2005年11月30日

“死んだ息子”から母に電話が=米カリフォルニア州

Man Calls Mom After He Was Reported Dead

AP通信によると、米カリフォルニア州オークランドで、15日に息子が射殺されたと警察から知らされ、悲嘆に暮れていた母親の元に、翌日の16日、“死んだ息子”から電話がかかってきた。「声を耳にした時、幽霊が電話をかけてきたと思ったわ」とヴァーナ・マッカウワンさんは、その時の驚きを語る。

オークランド警察によると、射殺された男性から、マッカウワンさんの息子、アンソニー・シェパードさん(23)の身分証明書が発見されたため、指紋も採取せずに、親族に連絡するとともにマスコミに公表したという。マッカウワンさんから、「死んだはずの息子と話した」と連絡を受けた警察が調べ直したところ、指紋から、射殺されたのは、別人のマーク・マーティンさん(26)だと判明した。犯人はまだ逮捕されていない。アンソニーさんは、数年前に身分証明書を失くしていた。

なお、“死んだ息子”のアンソニーさんは、16日、新聞を囲んで泣いている友人たちを見つけ、普段どおり近寄っていくと、友人たちがぎょっとするのを見て、初めて自分が“死んだ”ことを知り、母親に電話したそうだ。【了】

【英語覚え書】

"When he called me I thought I was talking to a ghost."というのが、母親のヴァーナさんのセリフです。

うれしいどころか、怖かったんでしょうね。とんだ騒ぎでしたが、指紋も取らないで発表する警察って・・・こちらの方が怖いですね。

Copyright 2005 livedoor. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten or redistributed. AP contributed to this report.

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/acowslip/50228864