今日のひとコマ

とある整骨院に通っていたけど、良くならず、風の噂で当院へ。


ここなら何とかしてくれるはず!って


最近も聞いたようなフレーズ(笑)


数メートルで歩行出来なくなるって大変。脊柱管狭窄症の疑いもあるけど、短絡的には決められない。

股関節の屈曲可動域は45度。微妙な角度でやはり、足はつりやすい。

膝関節の屈曲可動域も100度程度で硬い。

典型的なディスクワークな可動域(笑)

聞けば、お仕事はディスクワークみたい。やはりな(笑)


確かに触診で脊柱管狭窄を疑えるような腰椎の椎間関節兆候はあるが、一概にそれとは言いがたい。解剖学的な生理的腰椎の湾曲も消失しているフラットバック。腰椎の動きも出なくて固まっている状態だけどね。


いつも通り、下肢帯の筋緊張から落としていく。

大腿四頭筋の緊張を落として、股関節屈曲主動作筋群を弛めて。腰臀部の緊張を弛めて。動作確認。充分な関節可動域は得られてる。

歩行確認しても、脊柱管狭窄症のような歩行障害の確認は出来ない。


終わり良ければ全て良し(笑)


腰椎変性が病変ではないみたい。

結局、下肢帯周りの筋緊張が原因で弛めて関節可動域を確保して終了みたいな感じ。一般的な筋緊張とかだけで判断しているから診れてないんだな。

整形外科学的徒手検査も関節可動域も筋肉も関節も動きの確認すれば、見えないものも見えてくるのに。


いつも通り、喜んで帰って行かれた。

楽になったなら、楽しい時間を過ごせ!

板は飾るものではない。

板は乗るべき存在。また、波と戯れるようにしましょうね(^^)