お仕事来ないので、知り合いとこの話題で楽しむ。

よくあるインソール作成の画像だが。

不思議。たぶん見えてないからなんとも思わないだろうけど。


IMG_2243

フットプレートの位置。

揃われたフットプレートに足をはめ込んでいる。肩幅に立った自然体ではないとこが不思議。


つま先の様子。

シューズを履いてもいないのに指先が縮こまっている。指先を広げた状態でも甲高ならわかるが、指先が丸まって甲高を形成しているなら、靴の中での指先の状態も考慮しなければならない。指先の状態でインソールの機能に変化が生じてしまうから。

左足関節の向き
右足関節はゼロポジションだが、左足関節は内反気味。左足関節に問題があるのだろうって見ていたが実際は違った。
右足に問題要素があり左側へ重心の側方誘導を起こしている様子。
長い間ついた癖のようだが、単純にインソール作成だけで問題解決しないだろう。私なら、右足の問題点の解消に取り組みつつ、左足関節が内反している状態を解消する取り組みを優先する。

もはやインソールがどうのこうのの問題ですらない。実に面白い(笑)

こんな下肢の状態でインソール作成してどうしたいんだろうって不思議に思う。