2017年03月26日

soundcloudにてHEAVEN'S DREAM音源アップ

New Album(solo in Mito) is coming soon. I uploaded some tunes from solo album which was released last year. recorded in my home town OTARU using 1912 New York Steinway Grand piano I sent from NY to Japan. 新しいアルバムがもうすぐリリースされます。水戸コルテスで5月と9月に録音したソロです。去年の5月末、1912年製のNYから運んだNYスタインで録音したソロアルバムと兄弟のような作品でフリーソロです。そのアルバムHEAVE'S DREAMの音源から4曲こちらにアップしました〜。なかなか好評です、よ。


https://soundcloud.com/eishin-nose


acnose at 09:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月24日

ライナノーツ/レビューアップ

THE GATE in New York ライナーノーツ by 武石聡
http://www.monoglobe.jp/blog/eishinnose/?p=2315


“Waiting” ライナノーツ by 悠雅彦

http://www.monoglobe.jp/blog/eishinnose/?p=2306



”Inside out dream” review by ejazznews by Edward Blanco
http://www.monoglobe.jp/blog/eishinnose/?p=2304

acnose at 08:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月23日

Eishin Nose on HOKKAIDO LIKERS 

Eishin Nose on HOKKAIDO LIKERS 記事を書いて頂きました。感謝。 着ているジャケットは、札幌の友人でファッションデザイナーのYuya Teramoto の作品。小樽マリンホールの写真は、友人のウェブデザイナー/写真家のYusuke Nakamuraの作品。ちょっとぼけてるけど、レンガバックの写真の上の絵は倶知安在住の友人で画家のShigeru Tokumaruさんの作品。北海道はクリエーター多いな〜。北海道Likers のライター うずらはしちあきさん、フォトライター 眦槌奈子 さん、高田美奈子さん、繋げていただいた松橋京子さんに感謝です。ちなみに松橋さんは BYWAY後志 にも記事を書いて頂きました!みなさんありがとうございます!!


http://www.hokkaidolikers.com/articles/3941


acnose at 15:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月21日

春のツアー

この春は、4月末にはニューヨークに戻ろうかと考えてましたが、ニューヨークの仕事(ダンスカンパニーとのコラボ)がキャンセルになり5月半ばまで日本にいることになりました。2週間くらい前に動き始めてもう遅いだろうと思ってましたが、奇跡的に福岡ニューコンボが5/10だけ何故かあいていてマスターの有田さんが日程をホールドしてくれてその間にお弟子さんのカオルンとジャンプハウスのテルミさんにも相談しいい流れを作っていただきました。感謝。5月はいまのところ九州だけミニツアーをいたします。

4/16なよろソロはソールドアウトです。(天野さん感謝)
4/8東京(俊介サンクス)と4/10札幌(thanks forつばらつばら)は残り席わずか。
8/6八ヶ岳ジャズフェスティバル(special thanks for Jun Furuya,Megumi Uesugi Furuya and Alone master)

そして一昨日

11/12沖縄南城ジャズフェスの出演も決まりました。
(special thanks for Tadashi Yoda Kohamoto)

どうぞよろしくお願い致します〜!



Eishin Nose Japan Tour 2017

4/6 (木) Solo in MITO /JAZZ ROOM CORTEZ
029-291-3095

4/7 (金) The Cortez TRIO in Mito /JAZZ
ROOM CORTEZ 029-291-3095

4/8 (土) Solo in Shinjuku / Konservatorium
Tokyo 090-6448-9324

4/10(月) Solo in Sapporo /つばらつばら
011-272-0023

4/11(火) お•く•の•せ in Otaru/Groovy
0134-27-5759

4/12(水) Hokkai Band in Sapporo/JAMUSICA
011-612-1900

4/14 (金)Solo in Sapporo/カムオンホール
011-532-8333

4/16 (日)Solo in Nayoro/なよろ市立天文台

5/9 (火) Solo in Saga/CINEMA THEQUE 0952-28-6708
5/10 (水) Solo in Fukuoka/JAZZ INN NEW COMBO 092-712-7809
5/11 (木) Solo in Sasebo/JAZZ SPOT EASEL 0956-25-1170
5/12 (金) Solo in Fukuoka/Jump House 092-281-7052

8/6(日) Solo in Kohfu, Yatsugatake Jazz Festival
11/12(日)Solo in Okinawa Nanjo Jazz Festival

THE GATE TOUR
9/1~24

acnose at 01:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月20日

3/16/2017 110th on Broadway

3/16/2017 110th on Broadway

acnose at 09:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月17日

2017 Spring Japan Tour

この春は、4月末にはニューヨークに戻ろうかと考えてましたが、
ニューヨークの仕事(ダンスカンパニーとのコラボ)がキャンセルになり5月半ばまで日本にいることになりました。
2週間くらい前に動き始めてもう遅いだろうと思ってましたが、
奇跡的に福岡ニューコンボが5/10だけ何故かあいていて、
そこからお弟子さんのカオルンとジャンプハウスのテルミさんにも相談し
いい流れを作っていただきました。感謝。
5月はいまのところ九州だけミニツアーをいたします。


4/6 (木)
Solo@水戸/JAZZ ROOM CORTEZ
開演 19:30 \3,000(ドリンク代別途 \500)
茨城県水戸市けやき台 3-28-5 ビュークインズ 101
TEL 029-291-3095

4/7 (金)
The Cortez TRIO@水戸/JAZZ ROOM CORTEZ
Takashi Seo(b) + Ryo Saito(ds) + Eishin Nose(p)
開演 19:30 \3,500(ドリンク代別途 \500)
茨城県水戸市けやき台 3-28-5 ビュークインズ 101
TEL 029-291-3095
  
4/8 (土)
Solo@新宿/東京音楽院 Konservatorium Tokyo
開場 18:30 開演 19:00 \3,500 (当日 \4,000) 1ドリンク付き
東京都新宿区新宿5丁目11-20 伊土ビル202
TEL 090-6448-9324 info@kons-tokyo.com

4/10(月)
Solo@札幌/つばらつばら
開演 19:30 *20名限定 \3,500 (お菓子付き)
札幌市中央区南1条西13丁目三誠ビル1階
TEL 011-272-0023 ご予約は13時〜23時の間にお願いします。
(火曜、第二水曜定休)

4/11(火)
お•く•の•せ@小樽/Groovy
Yoshinori Okuno(sax) + Eishin Nose(p)
開演 19:30 \3,000 (当日 \3,500)
小樽市稲穂1-3-13 M・Sビル B1
TEL 0134-27-5759

4/12(水)
Hokkai Band@札幌/JAMUSICA
Yoshinori Okuno(sax) + Kenji Tateyama(ds) + Kyo Kitagaki(b) + Eishin Nose(p)
開場 19:30 開演 20:00 \3,000 (当日 \3,500)
札幌市中央区北4条西28丁目1-16 ラ・ワイズビルB1F
TEL 011-612-1900 info@jamusica.jp

4/14(金)
Solo@札幌/カムオンホール
開演 19:30 *50名限定 \3,000 (当日 \3,500)
札幌市豊平区中の島2条1丁目 3番25号カムオンビル
TEL 011-532-8333 (宮越屋珈琲パリアッチ 蔵さん)

4/16(日)
Solo@名寄/なよろ市立天文台(きたすばる)
開場 17:30 開演 18:00 *80名限定
\3,000 中高生\2,000 小学生以下\1,000
北海道名寄市字日進157番地1
お問い合わせは野瀬まで acnose@gmail.com

5/9(火)
Solo@佐賀/CINEMA THEQUE
開演 20:00 \3,000(当日 \3,500)
佐賀市大財1-5-60
TEL 0952-28-6708

5/10(水)
Solo@福岡/JAZZ INN NEW COMBO
開演 20:00 \3,000(当日 \3,500)
福岡市中央区渡辺通5丁目1-22
TEL 092-712-7809

5/11(木)
Solo@佐世保/JAZZ SPOT EASEL
開演 20:00 \3,000(当日 \3,500)
佐世保市下京町3-1 ラテスビル2F
TEL 0956-25-1170

5/12(金)
Solo@福岡/Jump House
開演 20:30 \3,000
福岡市博多区中洲5-3-21 STRIA NAKASU 3F
TEL 092-281-7052

acnose at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月14日

DIY in NYC

22 years end clearing. I have been living this room last 22 years.
This is most serious house cleaning so far! I have been cleaning up
both room in my home town in Japan and room in NYC. it's been 2, 3
years,,,almost close to end

ニューヨークでは同じアパートに
22年住んでますが、カーペットの下を剥がしてみたらとんでもないことに。。。埃と泥との22年でした。。恐るべし。。。小樽の実家スタジオもNYのスタジオも断捨離の後、自分で改造中。小樽は終わった。
ツアーの合間にやっていたので2、3年かかった。
NYはあともうちょっと。。今日でひと段落ついた。空気が軽い。。。

https://www.facebook.com/pg/eishin.jp/photos/?tab=album&album_id=1432024370175762


acnose at 13:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月13日

息吹

017.3.11 I met this great modern classical composer to check my string arrangement. I showed my first string arrangement of my tune called Ibuki which I composed after the big Tsunami in Japan 2011. I realized that it happened on exactly 6 years ago, 2011.3.11 what a coincidence..

初めてストリングカルテットアレンジを現代作曲家の方に見てもらいました。最初にアレンジした震災の時に作った『息吹』 をみてもらったんでけど ちょうど6年目の日でした。
3.11だなって知っていたけど偶然性を気がつかなかった。 偶然初めてみてもらう日がアニバーサリーだったなんて感慨深い。復興を願いつつ、、、早くこのアレンジ達を実際鳴らしたい。どちらも道のり長し。



17308796_10155304459005934_782881624278480921_n

acnose at 02:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年03月01日

25 years

25 YEARS SINCE I CAME TO U.S!! I realized that today is the 25 anniversary of me coming to U.S. 2017 is the year of 25 anniversary of coming to U.S!!

25年前の今日、日本からカリフォルニアに旅立った、というのに気が付いた。今年は渡米25周年だった。ついこのまえ20周年だったと思ったが。。。

acnose at 20:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

songwritingcompetition2016

今年もインターナショナル作曲コンクール、セミファイナル獲得しました。でも去年は5曲もセミファイナルいって2曲ファイナルまで残ったけど、今年は1曲だけ。ファイナルに選ばれるかはまた数週間かかる。2001年のファーストアルバムの1曲目POINT OF VIEWが選ばれた。


http://www.songwritingcompetition.com/semi-finalists.html


just got mail that one of my tune was chosen as semifinal for international song writing competition and waiting to be announced if it will be finalists or not within a couple of weeks.They chose the tune from my first album I made 16 years ago.
Last year two tune was chosen as final, 5 tunes as semi-final.


acnose at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

トイカメラで撮ったロンドンの写真#2

acnose at 01:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月28日

トイカメラで撮ったロンドンの写真#1

acnose at 09:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月25日

トリニティー大学 アイルランド

16864795_10155248672970934_1196188813148266072_n

acnose at 19:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2回目のロンドン

16864192_10155241313905934_323824058754726899_n

acnose at 19:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

ロンドン

16864175_10155241309115934_5608275289208846499_n

acnose at 19:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

イギリス/アイルランド

5泊6日のイギリス/アイルランドの旅に出てます。
明日ニューヨーク戻ります。

写真などはまたアップしますが、
こちらで少し観れます。

https://www.facebook.com/eishin.jp/?pnref=lhc




acnose at 19:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

CD baby でも購入出来るようになりました。

acnose at 19:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月20日

ストリングアレンジの行方

Working string arrangements in NY

I started writing string arrangement of my original about 3 years ago and never finished.....but since i cam back to NY this time I really tried to spend time with this projects. In stead of writing orchestra arrangement i switched to write 4 strings and piano arrange for now since
it's not realistic to make some orchestra play my piece at this point. I finished framework of 6~7 arrangements. I asked 2 composers and one violinist to check my stuff, it's really helpful for me..
Hopefully i can actually play those arrangement in near future and play at concerts.

ニューヨークの仕事場の様子


https://www.facebook.com/eishin.jp/photos/rpp.468902633154612/1404950516216481/?type=3&theater


Working string arrangements in NY

I started writing string arrangement of my original about 3 years ago and never finished.....but since i cam back to NY this time I really tried to spend time with this projects. In stead of writing orchestra arrangement i switched to write 4 strings and piano arrange for now since
it's not realistic to make some orchestra play my piece at this point. I finished framework of 6~7 arrangements. I asked 2 composers and one violinist to check my stuff, it's really helpful for me..
Hopefully i can actually play those arrangement in near future and play at concerts.

THE GATE+ストリングスのプロジェクト、ずっと前からやるやると言って伸ばし伸ばしになってましたが、今回真面目にやりはじめました。
ストリングスのことがわからなすぎて、友人が紹介してくれた現代作曲家(Alice Sheilds)の方に聞いたり、友人のバイオリニスト(Hisaichi Shimura)
に実際弾いてもらってアドバイスいただいたり、本買ったりして勉強中。ほんのちょっとだけわかってきた。友人達の協力に感謝。出来上がったら2人の作曲家とまたHISAICHI氏にみてもらい4人ストリングス探して弾いてもらう予定。

ストリングスってすごいな〜、弓の方向が違うだけでフレーズががらっと変わってしまったり、強弱の幅とか、倍音とか、とにかく表現力が豊かだな〜、、と今更ながら思ってしまいました。
最初はいきなりオーケストラを2、3曲アレンジし始めましたが、オケに弾いてもらうのは今の段階では現実的ではないので4つの弦楽器(バイオリン2、ビオラ1、チェロ)にピアノ/パーカッションのアレンジからスタートすることに変更。なんとな〜く6、7曲できそうな曲ができてきた。けどまだ完成までは遠いかも。夏までに一度音を鳴らしてみるのが目標です。できれば今年の秋にTHE GATE+STRINGS, エーシンフォニー?プロジェクト実現できればいいんだけど。
少なくも東京と北海道1本づつできればな〜って漠然とイメージしてます。

そもそもオケアレンジなんて全くよくわからないんだけれど、
前に札響と共演させてもらったアレンジャー/指揮者の藤野浩一さんからいろいろアドバイスをいただいたり仕事場の様子を見せていただいたりした。(一度スコアもみてもらいました。感謝)

のと、

以前、作曲家(九州のギタリストの内山さんのお父様)の方に『書いてみなさい、結局オーケストラと言ったって、たたくか、ふくか、こするしかないんだから』って言われたのがなんかおかしんだけど、妙に納得したというか、なんだおか書けるような勘違いというか、そんな気がしてきた

のと、

北海道を代表する作曲家、ゴジラの伊福部昭さんや黒澤明映画音楽の早坂文雄さんは二人とも幼馴染だったようですが、最近二人に関する本を読んだんです。2人とも独学で作曲を勉強したらしく、オーケストラなんて生でみたことも聴いたこともないし、楽器もみたこともないのに習ってもないのに作曲し始めて、実際に音を鳴らしてもらって、ああ、こういう音楽なんだ〜みたないな感じだったらしく、それで初期の作品が2人とも海外で認められ賞を取ったっと聞いて、すごいなーって思いました。とりあえずなんでもいいから書いてみようと思う原動力にもなりました。

わからないながらも書いてプロのオケ書く作曲家にみてもらって実際演奏してもらって、みたないプロセスで進む予定。実際音が出るのが楽しみだし、みなさんに聴いてもらえるのもワクワクドキドキだ。

ってなわけで今年の目標はこのプロジェクトを実現させるってことなんです。みなさんのご支援ご協力どうぞよろしくお願い致しまする。

が、その前にひと段落したんで、、、旅にでます!!

アディオス!

p.s と同時にソロピアノのプロジェクトもあり水戸コルテスさんで昨年5月9月に録音したものが4月に発売させていただく予定でその音源も聴いておりました。そちらも乞うご期待!





acnose at 02:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

インタビュー

3月か4月にあるサイトの僕のインタビューが載ります。
そのインタビューの補足したものを先ほど
インタビュアーに送ったのですが、その一部を。

主な質問は、
・ピアノを始めたきっかけ

音楽が好きで、4歳の時にピアノ習う、
と自分から言ったそうです。

・ジャズピアニストを目指そうとしたきっかけ


小樽にはジャズフェスがあったり、VJというジャズクラブがあったり、
家にベニーグッドマンのアルバムがあったり、
中学のとき知らないで買ったアルバムがキースジャレットだったりして
ジャズを耳にはしていました。
ですが、19歳の時に友人がアルバムをくれたのがきっかけで、
その中でジャズピアノに興味が湧いて、これをやりたい、どうせやるならアメリカでスタートしよう、
と思いました。


・渡米後の学校や活動のことについて

最初はカリフォルニアの2年生の短大に通っていて、
そこでビックバンドとボーカルグループのピアニストを始めした。
何も知らないで入って最初は大変でしたが、そういう状態でも
受け入れる雰囲気がカリフォルニアにはあったのがよかったです。
最初からニューヨークでは無理でした。

・作曲を始めたきっかけ

小学校のとき、友達と遊びで曲を書いたのは始まりで、
高校の音楽の授業でも作曲するときがあり。
ジャズを始める早い時期から作曲に興味がありました。

・ジャズで生活していこうと固まったタイミング

2001年に初めて、日本ツアーをして2002年にアルバイトをやめ音楽一本にしました。
1990年から12年間くらいずっといろいろなアルバイトしてました。

・ピアノをやめようと思ったことはなかったか
いまのところありませんが、
20代のころ腱鞘炎になったときがありそのとき
やめようというか、休もうと思ったかもです。

・自身の曲、ピアノ演奏とは(表現について)
ピアノの演奏については、キューバのクラシックの先生に13年間ついて
180度演奏方法を変えました。
いうなれば筋肉を使う奏法から骨を使って響かせる奏法です。
自身の曲は、そこに流れてくるものをキャッチして形にする、
というイメージです。
スタイルなどこだわらずに作っていきたいと思ってます。


・演奏、生み出す曲に「小樽」「北海道」は影響しているか


これは今月のラブ小樽という雑誌に書いたものです。
ご参考まで。


表現するにあたっての自分のルーツ…というのは、北海道の大地、空気感、海や山や川の大自然だったり、日本人特有の空間の感じ方だったり。大きくいうと北海道で生まれ育ったこと、そして日本人であることだったりします。そのような要素は音楽をやる上で自然に出てはいるんでしょうが、今後はもっとルーツを出し、ジャズがベースではありますが、ジャズという枠、そしてひとつのスタイルにとどまらず自由に表現出来たらいいなと思っております。

北海道出身の作曲家、ゴジラを作曲した伊福部昭(いふくべあきら)さんの言葉にこのようなのがあります。
『日本について考えるとき、日の丸とか京都とかいったことはすこしも頭に浮かばない。動作、視聴、視覚、すべてにある民族的感性。そこに日本および日本人を感じる』
『日本的というと、すぐに伝統的な楽器やどこかの民謡などをもってくるんですけれど、わたしの場合は材料ではなく、伝統と感性といいますか、音の感じ方、そういうものに伝統があるんだと考えている』
『個性を追求するとオリジナリティーがなくなり、個性を脱却するとオリジナリティーがでてくる』

そして、伊福部さんの師匠、チェレプニンの言葉に
『ナショナルであることがインターナショナル』というものがあります。
世界に通用するには、モノマネではなく自分の中から自然に出てくるものを表現し勝負していくべきだ、ということなんでしょうね。

渡米して25年、ニューヨークにきて23年になりますが、この1年は新しいものを取り入れる、いままでのものも磨きをかける、自分のルーツを引き出す、そして新しいものにも挑戦する充電と新たな挑戦の一年にしたいと思っています。



・ニューヨークはどんな街か

エキサイティングでエネルギッシュな町です。
集中したり、何か新しいサウンドやアートを直に経験するには世界で一番便利です。
ミュージシャンも世界中から集まっていますし、
どんなレベルの人でもわりと気楽に話せたり、
一緒に演奏させてもらえたりするチャンスがあります。

音楽以外でも
なんでもそろっています。
やりたいことが決まっていて、行動していけば、いろいろつながっていきます。

・これからもニューヨークを拠点に?
いまのところ。

・これからやりたいこと、やろうとしていること(目標等)

いま弦楽器のアレンジを書いていて
それはジャズでもクラシックでもない聴いたことのようような音楽になるかもしれませんが、
そのアレンジを実際音に出してみて、コンサートを開きたい、というのがいまの目標。

日本とアメリカ以外にもヨーロッパや南米にも演奏活動したいです。
明日から偵察にロンドンとアイルランドに行きます。
ことしは、フランス、ウィーン、ポルトガル、スペインなんかに行けたらと思ってます。

あとは、小樽か札幌にピアノをおけてコンサートができる場所、
そして北海道のどこか自然のあるところに小屋を立てて、
(もしくはもともとある場所で)ピアノ入れて
創作活動やレコーディングができる場所を作りたいと思ってます。


プラス、
・出身高校の先輩・仲間や地元からの応援のことを話してくださいました

友人たちがとても応援してくれます。
小学中学の友人たちも応援してくれます。
高校の友人達は特に全国にちらばっていて、
男女、上下かかわらず、応援してくれてとてもありがたいです。
ものスゴイ上の先輩達にもサポートしてもらっております。

僕が行った高校のよかったところは、
進学校でありながら、僕みたいな外れものに対して、
おまえちゃんとしろ、みたいな雰囲気がまったくなくて、
むしろ、いいじゃん、やりなよ〜〜、
と励まし応援してくれてくれて力になりました。


音楽だけでスタートしたとき、
北海道の地元のご支援ご協力、応援のおかげで
食べさせてもらったと言っても過言ではありません。

acnose at 00:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2017年02月17日

JAZZ TOKYOライブレビュー

acnose at 09:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)