activehouse

activehouseのブログ

ACTIVEHOUSEの公式ブログサイトです。

家電・電化製品

22 1月

銅管ろう付技術講習会に行ってきました。


店長です。

以前からSNS上での空調設備業者の知人よりその評判を聞いており、一度受けてみたいと思っていた講習会に参加してきました!(#^.^#)

IMG_3496

銅管ロウ付技術講習会です!!

うちの場合は滅多に行う機会は少ないのですが、いざ必要な時に現場で行っている冷媒配管のロウ付け作業。ロウ付けにはガス溶接の資格が必要となります。しかしながら、ガス溶接の資格は必要とはいえ、実際のガス溶接の講習会でも実習には含まれていない内容の作業となります。

空調機器の設置で必ず必要となる配管のロウ付け作業。皆さん会社の先輩などから見よう見まねで、現場の中で教えて貰いながら何となく覚えていった方が多いのではないでしょうか。

今回の講習では実際にロウ付けを行い、配管を切断し、実際のロウ付け箇所の断面を確認する事ができる内容となっております。

IMG_3504

恥ずかしながら、最初のやつは結構不完全なものになってしまいました。 でも、インチ2分(31.75mm)径の銅管なんて自分の場合は初めての経験です。

IMG_3508

最後の方は結構大分慣れてきました。

IMG_3518
肉厚のCO2配管もしてみました。火力は必要ですが、こちらの方がやり易いですね、

実際のロウ付け現場で参考になる経験や知識を沢山得る事ができる、評判通りの講習会でした。

自分自身のロウ付け作業が確実にレベルアップできたと感じました。参加して良かったです。

冷凍空調設備工業会の会員であれば受講料¥5000円ですが、会員でなくても¥25000-で受講可能です。
(うちの場合も会員でないので¥25000-円払って受講してきました)

オススメですよ!  ではでは。




31 8月

音響のお手伝い(山代アートマーケット&あけぼのまつり)

先週の日曜日は地元商店街のお祭りの音響のお手伝いに行ってきました。

夏休み中の長男が手伝ってくれました。ある程度でんきの事、音の事、機器の操作が分ってるので助かります。

念のため断っておきますが、今回はあくまでお手伝いです。私も息子も音響オペレータのプロではありませんから、、(#^.^#)

今年はやましろアートマーケットが温泉通り商店街で、そして古総湯周辺ではあけぼの商店街のお祭りが共催される事になりました!

IMG_1753IMG_1760

左がアートマーケット本部、右があけぼの祭り本部です。
アートマーケットの方の音響もちょっとだけ関わりましたが、
今回私は自分も所属しているあけぼの祭りの方をメインに担当させて頂きます。

IMG_1763
スピーカーは、SX300x4 SB122 x2 の組み合わせです。手っ取り早く設営、撤去が出来るので便利です。

BlogPaint
音響テントの中では、長男次男に嫁と三男も加わり、家族みんなで(長女だけは部活で不在)のんびりとお手伝いさせて頂きました。

BlogPaint
山代児童センターのヒップホップダンスチームも参加してくれました。
色々なイベントにいつも参加してくれていて私たちも楽しみにしております。
年々みんな踊りを工夫し上達してくるのが分かりますね!
今回参加は女の子だけのチームでした。

お天気も良くて大盛況のうちに終わる事ができました。

地元加賀市のお祭りなどのイベント用音響機器のレンタルは是非お声掛けください。格安にて対応させて頂きます。(ただしプロのオペレーターを付ける場合は別途費用がかかります。)
オペが不要、もしくは私のお手伝い程度の操作でよければ喜んで機器のみの費用にてお手伝いさせて頂きますよ。

31 8月

館内放送機器の入替(プログラムタイマーDT-1800、ミュージックチャイムMZ-1143)

館内にBGMやアナウンスを流す為の放送設備が故障したという事で入替をさせて頂く事になりました。

決まった時刻の間にそれにあったBGMを流し、指定した時間にチャイムを鳴らします。
曜日や祝日、休館日などに合わせて週間プログラムや年間プログラムも組めるようにします。
今ある卓上マイクでのアナウンスに合わせてコールサインも必要です。

下記の機器構成で設置させて頂きました。

プログラムタイマー  UNIPEX DT-1800
ミュージックチャイム UNIPEX MZ-1143
 
IMG_1845

この機器の組み合わせでは、専用の通信ケーブルで繋ぐことで最大99chの設定が可能となります。
また日時ごとの動作は最大4グループ+当日の設定が可能です。
内蔵音源が19、外部SDメモリでの音源も利用可能です。
これらを日時や時系列で出力する動作プログラムを組めば、かなり柔軟で複雑な動作設定が行えます。

これで完璧、のはずでした、、最後の最後までは、、
分単位でのプログラムなのは良かったのですが、営業終了後の最後にチャイムを鳴らして終了。という所で微妙に設定が思うようになりません。1分のずれが出てきてしまいます。

BGM音源を繰り返し演奏 → 定時10分前で蛍の光 → 定時になったら再生終了 → チャイムの鐘 → 停止。

この動作ですが、プログラムを色々ためしたのですが、BGM停止→チャイムの即時設定ができません。
1分前にBGM停止 → 定時でチャイム ならば可能です。

BGMを継続したまま

BGM再生のまま → 定時でチャイム → 1分後にBGM停止 も可能です。

ただ、定時でBGM停止 → 即時チャイム ができません。

メーカにも確認しましたが、個別ch起動や停止だけのプログラムでは無理だという事になりました。

結構普通に考えるとこういう設定は良くあるパターンなのではと思うのですがそれが出来ないというのはちょっといただけません

ただしメーカからの提案にて別の方法にて誤魔化す事は出来ました。そのパターンとは、

空きチャンネルの1フレーズ目にチャイムを入れます。そしてその後のフレーズを追加し無音パターンを追加で入れていきます。無音パターンは最大9秒なので、4パターン以上を入れればチャイム(ウェストミンスターの鐘)と合わせて1分以上の再生時間となります。
このchを定時に起動させるとBGMが1分以上の時間打ち消されるので、定時の1分後に停止chを起動させる事で無音状態が続いた状態のままBGMもすべて停止させる事が出来る訳です。

ちょっと面倒な方法ですが無事お客様のご要望通りの動作ができました!(^-^)

色々と応用の効きそうな方法ですね。

ご依頼ありがとうございました!




29 8月

エアコン室外機修理(やっかいな基盤交換、トランス焼損)

店長です。


シャープのエアコンの修理に行ってきました。

自己診断にてシリアル伝送エラーが出て室外機が動作せず。

室内側からの渡り線とヒューズの導通を確認。メーカサービスに相談してみて先ずは室外機基盤の故障の可能性が高いとの事。

しかしながら、、このエアコンの室外機が厄介な場所に取り付けられてました。

IMG_1791
非常階段途中の軒下天井ギリギリじゃあないですか、、(^-^;
一旦外して下ろそうにも動作しないので単独でのポンプダウンはできません。

試しに電動リフターをもっていきブロックで足場を調整しながらメンテナンス出来る位置まで移動させる事にしました。
通称アサダ君です。3.3mの高さまで120kgまでの重量を持ち上げられ、足の高さも調整できて段差のあるところでも使える優れモノです。(#^.^#) でも、このリフター自体がめっちゃ重たいんですけどね、、(^-^;

IMG_1794

基盤交換するのにも、ここまで開かないとできません。

ここまでくるのに約2時間、やっとの事で基盤交換を行いましたが、ここで重大な別の故障が発見されました。

IMG_1796
基盤したにある直流リアクトル(トランス)の端子付近が焼け焦げています。何となく嫌な予感が、、

トランス自体の故障なのか? インバータやコンプレッサーの故障による二次的なものなのか? それとも外的な要因で壊れたのか? 再度メーカサービスに連絡してみましたが、こういう事例(前例)がほぼないので判断できないとの事。ほかの基盤や部品が壊れている可能性が高いとの事で。順に交換していかないとわからないとの事?!できればメーカサービスにて点検させてほしいと言われてしまいました、、

3時間以上かかった作業でしたがやむなく中断する事に致しました。

ただし、これ以上の点検交換作業を行うには一度室外機を完全に降ろさないと無理そうですね。。そこはメーカさんに頑張ってもらうしかありません。

しかしながら直流リアクトルが故障するってのはどんな原因なのでしょうか?

元々、トランス自体が不良だったのか? 高調波で徐徐に加熱して熱を持ったのか? それとも一瞬の高電圧がかかり一気に焼損したのか? 黒く焦げて周辺がススけている事から一気になった可能性が高そうだと思うのですが、、内外基盤も故障してしまっているようなので、、
昔の機種でトランスが錆びて朽ちてしまい漏電してしまうというのは見た事がありますが、今回のは漏電ブレーカも動作していない様ですしまだ新しいです。

いずれにしても今回は労力の割に残念な結果となってしまいましたが、今後のメーカさんの修理対応の結果が気になる所です。

ただ、一つ思うのですが、今回は他店施工のエアコンだったのですが、施工説明書にも記載されていますが、やむを得ない場合を除いて、もう少しメンテナンスしやすい場所に設置をして欲しい所です。一つ故障が起きると点検するだけでも一苦労ですからね~。(^-^;


10 8月

エアコンからの水滴(結露、設定、環境)

店長です。

IMG_1563

冷房のシーズンになるとエアコン室内機からの水垂れ、水漏れなどの依頼があります。

多くは排水管のつまりやよごれ、機器自体の故障など直接的な原因がほとんどなのですが、、稀に使用環境や条件によって起きるケースがあるように思います。

冷房運転の場合は室内機側で空気自体を冷却するわけですから、冷却した空気に含まれている過剰な水分は冷やされた事によって結露となり水に戻されます。それが結露水となり、エアコン内部で集められて排水管を通して外部に排水される構造になっているのですが、結露水が集まりすぎたり、集めることができないところで結露してしまったり、一気に結露水が集まりすぎて一部が違うところへ飛んできてしまったり、、 機器自体は正常(というか普段の通常状態と性能的に変わらなくても)、若干の水滴が飛んでくる場合が出てきます。稀なケースですが、、

これを、機器自体の不良とみるか、、設計の問題とみるか、、難しいところはあると思いますが、、

とは言っても漏れてはいけないところで水滴が漏れてくるのですから、水滴が原因で下に置いてあった資産を壊したり価値を低下させたりするような毀損事故にもなりますので、基本的には起きてはいけない事ではあると思います。

ただ、先にも書きましたが冷房運転の場合は空気を冷却するのですから結露という状態は必ずおきますし、結露水も発生することは当然の事なので、それらが下に落ちてくる、吹き出し口から飛んでくる、そういう可能性はエアコンがない場所よりも高いと考えておく必要はあります。

実は、そういう我が家のエアコンですが先日の台風の後の蒸し暑い夜、湿度も高い日でしたが、吹き出し口から水滴が飛んでくるという状態に遭遇してしまいました。。(^_^;)

写真をみて頂くとわかると思いますが、フィルターや汚れが原因ではないのですが、風量を弱運転設定にしたまま、この日の気候条件で運転を開始した直後だったのが原因だと思われます

気温は比較的高く湿度も高い状態でフル運転を開始したのですが、風量が弱運転のため、空気が冷却された時に多くの結露水が一気に発生し、熱交換器のアルミフィンの撥水状態も影響して、その結露水が一部ファンに吸い込まれて吹き出してしまったのでは無いかと思われます。

IMG_1568
みるみるうちに水滴が溢れていくのが分かります。
エアコン室内機の中では、設定により風量が少ない状態の中でピーク運転を始めようとするので普段よりも一定量の空気に対しての冷却が一気に行われます。また、台風通過直後の為、普段より気温が高く、空気中の水分が非常に高い環境なので、結露水も大量にでてきます。

また写真からわかる様に揮発による水滴の形や流れ方も水が飛んでしまう原因となるようです。そういう場合はこの熱交換器全体に親水性を高めるためのコート剤を塗布することで水滴として飛ぶことなく排水へ流れて行きやすくなります。

IMG_1566
ちなみに、フィルターは先日掃除したばかりなので綺麗です。(フィルターの汚れが問題ではないと思われます)

試しに、風量を自動運転に切り替えて様子をみました。もちろん電源投入直後のピーク運転ですから風量は強運転に切り替わりました。冷却される空気の量が増えるため結露も増えるかと思いますが、しかしながら空気量が増えた事から逆に結露の量は抑えられ、吹き出し口から水滴も垂れることはなくなりました。

その後数日経ちましたが再び水滴が飛んでくる事はありませんでした。今年の冬に暖房運転をしているとき、うちの子供が熱い風がちょうど自分に座っているところに来て嫌だというので、仕方なく風量を手動設定で弱にしたままだったのを忘れていました。

今回のような条件は、悪い気象条件や、電源投入直後であること、ピーク運転にも関わらず風量が弱設定であった事など、特定の条件でのみ発生しやすい不具合だったのではと思います

とは言ってもどんな条件であれ水垂れや水滴は起きない様な製品であるべきだとは思いますが、、(何度も言います、(^_^.) )

あくまで稀なケースだとは思いますが、結露水がある以上、エアコンの冷房運転での水漏れの可能性は無くなりません。排水が原因はどうであれ、一たび詰まる事があれば一気に水漏れする事は確実なのですから、いつ起きても不思議ではないと思ったほうが良いでしょう。 この時期非常に多いトラブルの一つですね! エアコンの真下には電気製品や濡れてはいけない様な美術品などは極力置かない方が賢明です。
仮にエアコン吹き出し口直下にある商品は、、直接は水漏れによる損害を受けないにしても、夏は冷却され、冬は加熱され、、それ自体が直接結露をおこしたり、、または熱による損傷が進行する可能性が考えられます。

ちなみに天井カセットタイプなど、ドレンアップポンプを内蔵した機種などは排水が詰まっても室内側にあふれてくる事はありません。ドレンポンプ異常のエラーランプがついて動作が止まります。

微妙な水滴や水漏れの場合、親水コート剤の使用や内部のクリーニングと合わせ、設定も見直してみましょうね!
プロフィール

あじちゃん

記事検索
メンバーリスト