acsus

自力でパソコン修理

8 12月

「お使いのデバイスは最新の状態です」というウソ表示

Windows10の更新とセキュリティ、で更新状態を見ると…

よく、「お使いのデバイスは最新の状態です。」と表示されています。

あー、それじゃ更新しなくてもいいね。と、本来ならなるハズなんですが。

試しに「更新プログラムのチェック」を押してみてください。


結構な頻度で、更新プログラムをダウンロードしています・・・となるんですよ。

さっき、最新の状態って書いてあったのに、ってなりますよね。

チェックする頻度が少ないからなのか、よくこの事例があるんです。


これが原因で起こる不具合も結構多いんですよ。

最新の状態じゃないと、ウイルス対策ソフトが正常に動作しないこともあります。

不具合が出たら、チェックしてみる必要がありますね。
23 6月

Windows 10へのアップグレード強要

もうかれこれ、「KB3035583」の更新プログラムを3回は消しました。


消した後に、非表示にもしました。


なのになぜか出続けるポップアップ。


妻「今すぐ子供と遊びますか」
妻「それとも、後で子供と遊びますか」

当然、「遊ばない」という選択肢はありません。
という構図が最近、思い浮かぶんです・・・。

aa






×ボタンでも始まる事があります。

ニュースに対するメーカーの反応。

マイクロソフト「強制的ではない(怒)」
マイクロソフト「×ボタンは否定の意味であるのではない(怒)」



どうしろと。


1 7月

SSD購入時に気をつけなければならない事

最近、たくさんあるパソコンをハードディスクからSSDへ換装しています。

昔はSSDを搭載したら、ハードディスクも付けて保存はハードディスク。読み込みはSSDとなるように設定していたものですが。


今売られているSSDは書き込み速度も速く、容量も多くなっている為、なんの心配もなく利用できるようになりました。


書き込み回数に限度があると言われていた時代がありましたが、120GBクラスのSSDであれば、通常の使い方で200年以上大丈夫なんだそうです。


私は逆に設定を細かくしてしまった事で思わぬエラーが出るようになってしまいました。


ファイルサーバがあり、OSと基本的なソフトしか入れる必要が無いため64GBと128GBのSSDをたくさん買いました。

容量が多くなればなるほど速度が上がるSSDですが、現状64GBでも十分と言えます。


ただ、気をつけなければならない事に、ネットで販売されているSSDにちょっとした事件が起こっているのです。


それは、発売当初は高価なチップがのっていた為、速度が速かったものが、評価が良くなり売れ行きが良くなると、同じ型番にもかかわらず、安価なチップをのせたものに変えられて販売されているというのです。速度も約1/3まで落ちていると言う。


しかもそのような事をしているメーカーは1つではないのです。


この事がなぜ大きくニュースにならないのか大変不思議ではありますが、こういった事例もある事を把握してSSD選びをしなければ、ユーザーの大半は気づかないまま使い続ける事になってしまうでしょう。


  • ライブドアブログ