大学講義
支那文学全書 「四書講義 上巻 大学 中庸 論語」内藤耻叟講述 博文館蔵版 の「大学講義」

上の文章の中で、赤い字で示しているのが問題の「合略仮名」です。

みなさん、読めますか?
「メ」みたいなのは 「シテ」と読みます。
「┐」みたいなのは 「コト」と読みます。
「ト」と「モ」を足したみたいなものは 「トモ」と読みます。

 明治期から昭和初期に使われていたようです。はじめは何の字かわからなくて誤植かと思いました。生まれたときは「当用漢字」でした。今は「常用漢字」ですが、これはなんと呼べばよいのでしょう。

「四書講義 上巻 大学 中庸 論語」読み出しからつまづいていますががんばります。

参考になったよ!という方、下記をクリックしていただけると、大変うれしいです!
にほんブログ村 教育ブログ 生涯学習・教育へ人気ブログランキングへ