2005年10月13日

007の英MI6がウエブサイトでスパイ公募

映画「007」シリーズでジェームズ・ボンドが活躍する組織として有名な英情報局秘密情報部MI6がウエブサイトを開設、組織の目的や沿革を紹介した上に、人員募集も掲載し、応募者の「履歴書とカバーレター」の送付先を明らかにした。ただし、「機密情報の収集」を任務とする同組織の性格上、本人が英国籍もしくは親の一方が英国籍で、最近10年間のうち5年以上英国に在住していることが最低条件。実際に採用されるまでには、厳しい人物調査や面接が行われる。

MI6は募集要項の中で、「刻々と変化する世界情勢の中で英国の国益に寄与する情報収集活動を行う」ための人材とは、「チャレンジ精神に富み、重いプレッシャーを受けながらも冷静沈着に決断できる人」であり、MI6の任務は「刺激的かつ面白く、変化に富んでいて、最先端の技術を扱うもの」であることを明らかにした。  【了】

【英語覚え書】

"Gathering secret intelligence to advance Britain's national interests in a rapidly changing and demanding international environment calls for staff who thrive on challenge and who are not afraid to take well-calculated decisions under pressure."という“人材”って、やはり映画のスパイのイメージそのものですね。

ライブ記者cowslipのストレンジ・ニュース

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/acowslip/50138701