さいたま市のヨガの教室 ★kita yoga★ あきこのブログ

はじめまして 北田亜紀子と申します。 ヨガ教室のことを始め、身体や心のこと・日常のこと・気づきなど ゆるりと綴っております♪

さいたま市の北浦和駅から徒歩5分の、クイーンズ伊勢丹カルタスホールで
ヨガ教室を行っております。

スタンダードクラス  毎週木曜日19:30~20:45
入門クラス  月2回 火曜日19:30~20:45
リラックスクラス  月2~3回 火曜または木曜日 18:20~19:05

初心者大歓迎!男女問わずお越しいただけます。
ヨガマットレンタルもあります。

◎私のプロフィール
http://blog.livedoor.jp/aconyanda/archives/cat_49905.html

◎キタヨガのレッスン詳細
http://blog.livedoor.jp/aconyanda/archives/1017080.html

◎レッスン最新スケジュール
http://blog.livedoor.jp/aconyanda/archives/cat_49901.html

こんにちは。
2017年、2018年 kitayogaの最新スケジュールです。

【12月】
リラックス(※新設)
7、19、21

スタンダード
7、14、21、28

入門
5、19

【2018年 1月】
リラックス 
11、23、25

スタンダード
11、18、25、31

入門
9、23

※31日は水曜日開催です


基本的に、入門クラスは火曜日
スタンダードクラスは木曜日
リラックスは、火・木どちらもあります。

時間は
リラックス 18:20~19:05(45分)
入門・スタンダード19:30~20:45(75分)です。






キタヨガが初めての方、クラスの詳細はこちらです

【予約・お問い合わせ】
電話: 070-3201-7778
email: kitayoga55@gmail.com  北田亜紀子まで

皆さまにお会い出来ますことを
心より楽しみにしています。 

いよいよ今週、19日(日)は高尾山ハイキング!

高尾山では、ちょうど紅葉のシーズンです☆

冬へと移り変わる季節の変わり目
予報ですと、気温は低めですが
登山にはちょうど良いと思います。

あと1〜2名、ご参加出来ますよ〜!

お昼は薬王院にて精進料理、「天狗膳」を頂きます。
ぜひ一緒に紅葉狩りを楽しみましょう🎵

締め切りは、17日(金)までになります。


ピンときた方!
予定が空いた方!
ぜひお待ちしております〜😊😊




こんばんは。
ヨガの教室Kitayogaのあきこです。

12日間のヴィパッサナー瞑想合宿から戻り、ちょうど昨日で1週間が経ちました!

※ヴィパッサナー瞑想とは・・・
インドのもっとも古い瞑想法で、ブッダが瞑想法として生み出したものだそうです。
「ヴィパッサナー」とは、物事をあるがままに見ることを意味します。


合宿センターへの行き帰りで1日ずつ
瞑想にどっぷりな日数が10日間
計12日間。
朝は4:00に起き、4:30から夜の21:00まで
1日10時間、座りました。(講話も含めて)
だから、ざっと100時間取り組んだってことになります。

合宿中は「聖なる沈黙」を強いられ
他の方とは、会話も身振り手振りやアイコンタクトなどのコミュニケーションも
一切禁止された環境の中で
ひたすら自己と向き合う時間でした。

終わってみたら、あっという間でした!
終わった直後は、シャバがあまりにも刺激が強すぎて
慣れるまでに少し時間がかかりましたが
ようやく慣れてきたので、ちょっと感じたことを書き留めておこうと思います。

今回、ヴィパッサナー瞑想合宿を行った場所が
私が幼少から20歳くらいまで住んでいた、千葉の茂原という所から
バスで少し奥に入った睦沢町というところでした。
外房線で茂原駅からバスに乗って向かうわけですが
バスに揺られながら
「今回は茂原に住んでいた時代のことと向き合うことになりそう」と
何となく感じました。

センター最寄りのバス停に到着すると、程なくスタッフの方が車で迎えに来て下さって
センターに到着しました。

[画像:2f503c27-s.jpg]

受付後、スマホ、筆記用具、ノート、本、貴重品などを預け
宿舎に移動します。
荷解き、ベッドメイクをし
その後、夕食の美味しいカレーを頂き、コースの説明を受けました。
そして、その日の夜からコースがスタートしました。
ここから、今までお話ししていた方々とも暫くの間、聖なる沈黙を守るため
一切、あらゆるコミュニケーションが取れなくなります。

瞑想は1日目の夜からスタートし、そこから4日目の午前中までは
アーナーパーナ瞑想、という瞑想法をひたすら実践します。
このアーナーパーナは、とても地味?!な瞑想法で
ただただ鼻から入って出る呼吸の様子を観察したり
鼻の下から上唇の間の皮膚の感覚を観察したりするのですが

とにかく、空想(&眠気)との闘いでした。

呼吸を観察しつつ、5呼吸くらいするともう
意識がどこかへお散歩してしまいます。
何度、決意してもすぅ~~っと、いなくなってしまう。
そして、お散歩に出かけたことにも気づかないでいることが多く
「今」にいることが、本当に難しい事だと実感させられました。
人は過去のことや未来のことを考えてしまい、今にいることが難しい生き物なんだなと
思いました。

でも、そんな風にでも、毎日実践をしているうちに
段々と、意識がお散歩を始めてから、気づくまでの時間が短くなってきて
歩き始めた途端に、手綱をグイッと引っ張り
呼吸に戻せるようになってきました。

そして4日目の午後から、いよいよヴィパッサナー瞑想が指導されました。
実践することが変わり、少し私の中での気分転換にもなりました。
今までのアーナーパーナ瞑想は、このヴィパッサナー瞑想を行うための準備のようなもの
で、
アーナーパーナで意識の集中力や明晰性を養い
そして、ヴィパッサナーで
身体全体の感覚に、「客観的に」意識を向ける練習をするといった感じです。

この「客観的」というところが曲者で
例えば、身体の一部分の感覚を見ていく際に
「膝」だったら、強く膝に意識を向けたり、膝にスポットライトを当てるような
イメージ・映像を思い描いたり
言葉で膝・膝・膝・・・と頭の中で唱えたり
そうやって、意識的に見ていくことは得意なのですが

この瞑想法では
「それをしない」

というのですから( ゚Д゚)

最初、そこにつまづきました。

とにかく俯瞰して、他人の目が見ているような感覚で
自分の身体を観察するのが、ちょっと難しいと感じました。

日によって、すごく意識を向けづらい日、集中しにくい日、など
色んな日があり
そんな時は、ついイメージや言葉が頭に浮かんできてしまいましたし
見よう見ようとしてしまい、呼吸が苦しくなることもありました。

また、ヴィパッサナー瞑想に入ってからは
「決意の時間」という時間が、1日に1時間×3回ありました。

その決意の時間とは
何が身体に起こっても、身体を動かさない時間で
例え、足が痺れようが、かゆみに襲われようが
身体を動かさないと決め、その時間は座るのです。

(私は、シャワー後、綿棒で耳の中を綺麗にするのを忘れて
開始5分位から、耳の中の水のくすぐったい状態との格闘を強いられました(笑))

そんな風にし、例え痛み、かゆみなどが現れても
「あ、私痛いんだ~~、かゆいんだ~~」
と身体の状態を客観視し
ひたすら心の平静さを保ちつづけます。

でも、なぜこのように客観的に見る練習をするのか?

長くなったので、次に続きますね~。







このページのトップヘ