ
5/14(土)Sendai@Jazz Inn Relaxin
5/15(日)Yamagata@Noisy Duck
5/16(月)Tokyo@タカギクラヴィア松濤サロン
5/19(木)Wakayama@LURU HALL
5/20(金)Okayama@城下公会堂
5/21(土)EhimeShikokuChuo@ピエロ(大西酒店)
5/22(日)EhimeMatuyama@Live & Restaurant Bar Monk
5/23(月)Fukouka@JAZZ INN NEW COMBO
5/29(日)Otaru@Marin Hall

Liveの詳細、その他のライブはこちらにて。
http://eishinnose.us8.list-manage1.com/track/click…

acnose at 03:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月11日

EISHIN NOSE at MARIN HALL on 2016.5.29

ぼちぼちチケット売れてます。(キタラの時よりかなり早い勢いで多く売れてます〜)まだメディアにはあまり出てませんでしたが、これからテレビ北海道のCMがながれ、読売新聞、朝日新聞、道新スポーツ、日刊スポーツにも載る予定です。前回のキタラのようにソールドアウトになる、かは分かりませんがも、来ようと考えておられれる方はお早めの購入を〜〜。5/13からソロツアーが始まります。一発目は水戸コルテスでレコーディングライブです。

29

acnose at 06:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月10日

ラブおたる6月号原稿

毎月書いているラブ小樽の原稿。

バリの話はブログでしてなかったので、
そのままここに載せておきます。



皆さんこんにちは。
僕は4月中旬から北海道に来ていて、6月中旬にまたニューヨークに戻ります。
小樽の5、6月は過ごしやすい季節ですね。
5月頭に山に詳しい親戚と山菜採りに行きました。フキ、ウド、コゴミなどを採りましたが、アマドコロというのを初めて知り、採って食べましたがとても美味しかったです。似たような山菜で毒のものがあるらしく気をつけないといけないので、詳しい人と行かないとです。
春の山菜はとてもエネルギッシュで力があり美味しいですね。
北海道の自然の恵みは素晴らしいなと再確認させられました。

5月の全国ソロツアーでは、小樽マリンホールでも演奏しました。
4月中旬にはバリ島に音楽の旅に行ってきました。
ガムランやケチャを生で聴いてみたいとずっと思っていたので夢が実現しました。
毎日いたるところで現地の伝統音楽を生で聴けます。
ケチャは100人くらいの男達の声、主にリズムだけで演奏するのですが、生演奏は迫力がありました。音楽家の僕でも実際音楽的にどうなっているのか良く分からなかったのですが、7パターンのリズムがあってそれを組み合わせ、合図で色々と変化させるのだそうです。
ケチャは昔からある土着的なものだと思われがちですが、実はバリに移り住んだヨーロッパの音楽家が80年くらい前に現地の人達と生み出した、割と新しい伝統音楽だそうです。ガムランは踊りと音楽の融合ですが、それは昔からあり、その地区によって少しずつ踊りも音楽も違うようです。

バリに行ってまず驚いたのは、バイクが多い事です。2人乗りは当たり前で3人乗りしている人達も多くいて、中学生くらいの子達も乗っています。
信号がほとんどないのも驚きました。ものすごい数のバイクと車が入り混じってますが、不思議と事故はないそうです。クラクションを鳴らす人達はほとんどいなくて、わりと皆さん穏やかな感じでした。
他にもいろいろと驚いた事があるのですが一番驚いたのは、バリ人の名前は主に4種類しかなくて、何人目の子供かによってその名前が決まります。1番目がWayan 2番目がMade 3番目がNyoman 4番目がKetutだそうで、僕の友人は3番目のニューマンなのですが、どこどこのニューマン、とか言わないといけないのです。
ニックネームのようなミドルネームをもらうそうですが、それも親がつけるわけではなくて、学校に行ったりしてしばらくたってから友人や先生などの周りの人達に名付けられ、名前として呼ばれるようになることもあるそうです。
街の中では犬が多いのですが、全て放し飼いで車の横を走ったりしていて人間と共存しています。ペット、という感覚はないようです。
お葬式は集団でするそうで、4〜5年に一度一斉に行われるそうです。そのときには盛大にパレードをするのですが、動物の形をした大きな担ぎものを作り、行進します。電線が邪魔して通れないところは電線を切ってしまうんだとか。
一年に一度、全ての経済活動が止まり電気も止まってしまう日があるそうで、その時にはもちろんですが街全体が真っ暗になります。星が凄く綺麗でそれに合わせて来る観光客もいるそうですが、知らないで来て空港から何処にも行けないという事もあるそうです。

バリの空港に到着してまず思ったのが、ちょっと沖縄に似ていると感じました。レストランに行くとチャンプルという混ぜた料理があるのですが、それも沖縄と同じです。
音楽を聴いたときにこれは沖縄の音階と似てるな、と思って分析してみたところ同じ音階で、始まる音が違うだけでした。
沖縄の音階は2番目と6番目の音を外します。Cメジャーの音階でいうとドミファソシとなるのですが、バリの場合はその3番目の音から始まってミファソシドとなり、使っている音は同じですがちょっとマイナー調になります。
沖縄とバリの何かしらの関係性があるのかもしれませんが、もう一つ感じたのは、目に見えない存在を大切にしている地域という面でも似ています。

さて、僕は一度ニューヨークに戻りまた9月から日本です。9月にはチャリティーコンサートを東北の被災地で4日間行う予定です。
ですが、その企画途中(バリに丁度飛び立っている頃に)熊本の地震がありました。
九州、熊本を中心に地震で被災されている方々には、心からお見舞い申し上げます。熊本のチャリティーも出来たらと思っております。
10月には6年間続いているニューヨークのピアノとパーカッションのユニットTHE GATEで全国ツアー予定です。11月9日には道新ホールにて演奏予定です。詳細はまたお知らせいたします。
それではまた7月号で。

acnose at 02:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

歳をとっても元気なバリ人

腰の曲がっている老人は見かけません。
80歳くらいの女性でも重たい荷物を頭にのせ
結構な距離を歩いています。

R0026637_2

acnose at 01:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

車よりバイクが多い。

R0026540

acnose at 01:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

犬は自由に遊び回る。動物自身もペットという 感覚はなさそう。

R0026640

acnose at 01:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

家の前には必ずこのようなお供え物をし 毎日お祈りをします。

国民の90%近くがイスラム教を信仰しているインドネシア共和国にあって、
バリ島は島民のほとんどがバリヒンドゥーと呼ばれる独特の宗教を信仰し、そのバリヒンドゥーが生活、文化、風習の基礎となっています。


R0026558

acnose at 01:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ガムランは踊り手の横に15人くらいの 楽器奏者がいて演じられます。

R0026546

acnose at 01:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

野瀬栄進ガムランに挑戦。

どうもたこ焼き職人しかみえないのですが。。

12973240_10154319836810934_9088857764881897728_o

acnose at 01:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

バリで楽器を買いました。全て買っても6000円くらいでした。

12991082_10154318204045934_2946224880652726421_n

acnose at 01:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

初スクーター

バイクに挑戦。生まれて初めてスクーターに乗りました。バリ人に乗り方教えてもらいましたが、彼の名はニューマン。
とても楽しかったのですが、僕の国際免許書はインドネシアでは適応されてませんでした。。。内緒にしといてください。。。笑

12993393_10154322075315934_407450719757498286_n

acnose at 01:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

宿泊していたホテル。目の前にかなり大きな祈りの場があります。

13012818_10154317790855934_6070325430525402563_n

acnose at 01:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

王様の家に特別入れて頂きました。

13015375_10154317790940934_2837725297221196619_n

acnose at 01:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年05月03日

さてこれはなんでしょー

IMG_3229

acnose at 13:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

さてこれはなんでしょー2

IMG_3233

acnose at 13:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

きゃー裸にされてる〜

IMG_3230

acnose at 13:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

NAKED PIANO 

NAKED PIANO ニューヨークから運んだ、象牙の1912年生まれのニューヨークスタインウェイ。象牙でワシントン条約にひっかり13ヶ月も牢屋にいれられ、、、(ピアノが)、やっと昨年夏北海道にたどりついた。調律師の東さん、何度も調整調整していただいております。そしてまたこの5日間の間に3回も家に来てくれてピアノの調整と調律をしてくださいました。先週の最初の2回は5、6時間もかけて、ピンを変えたりなんやら。。実は北海道にピアノが来て、弦が切れて張り直してもらったんですが、そこが音が全く合わなくて、、僕の耳には半音以上ずれている気がして。去年のコンサートではその音を弾かないように演奏してました。笑。今回1回目の調整でそれは改善されましたが、今度は弾くとず〜っと音がなりやまない鍵盤があったり、それも直って、やっとこのピアノは唄うようになりました。あとはおいらの腕のみ。。それにしても東さんの職人魂はあっぱれでござる。我が子のように可愛がってくれて感謝感激!5/29のマリホンールでのソロコンサート楽しみにしてくださいね〜〜〜。11/9の道新ホールでのゲートでもこのピアノを運ぶ予定です!



IMG_3278












acnose at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)