キウイの自由研究(駒沢女子大学 西山)

キウイフルーツやベビーキウイについて、いろいろな情報提供をしていきます. あまり面白味のあるBlogではありませんが、何かの参考にしていただければ・・・.

2009年05月

キウイフルーツジャムの試作

e499dfd1.jpg昨日は、短期大学のゼミでキウイフルーツジャムの試作を行いました。もう4回目になるでしょうか。

だいぶ慣れてきたので、作業自体はスムーズに行えるようになってきました。毛や皮が入ることもなく、ほとんど販売用にできそうなところまで、仕上がってきました。

ただ、最後の煮詰め作業を止めるタイミングが難しく、製品の糖度にまだ少しばらつきが見られるようです。目標は45%なのですが、作るたびに42〜49%程度の幅が出てしまいます。もう一息ですね。

それにしても試作品が徐々にたまってきて、冷蔵庫内は目下写真のような状況です。6月6日の食物栄養科同窓会に出すにしても、まだゆとりがありそうです。

ちなみに私は、6月6日の同窓会は、午前中だけしか出席できません。午後は家政学会の編集委員会に出かけます。大変残念です。

グレイスのキウイフルーツジュース

b365b578.jpgゼミの学生さんにグレイスのキウイフルーツジュースをいただきました。
有り難くいただきます。

実はキウイフルーツは加工がなかなか難しく、売れ筋の加工品がきわめて少ないフルーツの1つです。

ドライフルーツは販売されてはいますが、あまり一般的とはいえません。
また、キウイの種だけ入れたキウイキャンディーや、キウイっぽい香料のみ加えたキットカットなどというものもあります(or ありました)が、これではキウイの加工品とは言えません。
変わったところでは、キウイの缶詰やフリーズドライというのもあります。

でも、どれもメジャーになることができず、なかなかキウイフルーツを使った人気の加工品というのは難しいようです。

さてこのジュースは、人気商品となることができるでしょうか? むしろウチのゼミでこれより美味しいジュースを作ってしまうというのも面白いかもしれませんね。

ゼスプリくんぬいぐるみの販売開始

38a5dcb3.jpgキウイフルーツ売場で時折「キウイのぬいぐるみ」を見かけることがあります。
通称「ゼスプリくん」というこのぬいぐるみ、実は私の家にもいくつかあります(写真)。

右側の大型ぬいぐるみは、なかなか入手が困難で、キャンペーンに何口も応募してようやく手に入れたものです。

それが最近、どうやらネット販売が始まったようです。販売元はもちろん、ゼスプリさんです。

しかし、ちょっと値段が高めですね。中型で5,250円、大型では10,500円だそうです。キウイマニアの私でも購入を躊躇する価格ですが、いったいどのくらい売れているんでしょうか?他人事ながら気になります。
Profile
駒沢女子大学 人間健康学部 健康栄養学科でキウイフルーツの成分について研究している教員です.