aamall

March 21, 2009

ブログお引っ越し

ブログを引っ越ししました。

妹とか、友達がアメブロなので、私もお引っ越しです。。


http://ameblo.jp/acochanchan-t/


acochanchan at 23:32|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

March 18, 2009

14日 ラ・ボエム クアリタ in 渋谷

14日は私の親友の誕生日。

小学校の時からの同級生で、今も恋人よりも恋人らしい交際を続けている私と彼女。


いつも、「どちらかが男だったら、うちら、うまくまとまってたね」

と話している。とにかくラブラブな私たち。



と、オーストラリアに住んでいた時、毎晩のように一緒に飲み歩いていた、飲み友達のSimonが、
日本にワーキングホリデーでやってきたので、せっかくだから親友の誕生日に皆で会う事に。


渋谷にあるラ・ボエム クアリタへお邪魔する。ここの店長さんが、遠い知り合いなので、
たまに使わせていただいている。

英語話せるスタッフもいるし、安いし、美味しいし、店内もキレイだし、
色々と我がまま聞いてくれるし、何より外国からの友人を誘う時に丁度良いのだ。


Simonとゆかいな仲間達と、私たちとで合流し、早速懐かしい話に花が咲く。

パースで一緒に働いていたジャパレスの話や、学校の話、それから、
Simonがこれから日本でどんな仕事をするのか、etc。
とにかく話は尽きない


私の親友も仲間と色んな話で盛り上がる。

子育ての話(彼女はシングルマザー)とか、仕事の話、結婚していた時の話・・・。



オーストラリアに住んでた時は、友達の友達は皆友達で、
コミュニティも小さいから、皆が仲良しだった。


やっぱりどこでも同じで、ACOの友達は皆友達だし、気持ちも共有できるヽ(・ε・)人(・ε・)ノ ナカマ


嬉しいね。


と、いい具合に酔っぱらってきたところで、誕生日のケーキが出てきた。



090314_2134~01






おめでとう





BlogPaint





小学生からの付き合いだから、かれこれ20年か。長いなぁ〜(*´Д`*)


いつでも、どんな時でも、何でも話してきたし、頼りにしてきたね。

シングルマザーで頑張る彼女。大好きよ。これからもずっと親友でいてね(●´ω`●)




結局その後カラオケ行って、珈琲ショップ行って、タクシーで家路に。

親友と、親友の子供は今日は私の家にお泊まり





朝起きて、もちろん二日酔いで気持ち悪いんだけど、
子供がいるから〜と思って、ご飯を炊いて朝ご飯を作る。


090315_1041~01




家に子供がいるっていいなぁ。朝ご飯作るのもとっても楽しい。


また遊びにきてね

acochanchan at 21:21|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

12日 ASOランチ と 仏門



まだまだ、続いてしまう。。。


この長い日記が。。


9日から始まって、色々と誕生日だ、なんだって、あちこち行ってるから、
せっかくだしと思ってブログに書いているけど、

いやぁ、しかし、長いね。いい加減。このネタ終わりにしないと。


てなわけで、12日は私の義理ママと、義理の妹と、
年に1回(たまに数回)ある、

「女だけで旦那の事とか、結婚生活の事とか、語り合おうよ。
   旦那の金で美味しいもの食べながらさ(●´ω`●)」

の会に行ってきた。もちろん、出資者は私の義理ママ、もとい、義理パパなので、
この時ばかりは、私たちもとっても贅沢をするのだ。


で、今回は私がレストランをチョイスする役目だったんだけど、
またもや、銀座アルジェントASOにしてしまいました。あは。一昨日来たばっかり(゚∀゚)アヒャヒャ


いいの。全然いいの。何度食べても毎回感動するんだからいいんだもーん


しかーし、この日、ACOさん、めちゃくちゃ二日酔い。前日、

「ACOは明日オカンと食事に行くから絶対、ぜーったい深酒できませんからぁ〜残念


とか古いギャグをかましたのに、結局朝までいつもの所で飲み明かしちゃった。


2時間くらいしか寝てなくて、それでも一生懸命上品メイクして銀座へ向かう。

あぁ、気持ち悪〜い・゚・(ノД`;)・゚・



3月になると、必ず私たち女性陣で食事をすることになっているんだけど、
それは、私の誕生日と、私の義理の妹の誕生日が同じ3月10日で、母の誕生日が3月31日なのだ。

それで、私たちは3月になると女同士で集まって自分たちにお祝いをする事にしている。

余談だけど、私の義理の妹と、私は名前も一緒。
今は彼女、結婚して嫁いだので姓が変わったから同性同名ではなくなったんだけど、

ちょっと前までは、同性同名で、誕生日も同じだったのだ・・・


私の旦那さんが、私を本名でなく、ACOと呼ぶのも、実の妹と同じ名前で嫌だったから。
で、誕生日も一緒とかだと、彼曰く「気持ち悪い」そうで、

私から言わせると 「運命.。゚+.(・∀・)゚+.゚」なのだ。



ASOの食事はもちろん、書く必要ないくらい本当に美味しかったんだけど、
まぁ、二日酔いですから気持ち悪いのなんのって。

それでも、しばらくご飯を食べていると治って来るもんだね。

ちゃんと、話もはずんで、なかなか「良い嫁さん」をぶってるじゃないのさ。



そして、ケーキを食べている最中、おもむろにお義母さんが

「ねぇ、ACOちゃんは、本当に困った時に誰かの名前を呼んだり、誰かにすがったりする?」



んん???



ん〜なかなか、されたことのない質問ですなぁ。


そうですねぇ、学生の時とか冗談で「お母さーん、助けてぇ〜」とか言ってましたけど、
今はやっぱり何かあると旦那さんの名前を呼んでいますね。




「そう。実はね、私はどんな時も誰かにすがったりとかは無いの」



あ、そうですか。無いんですか。へぇ、それは凄いですね。。


「私はね、仏教を信仰しているから。何かあっても必ずそれには意味があって、必ず解決出来るって信じてるの。だから誰にすがったり、辛い時にパニックになったりも無いの」




あ、そうなんですが。へぇ、仏教だったんですね。へぇ〜そりゃ、凄いですね。。。。





「でね、ACOちゃん。
    私は家の跡継ぎと結婚したACOちゃんにもやっぱり仏教を信仰して欲しいの」



あ、そうですか。へぇ、それは、それは。。。




んん????Σ(・ω・ノ)ノ えええええ????そうなの????え??(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?




ちょびっとうろたえるACOにお義母様の優しく鋭い瞳が何かを訴えてる(^_^)ニコニコ





義理の妹さんが、「あぁ〜かわいそうに・・・」って顔してる




・・・・はい(・∀・)もちろんです



てなことで、今仏教のスクール(何かそういうのがあるんだって・・・)
に通っているお義母さんから、沢山、仏教の入門本をいただいて、
(しかも付箋が貼ってあるの。ここだけは絶対読めって)


BlogPaint




「嫁はお墓を守って行かなくちゃいけないから。私も嫁に入った時そうだったし」

という暖かいお言葉をいただいて、帰路についたのだ。。



もちろん、家に着いたら疲れと睡眠不足と驚きでダウン。。


夢の中で、お釈迦様が仏門を開けて私を手招き。
もちろん、その美しいお顔はお義母様のお顔だったとさ。。






まぁ、まんざらでもないんだけどね。仏教も。ま、それはまた別のお話




March 17, 2009

11日 恵比寿 魚BAR 一歩

何だか飲んでばっかりの1週間になってしまったんだけど、


3月11日は前の職場の友人と、恵比寿の居酒屋へ。

ACOのリクエストで、出来れば洋食とワインから離れたいなぁ〜ってことで、

恵比寿の魚BAR 一歩へ



19時に恵比寿で待ち合わせして、テクテク夜の恵比寿裏道を歩く。
一応電話を入れておいたので、すぐカウンターの席に通してくれた。


生ビールはハートランド。うん、美味しい。

メニューは日替わりらしく、全部手書きで1枚ぺろん

この手軽さがいいねぇ〜。


ACOは牡蠣が大好きなので、生牡蠣を注文。

友達はマグロが食べたいとのことで、赤身のお刺身。


090311_2008~01



牡蠣は身がぷりっぷりで最高に美味しい。

マグロは友達曰く、今年はとっても良いマグロが流通しているとかで、
これもとっても美味しい。ACO赤身のお魚結構苦手なんだけど、これは美味しい〜(*´∇`*)


ビールが進む、進む。

その後、アンコウ鍋を注文して、お酒は日本酒をいただくことに。
ここの日本酒メニューはとっても素敵で、

「吟醸」「純米吟醸」「大吟醸」「山廃」「原酒」「本生」「無濾過」・・・などなど、、

あんなものや、こんなものまであり

私も友達も日本酒は好きだけど、あんまり詳しくないので、
お勧めを聞くと、的確な日本酒をチョイスしてくれる。

これは、、酔っぱらいますなぁ〜


お料理も全部美味しくて、日本酒も色々といただいて、会計は一人5,000円とかだから本当良心的



ちょうど適度なお腹いっぱい、丁度良いくらいの酔い具合(●´ω`●)


さて、時間は22時。どうします?


「なんか、こんなに日本酒ばっかり飲むと、やっぱりワインが飲みたくなるねぇ〜」


うん、同じ気分だ。じゃ、目黒でも行きますか 節約でタクシーは使わず電車で移動。



目黒のワインバーへ。ここは目黒駅から権の助坂を少し下ったところにある、
知らなきゃ来ないよ、っていうほど分かりづらい所にあるワインバー

ご主人ひとりで切り盛りしているワインバーで、15席くらいの小さなお店。
お客さんも皆常連さん。


お店の名前はご主人に了解を取ってないので、一応控えます・・・。

ここは何しろワインの値段設定が安すぎる 予算が3000円しかなくても、
「どれにしようかなぁ」って悩めるくらい、良心的なお店。

私たちはアルザスのピノをいただく事に。


トリンバック ピノ・ノワール レゼルヴ[2003]
トリンバック ピノ・ノワール レゼルヴ[2003]



安いのに美味しい。ACOの周りの人は皆ピノノワールが好きだよねぇ〜。


そんで、チーズもいただく。
実は、ACOはワイン以上にチーズが好きなんじゃないか?と、言われるくらいチーズオタク。


MOFロドルフ・ムニエ熟成 コンテ30ヶ月熟成
MOFロドルフ・ムニエ熟成 コンテ30ヶ月熟成




本当は、ウォッシュとかシェーブル、熟したブルーチーズが好きなんだけど、
私の友達があまり得意でないのでコンテとか、食べやすいハードタイプのチーズを食べる。


ワインとパンとチーズがあれば、あと何もいらないって本気で思うひととき(*´Д`*) 

はぁ〜幸せ。



楽しい時間はあっという間・・・・。


これで、3日続けて誕生日のお祝いをしているなぁ。かなりお腹に肉がついたような気がするぞ



実は、次の日、12日もランチの予定が入っているんだよね。

一番気合いを入れなくてはならない人と。そう、旦那さんのお母様(´−д−;`)

明日は朝早く起きて、ちゃんと待ち合わせまでにパリッと上品メイクをして、
お気に入りのワンピースをきちんと着こなして、ママに会いに行かなくちゃ・・・。





ベロベロに酔っぱらった頭でふと考える。今何時だっけ?



March 15, 2009

10日 ASOからOstrea 銀座8丁目へ。


ASOでは階下のラウンジでシガーと食後酒を楽しむ。
私はタバコは吸わないんだけど、シガーはたま〜に、旦那ちゃんが吸っているのをもらう。

この時は、パルタガスの限定品を吸わせてもらった。



090310_2343%7E02




そして、私の大好きなプティフールをいただく。


090310_2245~02





このプティフールはとっても、と〜っても大好き
花瓶にまるでお花のように飾られた可愛い、可愛い小さなお菓子。

マカロン、マシュマロ、イチゴ、ブルーベリー、チョコレート・・。これは、女の子は嬉しいね。




そろそろお店が閉店の時間。なので、私たちは別なお店に行く事に。
旦那さんのお友達も仕事が終わったので、合流して一緒に飲みに行く。

友達の彼女さんも来る。皆仲良しなのだ。



で、銀座の深夜にぐだぐだ飲めるお店を探す。

そういえば、ACOの小学校の同級生が働いているオイスターバーが銀座にあったよ。
確か、8丁目だったと思う。

じゃぁ、そこ行こうか。


深夜の銀座をテクテクOstreaへ。


久しぶりの顔が迎えてくれる。お、久しぶり。元気?

さて、何を飲もうか。
やっぱりワインかなぁ。じゃぁ、ワインにするか。


旦那さんがワインを選んでいる間、私は久しぶりに会った友人と友人らしい会話をする。


「誕生日なんだって?おめでとう」


ありがとう。ついでに、結婚記念日でもあるのよ。


「だから、着物なのか。しかし、深夜の銀座で着物のわりには貧相だなぁ」


ほっとけ。




そんな事を言ってる間にワインが出てきた。

ジョルジュ・リニエのクロ・ド・ラ・ロシュ’02


090311_0115%7E01



そんなに高いワインを頼まなくてもいいのに。。。


と思いつつも、旦那さんは友達にお礼をしたかったみたい。
まぁ、いいか。しかし、エンゲル係数高いな、うちの家庭は。



クロ・ド・ラ・ロシュはもちろん美味しいけど、
とにかく飲み過ぎてたから味をあまり覚えてない・・。


ワインを飲み終えた後も、勢いがついちゃった旦那さんは全然収まらず、、、

また、ブランデーに手を出し始めた。さっきASOで散々飲んだのに〜



カルバドスやグラッパを飲んでる。ACOはそこまでお酒が強い訳ではないので、
どんどん飲みまくっている旦那さんを少し白い目で見てる。。

グラッパは懐かしい、ベルタのシリーズ。




ベルタ・マジアディスティッラート・ディ・ウーヴァ[1996]
ベルタ・マジアディスティッラート・ディ・ウーヴァ[1996]





かなりの熟成色なんだけど、友達が言うには「絶対キャラメル入れてる」そうな


でも、グラッパの中でも飲みやすいし私は好き


そんなこんなで、結局3時過ぎまで居座らせていただいて、
もう、帰るときはACOはかなりヘトヘト。

だって、着物だったんだもん・・・



長い、長い、私たちの素敵な記念日を終えて、友人達にお礼をして、(本当、ありがとう
タクシーで帰る途中、旦那さんが、、



「本当、良い夜だったな」




そうよ、あなたのお陰でね。