2012年09月30日

FUSIONの基本〜VMware FUSION 5 で、Macで使用中のデバイスやメディアを Windows でも使う




FUSION は、Windows と Mac で、様々なハードウエアも共有できます。

1 現在、Mac で利用中の外部周辺機器。
2 USBメモリ・DVDなど。挿入するとMac と Windows のどちらで読み込むか選択できます。
3 Windows でも、iOSデバイスの同期や、スマホのデータ読み込みなどが可能です。


Windows 専用のハードウエアを購入する必要がなく、現在お持ちの機器で、Windows に連携できます。

必読!FUSION5の基本
http://www.act2.com/fusion5/start

act2movie at 18:04コメント(0)トラックバック(0)Macintoshソフトウエアちょっとしたライフハック 

Vmware FUSION 5 と OSX Mountain Lion の連動




FUSION 5 は、OS X Mountin Lion との連動により、Windows を Mac と同じ操作感でオペレートできます。

マルチタッチジェスチャー機能にも対応しているので、フルスクリーンで表示されている Windows のデスクトップをデスクトップ上に Mac 、Windows のアプリやデスクトップが混在していても、Mission Controll で1クリックアクセス。

Launchpad には、Windows のアプリケーションも登録できます。FUSION が起動していない場合も、アイコンをクリックするだけで、自動的に Windows が起動して、アプリケーションが起動します。
Windows を意識せずとも、Mac のような操作が可能です。

FUSION は、OS X Mountin Lion の最新機能を使いながら、Windows を操作できます。

メールや SNS からのお知らせや、メッセージを、Windows 作業中もリアルタイムに受信できます。
BootCamp の場合、Mac OS を終了させて Windows を起動させるので、これらの機能は使用不可です。

また、Mountain Lion から搭載の AirPlayは、Mac とお手持ちのテレビを接続することなく、無線で Mac の画面をテレビに映せるので、Windows の画面をテレビに映し出して作業することも可能です。


必読!FUSION の基本
http://www.act2.com/fusion5/start


act2movie at 17:00コメント(0)トラックバック(0)Macintoshソフトウエアちょっとしたライフハック 

2012年09月29日

FUSIONの基本〜VMware FUSION 5 で、Windows と Mac のデータを共有




FUSION は、Windows と Mac のデータを共有できます。

1 ファイルのアイコンを、それぞれのOSにドラッグアンドドロップ。
2 共有フォルダに入れる。
3 ミラーフォルダ設定で、自動的に共有。


この3つの方法で、Windows と Mac 間のデータを共有できます。

必読!FUSION 5 の基本
http://www.act2.com/fusion5/start


act2movie at 18:01コメント(1)トラックバック(0)Macintoshソフトウエアちょっとしたライフハック 

VMware FUSION 5 の基本〜3つのモード




FUSION は、Windows をお好みの表示モードに切り替えて使うことができます。

Windows に集中して作業する場合は、「フルスクリーンモード」。
Windows と Mac の切り替えが頻繁な作業の場合は「シングルモード」。
Windows の決まったアプリケーションだけを使用する場合は「ユニティモード」。

さらに、OS X の「マルチタッチジェスチャー」「ミッションコントロール」「LaunchPad」などを
組み合わせることにより、Mac の操作感そのままで Windows を操作できます。

必読!FUSION の基本
http://www.act2.com/fusion5/start



act2movie at 18:00コメント(0)トラックバック(0)Macintoshソフトウエアちょっとしたライフハック 
記事検索
プロフィール

act2movie

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

act2.com へ