シャンソンライヴ

2007年01月22日

昨夜はライヴ♪4

ad0f3cbb.jpg
e4a75041.jpg
昨年も出演した、1月第3日曜の地元ライヴ〜。
昨年ビデオ係をしてくれた娘が受験勉強なので、動画はありません。
写真も、今は帰宅後に写したこれだけです。
母が、歌ってる私を撮ろうと、携帯向けて狙いを定めてる間に歌が終っちゃいました(爆)
今回は「再会」と「この胸のときめき」の二曲だけだったので、かなり楽でした。
再会は、セリフとメロディの合わせ技で、芝居要素を多分に含んでいるから好きですねぇ。
この胸のときめきは、元々はカンツォーネで、プレスリーが歌って大ヒットしました。
さぁ、次はアクト生徒をバックダンサーに、
♪ろくでなし〜ろくでなし〜♪
ミュージカル仕立ての派手派手舞台にする予定〜(^O^)
今日も楽しい振り付けレッスンです(^_^)v


actmamys at 15:12|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!

昨夜はライヴ♪4

ad0f3cbb.jpg
e4a75041.jpg
昨年も出演した、1月第3日曜の地元ライヴ〜。
昨年ビデオ係をしてくれた娘が受験勉強なので、動画はありません。
写真も、今は帰宅後に写したこれだけです。
母が、歌ってる私を撮ろうと、携帯向けて狙いを定めてる間に歌が終っちゃいました(爆)
今回は「再会」と「この胸のときめき」の二曲だけだったので、かなり楽でした。
再会は、セリフとメロディの合わせ技で、芝居要素を多分に含んでいるから好きですねぇ。
この胸のときめきは、元々はカンツォーネで、プレスリーが歌って大ヒットしました。
さぁ、次はアクト生徒をバックダンサーに、
♪ろくでなし〜ろくでなし〜♪
ミュージカル仕立ての派手派手舞台にする予定〜(^O^)
今日も楽しい振り付けレッスンです(^_^)v


actmamys at 15:12|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!

2006年12月18日

昨日はシャンソンコンサート&忘年会 4

毎年、恒例の“シャンソン師匠のお弟子さん達によるクリスマスコンサート&忘年会”が、吉祥寺のお店でありました。
私は「セ・シ・ボン」と「アムステルダム」という曲を歌いました。
動画に挑戦第二弾です。
アムステルダム冒頭

アムステルダムの港町に、水夫が立ち寄って一夜を過ごす様子を歌ってます。
水夫と娼婦の歌で、結構暗くて重い曲ですが、私の声質には合っているようです。
アムステルダム ラスト

最後は「アムステルダムの夜は明ける〜!」です。
尚、動画は今現在、この15秒しかアップできませんので・・・。

一昨日の高校時代の友人忘年会は、このコンサートの為に、泣く泣く欠席しました。
二日も禁酒した甲斐があって、昨夜のは美味しかった



actmamys at 13:37|PermalinkComments(11)TrackBack(0)clip!

昨日はシャンソンコンサート&忘年会 4

毎年、恒例の“シャンソン師匠のお弟子さん達によるクリスマスコンサート&忘年会”が、吉祥寺のお店でありました。
私は「セ・シ・ボン」と「アムステルダム」という曲を歌いました。
動画に挑戦第二弾です。
アムステルダム冒頭

アムステルダムの港町に、水夫が立ち寄って一夜を過ごす様子を歌ってます。
水夫と娼婦の歌で、結構暗くて重い曲ですが、私の声質には合っているようです。
アムステルダム ラスト

最後は「アムステルダムの夜は明ける〜!」です。
尚、動画は今現在、この15秒しかアップできませんので・・・。

一昨日の高校時代の友人忘年会は、このコンサートの為に、泣く泣く欠席しました。
二日も禁酒した甲斐があって、昨夜のは美味しかった



actmamys at 13:37|PermalinkComments(11)TrackBack(0)clip!

2006年10月24日

愛の讃歌4

母のバースデー花束
日本で一番有名なシャンソンです。

有名にしたのは、亡き越路吹雪さんの為に本来の歌詞とはかけ離れた訳詞をされた‘岩谷時子女史’のおかげでしょう。

甘く切なく美しい愛の歌詞は、日本人に広く受け入れられました。

がしかし!

エディット・ピアフが、飛行機事故である日突然いなくなってしまった恋人を想って作った、本来の‘愛の讃歌’は、
もっと愛の激しさと、愛の貴さを歌い上げてる歌詞なのです。

その‘愛の讃歌’を、昨夜日テレの番組で「美輪明宏先生」が披露されました。

彼のリサイタル同様のスタイルで。
ピアフの原詞に限りなく忠実に。

ご覧になった方もおられましょうし、You Tubeでもきっと
観られるとは思います。

あそこまで極めると、もう‘歌’の領域を卓越してる気がします。

まさしく、美輪輪先生の‘愛の人生劇場’そのものの様です。

声の迫力に、凄味が加わって

‘イッちゃってる’
私には、そう見えました。

何処に?
魂が別次元に。

先週の‘千手観音’も素晴らしかったけど、昨夜の6分40秒も負けてなかったです。

そして、もちろん私も、‘愛の讃歌’は、原詞バージョンで
歌います。

問題は、「誰」を想いながら歌うか…

未だ未だ、愛の旅は続くのだ…

写真は、最初、新発売の試飲ビールをアップしてましたが、
やはり、あまりにも記事に似つかわしくないので、
差し替えさせていただきました。
母がもらったお誕生日お祝い花束です。愛ですね。
ビール画像は後日、改めて掲載させていただきます。

actmamys at 22:22|PermalinkComments(12)TrackBack(1)clip!

愛の讃歌4

母のバースデー花束
日本で一番有名なシャンソンです。

有名にしたのは、亡き越路吹雪さんの為に本来の歌詞とはかけ離れた訳詞をされた‘岩谷時子女史’のおかげでしょう。

甘く切なく美しい愛の歌詞は、日本人に広く受け入れられました。

がしかし!

エディット・ピアフが、飛行機事故である日突然いなくなってしまった恋人を想って作った、本来の‘愛の讃歌’は、
もっと愛の激しさと、愛の貴さを歌い上げてる歌詞なのです。

その‘愛の讃歌’を、昨夜日テレの番組で「美輪明宏先生」が披露されました。

彼のリサイタル同様のスタイルで。
ピアフの原詞に限りなく忠実に。

ご覧になった方もおられましょうし、You Tubeでもきっと
観られるとは思います。

あそこまで極めると、もう‘歌’の領域を卓越してる気がします。

まさしく、美輪輪先生の‘愛の人生劇場’そのものの様です。

声の迫力に、凄味が加わって

‘イッちゃってる’
私には、そう見えました。

何処に?
魂が別次元に。

先週の‘千手観音’も素晴らしかったけど、昨夜の6分40秒も負けてなかったです。

そして、もちろん私も、‘愛の讃歌’は、原詞バージョンで
歌います。

問題は、「誰」を想いながら歌うか…

未だ未だ、愛の旅は続くのだ…

写真は、最初、新発売の試飲ビールをアップしてましたが、
やはり、あまりにも記事に似つかわしくないので、
差し替えさせていただきました。
母がもらったお誕生日お祝い花束です。愛ですね。
ビール画像は後日、改めて掲載させていただきます。

actmamys at 22:22|PermalinkComments(12)TrackBack(1)clip!

2006年09月29日

9月のシャンソン、アーーーップ!3

「メランコリー歌い出し」
この度、はじめて動画なるもののアップに挑戦しました。

但し、制限時間は15秒ですので、あしからず…

あの悲しい歌はやるせなく忍び寄る虚しさ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一昨年は“闘いの歌”

昨年は“ミュージカルの歌”

今年は、やっと“艶女・アデージョの歌”です

自分で言うなって

だって誰も言ってくれないかもしれないから

一応、曲紹介と言う事で…

メランコリーという歌です。 センター移動
後姿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

振り向き上手(客席から舞台を見た右側)で歌い出したので、

間奏で中央に移動です。

間奏で移動中

奥に行っての振り向きは

“ドレスをよく見たいマダム達の為の演出”です。

恋人も 明日もいらぬ 何にも

いらない ただ ただ忘れる為に 

グラスを満たすだけ…

 

 

まるで私の私生活を歌ってるみたいですが

訳詩は岩谷時子さんです。

メランコリー やるせなく 忍び寄る 虚しさ

一人 涙をこぼして 酒を飲む 夜よ〜

ラスト「夜〜♪」
歌い終わり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

師匠からは「歌よりも振りの方が上手くて困る」と

キツイ駄目出しが… レッスンレッスン…

最後の「よ〜♪」



actmamys at 18:26|PermalinkComments(19)TrackBack(0)clip!

9月のシャンソン、アーーーップ!3

「メランコリー歌い出し」
この度、はじめて動画なるもののアップに挑戦しました。

但し、制限時間は15秒ですので、あしからず…

あの悲しい歌はやるせなく忍び寄る虚しさ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一昨年は“闘いの歌”

昨年は“ミュージカルの歌”

今年は、やっと“艶女・アデージョの歌”です

自分で言うなって

だって誰も言ってくれないかもしれないから

一応、曲紹介と言う事で…

メランコリーという歌です。 センター移動
後姿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

振り向き上手(客席から舞台を見た右側)で歌い出したので、

間奏で中央に移動です。

間奏で移動中

奥に行っての振り向きは

“ドレスをよく見たいマダム達の為の演出”です。

恋人も 明日もいらぬ 何にも

いらない ただ ただ忘れる為に 

グラスを満たすだけ…

 

 

まるで私の私生活を歌ってるみたいですが

訳詩は岩谷時子さんです。

メランコリー やるせなく 忍び寄る 虚しさ

一人 涙をこぼして 酒を飲む 夜よ〜

ラスト「夜〜♪」
歌い終わり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

師匠からは「歌よりも振りの方が上手くて困る」と

キツイ駄目出しが… レッスンレッスン…

最後の「よ〜♪」



actmamys at 18:26|PermalinkComments(19)TrackBack(0)clip!

2006年09月22日

Shall we Dannce?5

昨年のシャンソンコンサート内容です。
この時は「ミュージカルコーナー」に登場して、
「Shall we Dannce?」下手
登場
上手


















歌の途中、サビの「♪Shall we Dannce?♪」から、我がアクト生徒特別出演!
私のバックダンサーを務めてくれました。
アクトマミーズ










歌の最後は、私もマイクを置いて、ダンスシーンです。
ダンスシーン















足上げ…
頑張って、振り上げてますが、軸足がややイン気味で、
上半身が気持ちブレてます。
シャッターチャンスのせいかな〜?!






最後は、カッコ良く決まりましたよ!“快〜感〜”ラストシーン



actmamys at 15:42|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!

Shall we Dannce?5

昨年のシャンソンコンサート内容です。
この時は「ミュージカルコーナー」に登場して、
「Shall we Dannce?」下手
登場
上手


















歌の途中、サビの「♪Shall we Dannce?♪」から、我がアクト生徒特別出演!
私のバックダンサーを務めてくれました。
アクトマミーズ










歌の最後は、私もマイクを置いて、ダンスシーンです。
ダンスシーン















足上げ…
頑張って、振り上げてますが、軸足がややイン気味で、
上半身が気持ちブレてます。
シャッターチャンスのせいかな〜?!






最後は、カッコ良く決まりましたよ!“快〜感〜”ラストシーン



actmamys at 15:42|PermalinkComments(10)TrackBack(0)clip!